2007/11/28

本物のパントマイムはよく出来た嘘に過ぎない  














飲み干したカップの中、いつのまにか
紛れ込んだ蟻のリングワンデルング
嗅ぎ回り、手を伸ばし、無機質だけどリアルに
生を体現していたその稚拙さ
単純になりたいと思った、刹那だけ
求めるだけでいい単純なものに
でも、それはちょっとした気まぐれみたいなもんなのさ、偏屈でナーヴァスなこの入物を愛してる
割りに暖かい日で、厚く着ていた俺は臍を曲げて
日が暮れて寒くなっても薄着で過ごしたのさ、半時間ほど前からかすかに咳き込んでるけど
別にだからって風邪を引いたって結論には至らない
それはちょっとした気まぐれみたいなもんなのさ
ふと思いついて、ティートリー・オイルをカップの底に垂らしてみた
よく判らないがちょっとした洒落になるんじゃないかと思って
オイルの量が多過ぎて蟻は溺れた、ああ可哀相に、俺はそれを自分の罪だと認めることはしなかった、もとはと言えばコーヒー・カップなんぞに
のこのこ落ち込んでくるこいつが悪いのだ、いくら、いい匂いがするからって
いくら上等の豆を使って入れたコーヒーだからって
さて、蟻は溺れた、俺は手持ち無沙汰になって
水を張ったオイルランプに死体を移した、オイルを足してスイッチを入れると
それはそれは上等なムードの密葬に見えたぜ
間抜けな蟻の魂はかくして香しい天国へと導かれ
そして新たな覚醒とともにやつは叫ぶだろう、「熱い!熱いよ!!」と
そこから下ろしてやるのは別に俺のやるべきことじゃない
それはちょっとした気まぐれみたいなもんが知らずの内に済ませてくれるさ
夢を見たかいカップの中の小さな蟻、俺とお前の交わりはこれで御終いだ、そういや名前も聞けないままだったなぁ、と考えながら寝床の支度、きちんと鳴ることを知っている目覚ましのアラームやっぱりチェックしてしまう
こいつばかりは気まぐれにかっさらわれるわけにはいかないからね
さて
俺は寝床に胡坐を書いて思案する、週末に見た天気予報じゃ明日から下り坂
でも、近頃の天気はころころ変わりやがるからな、かと言って
天気予報なんて連日目を凝らして見つめるようなイカシたエンタメって訳でも別に無いだろ
エディ・マーフィーがいつもの調子でやってくれるなら見るかもしれないが
本題に入るまでに莫大な時間をロスしそうだ
俺はカップに落ち込んだ間抜けな蟻の事を思い
やつがやっていた無様な動作の真似をしてみた、腕だけで
習い始めのパントマイムみたいな、どうにも下手糞な動作で、そいつはどうにもついさっきの蟻と同じものには見えなかったけれど
あんまり何度もやっていいもんじゃないなってのは程なく判ったね、すべすべの焼物みたいな行き止まりなんて確かに何度も見てきたはずさ
灯りを消したら少し趣向を凝らした夢が見られそうな気もするが
平日に潔く眠ろうとすることはまことに難儀で、ちょっと待って
やり残したことが何かある、すぐにこれとは答えられないんだけど、ものすごく胸の奥に引っかかっているものが、でも








それはちょっとした気まぐれに過ぎないとしたものなんだよ












 
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2015/4/7  16:12

 

小詩集 『大阪ラプソディー』 より 47年前の詩


幽霊が吹き込んだ

希薄なガスで

ふうせんは力を帯び

ずんずん僕は吊り上ります。


街にはたくさんの人通り。

ア!女の子が笑った。

僕は手を振ります。

とても、かかんに手を振ります。


空 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ