2007/12/31

2007年最後の夕日撮ったぞ  海外
このブログを立ち上げて何とか1年やり通すことができました。当初は自己満足的にやって行ければいいやなんて気持ちでスタートしたのですが、ひょんな事から同世代の方々と知り合う機会も生まれ、今では日課の一部になっていると言っても過言ではない状況になってしまいました。そんな意味でこれからも長々続けて行ければなんて思ってます。

クリックすると元のサイズで表示します
フィリピン、セブに沈む2007年最後の日没の太陽です。日本と時差1時間ありまからまだ3時間ちょっと残ってます。NHKの衛星が映りますから、まったりと紅白を見て過ごしてます。
天気も良く初日の出も見れそうですから、明日も早起きして見よう。
0

2007/12/31

香港トラム、新型ボディになってます  海外鉄道
今年も残すところ後少しですねぇ。
29日のCX便で香港1日ストップオーバーにて、今フィリピンのセブにいます。
いゃー便利な世の中ですね。世界中どこでも簡単に投稿できるようになってんですね。

クリックすると元のサイズで表示します
毎度お馴染みの香港夜景。クリスマス&ニューイヤーのライトアップです。
まだLEDが使われておらず電気代も掛かるでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
香港トラムの車体更新車。今まではそれほど見かけなかったのですが、かなりの確立でやってきました。まるで東急世田谷線のようです。
また、KCRと地下鉄が合併したようで、今まで別料金だった区間が通しで買えるようになり、利便性が向上しました。たとえて言うなら東京メトロと都営地下鉄が合併したような事です。

クリックすると元のサイズで表示します
先ほど、最終目的地のセブに到着しました。部屋のベランダから夜景を1枚。
夜中でも26度です。
0

2007/12/28

今年の仕事も無事収まりました  写真
昨日、所用で有楽町に出掛ける機会がありましたので、いつもお世話になってますswallow angelさんのブログで紹介されていました、丸の内光のシンフォニーでも見てくるかとカメラを持って出掛けて行きました。
有楽町の国際フォーラムから大手町辺りまでポツポツとポイントが散らばっている様ですが、全部見るには時間も押していたので無理な感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
デジタルならではの高感度撮影が簡単にできるので、望遠手持ちでも手ブレ補正併用で結構撮れちゃうもんですね。

クリックすると元のサイズで表示します
最近はガラス貼りのビルが増えたせいか、夜になるとビルのガラスに反射して綺麗です。

クリックすると元のサイズで表示します
山手線も撮って見ましたが、露出オートで撮ると明るいところを拾ってしまいアンダーになりすぎちゃうのです。レベル補正で起こしてますので、ザラザラな仕上がりです。

クリックすると元のサイズで表示します
手持ちでズーミング撮影。回転式のズームばかりになってしまったので、こんなのは難しくなってしまいました。

本年の仕事も今日で終わりです。
明日から2/700,000人になって海の向こうに休養しに行ってきます。
0

2007/12/27

サハシ169最後の営業日  鉄道
昭和51年11月28日を持って国鉄急行列車からビュッフェ営業が無くなりました。
この日、最後のサハシ営業車を撮りに行ってました。
最後まで営業していた列車は信越線の妙高、信州と中央線のアルプスだったと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
急行妙高のサハシ169。営業前でしたが無理言って撮らせてもらいました。
末期の頃のメニューはどんなものがあったのか?箸が並んでいるので汁物も提供されていたのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
サハシ169-6の調理側面。サハシ169は全車153からの改造車でした。
型式表記の前の白丸は横軽対応のしるしです。

ビュッフェ車は営業終了後もしばらく連結されたまま運行されて、もっぱらロビーカー的な利用で重宝されていましたが、急行の斜陽化に伴って編成から外されていったのです。
4

2007/12/25

六郷鉄橋にロケハン行ってきました  鉄道
実質残り1週間で今年も終わりです。仕事の方は予想通り暇です。
ああ、来春の1月の売り上げが怖い。

新春早々に昭和30年代生まれのおじさん鉄同士で撮影紀行&新年会を企んでおりまして、幹事の栄光をわたくしがもぎ取ってしまいました。
昨日は天気も良かったので、ひさびさにマイカーで集合場所に設定している六郷鉄橋まで行って見たのです。

クリックすると元のサイズで表示します
昼頃だったので半逆光状態です。伊豆急車両のリゾート踊り子。
前は愛称名表示がなかったと思いますが、運転席下に表示窓が付いてますね。

クリックすると元のサイズで表示します
京急の鉄橋は全面トラスなので、流し撮りぐらいしか絵にならないかなぁ。関東私鉄では唯一無料の全席クロスシート車両2100系。泉岳寺まで行くようになったんですね。

クリックすると元のサイズで表示します
東海道上り線を撮る。10両だと綺麗に全編成を写しこめます。

クリックすると元のサイズで表示します
京急線六郷土手駅の先端から撮る。入場券を買ってホームの先端からもいい具合で鉄橋が見渡せます。京急も絡めて撮るならこちらの方がお勧めかな。

クリックすると元のサイズで表示します
同じ所から鉄橋内を走る京急車両を撮るとこんな感じです。猛烈なスピードで通過していきますから、後追いだと鉄橋下から土埃を巻き上げて走っています。
ただ、この区間は羽田線の先なので、京成を含めた別会社の車両が来ないのが残念なところです。

六郷鉄橋もかなり久しぶりだったので、バックに見える川崎のビル群が入ってだいぶイメージが変わってしまったのですね。
0

2007/12/23

意外と見れなかった、ボンネットやまびこ  鉄道
首都圏発の481系列でボンネットタイプを使用していなかった特急は、はつかり、つばさなどあるが、やまびこやいなほのボンネット使用は短い時期ではあったが走っていました。もちろん文字マークの時代の話です。

クリックすると元のサイズで表示します
上野高架ホームに停車中のやまびこ。東京発の東北特急があった頃は高架ホームを使用する列車もありました。
この後の写真を見てみても200台や300台のやまびこばかりでしたので、ボンネット使用は意外と短い期間しか無かったと思われます。
また、スカートに付いていたタイフォンもいつの間にかボディーに移設されてしまったのですね。
いなほについては見たことはあるのですが、写真には撮っていませんでした。こちらはJR化後にはイラストマーク付きで復活して、結構見かけるようになってましたね。
0

2007/12/21

一番追っかけてたのは"とき"でした  鉄道
正月休み前で三連休前の金曜日となると忘年会ピークだろうなぁー。
こんな日は電車も混むだろうから早く帰ろう。

フィルムのデジタル画像化もだいぶ進んできたのですが、一番撮ってたのが181系ときの写真でした。もちろん文字マークの時代です。
そんな中から数カットを紹介してみます。

クリックすると元のサイズで表示します
尾久〜赤羽間。151系から来た車両です。
車番がわかればいいのですが、今となっては先頭車のスカートにあるタイフォン穴の形状でざっくり判断するしかないのです。151から来た車両は幅広の丸長穴が開いてるタイプが多いです。

クリックすると元のサイズで表示します
尾久〜赤羽間。161系から来た車両だと思います。
同じようにスカートのタイフォン穴を見ると真円穴が2個開いています。161はこのタイプが多かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
水上〜湯檜曽間。新製181系です。
タイフォン穴が小判タイプになってます。151と161から来た車両は比較的早い時期に消滅しており、後年はこのタイプの181系の活躍が多く見られました。

クリックすると元のサイズで表示します
水上〜湯檜曽間。グリーン車2両に食堂車を連結した堂々たる編成。

クリックすると元のサイズで表示します
土樽〜越後中里間。ときと言えば雪との戦いでした。冬の上越線の定時運転はさぞ大変だったでしょう。
この少し前まで猛吹雪で殆んど線路が見えない状況でしたが、一瞬の晴れ間に雪煙をあげてときがやって来た写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
土樽〜越後中里間。遠景を狙った雪中撮影は吹雪だと車両が霞んでしまうので、時の運的な場合が多かったですね。

ときはやっぱり雪が似合ってます。
後に緑バックのイラストマークになって魅力半減。ボンネットタイプの大型マークにはイラストは少し派手すぎますよ。
さらに、食堂車は外れ、車高の合わないボコボコ編成になり消えて行きました。
0

2007/12/19

輸入機らしいスタイリングED19  鉄道
このところ昼間の気温も低く冬本番の様相。
この事務所は夏暑く、冬寒いという最悪の環境なのです。
入居時にケチって小型のガスストーブしか買わなかったので、朝出勤してスイッチを入れても昼頃まで部屋が暖まらず、指先を擦りながらマウス握ってます。
やっぱりケチったのは失敗だな。

ED19は晩年、飯田線北部に6両全機が終結していました。
国鉄輸入電機としては最後の牙城としても有名な路線だったと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
伊那松島駅に停車中のED192号機。前面が3ツ折形状になっているのも特徴です。
一足先に消えていったED18とともに博物館路線などと言われてました。

クリックすると元のサイズで表示します
伊那松島機関区内のED196号機。この頃は一声かければ機関区内見学の許可を出してもらえる時代で、このような写真も撮らせていただけました。わけのわからん小僧に対しても真摯に対応してもらい感謝しております。
後ろに見えるED62でさえもう過去のものとなってしまったんですね。

この時期、機関車にしか興味が無かったものですから、旧国の写真はまったく撮ってなかたんですねぇ。
今思えばこの頃の飯田線の旧国も魅力的だったのですね。残念です。
0

2007/12/18

いけてる新幹線のCM  鉄道
先日、JR東日本のみどりの窓口に並んでいた時のことです。
前の人の対応でえらく時間がかかっている状態でした。
室内にモニターがあって、JRのコマーシャルをエンドレスで流していたのですが、ケツメイシのトレインが聞こえてきたので、画面に目をやると東日本の新幹線20周年のCMをやっていたのです。

いゃー。これが中々の仕上がりなんです。
テレビで流れていたのを見た覚えも無かったんですが、何時やっていたのであろうか。
2分程度でしたが、音楽と画像のマッチングも最高で新幹線のかっこよさが思いっきり表現されています。
早速、YouTubeで探してみたら見つかりました。



デザイン屋としてこんなの創れれば最高ですな。
0

2007/12/17

ゴハチボディの流用機EF13  鉄道
今年の仕事も後2週間たらず。時間のあるときに年賀状を準備せねば。
大半のお客さんは28日が仕事収めですから当社も28日で打ち止めです。

旧EF58のボディを流用した機関車と言えばEF13です。元は凸型で誕生した戦中型形状でしたが、EF58の一体型ボディ改造時に不要となる上物を再利用して使用された機関車です。
末期は首都圏に集中配置されていましたので、馴染み深い車両の一つでした。

クリックすると元のサイズで表示します
新宿駅で入れ換え作業中のEF134号機。181あずさとの並びも懐かしのカット。
後ろの陸橋は甲州街道なんです。今では面影もありません。

クリックすると元のサイズで表示します
恵比寿〜目黒間を行くEF1317号機。隣を走る山手線も非冷房の103系です。

クリックすると元のサイズで表示します
五反田駅から目黒方面を見るとこんな感じ。
EF13を含む旧型電機は傍目には同じように見えますが、EF13は連結器取り付け台の形状が山形になっているので、長方形のEF15とは簡単に見分けがつきました。ただEF12は撮ったことがないので、前面形状で違いがあるのかはよくわかりません。

クリックすると元のサイズで表示します
五反田駅の逆方向はこんな感じです。東急池上線のホームは変わってませんが、止まっている車両は古いですねえ。

山手貨物線では良く見かけたEF13ですが、いつの間にかEF15に置き換わってしまい、無くなってしまったということでした。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ