サッカー  

遠征試合(2010 GUNMA CHALLENGE U-13)に参加していた長男が戻ってきた。

予想以上に右側の耳下腺炎(おたふくではないとのこと)はひどい状態。

おまけに足首も負傷したようで、満身創痍状態だった。

それでも、4日間の大会(1日2試合)は充実していたようで

右耳下の「リンパ腺が痛くて、話しができないし、飯も食えない…」と言ってる割には

しっかりとうどんを食いながら報告してた。

今回の大会は、Jリーグに所属してる名だたるクラブの傘下にある

ジュニアユースのチームが多く参加している結構 Big なものであったようだ。

ちょっと、大会パンフレットを見せてもらったんだが…

参加してるクラブの名前を見ただけで、俺のような素人でも知ってる名前が

続々と出てくるくらいだから、大きな大会であったことは間違いない!

で、

長男は、初日は体調も悪くなかったので、なんとか2試合出場できたようだが

2日目の1試合と3日目の2試合は、完璧には出場できなかったようだ。

今回対戦した相手は、1次リーグが・・・

FCみやぎバルセロナ、三菱養和SC巣鴨JY、NPO法人横浜スポーツ&カルチャークラブ、

徳島ヴォルティスJY の4チームで、3勝1敗。得失点差により1位抜け。

1位リーグでの相手は・・・

鹿島アントラーズノルテJY、横浜FマリノスJY の2チームで2敗。

順位決定戦は、9〜12位決定戦で、対戦相手は・・・

川崎フロンターレU-15、湘南ベルマーレJY、横浜FマリノスJY追浜 の3チームで

2勝1敗(1敗は引き分け後のPK負け)。

総合成績は、全60チーム参加中10位だったようだ。

本人は・・・

「体調不良で参加できなかった試合が、アントラーズとマリノスだったんだよ。でたかった…」

と悔んでた。

「ホントだよ!こんな機会はそうそうねぇーんだからでなきゃ・・・」と

俺としても非常に残念だったんで言おうと思ったのだが・・・

「怪我とか病気しちゃうようじゃ、まだまだ駄目だな!」と本人は反省してたので

「こいつ、意識は低くないようだな。。。」ということで

「まぁ、今回は仕方ない。またこういう大会に出られるように頑張れ!」

とだけ言って労っておいた。

しかし・・・

所属クラブには、今回もまた素晴らしい経験をさせてもらった。

この経験を今後のサッカーにしっかりと活かして、次のステップに繋げてもらいたいと思う。

いつもながら・・・

素晴らしい経験をさせていただき、しかも細かな配慮を伴った面倒を見ていただいてる

クラブのスタッフには大いに感謝申し上げたい!

とにかく・・・

親としては「良いクラブに参加させてもらってる」と思っている。

あとは、長男にしっかりと成長してもらうことで

クラブにもちゃんと恩返しできれば。。。などと、勝手に思ってる。



0




AutoPage最新お知らせ