理由がわかった  

昨日までの調子の悪さは、食い合わせでも、風邪でも、首(これはまだ?)でもなく
どうやら肝臓にあったようだ。

マツモトキヨシに行って、そこの薬剤師に

「なんか、消化してない感じで、胃が重ったるく、心なしか寒気を感じてるんだけど…喉などの痛みはないんだよな、でも、熱はちょっとあるかな?ってな感じで、なんせ調子が悪いんだけど…」

と告げたところ、

「それは、肝臓かもしれませんね。肝臓は痛みを発してくれないんでわかりづらいんですよね」

と、間髪入れずにアドバイスをくれた。

「肝臓?!そーいえば、このところ普段あまり飲まない俺が、このところ結構の量飲んでるんだよな。。。ってことは、肝臓が疲れてるってこと?」

「そうかもしれませんね!では、これなんかどうでしょうか?」

ということで、疲れた肝臓に効果あり!という内服液を教えてくれた。
何でもすぐに信じる要因をもつ俺としては、その薬剤師の「間髪いれない納得いく説明」に感化され、即決めで購入。すぐに服用した。

と…飲んだ瞬間から、じわ〜っと身体の中にしみいる感じで
「これは効くぞ!」って思ったら、案の定、効果テキメン!
徐々に体調が復活してきて、ついでに購入した、肩こりの塗り薬(フェルビナク?入り)とともに
活用したこともあってか、今日は、ほぼ回復!

朝、もう1本とどめの内服液を飲んだこともあり、現在は、ほとんど復活。ってな状況である。

しか〜し、

肝臓に要因があったなんて、ホント思いもよらず、全くもって気がつかなかったよ。
さすがに薬剤師。その道のプロ!感心させられたね。

まっ!なんでも信じる気持ちってゆーのも、回復するための“薬”だってことはわかってるけどな!

いずれにしても、やっぱプロってカッコーいいわな!

「信じる者は救われる」ってか!


0




AutoPage最新お知らせ