ひと言  

時間がないぞぉ。。

先週はいろいろとあった。。。

今週もまた「新たな気持ち」で。

さて、これから水連へ行きます。

0

昨晩  

棟梁と久しぶりに会飲食。

いろいろと話をして約2時間半ほど楽しんだ。

棟梁とは、同い年ということもあってか

あちらこちらに出る痛みがほとんど変わらない。

てなこともあって・・・

「首と肩の痛みが取れた」という画期的な運動の話を聞き、

早速、家に帰る途中と帰ってから試してみた。

結果・・・

「なんかいい感じだぞぃ!首と肩が心なしかスッキリする」

まぁ基本、すぐに効果は期待できない!

と思いつつも、感覚的には非常にいい感じなもんで

今朝もトレーニング前に導入してやってみた。

結果・・・

「これまたいい感じ!!!」

トレーニングにも良い影響がある。

ということもわかった。

「こりゃ続ける価値大いにあり!」というか「続けなきゃいかん!」って感じだな。

とにかく

しっかりと継続して、己の身体でこの運動の効果を確認してみたいと思っとります。

さて、身体の方はいい感じを掴めそうだが・・・

昨日の会話の中で

『「やっぱサラリーマンなんだ」ってあらためて認識した』

という棟梁の言葉がなんか耳に残った。

「人生まだまだこれからが本番!」

充分な「気」を取り入れて、おもいっきり放出してこうぜ!

お互い

「まだまだ若い(!?)」




0

NEXT  

今、とりあえず帰ってきた・・・が

すぐに出掛ける。

NEXT! 

NEXT!

どんどん「次」いかないとな。

0

標語  

己に向かって

「人間最後は足腰だ!一歩を長くするんじゃなくて、短くていいから何歩も進め!」

「思考することで足踏みするな、とにかく進んで、あとで取り繕え!」

「動いてなんぽ(何歩)!?じゃなくて、動いてなんぼ!!だからな」

「頭は使うためにある、自分で頭が使えないのなら、周りに使ってもらうも良し!」

「信じるということの意味を踏まえて、最後まで信じることができるようにしろ!」

「己を知れ!己をしっかりと認識してれば、活路を見いだせるはずだ!」

「“気”は使うためにある。使わなければ溜まらない!」

今日のところはこのくらい。
0

話  

話をするっていうのも思ったほど楽じゃない。

静まり返った場を盛り上げる話。

グーッと乗りだしてくるような興味を引く話。

考えさせられるような内容の濃い話。

積極的に案を出したくなるような乗せられる話。

その場の状況によって、いろいろな話を臨機応変に繰り出せるような話し手。

そんな話し手でありたい!と思ってはいるが、

これがなかなか・・・。

どんな状況にも対応できる話し手っていうのは、ホントたいしたもんだ。

知識があって、情報が豊富で、話し方が上手くて、引きつけられる雰囲気を持つ。

日頃から様々なことに努力してなきゃ、そう簡単には、身につかねぇことだよな。

やっぱ、努力するっきゃない!

話しする場をたくさん作って、思ってることをわかるように伝える。

まずは、そういうことの繰り返しだよな。

もちろん!やることはそれだけじゃないのはわかってる。

とにかく Training するしかない!

そういうことだな。

「話の達人」

な〜んて、1回くらい言われてみたいもんだ。








2

ひと言  

Face Book なかなか使いこなせない・・・少しずついくっきゃないな。

今日は、久しぶりに現場がない。

そんなもんで、朝から非常に濃いミーティングができてる。

というのも、本日ミーティングは2件。

いずれも結構中身の濃い内容である。

午前中のミーティングは約3時間半。

夕刻からのミーティングもおそらく同じくらいの時間がかかるだろう。

それだけの時間を「かける」のではなく、それだけの時間が「かかる」内容。

「かける」のと「かかる」のでは大きく違う。

今回は「かかる」方なんで有意義である。

いずれにしても

話をする時間がとれるというのは、いいことである。

今後のアクションにとって非常に有意義なことでもあるから。

こういう時間は有効な時間は積極的に作って

頭の回転を鈍らせないようにしなきゃいかんよな。

さて、話変わって・・・

先週は、金曜日夕刻から土曜日朝方まで長時間の飲み会。

ちょー久しぶりのロングタイムドリンクはさすがに効いたぁ。。。

土曜日は仕事しててもやたらと身体が重かったぁ。。。

昔はこんなの全然平気だったのになぁ。。。

なんでこんなにもたなくなったなのかなぁ。。。

もうそんなに若くねぇ!ってことなのかぁ。。。

自分の身体が変わったってことは認めたくはねぇんだけど。。。

残念ながら身にしみて実感ってとこだな。

さてさて・・・

今週は比較的落ち着いた時間が取れそうである。

ということで

「頭をしっかり使う週」にすることとしよう。

普段、頭は使ってるようで使えてないか!?もしれない・・・ってなわけで

とにかく「頭を使う!」

しかし・・・

無い頭を絞ってみて、何かいいものが出てくればいいんだが。。。

まっ!「絞ってみりゃなんか出てくるさ!」ってなことで。

さぁ!頭使ってミーティングに備えるとしよう。













1

日々新たなり  

毎日大きな変化もなくいつものように過ごしている・・・が

決して日々同じではない!

「日々新たなり」

やっぱり同じようなことをしていたとしても日々違う。

「常に新鮮で前向きな気持ちを持ち、考え、悩み、そして迷いなく動く」

こうじゃなきゃ駄目だよな。

今は、世の中も混沌としており、マイナス材料ばかりが目立って先が見えにくいような感はある。

だが、マイナスなことを考えて、動くことをしないんじゃどうしようもない!

日々新たな気持ちを持って、何が何でもプラスの方向に進んでいかなけらばならないのである。

そう「それしかない!!」

なんせ

これからの時代は、若い世代がしっかりとした考えを持って、アクションすることで

世の中を引っ張っていかなけらばならないのだから。

当然!

俺も「日々新たである」という気持ちを持って、情報を活かし、アクションしていきたい!

と思っとります。

「引っ張っていかなアカン!」って気持ちをもってな。

・・・って

俺は既に若くない!?

いや!まぁだまぁだ若い!?
0

“気”  

昨日の練習はここひとつパッとしなかった。

“気”が入ってなかった。

俺自身の中でもパッとしない部分があるから

それがなんとなく伝わっておもわしくない空気になったのかも!?

といった部分もあるかもしれない(反省!)

スイマー達にしたら大会が近かったり、調子が悪かったり

その他いろいろとそれぞれの理由はあるのだろう。

でも

やっぱり一番重要で大切なのは“気”。

“気”が入りきってないことが大きな要因だ。

年がら年中“気”を入れっぱなしは当然ながらシンドイ。

だから「やる時はやる!」といったスィッチのONとOFFの区別が重要。

練習は時間も場所も内容も決まってる。

それに向かって集中できるような環境をスイマーもコーチも作っていかなくてはならない。

事前に心の準備ができないと身体もついてこない。

わかってることなんだが・・・

やっぱり何かに向かっていくときに“迷い”は禁物だってことだな。

迷いがあっては真っ直ぐ進めない。

真っ直ぐ進めないと迷う。

こんな悪循環に陥らないように

頭のスィッチをしっかりと切り替えるTrainingが必要だな。

まだまだTrainingが足りないってこと。

やらなければいけないことは山ほどある。

だからこそ おもしろい!!

俺ももっと“気”のTrainingしなきゃな。
1

水曜日の練習  

今日はJ大練習の日。

水曜日のこの練習は、スイマー達にとってなんらかの意味をもつものになっているのか?

遠いところを通ってきてもプラスになると思えてるんだろうか?

そんなことを時々考える。

当然ながら、意味があるか?ないか?は、それぞれのスイマーが感じること。

俺としては「意味がある!」というしかないのだが

果たしてどうなんだろうか・・・と。

「できることをやる!」しかない状況である。

今の状況は良かろうが悪かろうが、ある面では仕方がないことではある。

とは言え・・・なんかここひとつ、心に引っかかりがある。

でも

しっかりと全面的に面倒を見ることはできない状況なんだから

やっぱり仕方がないと言うしかいいようはないんだが・・・

「心の中の葛藤!?」

まっ!とにかく

俺にできることをやるしかない!!

スイマー諸君に頑張ってもらうために。







0

頭ん中  

今朝は、雪が積もったんで、いつものトレーニングができなかった…残念!

でも、ようやく朝トレは日常化してきたかな!?

まっ!とにかく、あとはこの調子で続けられるか?だ。

 「何事も続けぬくということは容易いことではない。

  だから、続けぬくということには大きな意味がある」

こんな感じのことをこのところいつも口走ってる。

多少しつこくなってきた感もあるくらいだ。

自分自身のための「財産」を得るために

続けていかなければならないことは必死に続ける!

ってなことなんだが・・・

とにかくこの「続けること」ってゆー言葉がやたらと頭にこびり付いて離れない。

心におもいっきり響きまくってる。

「無い物ねだり!?」

そんな感じかも。。。



  



0




AutoPage最新お知らせ