2007/4/22

鉄道博物館のはなし  鉄道
海外に行ったときの楽しみの一つが、その国の鉄道博物館を訪問することです。
もちろんマニアにしか解からないことですが。
昨年、台湾に乗り鉄に出かけた時も、鉄道関係の博物館は外せないと、行程を考えたのは当然でした。
ネットで調べると西部幹線の苗栗駅近くにあるらしいことがわかった。
台北駅から自強号で1時間ちょっとで行けるので、台中まで行くついでに途中下車してみました。
苗栗駅から台中方向へ線路沿いを歩くとすぐ見えてきます。
台湾鉄道管理局の苗栗事務所に併設された格好で博物館はある。
この写真の通り規模は小さいが、屋根付きで、中は綺麗に掃除が行き届いていて気持ちが良い。入場も無料である。
クリックすると元のサイズで表示します

中には親子連れが1組しかいなかったし、結局、後は誰も来なかった。
平日はこんなものかと思うが、ちょっと寂しい。
場所柄、線路に併設されているので、柵の上から西部幹線を走る各列車の撮影も出来るので、時間を忘れて楽しめるところです。
今は高鉄も全線開業したので、在来線を走る車両も変わってしまったでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します

苗栗駅を発車した復興号。博物館より撮影。
0

2007/4/19

動画ファイルの仕事  分類無
数年前にビデオカメラを購入したのだが、中々仕事で活躍することが無かったので、キャビネットの隅で眠っていることが多かった。
そんな中、製品の取り扱い説明を動画で販売店に説明したい。という仕事が入ってきた。
最近はPCで安価なソフトを使って簡単に編集できるので、素人でもそこそこのものが出来るようになり、本当に便利になった。
数年前では考えられない。
ただし、ハンディカメラだと画像ブレ(手ぶれ補正は付いている)がどうしても気になる。かといって三脚固定だと、動きがうまく追えないなど問題があり、撮影の仕方が今後の課題であった。
やはりプロとアマチュアの差は大きいな。
クリックすると元のサイズで表示します

ネパール カトマンズの街角で。
0

2007/4/14

毎日早起きで・・へとへと  展示会
仕事柄、朝遅くて、夜遅くまでの毎日なので、展示会の仕事が始まると朝が早くて大変だ。
今回は横浜の現場まで、JRと私鉄を乗り継ぎ1時間弱。
現場ではほぼ立ちっぱなしなので、疲れがどっと出てしまう。(普段はPC or MACの前で座りっぱなし)
一人でやってる会社なので、遅くなっても会社まで戻らなくてはならず、結局夜遅くまで残ることになってしまう。
やっと明日で終了なので一息つける日々が戻ってくるだろう。
そういえば、GWの香港便のディスカウントチケットが取れてきたので5/3から出発だぁー。
(ディスカウントといえ、この時期IATA PEXと殆どかわらない運賃で、発券リミットも早いのには参ります)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/4/9

桜の吹き溜まり  写真
今週後半から横浜で展示会の建て込みが始まる。
週末にカメラ片手にぶらぶら歩いて見たが、さすがに都心の桜は散りすぎて見ごろは終わった感じ。
そんな中、お堀の水辺の風下に散った花びらが集まって水面を薄いピンクに染めていた。
クリックすると元のサイズで表示します

望遠レンズで全面に花びらを入れて撮ったのですが、後からPCで拡大して見たら、丁度真ん中に一輪だけ花ごと浮かんでいるのを見つけた。
なんか嬉しい気分。
0

2007/4/7

写真データの保存について  写真
デジタルデータの保存方法は何が一番であろうか。
写真を撮ってきて、メモリーカードからハードディスクにコピーしてそのままになっている場合が多々あるが、ディスクがクラッシュしてしまったら全て消えてなくなってしまう。
また、オリジナル画像に多少手を加えた場合、上書き保存してしまって、オリジナルが無くなってしまったケースもあった。
今は、CD-Rにオリジナルを保存するようにしているが、加工済のデータはどうしたものかと迷っています。
さらに、撮影データは一つのテーマで1枚のCDに取りたいので、CDの枚数もどんどん増えてしまっているのです。どうしたものか。
クリックすると元のサイズで表示します

ドイツ、ハルツ狭軌鉄道の蒸気機関車を撮りに行った写真です。
北部ドイツはなだらかな山しかなので、山頂付近では広い空の中を走る列車が撮れる場所が結構あります。日本では中々お目にかかれない風景です。
0

2007/4/1

桜も満開  鉄道
東中野の桜並木に行ってきた。
中央線をまたぐ歩道橋はカメラが鈴なり。
201系と桜の組み合わせも今年が最後かも。
今日は曇だったので、桜の色も白っぽいのが残念だったが、もう散り始めだしているので今日辺りが一番良い時だった思う。
クリックすると元のサイズで表示します

線路脇のフェンスの目が細かいので、レンズを突き出すこともできず、ガードレールによじ登って撮るしかない。
しかもほとんど有刺鉄線付き。
ここまでする必要ありますか。
クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ