すっきりしない  

今日はJunjiの誕生日。何もプレゼントがなくて申し訳ないんだけど。気持ちだけは送ろう。
「大いにEnjyouしろよ!Happy Birthday」

最近、どうも心に何かが引っかかってすっきりしない…
何が原因なのかははっきりとしない。
「こんなときもあるよな」と言い聞かせてるんだけど、やっぱりすっきりとしない。
ふと外を見ると雨が降ってるじゃないか!当然ながら雨が降るとすっきりしない。

これは、季節の問題か?自分自身の問題か?周りの影響か?心の病気か?「欧米かっ!」
などとぼけるんだけど、やっぱりすっきりしない。

やばいやばい・・こんなことではいけない!気分転換しに行こっと。


0

独り言  

頭ではわかっていてもなかなか動けない。
動かないのは自分の責任だとわかっていても後回しにして逃げてる。
こんな状態の繰り返しを打破しないと駄目だ!と思ってるんだけど
結局、思ってるだけで同じ状態。
人間は、考えることはできる。でも、実際に行動することに対しては、容易くできない。
みんなおそらく自分の弱点は、自分でわかってると思う。
その弱点と戦うには、大変な力と勇気が必要であることも。
「能書きは要らない。何も考えずに動け!」などと己に言ってはみるが
結局いろいろと考えてしまって動けないでいる。

子供の頃は、考えずに動けた。いや、それなりに考えて動けたといった方が正しいかもしれない。
もう一度、子供の頃のようにすぐに動いてみたいものだ。
例えたくさん考えて躊躇しちゃう状態でも…


ただの独り言。
0

今日の状況  

今日はLong組の練習。
大学生達は、練習はこなせているが、泳ぎが少々雑になっているのでチェック!
中学生達は、力は確実についてきているが、ラストに泳ぎが「詰まる」のが気になる。
色々と要因は考えられるが、気持ち(きもち)疲れ気味かな?
まっ、心配はしていないが、今がもう一歩レベルアップするためのこらえどころだから
是非、頑張って欲しい!
「過去を振り返って嘆くより、未来のための今を動け!」
どっかで聞いた受売りの台詞だけど、この言葉をよく考えて肝に命じて欲しい!

0

久しぶりに  

昨日は更新できなかった。「いけない、いけない、コツコツと続けなきゃ…」と反省。
久しぶりの更新じゃあ、意味無いからな!ホント!

さて、昨日の練習に久しぶりの顔があった。
この時期になると(この時期=国体予選)長水路の感覚を得るために顔を出す“バブ”。
半年振りくらいになるだろうか?しかし、見るたびに感じること。
相変わらずでかい!”
180cmを超える身長に、レスラーのような体型(多くの筋肉と脂肪)。
もちろん泳ぎもでかい”。
泳ぎで言えば、現役を引退(大学卒業)してから、年を重ねるごとに上手くなっている。
これももって生まれた資質(センス)だろうけど、うらやましい男である。

それからもうひとつ久しぶりなこと。
2年ぶりくらいになるだろうか?偶然にもバブが練習しにきた昨日電話が…
相手は、バブと同じ誕生日の大男“クマ”である。
こいつも“でかくて力持ち
元気そうで安心した。今度、会ってゆっくりと話すことになった。

そう言えば…
思い返せば、あの時代のスイマーたちは、みんな結構「でかかった」
今じゃ当たり前なのかもしれないけど、180cmを超える男たちに囲まれてた。
俺の場合、背が低いから選手たちに埋もれてどこにいるかわからない状態だったのを
思い出す。懐かしい思い出である。

しかし、ホント「久しぶりに…」が重なった日だった。


0

「鍛えなきゃ!」  

いまだ首の調子はおもわしくない。おまけにちょっと足を振り上げただけで
ハム(ストリング)まで具合が悪くなった。
(ん〜、なんてことだ〜!以前では、こんなこと、まずありえなかったのに〜!)
こんなに身体が弱ってるとは思いも知らず…「ガッカリ」しております。
だからと言って黙ってみてるわけにはいかないので、やっぱり「鍛えなきゃ!」

しかし、もともとスプリンター(いや、超スーパースプリンターだな)である私の場合、
7秒までの全力疾走・全力泳・全力動き…は得意であるが、それ以上時間がかかれば
誰の目で見ても、はっきりとわかるくらいに動きが緩慢になり
(例:ドラッグレースでパラシュートが開いた状態)
あっという間に、オーバーヒートしてしまう 
といった特技を持っているがゆえ、体をしっかりと鍛えようにも長く続かないということが
致命傷で、ショートサイクルのトレーニング(短い時間だけ動くトレーニングのこと)しかできず
トレーニング種目が限られてしまうといった問題を抱えているのである。
(結局、練習嫌い=(努力できず)ってことかな?それは“間違えはない”)

まっ!いずれにしてもこの身体ではお話にならないので、何とか思うように動く身体を
作るべく、努力したいとは(!?)思ってます。「鍛えなきゃ!」

まだまだ若い

<気愛語録その20>
「いつまでも動くと思うなその身体!早く気がつけ実年齢! 」
0

お気軽に  

昨日、気愛のHPでこのブログを紹介させていただきました。
きっと覗いていただく方は、様々だと思います。
ということで、水泳に関するご相談や悩み等々(その他のことも少しなら)ございましたら、お気軽にご利用下さい!
できることだけはします(あくまでもできることだけです(^_-)-☆)
0

身体がち・が・う・・・  

昨日、ちょっとスタートをやってみた。飛び込みとBa
飛び込みは、さすがに当時の「飛び石スタート」はできなかったけど
まあ、普通並(たぶん)にはできたと思う…が、問題は「Ba」
とにかく身体が「反れない」。もちろん自分が頭で描いているように「跳べない」。
まだ上手くできないだけならいいんだけど、首までおかしくなって、
肩から首から背中まで絶不調  なんとも情けない

思えば、10年近く前から得意の「ばくてん」も違和感を覚えるようになって、
いつの間にかやらなくなったし、身体を反らせるといった形の動きに対しては
なるべくやらないように逃げている(別にやらなくてもいいんだけど…)
ほんといつの間にかそんな自分がいることは確かである。

しかし、いつからこんな思うように身体が動かなくなってきたんだろうか?
そう考えると、自分としてはあまり認めたくないんだけど
「年齢」を感じざるを得ない。正直「くやしい〜」
ヨシッ!ここは一発、気愛を入れ直し、昔のあの感覚を今一度ということで
肉体改造を図るべく「頑張るぞっ!…」と言ってはみるけど、本当にできるだろうか…と
考えてるこんなところにもやっぱり「年齢」を感じてしまうのであった。

今、月9のドラマ「プロポーズ大作戦」にハマっちゃてる。
ON TIMEでは見ることができないんだけど、ドラマって結構おもしろいのあるねって感じ。
ドラマからもいろいろと考えさせられます。

あ〜、首の調子が悪い!しっかりと首鍛えなきゃ
ブリッジで身体支えられなきゃな 
(ところで、お前ブリッジする必要あるのか )
0

ビリー来日  

今話題のブートキャンプ考案者ビリーが来日してるようですが
あれはちゃんとできたら 効果抜群でしょう。
やり通すことが難しいくらいの代物は、間違えなく効果はありますよ、ほんと。
宣伝するわけではないけど、興味と時間と精神力のある方は、Let's Try!

今日の練習は、スピードを追います。
「ラスト10mのしつこさを身に付ける」ことに注力するべし
0

指導は奥が・・・  

指導とは、大変奥の深いものである。
大の話好きで、機関銃のようにトークすることが好きな私の場合
レッスンでは、しゃべりぱなしが多いかと思われるだろうが、実際はそうでもない!
カリキュラムの説明は、ぺらぺらと話をするが、個人的な指摘については
じっくりと泳ぎを見て理解してから話をしているつもりである。
当然、初めて泳ぎを見る方に対しては、よほど気になる基本動作の指摘以外は
ほとんど指摘しないことを心掛けている。

それはなぜか?

今までいろいろなコーチを見てきた。
やはり「一流だな」と思わせるコーチは、私の印象ではあまりぺらぺらと話しはしない。
練習中はじっくり泳ぎを見て、的確にワンポイントアドバイスをする。
そんなコーチはやはり結果も出すし、一流だなと感心させられる場合が多い。

今や誰しもが認める超一流コーチの我が師匠S木大先生。
私がまだ血気盛んな若かりし頃に、師匠(S木大先生)に言われた言葉をひとつ。

「選手それぞれの個性と特徴がしっかり理解できるまでは、じっくりと見ること」

この言葉の奥は深い。

誰でもそうだとは思うが、人の欠点は非常に目に付く。
つい、欠点を指摘して「あれをこーしろ、とか、そこがだめだ」とか言ってしまう
ことがあるだろう。それはごく普通のことで簡単なことである。
でも、その選手の「いいところ(個性も含め)」を見出して
それを伸ばしながら欠点の矯正をしていくことは大変難しい…が
実はそれが非常に重要なことなは言うまでも無い。
何が言いたいかというと、
一流のコーチは、その選手を理解することにしっかりと時間をかけるということである。
(もちろん理解するまでは様々な角度からみて深く考えるのは言うまでもないが)

私が師匠と一緒にコーチをさせていただいた時間を思い出すと
師匠は、特に教え始めたばかりの選手に対して、最低でも半年近くは
よく見ることに重点を置き「あーだ、こーだ」と言わずに黙っていたことを思い出す。
そんな姿をはじめのうちは「何も教えないんだな」と思って見ていたのを思い出す。
でも、その姿の意味が、おっちゃんになった今、本当の意味で理解できるようになった。

まっ、こういった類の話は、語らせると時間がいくらあっても足りないので、
今日はこの位にするが(話の奥をもっと聞きたい方はいつでも連絡を!)

要するに

「指導は奥が深い」ということである。

<気愛語録その19>
「そいつを知りたければ、よく見て、話を聞いて、話をして、全てに興味を持って
 接すること」
0

趣味  

いつもの通り、土曜日は仕事とサッカー見学(子供達のサッカー)
日曜日は何もなければサッカー見学(これも子供達のサッカー)
ということなので、現在の趣味は?と聞かれれば、
「サッカー観戦(練習も試合も)」と答えるのが良いのであろう。

趣味について考えてみれば、昔から何でも一通りはかじってみた。
スポーツは体育人だったので、球技から夏・冬のスポーツ・格闘技まで全般的に。
遊びは?と言えば、音楽関係からギャンブルに至るまでほんといろいろ。
でも「これだけは絶対止めないで続けてる」といったものはない…ないんだよなぁ。
だから、「趣味は?」って聞かれると結構答えに困っちゃうので答えはいつも
「多趣味(いろいろ)」って言ってきた…が
今「趣味は?」と聞かれれば「サッカー観戦」と言えるようにはまり込んでる。

ただ、自分がやるんじゃないので、少々の不満は発生する。
そんな時に考えるのは、自分がやる趣味を作らなきゃ面白くないなってこと。
(K島ちゃんみたいに自分が本気で取り組んでいけるもの欲しいよな)
まっ!とりあえず本気ではまり込めるものをこれから探してみることにしよう!

そうそう大輝の県大会は1回戦で負けてしまいました。
大輝!この結果を次に活かせる選手になれよ!
でも、父の日の昨日は、公約通り「1点」決めたな。プレゼントとして受け取りました。
啓吾は、土曜日2試合に出場させてもらい、2試合とも勝ちました。
見にいけなかったのがほんと残念でしたが、啓吾、今度もまた頑張れよ!
おまえも2点決めたから公約通り。ちゃんと受け取りました。

ということで腕から下と首から上がおもいっきり日焼けしてる。
サーフィンとはちょっと違うけど、日焼けは一緒
これぞ「趣味焼け」サッカーでも間違えなく黒くなります
0




AutoPage最新お知らせ