2009/1/29

本日は撮り鉄三昧Vol.2  鉄道
日曜日の撮影三昧の続きです。江ノ電撮影を先出ししてしまったので、振り出しに戻って話を進めます。

最近、週末の日課的になってる「富士・はやぶさ」撮影なんですが、今年も公的予算使いきりの為か、六郷の鉄橋周りで橋脚補強や河川土手の整備工事が始まって、とても撮影できる状況では無くなって来ました。
別に文句は言いたくも無いですが、去年も橋脚補強を3月前にやってたので、毎年そんなに補強が必要なのか疑問な感じを受けますな。
そんな状況でしたから、場所を変えて見ようと東横線の反町まで出掛けてみました。

反町駅は東海道線の東神奈川〜横浜間の真ん中辺りに近接してるので、駅間撮影には手っ取り早い場所なんです。
特に撮影場所は知らないので、国道沿いをロケハンしつつ場所探し。
丁度線路を跨ぐ歩道橋があったので上がって見ると、既に先客さんが一人。まだ通過40分位前でしたが、やはりブルトレ人気の高さをうかがわせていますね。

クリックすると元のサイズで表示します
歩道橋から撮るとこんな感じです。冬の太陽は低いので、ビル影が心配です。

クリックすると元のサイズで表示します
結局、歩道橋の階段部分に場所を変えて撮ることに。横浜線マーク付きのやつも何本かやってきます。
あー正面に光線が回らなくなってきた。

クリックすると元のサイズで表示します
定刻に通過の「富士・はやぶさ」。ビル影を考えると望遠アングルも有りかな。
まあ、まだ時間もあるので次回も来て見ますか。

天気も良いし、さて次はどこへ行こう。
京急の神奈川駅が近かったので、とりあえず京急撮りですかな。
最近仕事で久里浜通いが多かったので、車窓からある程度は目星付けてたんです。勿論俯瞰アングルですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
何と全くの逆光アングル。トンネルの真上から高架を走る列車が撮れます。

クリックすると元のサイズで表示します
二代目1000系。12連の快特編成は絵になりますな。
2扉オールクロスシートの2000系編成も少なくなった様な気がします。

クリックすると元のサイズで表示します
初代1000系。今や普通運用ばかりですね。

残念ながらブルー編成にはめぐり合えなかったですが、また新たな撮影地を探して見たいところです。
そして昼飯を食ってたら、京急で逗子まで行けるじゃんと思い、富士山も見えるだろうから江ノ電でも行こうかとなり、前記事に繋がっているのでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
0

2009/1/27

冬の風物詩でした  鉄道
本日の新聞に横浜開港150周年関連の記事が載ってたのですが、JR東日本もこれに合わせて記念列車を走らせるそうです。
車両は久々の旧客編成との事。牽引機については触れて無かったのですが、やはり気になりますよね。
ロイヤルエンジンでも登場してくれれば最高なんですけど。

旧客全盛の頃、蒸気機関車牽引の場合、冬場の暖房は機関車から供給されてました。後に蒸気機関車が撤退しても客車はそのまま残ると言う結果を生み、蒸気暖房の必要性は継続事項となってしまったのです。
そんな背景から、この手の客車を牽く為に電気機関車にも暖房用蒸気発生器を搭載するタイプが登場しました。
東北、上信越方面は電気暖房が主流でしたが、東海道を走る荷物列車などは遅くまで蒸気暖房を使用していたようです。
これは蒸気暖房用の水蒸気を噴出して走る電気機関車の姿を捉えた数少ない写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年に根府川で撮影したEF58牽引の荷物列車です。
当時、荷物列車は数多く撮影してたのですが、この様に蒸気を上げてるのは珍しい出来事だったと思います。
機構上、暖房に回るはずの蒸気を無駄にしてるとしか思えない光景ですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和49年の札幌駅です。
北海道は蒸気牽引が長かった為、ED76にも蒸気発生器が搭載されてました。
こちらは、ジャンパ栓から蒸気が吹き出してますね。

今まで写真を撮ってても、この2枚しか蒸気噴出の写真が見つからなかったので、通常はやはり客車に吸収されるべきもので、イレギュラーな出来事なんですかね。
分る方いらしたら教えて頂きたいです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0
タグ: 蒸気暖房 ED76 EF58

2009/1/25

本日は撮り鉄三昧Vol.1  鉄道のある風景
久しぶりに今日は事務所出勤も無し、朝から天気も最高でしたので、撮り鉄三昧と洒落込んで見ました。
あまり計画性も無かったのですが、取り合えず「富士・はやぶさ」からスタートです。と言いつつ、順番を変えて書き始めたりして。

朝から雪化粧した富士山が拝めたので、今日あたりは何処へ行っても富士コラボ出来るかなーと思い、行程の成り行きで江の電まで行って見ました。
1日乗車券を購入して、まず併用軌道区間を目指します。もちろん富士山ポイントのロケハンも兼ねてますよ。
さすがに日曜とあって混んでますねぇー。全列車4両編成で運転されてますな。

クリックすると元のサイズで表示します
江の電は撮りに来た事も無いので、今回初体験みたいな物ですよ。
腰越〜江ノ島間が道路との併用軌道となってます。

クリックすると元のサイズで表示します
ロケハンで正面に富士山が見えるポイントへ移動。しかし、午後は逆光になってしまうので、富士を写す為には車両が犠牲になってしまうのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
鎌倉高校前に向かって海沿いを走ります。正面には真っ白な富士山が見えますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
鎌倉方面を向くと、海も入れた順光でバッチリ撮れます。道路はグタグタの渋滞ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
遠く江ノ島を望むアングルで。

クリックすると元のサイズで表示します
雲一つない青空なんで、海も良い色出してますよね。この300系が一番の古株ですかね。

クリックすると元のサイズで表示します
伊豆大島まで見渡せましたよ。
とても私には真似できません。

クリックすると元のサイズで表示します
江ノ島駅近くの併用軌道。「江の電もなか」のお店の近くです。

気温は低かったのですが、日差しがあったので日向にいる限りは暖かい一日でした。
この前後の行程は追って書き込みたいと思います。俯瞰撮影で良い場所も見つけましたよ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
0

2009/1/23

1枚の写真から  鉄道
来週の展示会の準備もやっと終わり一段落といったところです。
しかし、景気悪いですねぇー。広告宣伝費はまず最初の削減対象になるので、今後の見通しはかなり厳しそうですよ。今年はジッと我慢するしかないのですかね。

昭和53年頃に箱根登山鉄道の小田原駅ホームから撮った写真なんですが、この1枚にいろんな車両が写ってたので、紹介してみます。

クリックすると元のサイズで表示します
分りやすくするため、クリックで横800pxまで拡大されます。

この中で今でも小田原駅で見られる車両はどれでしょう。
まずは左端から。
小田急線ホームに止まってる車両は2200系ですかね。すそ絞りの無い分車幅が狭く、先頭車と中間車の長さが違うという珍しい車種でした。
そして箱根登山鉄道の1系。今だ現役です。あれだけの急勾配を上り下りしても元気なのは喜ばしい事ですな。
その隣にちょこっと顔を覗かせているのは、小田急の何系でしょう。5000系だったら現役ですけど、これだけでは分りませんな。
ここから右側は国鉄線小田原駅です。
まず手前は153系ですね。小田原切落しの車両でしょうか。
その奥には113系湘南色。更に奥はスカ色のサロ110-1200番台が見えます。多分、総武快速用の新製車で、東海道で暫定使用されてるものと思われますが?

1枚の写真にこれだけ車両写ってるのも珍しい事です。
実際今の小田原駅で見られるのは、結局小田急の5000系だけになってしまいましたかね。
この写真から分るのですが、箱根登山鉄道では小荷物の扱いもしてたようで、台車に積まれた浴衣類がそれを物語ってますな。さぞかし道路事情も悪かったんでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
今や自社路線を自社の車両が走る事も無くなり、このホームもどうなったことか。

クリックすると元のサイズで表示します
90周年マークが付いてるおかげで車番が分りません。

小田原からの3線区間も過去の物となり、箱根湯本までは実際小田急線の一部と化してしまいました。
そんなんで今では、これほどの顔ぶれを拝むのも夢物語になってしまったのです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
0

2009/1/20

タイ点景  海外
昨年暮れにタイに行った時の写真です。
観光案内的なモノはあんまり撮ってないので、参考にはならんかな。
タイは既に数回訪れているのですが、ここのところ久しぶりなので交通インフラの進捗には目をみはるものがありましたね。
スワンナプーム空港からの連絡鉄道もほぼ完成しているようで、近々オープンしそうですな。
バンコク市内はお決まりの寺院巡りをして、後は世界遺産のアユタヤでも覗いてみると言う感じです。

昔と変わらない煩雑なチャイナタウンを抜けて王宮に向かいます。
今やタクシーも必ずメーターを倒すようになってるらしく、変わったなーという印象。隙あらばボッタクリのイメージも薄れてきたのかな。

クリックすると元のサイズで表示します
寺院はキンキラが多いです。

クリックすると元のサイズで表示します
日本で流行のデコ的なイメージですな。プレデターに似てません。

クリックすると元のサイズで表示します
仏教的な意味合いは良く分りません。

クリックすると元のサイズで表示します
衛兵の交代に出くわしました。やっぱり金色が目立ちますな。

クリックすると元のサイズで表示します
涅槃像が多いのもタイならではですね。金が眩しいなー。

アユタヤまではタイ国鉄自慢のスペシャルトレインで行ったのですが、これがまた遅いし遅れるしで大変でした。国鉄に限っては、まだまだですね。

クリックすると元のサイズで表示します
バンコクでは見られませんが、ココでは懐かしのミゼットがまだ主流です。
中々カラフルですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
アユタヤ王朝時代が偲ばれます。

クリックすると元のサイズで表示します
このデコトラは凄いです。

日常と違った風景を見るのも、いろんな意味でリフレッシュや仕事の参考にも役立つので行って見るのも一考ですよ。

にほんブログ村 写真ブログへ ←入れてみました
0

2009/1/18

初の高崎線沿線  鉄道
昨日、仕事の合間を作ってラス前のEF55さよなら運転を撮りに行ってきました。
もちろん現役時代は知る由も無く、復活したのは知ってたながら、今まで撮りに行くチャンスにも恵まれずそのままになってた次第です。

この機会を逃すと二度と無いなという思いで、朝一番の新宿湘南ライン高崎行きに乗り込みました。
渋谷から乗ったのですが、グリーン車も結構混んでるのですね。始発列車の割には渋谷6:53とは少し遅すぎなんで込み合うのでしょうな。もう少し早い時間の設定を望みますね。

今まで30数年、鉄道写真を撮ってきたのですが、何と高崎線沿線で撮影した経験が一度も無かったのです。
景色を考えると何時も上越線に行ってしまって、高崎線内はスルーしていたようです。そんなんで、撮影場所もさっぱり分らず車内からロケハンするしか無いなって感じ。あまり遠くまで行くと金もかかるので、駅から近くてお立ち台になってる所にお邪魔しちゃおうと言う安易な行動に出ました。
既に駅ホームは人だかりが出来てますな。

行田の手前で、お立ち台を発見。駅までの距離もまあまあだったので、そこで下車。
線路沿いを歩いて15分くらいで到着。既に50人以上は居たでしょう。
元々三脚は使わないので、空いてる所でアングル確認。車両正面には日が当たらないのですが、側面に太陽が反射する感じで撮れそうですな。

クリックすると元のサイズで表示します
早速EF651093牽引の貨物がやってきました。逆光なので露出設定に迷いますね。少しアンダーな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
次は上りのEF641013。高崎線は土曜日にも係わらず貨物が多いですな。機関車好きには堪えられません。

クリックすると元のサイズで表示します
そして本番のEF55。後ろはあえて切っちゃいましたが、光線の感じも良く、中々の仕上がりに満足できましたよ。まあ自己満足の世界ですけど。

メインが通過すると、皆さん三脚畳んでそそくさと撤退。
私は折角の初高崎線撮影なので、順光側に場所を移して貨物来ないかなーと張込み開始。

クリックすると元のサイズで表示します
下りのEF210111牽引のタンカー列車。

クリックすると元のサイズで表示します
EF651035。順光側だとこんなアングルになります。
最近の貨物機の塗装もいろいろあるみたいですが、イマイチ分らんですな。

クリックすると元のサイズで表示します
少し経ったら、こんなのが来ましたよ。後から分ったんですが、鎌倉初詣臨のようです。12両編成は往年の貫禄ですな。
初詣マークも初ゲットです。

クリックすると元のサイズで表示します
17mmのワイド端でも撮ってみましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
ラストカットの「ウィークエンドあかぎ」。

この場所で2時間程度撮ってたのですが、貨物の本数も多く、かなり楽しめる場所でした。お立ち台になるのも分りますね。
日が長くなれば、あけぼの辺りも撮ってみたいですね。ただ電車が無いので車で行くしかないか。
0

2009/1/16

どこでもEF15  鉄道
最近、運転免許証の更新をしたのですが、これもパスポートと同様にICチップ埋め込みタイプに変わったらしく、更新料が値上ってました。
別に使う側としてはチップがあっても何ら変わらないので、少々腹の立つ出来事ですな。
さらに本籍記述部分が有無を言わさず空白になるらしく、私など返って入れといて欲しい項目なので、このあたりも選択できるようにしてほしいものですよ。

久しぶりの古ネタです。
昭和50年前後の話なんですが、関東近郊の貨物列車牽引機と言えばEF15と言っても過言でない時代があったのです。200両近くが製造され貨物標準機として君臨してました。
旅客用のEF58と共に、線路にへばりついてれば必ずお目にかかるという代物だったので、スルーしてた機関車でもあったのです。しかし、貨物列車の削減と共にあれほどいたやつも、いつの間にか廃形式になってしまってたんですね。

そんなんで、撮影の合間的に撮った感のあるEF15の在りし日を紹介しましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
唯一カラーで撮ってた写真です。奥が39号機、手前が73号機で上越型と一般型の違いが良く分りますね。八王子区所属機はHゴム化されてないのが多かったので、特に好感が持てましたな。今では面影もない新宿駅にて。

クリックすると元のサイズで表示します
若い順に次々行きます。上越型の52号機。
東十条〜赤羽間、奥に見えるのは京浜東北線ですな。このあたりも今や面影ありませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
67号機。山手貨物線を通過する貨物の大半はEF15牽引でした。五反田駅にて。

クリックすると元のサイズで表示します
東北線を走る78号機。当時、蓮田〜白岡間は有名撮影地だったのですが、最近は聞きませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
目黒〜恵比寿間を走る96号機。山手貨物が旅客化されるとは思ってもなかった頃です。

クリックすると元のサイズで表示します
王子駅付近を走る103号機。EF58同様上越型はごっついですな。

クリックすると元のサイズで表示します
上越線、土樽〜越後中里間152号機。珍しくEF16でなくEF15のダブルでやってきた列車です。このあたりの号機は切り抜きナンバーに変わってますね。

クリックすると元のサイズで表示します
拝島でED16から貨車をバトンタッチする156号機。

クリックすると元のサイズで表示します
162号機。次位はEF13でしょう。側窓の数が5枚なんで、15では無さそうです。
東十条〜赤羽間。

この他にもまだ撮ってるのですが、枚数が多いので今回はこのへんで。
常磐、総武系統は比較的早くEF80になってしまい、ろくな写真が撮れてないのですが、その他の路線では必ず顔を見る機関車でした。
ただ東海道ではあまり見なかったかな。
0

2009/1/14

海側から撮る須磨カーブ  鉄道のある風景
以前から撮ってみたかった場所の一つに、山陽線が須磨駅から海沿いに走る区間を海側から撮るとどうなんでしょ。と言う課題があったのです。
昨年暮れの出張で三ノ宮泊まりパターンがうまい具合にあったので、得意の先乗りで時間作って撮ってみました。

天気はこれ以上ない快晴なんですが、風が強く寒いこと。

クリックすると元のサイズで表示します
須磨駅ホームの先は瀬戸内海が広がってます。海に近い駅トップ10に入りそうですね。

橋上駅の改札を出て海側に下りると、もうそこは砂浜なんですよ。塩屋方面に砂浜をテクテク10分ぐらい歩くと突堤の端まで出ます。
ここから海越しに山陽線の線路が望めます。ただ海沿いなので当然のごとく堤防があるんですよね。これがまた高いこと。

クリックすると元のサイズで表示します
スケールのデカい写真が撮れますが、堤防壁はどうにもならんですな。

クリックすると元のサイズで表示します
やはり釣り場としては有名みたい。内海なので荒波に呑み込まれる事もなさそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
小川が海に注ぐ所だけ堤防が切れているので、そこを先頭が通過する一瞬がシャッターチャンスになります。結構失敗しましたけど。

クリックすると元のサイズで表示します
まだ他に海に飛び出した堤防があったので、他の場所から撮ってみても面白いかも。
後ろの山にゴンドラが架かってたので、俯瞰も出来そうなんです。次回の課題もできたな。

クリックすると元のサイズで表示します
写真に写ってた小川に沿って線路をくぐると、いつものカーブ手前に出られました。
やはりこのアングルの方が無難ですかな。

クリックすると元のサイズで表示します
夜は丁度これやってたので覗いて見たのですが、人の多いこと。丸の内でやってたのと同じようなんですが、飲み食いの出店がメインの感がありました。
一人だったので、さすがにこんなところで食わず、居酒屋でしっぽり飲んで帰りました。

地元の装飾業者が言ってましたが、予算が無くて次回の開催は危ないよとの事でした。ただ次開催の募金をしてきたので、未開催だとその行き先が気になるなあー。
0
タグ: 須磨 海沿い 山陽線

2009/1/11

京成線を撮る  鉄道
今月末の展示会で急遽カタログを製作すると言う事になり、この連休はぶっ飛んでしまった。まあ、先行き暗雲だらけなので、受けれる仕事は全てやりこなすしかないでしょうね。と、言いつつ近場では写真撮ってきましたけど。

3日の撮影行の続きなんですが、JR線の撮影を終えたFe3は地図を頼りに京成線の線路目指して歩き始めます。京成本線は、この佐倉付近から再びJR線に近づいてきますが、それでも3km程離れてる感じなんですよね。
駅同士は路線バスで繋がっていますが、駅まで戻ってまた歩くより駅間同士を直線で歩いた方が良いという事ですな。
殆どすれ違う人も無く、もくもくと歩くこと30分。やっと京成の車両が見えてきました。
昼飯を食いそびれてはいけないので、蒲焼の香りに誘われて正月も関係なくオープンしてる風の食堂にお邪魔。さすがにうな重は高価なので、リーズナブル定食とビールで新年のご挨拶を済ませました。

クリックすると元のサイズで表示します
食堂脇の川に沿って線路まで出られます。冬晴れの順光だと綺麗に撮れますね。

クリックすると元のサイズで表示します
鉄橋脇から線路沿いに臼井方面に歩きます。正月ダイヤなのか次々列車がやってきますな。羽田、成田直結10周年マーク付き車両。

クリックすると元のサイズで表示します
もう日陰なんで、車両側面に青空を写り込ませてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
やっと日の届く開けた場所に到着。奥に写ってるオランダ風車が昔から気になってるのですが、何なんですかね。

クリックすると元のサイズで表示します
車両写真向きの場所ですな。京成は線路脇に道路が併走してるので、風景写真的な撮り方は難しいです。

クリックすると元のサイズで表示します
カーブがきついので、架線柱の数が半端なく多いんですよね。おまけに高圧鉄塔まで有りますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
これがラストショット。AE100ってコアラの顔に似てると思いませんか。私だけかな・・

クリックすると元のサイズで表示します
さすがに帰りは歩くのをやめて、バス2路線を乗り継いでJR佐倉まで戻ってきました。
左から私、つばささんシービーさん。影の話ですよ。

この後、軽ーく親睦会のつもりがいつも通り長ーくなってしまいました。
0
タグ: 京成線 AE100 佐倉

2009/1/9

ブログ移転無事終了  鉄道
AOLブログ廃止に伴って一番手が掛からず転送できそうな、teacupブログにデータ移動しました。
AOLで160MB程度の画像量があったので、無料ブログでは駄目だろうなと思ってたのですが、転送してみると意外なことに残量0%で全ページすっぽり移動出来てしまった。100MBと言いつつも実際は余裕が有りそうですな。ただ私の場合これからも画像がメインになるので、有料メンバーになるしかなかったですね。

移行手続は至って簡単で、ものの10分であっさり終わり。基本レイアウトもAOL時代と殆ど変わらないまま持って来れてるので、ある意味感激してしまった。
ただ、MACで見た時にレイアウトが滅茶苦茶に崩れてしまっていたのですが、ページの記述を少しでもいじってやれば、元に戻るようです。
有料メンバーだとサーバーの容量以外にもいろいろ遊べそうなファイルがアップ出来そうなのでこれから試して見る価値はありますね。取り合えずフラッシュデータが使えると良いのですけど。
これは後の祭りですが、AOLから移転処理をしてしまうと、二度とAOLブログの画面に戻れなくなるので、最後のカウンター画面をプリントスクリーンで画面撮りしとくのを忘れてしまった。これは失敗でした。

移転1発目のネタは、縮小画像表示が400pxに広がったので、アニメーションGIFを作ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

私がブログを始めてすぐ、伝統列車「東海」が廃止されてしまいました。
それから、毎年3月を前に「銀河」そして今年は「富士・はやぶさ」と東海道東京口が寂しくなっているのです。
もう来年は無さそうですが、と言うより皆無くなってしまったと言った方が良いですかね。
ある意味、激動の2年と供にだったんですよ。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ