No Code  













首筋を流れた汗は冷たかった、ラジオはゴスペルばかりで、俺は祝福など欲しいとは思わなかった、衝動は体内でハリケーンのような渦を巻いていたが、噴出する先を見つけられず色味の悪いものに変わりつつあった、今すぐ脳天をブチ抜きたい、ネガティブな意味じゃなくてさ、欲望とはタイムラグを持たないのが本当だろ、身体の中を強い風が吹き抜ける音を聞きたい、なにも釈然としないままベッドに横たわったままで居るなんて眠る前から悪夢しか見ないことは分かってる、友達に電話してもいいけど、こんな時間につかまえられるのはバカ騒ぎが好きな連中ばかりさ、応急処置じゃもう間に合わない、もう誤魔化しなんかきかないんだ、神経の中をなにかが駆けずり回ってる、俺の身体のバランスを崩している、叫んでもどうにもならない、イラついても、なにかを破壊しても、そんなことじゃもう鎮めることは出来ないんだ、もっと絶対的ななにか、決定的な一発みたいなもの、気分を変える、流れを変える、景色を変えるような決定的な一発さ、それが欲しいのは確かだ、でもそのためにはどうすればいいのかが分からない、シーツはいくら陽に当ててもじめついている感じがする、何度も寝返りを打つ、スマートホンの小さな画面を見つめる、それが俺の世界だなんてなんてみみっちい話だろう、アクセスしなけりゃつかめない快楽ばかりが世界中に溢れている、マクドナルドのセットメニューみたいな夢しか見られない、もうそんなもの食べても仕方がないんだ、夜は着々と更けていく、今日を記憶した細胞がひとつずつ死んでいく音が聞こえる、泡が弾けるような音だ、目玉は天井を見つめている、あれが落ちてくるような気がする、釣り天井みたいに、俺をぺしゃんこにしようと目論んでるんだ、俺にはそのことが分かっている、たぶんハナタラシのガキの頃からさ、夜になると俺はそんな夢ばかり見てきたんだ、そんな夢を見過ぎて見過ごした夜が数えきれないほどあったんだ、いつか見たある夜の陰鬱な気分が、真昼の中に居てもずっと続いているような気がする、頑丈な幽霊のように俺に付きまとってくる、実体のないものは殴れない、人生ってほんとはいつだってそんなものだったじゃないか?銃が欲しいと思った頃もあった、だけど持たなくて良かったさ、理由なんて言うまでもないよな?本当はあんなもの流通するべきじゃないんだ、表でも裏でもさ、簡単に殺せるものは、その理由すら簡単にしてしまうんだ、そのうちに死ぬことは怖いことじゃなくなるさ、どこかの誰かがその気になれば世界は滅びる、どんなに俺たちがこうしてもがいていてもさ、でも仕方がない、それは役割というものなんだ、誰だって好きで生きているわけじゃない、それが焦燥のゴールなら俺はどんな文句も言うべきではないかもしれない、悲劇も喜劇もきっと自分で招くものだ、そしてみんなそのことを完全に理解しているのに、上手い方へと歩くことは出来ないで居る、それを愚かだと笑えるものなど本当はひとりとして存在していないはずさ、そうじゃない人間なんてひとりとしていない、そうじゃないみたいに芝居を打つことはできるけれどね、ああ、まるで縛り首のようだな、真夜中の時間というものは、じわじわと、ものすごくゆっくりと時間をかけて首を絞めにかかるんだ、いまではないこと、昔のことや、明日のことを山ほど並べて暗黒に落とそうと嫌な笑いを浮かべている、裁判官はこの俺の中に居る、死刑囚も、執行者も確実に俺の中に居る、みんながみんな役割を実行しようとしたら、どうする?それは一種の殺し合いだ、俺は胸壁の内側で飛び散る血飛沫の音を聞く、そいつにメロディをつけて歌うことが出来ればいいのにな、目玉は天井を見つめている、それはいつか確実に落ちてくる、時々息を止めて、どれだけの間死んだふりが出来るのか考えてみる、それは死ぬよりもしんどいことのように思える、わざわざ死んだみたいにするなんて!俺はイライラしている、今すぐ脳天をブチ抜きたい、スプリンクラーみたいに自分が飛び散るのを観たい、それは幸せかもしれない、とんでもない痛みかもしれない、あるいはもっと激しい怒りを呼び起こすかもしれない、夜は着々と更けていく、ある種の夜は歳を取らない、そう、あの頃のあの夜みたいな夜さ、それが俺をいつだって寝床でがんじがらめにする、見えない有刺鉄線のようなものが肉体に食い込んでくる、痛み、両手を投げ出して大の字になる、いつか現れる太陽だって、焼き尽くしてくれるほどに燃え上がったりすることはない。













0

願わくばそれが混ぜ物なしの原罪であらんことを  








些事に塗れ、気もやらぬうちに、死んで消えていくやつら、生まれるそばから、溢れかえるそばから、滅多矢鱈に回転数を上げていく、運命の歯車は煙なぞ上げない、そいつの頑丈さはヒトの及ぶものではない、俺は眠る直前に目を覚ます、環境と感情の理由、一日が死ぬときに仇花、それは攻撃か、退避か?定義はどうだっていい、選択肢は有意義なほうがいい、ただ眠りに落ちるよりは悪足掻きのほうがずっといい、悪ければその分見世物として秀逸なことだってある、カテゴリを設けない感情と感覚のすべて、打算なしに投げ出して見せよう、気づかいは要らない、受け取れるだけ受け取ったら捨て置いてくれればいい、新聞紙みたいなものだ、いろいろなものが詰め込まれていて、あるものにとっては無意味だし、あるものにとっては重要なテキストだ、多様性はジャンルに押し込められるべきではない、堅苦しい話をするために筆を取るのならやめておけ、それはマネキンのコーディネイトをコピーするようなものだ、上っ面の美学は世界を窮屈にする、それをこだわりと呼んで恍惚としているような、浅はかな連中の枠にはまるで興味がない、イデオロギーは盛大なストッパー、タイトルは最後に記されなければ、動機はチアノーゼを起こしてしまう、納得も追及もない場所で書き始めなければならない、どんな制約もない、イメージを瞬間的にディスプレイに落とし込めるところで、客観性?自分の顔を正面から眺めろというのか?鏡を覗き込むことがクールな行為とは思わない、いつだってそんな行為はただの自己満足だ、加速したらどこまで速くなるのか見極めてみることだ、スタイルはない、ということが言うならばスタイルということなのかもしれない、すでに知っていることを連ねるよりも、まだ知らないことを引き摺り出すことが重要なんだ、それは繰り返すごとに深くなる、どこにあるのかもわからないようなところから、長い長い意識の産道を蠢きながらやって来る、地獄がどこにあるか知ってるか?地球をまっすぐ掘り進んで突き抜けた先ぐらいにあるらしいぜ、それと同じようなものさ、概念には限界がないということだ、それを潜った先にあるものが、地獄なのか天国なのかわからないけれどね…それはもうどっちでもいいことだ、気に入らない結果だからといって降りることはもう出来ない、そんなことが出来る瞬間なんて一度だってなかったけれどね、だって、そうさ、手をつけたものはどこまでもやらなくっちゃ、やめられないことはもうわかっているんだから、タイプしているとき俺はどこにいるのか、ずっと上にいるような気もするし下のような気もする、表にいる気もするし裏にいる気もする、あるいはそのどこでもない次元の中で静かな目を見開いているような気さえする、ある作家は原稿用紙に書いている真っ最中に、そんな自分の姿を後ろから眺めていたことがあるらしいよ、動脈と静脈、血管と心臓の宿命だ、生きている限り繰り返される、血管を流れる血液は、いつだって血液のままだが、同じものではない、新しく生成されるものだ、それと同じだ、循環を成り立たせるためには、生成され送り出されなければならない、よどみない循環こそが魂をクリアにする、きれいな、という意味ではない、剥き出しになるという意味だ、美も醜悪も、善も悪もすべてないまぜになった、形容し難い色味のそれがはっきりと見えるようになるということだ、だからこそそれは受け継がれてきたのだ、たったひとりで行う儀式だ、もはや理由ではない、それに名前をつけることはもう必要じゃなくなった、的にピントを合わせることは重要ではない、矢をつがえた弓をいつ放すかということがなによりも重要なのだ、それは意識を超越したところで行われなければならない、見失わなければ矢は的を射抜くだろう、そこに至るにはたくさんの矢を打たなければならない、無駄な力が抜け、必要な力だけが残り、肉体を自由自在に操る精神の場、そういった境地に至らなければならない、そしてそれは、知れば知るほど難しくなる、けれどなにひとつ減らすべきではない、シンプル・イズ・ベストだと人は言う、けれどそこへ至るまでに、どれだけの項目を越えなければならないのかは決して気にしない、太いひとつの柱を手に入れるまでに、どれだけの柱にすがり折らなければならないのを知らない、それはひとつのラインを超えた証として手に入れる感覚であって、初めから知った顔で口にする言葉ではない、単純さとは正直さでもある、俺にとってはもっとも単純な形がこれだということさ、もちろん、これは循環の過程に過ぎない、あとどれだけ続けられるのか?それはある日突然途切れるかもしれない、もしかしたら誰かが、あとを繋げてくれるかもしれないけれどね、まぁ、そんな事態になったらあとは知らない、はいさよならってなもんさ、もう少し続けられるぜ、俺は馬鹿みたいに血眼になって、わからないものに動かされながら、新しい血液を流し込んでいく、運命の歯車は煙なぞ上げない、面倒臭い手続きはそいつに任せておくさ…。










0

あなたはただ佇んでいる、それがわたしには心地好い  









靴の甲のあたりの高さにもなれない、小さく目立たない花が板塀の脚に沿って群生している、昨夜遅くの雨でそいつらはテレビコマーシャルのように粒の小さい光を跳ねている、板塀はところどころ破れていて、それはおそらくは破壊ではなく、それだけの年月が過ぎたためだと納得させるだけの材料がそろっていた、その、塀でなくなった部分からは、ガラス戸が開け放され、平行四辺形を作ろうとして失敗したかのように歪んだ、昭和中期あたりの平均的な住宅が見えた、その、ほんの一瞬の景色だけでも、まともな理由で人が居なくなったのではないだろうことがうかがい知れた、なにしろ、ある日突然人だけが居なくなったかのようになにもかも残されている、庭の倒れた物干し台にはすっかりボロボロになった洗濯物まである、街からほど遠くない住宅地にこんなものがある、しかもそれはこの家を始まりとする一区画すべてなのだ、きっちり長方形に区切られた住宅地の、一つの長方形の中がすべてこの有様なのだ、この目で見なければちょっと信じることは出来ないだろう、どういった人間が住んでいたのか、いつごろまで住んでいたのか、どういう理由で居なくなったのか、このあたりの年寄りをつかまえて尋ねてみても誰も知らないと言うし、なんでそんなこと聞きたいんだねとこちらを訝しがるやつまで現れる始末だ、だからそのことについて調べるのはやめた、時々この辺をぶらぶらと歩いては、ぼんやりと物思いに耽るだけだ、住宅の造りはどれもほとんど同じくらいだった、ほんのちょっと大きいか、小さいかくらいだ、適当に建てられて、適当に振り分けられたのだろうか、どれも同じ時期に建てられたものだということは想像がついた、ここに、なんらかの目的でそこそこの人数を住まわせることになって家が建てられた、そういう理由なのだろうか、どんな結論にも行き着けない推測は、無責任な分だけ楽しいとしたものだ、出来ることならどこかのお宅にお邪魔して残留物を拝見してみたかったけれど、よそからやってきていきなりこの区域のことを訪ねまくった俺のことを近所の人間は警戒しているに違いない、まあ、顔を合わせれば挨拶や世間話くらいのことはするけれど、これ以上怪しまれる行動は避けなければならない、まあ、だったらこんなところ歩かなければいいのだけれどー妙な道を選んでしまう人間ってたまに居るだろう?そういう人間なんだよな…ここを歩いているとよく、ここに生活があったころを想像してしまう、団欒の賑わい、道端で遊ぶ子供、買い物帰りの主婦、休日のサラリーマン、その他諸々の職業の方々、痕跡というのは不思議なもので、そういった光景を実際に目にしたよりも強く思うことが出来る、捨てられて錆びた三輪車を見ると、そのプラスチックの車輪が騒々しい音を立てて荒い路面を走っていた音がはっきりと聞こえてくる、平均的ノスタルジー、学校を懐かしく思うのに母校を訪ねる必要はない、そういうものだ、別に、そんな時代のほうがよかったとか、いまのほうが幸せかもなとか、そんなことを考えているわけじゃない、ただそういった光景を思い浮かべるのは妙に癖になるというだけの話だ、幸も不幸も、社会的水準に則って考えるならたいしたものにはならない、ゆっくりと終わった区画を歩き終えて、コンビニで買物をして部屋に帰った、なぜ自分が、来たこともないこんな辺鄙な街を選んだのか、おそらくはあの通りを見るためだったのだろう、そんな気がした、それが真理かどうかはどうだっていい、俺がそんな風に物事を考えるのが好きだというだけの話だ、貯金はまだだいぶん残っていた、慌てて仕事を探すことはない、なんでもいいとなったら仕事なんて必ずある、それぐらいのことは学べるくらいの人生は歩いてきた、時計を見るとまだ昼下がりだった、タブレットでネットを漁って数時間を過ごした、それから小説を読んだ、古い古い、堅苦しい小説だ、訳違いで五冊持っている、初版のものが一番いい、本を閉じると、珍しく眠くなった、これは貴重だと思いながら昼寝をした、起きるともう外が暗くなっていた、冷蔵庫にあるもので簡単な食事をとり、薬を飲んだ、テレビを見て数時間を過ごした、夜中になっても睡魔はやって来なかった、昼寝なんかしたせいだ、夜眠らなくなるのは嫌だった、一度そうなると戻すのに苦労するからだ、駄目なものは染まりやすく出来ている、でもどう転んでも眠れる気がしなかった、そうだ、と俺は思いついた、あそこを散歩してみよう、派手な音を立てなければ、どこかに忍び込むことだって出来るかもしれない、すぐに服を着替えて、外に出た、あたりの住宅はすべて眠りについているようだった、昼間でもそんなに活気は感じられないところだ、そんなに気を遣うことはないだろう、駐車場の真裏になっている家を選んで、開いたところから潜り込んだ、足元は意外にしっかりしていた、窓や玄関が全開になっていなければ、誰かが住んでいるのではないかと思えるくらいだ、本棚を眺めたり、調度品を眺めたりしながらすべての部屋を見て回った、他人の生活を覗き見るみたいで楽しかったが、特に何か、自分がこの場所について抱いている疑問を晴らしてくれそうなものは見当たらなかった、そんな風に数軒を覗いた、結果は同じことだった、でも俺は満足していた、余計にこの通りが好きになった、理由なんて説明出来ない、ただこの通りほど、俺が散歩するのに適した通りは無いように思えた、家に帰ってぐっすりと眠った、次の日も同じような日だった、そんな日が三日ほど続いた、交通事故に遭って三ヶ月歩けなかった、ようやく動けるようになって外に出ると、あの通りはすっかり更地になってしまっていた、俺は立ち尽くした、どうしてだろう、そんなこと考えたこともなかった、あれはずっとここにあるんだと思っていた、すぐに家に帰って椅子に座り長いことぼんやりとしていた、なにも食べる気にならなかったし、喉も渇かなかった、気が付くともうすぐ夜になろうとしていた、今夜はきっと眠れないだろう、そう思いながら食いたくもない晩飯の為に少し出かけることにした。








0




AutoPage最新お知らせ