2019/10/15

真っ白な紙、塗れば絵、綴れば詩。  




目次を並べ過ぎた人生が血の混じる呼気をする午後に、極彩色の蝶の群れが辺りを飛び惑う―もっとも実感的な幻によって世界が塗り潰される、緩やかな、けれどどことなく不穏な旋律が死体を食らう蛆虫のように爪先から身体を這い上がってくる、レクイエムの乱打される中を、毒々しいほどに赤い飴を舐めている、そうすることで足りないもののことを忘れようとしているみたいに―どこかで、そうさ、騙すことばかりを考えて生きてきた―誰かを?それとも自分をか―?問いかける事ばかりのモノローグは誰にとってもなんの足しにもなりはしない、そしてそれは、思考によって羅列されるすべてのものに当てはまる…要、不要で語るなら、こんなもののすべてはきっと不要に違いないのだ―ではなぜ書くのか?生まれてからこれまでに目にした、手にしたものの中で、これが一番しっくりくる不要だったからだ…俺がなにを言おうとしているのか、もうわかるだろう…そうさ、意味ある事、価値ある事なんて、本当はこの世にはなにひとつありはしない―考えてもみなよ、俺たちが定義することがすべての真理だとしたら、それ以外の生きもののすべては嘘だということになってしまう、まさか、彼らが自分たちと同じ言語を用いないからといって、君は彼らを見下していたりはしないだろうね?俺が言いたいのはつまりそういうことさ、俺たちはなにも、特別な命題を抱えた生きものだというわけじゃない、彼らと同じように、ここにただ生れ落ちて、本能のままに生きてるだけのものなんだよ、そして、そんな中でそれぞれの種が、自分だけの言葉を見つけ、自分だけの向かうべき方向を見つけて歩いて行く、まるでなにかに誘われるようにね―それを神だなんて言うつもりはない、それに凄く近いニュアンスを持ったなにかには違いないけれどね…自分の身体を構成しているものが、どんな成り立ちによって築き上げられたのか、不思議に思ったことくらいあるだろう?そう、本当は、生きものには無理なことなんだ、「知る」という芸当はね…生涯、わけもわからずあちらこちらをひっくり返して、その時その時の現象の辻褄を合わせていくだけなんだよ、だって俺にも君にも、期限が区切られているわけだから―人生なんて瞬きの間のことだ、長く生きれば生きるほどそのことははっきりとわかってくるだろう、みんな少しずつ過去を取りこぼしていく…その中で、なにがいったい手の中に残っているのか、それを確かめるためにこうした手段を用いるわけさ―もうわかっただろう?こんな小理屈は、生きものとしちゃまるで無意味な戯言に過ぎないんだ、そのことだけは決して忘れちゃいけない、思考はするべきだ、どんなことについてだって、ある程度の成果が得られるまでは何度だってしつこく繰り返すべきだ、だけどそれによって得たものを信じ過ぎてはいけない、道路標識ぐらいのつもりでとらえておくべきだ、思考によって得たものを信じ過ぎると生きものとしてはそこで止まってしまう、それを語り続けるためだけの自分になってしまう、いいかい、大切なのは結論じゃない、いまここでなにを手にしているのかということを洗いざらい語ることさ、そうやって誰かを、自分を上手く騙してやるのさ、俺たちは生きものとしては少々厄介なものを抱え過ぎているんだよ、なにしろ吠えるにせよ噛みつくにせよ、ある程度の手続きというものが必要になるんだからね―やり方を間違えたら笑われておしまいさ、本能を、野性を、その内に秘めたままどんなふうにして生きていくのか―きっとそんなもののためにこうした嘘が必要なのさ、獣のように生きることは出来ないけれど、獣のような誇りはまだ胸の中で赤々と燃え盛っているのだもの。










0

2019/10/10

だから俺はなにものにもならないことにした  




















風に消えてゆくものたちだけが本当のことを話している気がするのは、人生が砂粒の落ち方を果てしなく見つめるようなものだと朧げにわかってきたせいだろうか、明らかなものはそれ以上のどんなことも語ることはない、なのに人は確かなものばかりを有難がる、本当は知っているからだ、本当は知っていて、けれどそれを見つめるすべを知らないがために、その裏にあるものを知るすべを知らないがために、悩むことなく飲み込めるものばかりを求める、そんなからくりを昔ほど愚かしいと感じなくなったのは、それがあまりにも脆く儚いガラス細工のようなものだということがわかってきたからだ、強く叩いてはいけない、それが壊れてしまってはもうどんなものも築き得ない―俺だってそうだった、たぶん、書き始めたころからの幾年かは、ずっと―昔の詩篇を漁ってみれば、確信という言葉ばかりを馬鹿みたいに繰り返していることがわかる、不安だったのだ、はっきりこうだと言えるなにかが欲しくて仕方がなかったのだろう、心には一貫性がない、それは逆に言えば、いちばん自由な状態であるということだ、どこにでも流れて行ける水のようなものだ、俺はそれを怖いと思わなくなった、いまは―人生はイズムによって伸びていく草ではない、ありとあらゆるものを飲み込んで伸びていく草なのだ、決まった土や薬などで伸びた草には、それ以外のものをどんなふうに取り込めばいいのか理解出来ない、そうして育ってきた連中は自由に伸びてきたものたちよりもずっと青いかもしれない、ずっとスラッとして、美しい見惚れるようなフォルムを持っているかもしれない、けれどそれは言わば矯正された歯列のようなもので、伸びる中で培ってきたもののせいではない、限定された条件のもとで生きたものたちはそんなふうに、一見してとても秀でているように見える、でもそれは絞られたフォーカスのようなものだ、ある場所の美しさは激しく伝わってくる、でもそれ以外はひどくぼやけてしまう…美としてはそれは正しいのかもしれない、でも生としては間違いだと言わざるを得ない、それは嘘の生命だ、出来るだけたくさんのものを飲み込んで生きる、出来るだけたくさんのことを知らなければ、在り方の真実など到底知ることは出来ない、時間なんて気にしなくていい、時間なんて時の真実ではない、真実の世界において、秒を刻み続けることに果たしてどんな意味があるだろうか?どんな注釈もつかないただの一人称こそが、人間についてもっとも多くのことを知り得るのだ、そして知は、過程の中にはない、知は道程の中にこそあるものだ、だから俺はなにものにもならないことにした、この世のあらゆるものを、出来得る限り知るために、自分でも気づいてさえいないような入口を閉ざしてしまうことがないように、とらわれてはならない、話したいことのためだけに口を開くなんてまっぴらだ、初めて知る心のために言葉を発してみたい、風に消えてゆくものたちだけが本当のことを話している気がする、それは始まることがないし終わることもない、形になり得ないからどんなものにもなり得る、風に消えてゆくものたちだけが本当のことを話している気がする、そしてそれが消え去る直前に君の頬をかすめたとき、朧げな感触の中になにかが残されていることに、はたして君は気付くことがあるだろうか?風は何度でも吹く、でも生命には限りがあり、俺はいつかやってくるお終いのことを思いながら雄弁なその風の中を生きている。









0

2019/10/4

ザ・リバー(海に流れ着くためとは限らない)  



























そこには縁の欠けた器があり、中にはなにも注がれてはいない、埃が厚く積もるほどに長く食卓に捨て置かれたそれは、詩を持たぬものの心で膿のようになって生きている詩情を思わせる、わかるか、回路を持たぬものには祈りが生じない、彼らは回路を繋げる手段を持たない、それは、意識的になって、探さなければ見つけられないものだから、仮に求めたところでそれが必ず手に入れられる保証など万に一つもないものだから…俺はそれを始め、貪欲に求める事こそが良いと考えていた、だけど、そうして手に入る小さなものをひとつひとつ検分して飲み込んでいくうちに、それが必ずしも正解というわけではないということに気づいた、飢えた犬はやたらと食い散らかすものだろう?―とはいえ、それは噴出される熱でなければならない、そのことは間違いない、それは当然のことだ、でもそれは、必ずしもそのままに描かれなければならないかというとそうではない、適したやり方というのが必要になってくる…溢れかえるものでも、すべてをいっぺんに晒してしまうと途端になんの意味も持たなくなる、そんなことだってある…そのままでは遠くへは行けない、高みへ昇ることも出来ない、流れの速い、大きな川を想像してみて欲しい、それは激しく、暴力的だけれども、決して流れを外れることはない、だからそれは川として成り立っている―俺が言いたいのはそういうことだ、流れがあり、そこから溢れてしまえば、それはそれまでのものとはまったく違うものになってしまう、そこにはスピードという感覚があり、制御という感覚がある、どんなに速く走ることが出来るレーサーだってカーブではアクセルを緩める、ステアリングやサイドブレーキやなんかを使って、そこを一番効果的に曲がる方法というものを経験で手に入れる、そうすることで結果的に、彼はスピードを落とさずに生きることが出来る…俺は、暴走するのが好きだった、とにかくぶっ飛んで、闇雲に叩きつけるのが好きだった、快感だった、それ以外にはないとまで思っていた、でもそれはある時変った、俺は食い散らかす犬だった、わかるか?それはすべてを飲み込んではいないということだ、それに気づいた時俺は、スピードの中でいろいろなことをこなすようになっていった、別にそれは、技術として習得してきたものではなかった、自分の中である種の納得を手に入れるための、無意識の試みが結果として確たるものを手に入れたということだ…無意識!俺は無意識を有難がり過ぎるきらいがある、その結果、無頓着になってしまっては何の意味もないのだ、俺は大量の水を湛えて、流れ方を学ぼうとする川だった、意識的に無意識の流れを作り上げていった、それは簡単に出来るようなことじゃない、間違えなかったのは、スピードを維持し続けたからだ、訳知り顔で短い言葉を吐くようなスタンスには俺は興味が無い、ともあれ流れは出来上がったのだ、築き上げられるのはこれからだ―遅過ぎるって?とんでもない!俺はこれを一生賭けて築き上げていくべきものだと考えているよ、だから、早過ぎることも遅過ぎることもない、そんな概念はここには存在しない―だからスピードは維持される、これは俺が、言語のハイウェイを飛ばし続ける記録に過ぎない、でもたったひとつの線には、俺が人生において覚えてきたことのほとんどが集約されている、俺の一篇の詩であり、俺のひとつの人生であり、これまでに書いてきたものの変貌だと言える…だからさ、もし君が少しでも興味があるって言うんなら、一字一句漏らさぬ覚悟で目を見開いて受け止めてくれ、興味が無いのなら簡単な言葉だけ拾ったりしないで、もっと楽しそうな所へ行けるまでクリックを繰り返すことだね―















0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ