2012/11/24

ライク・ア・ローリング・ストーン(俺風味)  歌詞






あんたはうぬぼれまみれのガキで
乞食にゃ恵んでやったりしてたな、そうだろ?
「やめときなよ」って咎められてもふふんと笑って聞き流していた
誰も彼も見下してたよな
女王のように振舞ってたよな?
よう、どうしたんだい、ちっちゃな声で
よう、どうしたんだ、うつむいちゃってさ
食うことばっか考えてふらふらふらふらうろついちゃってさ

どうだい、ねえ
どうだい、ねえ
たったひとりで
帰るところもなくて
道の小石みたいに
転がるだけってさ


いいとこの出なんですってね
いいカモになってただけさ
そんなところで生きるコツなんて誰も教えちゃくれなかっただろ
昔あんたの足元にいたやつと
あんたは真顔で取引している
アリバイなんて気にしなくていい
さあのっぺらぼうな目玉を覗けよ
なにが欲しいのかしっかり話しをしなくちゃな

どうだい、ねえ
どうだい、ねえ
ひとりっきりで
行くあてもなくて
道の小石みたいに
転がるだけってさ


サーカスでワナにはめられたのさ
それはずっと前から計画されてた
あんたがしてきたことがあんたに返ってくる
たったひとつの現実がステキな夢のすべてを殺す
肩にシャム猫を乗せた小洒落た男と
ピカピカ光る車に乗ってたね
知らないだろう、すれ違うやつらが
何とも言えない顔してそれを見送ってたこと
大切な人なんてどこにも居なかったのさ

どうだい、ねえ
どうだい、ねえ
あんたは乞食さ
臭く見すぼらしい
道の小石みたいに
ただ転がるだけ


お城の姫とそのとりまきたち
いい酒を飲んで陽気に騒いで
気の利いた贈り物を交換したりなんかしてる
だけどダイヤの指輪は取っときなよ、あとできっと役に立つからさ
なあナポレオンが落ちぶれる話が
あんたはとっても大好きだったよな
あんたも見事にすっからかんで
秘密を持とうにも隠す小箱もない

どうだい、ねえ
どうだい、ねえ
たったひとりで
帰るところもなくて
道の小石みたいに
転がるだけってさ






――――――――――――――――――――――――――――――――――


俺はもちろん英語はちんちんぷんぷん、いやちんぷんかんぷんなので、いろんな人が訳してるのを読みながらやりたいようにアレンジしていきました。いちおう歌えるよ、言葉転がすのに慣れてる人なら(笑)

半日分くらいはかかったよ、凄い疲れたけど面白かった。

(´∀`)

「ここは直しとけ」っていうとこあったら教えてくださいエライ人。


0

2006/7/24

クラウディ・ボート  歌詞








吐いた息には リアルが無かった はらはら軽くて ふらふら落ちて
網戸に集まる 虫ども眺めて 雨を聞いてた 喰われた夜更け

覇気が無く 邪気も無く 無様に割れた卵の殻
喪失の リフレイン もはや数える気もしない

揺れて軋んで クラウディ・ボート 亡命気分は転覆寸前


何が欠けてる 何が落ちてる あたりを探して 探し疲れて
時は逃げない 抜け落ちるだけ 俺のヒューマン 過度の欠陥

自転する 土地の上 のたうちながら夢を見た
陰鬱な メモリアル 捨てた数だけ色を増す

割れて砕けて クラウディ・ボート 夜のまにまに涙流れて


ほどかれた真夜中 デジタルの白紙に 届かない言葉をいくつ並べた
俺はそうじゃない 俺は死んでない 断言ほどに戯言に思えた
指は朽ち果てて 夜は深くなり 魂はしわがれた皮になった
叫ぶほど深く 黙るほど遠く 引っかき傷ばかりの四方の壁
沈没のメロディーが聞こえる 俺はすべて間違っていたのか
壊れたコンパス握り締め 回らない舵を叩き壊して
凪の空想の海面 窒息の予感だけがリアルに


裂けて沈んで クラウディ・ボート 俺は流れてそっと廃れる









0

2006/4/25

凍結のLIFE  歌詞






生温い雨が 夜の街路を まどろみの様に濡らす
酔いつぶれ 彷徨う 死霊のような僕
何処からか跳ねた 鈍い光りが くたびれた目を突っつく
目を覚ませ 無意味な 夜明かしは止めろと

古い映画のような だんまりの街 せめてもの雨も 細々と弱く
沈み絡まる記憶 散らばる日付 拾い上げるほど 昔にもならず

美しい歌になだめられて眠りたいわけじゃない
新しい日々が欲しいなんてまだ思ってもいない
雨がもう少し強くなればいいとか 風がもう少し寒くなればいいとか
伸びすぎた爪を気にするように今はそう思うだけ
暗すぎる夜のさざめきの中少しそう思うだけ


住所録の中 死んだ名前を なぞっては闇に捨てる
眠っては 目覚める 寸断の明け方
朦朧と騒ぐ 乾く鼓動が 網膜に影を残す
狂ってる 疲れて 哀しみもあやふや

何度も顔を洗い 自分を覘く 落ち窪んだ目と こけた頬笑い
誰を憎むでもない 悪意が溜まる 傷を負うほどに 明確でもない

新しい朝に鍵のかかる部屋で沈黙してる
窓を刺す光り眩しすぎて不自然な気さえする
君が居なくなって錆びついた時間が 水音すら跳ね返るこの部屋でただ
真実のようにフロアを満たし僕を閉じ込めるだけ
暗すぎる夜の感触を軋ませて植えつけるだけ


美しい歌になだめられて眠りたいわけじゃない
新しい日々が欲しいなんてまだ思ってもいない
新しい朝に鍵のかかる部屋で沈黙してる
窓を刺す光り眩しすぎて不自然な気さえする
記憶などない 明日などない

美しい歌になだめられて眠りたいわけじゃない






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ