死はない、死はない、知らない  










ふたたび目覚めたときには
世界は様変わりしているだろう
おまえは目を見開いて
そのひとつひとつを心ゆくまで確かめることだろう


進化の過程に
われわれは必要ない
疑似餌を食らった魚のように
引き摺られていくことが出来るだけだ
草臥れたアスファルトで
弱い肌にいくつもの切り傷をつくって


目覚まし時計はもう鳴ることはないだろう
おれたちは時そのものとなって生きることが出来る
心臓に染み込んだリズムは
有限でありながら永遠を感じさせるだろう
なにもかもありのまま受け取ることは出来ない
それならば出来る限りの
ヴァリエーションを生み出せなければ真実は遠ざかるばかりだ


鳥よ、おまえたちの羽を撃ち抜く
いかづちの鋭さを目にしたか
魚よ、おまえたちを守る天蓋に
機銃掃射のように降り注ぐ雨の音を聞いたか?
おれたちは恐怖を覚え
生き永らえることは後ずさりのくりかえし
すくみ上がった身体は見知らぬ出来事に対して
ぴくりとも動くことは出来ないだろう


神よ、おれたちは勇者ではない
けれど
たたかいはかならずしもそいつを選んではくれない
容赦なく放り込まれて、持たされた剣で
切り刻むものは敵と名付けられた運命かはたまた自分自身か?


植物の葉がメランコリィを口ずさんでいる
おれはあけがたのまどろみの中でそのメロディを耳にしている
手放されたものたちがすこしはなれたところに大勢で佇んで
なにをも感じない表情でこちらを眺めているみたいなメロディ


知らぬ間に貫かれている
知らぬ間に殴り飛ばされている
知らぬ間に切り刻まれている
知らぬ間に息の根を止められて
墓石に残す言葉まですでに発注されている
くちびるに滲んた血をぬぐえ
ずっとそのことが怖かったのなら
どうしていまさらそんなふうに悔しがってみせるんだ?


全身にひとつの烙印が刻まれたあどけない天使は
おまえの血の色をずっと検分していた
仕入れた食材を見つめる料理人のように
木々のしなりを確かめる木工職人のように


死はない、死はない、知らない
一時停止のボタンが押されるだけのこと
思い出せない昔まで遡ってみるだけのこと


やがてこれ見よがしな朝陽が眼球を射貫くとき
おまえはもう一度生まれたわけを知るだろう
それはけっして言葉にはなりはしないが
おまえが死ぬまでおまえのことを突き動かしてやまないだろう
世界のなかに落ちている沈黙をひとつずつ拾い上げて
おまえはそれを自分自身に変えていくだろう
あしあとのことなんて気にする必要はない
それはどんなことをしたって永遠には残れない


すべてがおまえだけを残したとき
おまえはそれでもなにかを口にしようと思うだろうか
語り掛けるみたいに長い手紙を書いてみたりするだろうか
おまえ以外のだれのためのものでもない言葉たちは
そのときおまえを安らかな眠りへと導くことが出来るだろうか?
おれは答えを持たない
おまえだって持つことはない
人が百年のなかで覚えることなど
生命にとっては余興にもならない
安心してすべてを吐き出すがいい
おまえの理想郷は崩れ落ちることはないだろう
おれたちは催眠術師のように
そうだ、そうだと知ってるみたいに繰り返し
ありもしないことについてべらべらとまくし立てる
そしてやがてカラカラになった水を潤そうと
タンブラーを空にした瞬間に錆びのような苦みを覚えるだろう


だれが本当のことなど口にすると言うのか?
そんなことが出来る人間などひとりもいない
みんなひとりよがりで
みんな愚かしくて
そしてあまりにも命が短過ぎる
臨終の床で目を見開いたところで
見えるのは真っ黒い影ばかりなのだ


海岸に並べられた無数のベッドに
世界一静かな恨みごとを吐いて横になろう
やがてすべては砂に飲み込まれる
さあ、始めよう、イントロはさまざまだ
けれどエンディングはおおむね決められている
自分自身のことを果てしなく語るべきだ
たとえ他にだれのすがたも見当たらなくても
たとえおまえの運命がやんわりとそんな行為を拒否しようとしても
出来ることは限られている
始めたのなら
どんな無残な結果になろうと最期まで続けるべきさ


肉体のあちこちに穿たれた穴は
かならずおまえを楽にするだろう
どんな痛みがおまえを覆っていたとしても
思い出にもならないほどに忘れさせてくれるだろう
あの日の、あの時の
身震いするほどの喜びと浄化は
いつだって骨まで軋ませるようなその痛みのせいだったというのに


朝日が昇るだろう
ごらんよ
こんなにも寒いんだ
こんなにも暗く
こんなにも寂しい時間
それはかならず待たなければならないものなんだ
それはかならず耐えなければならないものなんだ
ごらんよ
海原の向こうは


まるで爆撃のように色を変え始めているよ







0

そしてがらんとした部屋のなかだけが  





きみはうす汚れた扉にもたれるのをやめて
新しいにおいのする通りのほうへと急いだ
おれは正体の知れないジレンマにすこしとまどったあと
洗面台で昨日の夢をようやく洗い落とした


冬の街は過度に繊細な佇まいで
窓には結晶がはりついていた
耳がきいんとするノイズは
きっとこいつがひとしれず立てる鳴声なのだ


きっと今夜から子守歌は行方不明
インスタントコーヒーはより消費される
ラジオは昔の詩ばかり流して
なのに歌詞は明日のことばかり


いまわしい過去は
鶏の首をひねるみたいに殺されるべきだ
きみにはわかるだろう、いや
おれよりもずっとよくそのことがわかっているはずだ


その日最初の
かんたんな食事をしながら
おれは時の隙間におきざりになった
そしてむかいのビルの窓で反射する太陽を見ていた


昼過ぎになって
まぶしくなくなるまで
なにを見つめていたのか
思い出せなくなるまで



0

マシンガン  













亀裂亀裂亀裂亀裂の隙間微熱混じり卑劣極まる侮蔑罵声死別する疲弊苦楽する詳細ブラフするテーブル自爆する我欲記憶する付録解熱する錠剤フレキシブル展開ほとばしる臨海ぶら下がる残骸、機械機械機械機械たちの悲鳴地雷からの光サガンの一説の覚醒バリケード破壊認証完了のその後情状酌量の余地覆水盆に返らず起承転結の無視津山三十人殺しグラストンベリーフェスカメラマン重体ブラフマン崩壊ストランヴィンスキー、ベゼルベゼルベゼルベゼル削減のべつ幕無し呂律砕けくたばり続けまがいものだらけ憮然たる表情自然現象火山地帯ペテン師の放談気象予報士メンタル破裂、自害自害自害自戒の念のなれの果てスカイウィズザダイヤモンド母艦の船底の大穴自損事故の呆然死亡推定時刻孤独の肖像地獄苦悩苦悩苦悩苦悩する夕方ブロウするコルトレーンブルートレーンフリーホールスティールホイールズアユフィーリングッド?疑似的恋愛のリアル囚人の叛乱光線の散乱カレイドスコープ回転金銀銅唐紅ビットビットビットコイン別途請求、レシートレシートレシートレシートコンクリートミキサーレジスターキーパンチャーボーイスカウト弁舌家偽善者気動車駆動車魔術師江戸川乱歩小林少年死体死体死体、適齢期劇団員撲殺刺殺絞殺アパートの一階右奥施錠素性一切不明右目内斜視滅多刺し血渋木血渋木血渋木証拠隠滅、ガラス窓の幽霊カラス口の曲線ピアス穴の視神経失明失明失明暗闇の音の聞こえ方、シャットアウトシャットアウトシャットアウト左ストレートジャブ脳震盪致命傷集中治療室死化粧おくりびと通夜、葬送、葬送、葬送、妄想の産物暴走の真実心臓の症例有象無象号令シュプレヒコールベネディクト僧院増員漏電感電焼死笑止千万、自己犠牲自己犠牲自己犠牲塩酸硝酸青酸カリ誤算完全犯罪密室便宜上の真実検察側の証人電熱器の限界散会、下界下界下界死海対潜哨戒機墜落肉塊の雨豪雨自律神経失調症フェデリコフェリーニ任意同行死亡宣告余命幾許もなくちぐはぐなままルクソールにて遺書青少年推奨クリスタルスカル繰り抜かれた目玉目玉目玉目玉レジュメ蹄生爪剥がしきちがい行き違いぶちかまし轢き潰し燻らせくびり殺す午前中の話メッセンジャー遭難殴打のち盗難防火水槽の腐乱臓器不全エキノコックスコックサッカーブルースリングワンデルングバックドロップトワイライトゾーンレゾンデートル武器商人の算段銃弾の値段スナイパーライフル、被弾被弾被弾ヘッドショット




オフ!







0




AutoPage最新お知らせ