2009/6/28

今朝も懲りずに旧客撮り  写真
来週からも現場仕事が続くので、内勤仕事は処理しとかねばいけません。また休み無しの日々が続くのかなー。

本日も出勤前にレトロ横浜の回送を狙ってきました。
昨日とは打って変わって梅雨本来の曇り空。近場の六郷鉄橋まで行ってみて考えましょう。
前回は川崎側から撮ったので、今回は天気も悪いし大田区側の河川敷からサイドアングルで流し撮り勝負でもして見ますか。
雑誌の時刻案内には8:20過ぎに川崎着となっていたので、現地は既にかなりの人数が集合してます。ただ河川敷から狙ってる人は皆無に近いですよ。
8:30を過ぎ未だ来ない・・。

近くにいた学生さんかな、まだ品川にも入ってないですよ。昨日と同じ時間帯通過じゃないでしょうかね。との事。
確かに川崎は側線も無いのに1時間以上の停車は眉唾物な感じはしてたのです。まあ、雑誌の編集も大変なんでしょうからこんなミスも有るでしょうね。
仕方ないので、六郷土手駅のパン屋で朝食取ってきました。

9:30頃再度同じ場所へ。まだ大勢残ってるので、通過してない事は一目瞭然で分かりますな。

クリックすると元のサイズで表示します
暇なんで、4つ葉のクローバーでも無いかなーと探して見たけど3つ葉ばかりでした。

クリックすると元のサイズで表示します
シャッターは1/90で流して見ます。バックが単純なので、あまり効果が出ませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
9:55頃やっと来ました。ピントはパンフォーカスにして、先頭から追っかけつつシャッター押し捲り。1/90なので意外と成功率は高いですよ。
本当は架線柱間で撮ってる方が良いのですが、背景が何も無くなってしまうので雰囲気が出ないのです。

クリックすると元のサイズで表示します
後追いと言われなければ分からない感じしません。

クリックすると元のサイズで表示します
バックにビルが入ってくるとイメージも大分変わりますね。

やはり電車等に比べると、機関車1台とそれに続く客車の少しでも写ってるだけでも絵になりますな。
さて、この区間でまた機関車が走ることは有るのでしょうか。次回があって欲しい事を切に望んでます。

いつもポチ有難うございます。
0

2009/6/27

やっぱり客車は良いですねVol.3  鉄道のある風景
旧客使用によるレトロ横浜が前回の東海道線運転に続いて、本日、明日と横須賀線で運転されます。
梅雨の真っただ中にも関わらず、週末は天気にも恵まれ最高の撮影日和となったのではないですかね。個人的にも久しぶりの休みとなったので、朝から回送も含めて撮って参りました。
横須賀線内はこれと言って有名なポイントも無いので、事前に場所を絞り込むのも大変な感じかな。
今回のレトロ横浜は客車7両と前回の4両に比べるとボリュームアップ。それにしては、編成全部を入れられる場所も少ないのが難なんですよ。

それでは今日1日の追っかけ顛末を時系列で紹介して見たいと思います。
まず、高崎からの客車回送を渋谷〜恵比寿間で待ち受け。あわよくば東横線とのクロスも撮れるかなーと思ってたのですが、やっぱり無理でした。

クリックすると元のサイズで表示します
東横線地下移設工事の関係で、この辺でスッキリした絵にするのは難しくなってきましたね。
東海道運転の時とは機関車の前後関係が逆になってます。

その後、品川での停車時間が長かったので一度家に戻って出直し。
次は、東神奈川〜横浜間の歩道橋からだったのですが、下り横須賀線と並走され100%撃沈。まあ、こんな時も有るわなー。
今回は平行する京急があるので、田浦、横須賀辺りは一機にショートカットできるのですよね。
事前に地図から俯瞰撮影が出来そうな場所をピックアップしていたのですが、こればっかりは行って見ないと分かりませんな。
京急田浦から歩く事20分。汗だくになりながら坂を登ってたどり着いた場所から。

クリックすると元のサイズで表示します
後追いしか撮れないし、高さもイマイチ足りない感じかな。

クリックすると元のサイズで表示します
折り返しの上り列車。更に高い所を目指して見つけた場所から。

クリックすると元のサイズで表示します
客車7両は入りきらんぜよ。

北鎌倉は混み合ってそうなので、トンネルを挟んだ鎌倉側に場所を移動。

クリックすると元のサイズで表示します
人家を入れずに撮ると、上越線の雰囲気ですな。

クリックすると元のサイズで表示します
最後は、本日のみ走行する品鶴線多摩川鉄橋をマンションの屋上から。やっと編成全部入った。

明日も天気は持ちそうなのですが、仕事があるので朝の回送だけ撮ってこのイベントも終了です。

いつもポチ有難うございます。
0

2009/6/23

出張ついでの山陰線Vol.2  鉄道のある風景
今日は午後から梅雨明けのような天気となりましたね。太陽が顔を出すとともに気温も上昇して、冷房の入らない展示設営中の会場は凄い事になってました。
常に水分補給しとかないと死にそうですよ。電気代ケチらずに冷房入れてくれ・・。

さて前記事の続きです。
東松江駅に戻る途中、水の張られた田んぼが広がってたので、初夏らしい風景を入れた写真も撮っておこうと寄り道をしてきました。
車両写真は既に結構撮ったので、ここでは思いっきりのワイドアングルを選択。しばし、カラ撮りで露出を選んでたら列車の音が近づいてきました。時刻表にも出てない時間なので何じゃろと思ってたら50分遅れで「サンライズ出雲」が走りこんできましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
田植えも終わってるので水鏡とはいかないまでも、雰囲気は良いですね。

クリックすると元のサイズで表示します
筋雲が初夏の感じ。東京口唯一の寝台特急ですが、東京着の時間が早いので太陽が高い時間で撮れるのはこちら側だけですな。

クリックすると元のサイズで表示します
「やくも」の色違い編成。こちらの方が最新バージョンなのかな。

ここで時間切れ。駅へ戻り松江へ移動。
車窓を見てたら、さらに先まで行くと中海をバックに走る区間があり良い雰囲気でしたが、歩くとなると片道1時間は覚悟しないとって感じ。
松江は初訪問の街なので、時間の限りいろいろ見て回ることに。
まずは一畑電鉄の松江しんじ湖温泉駅まで路線バスで行って見ます。丁度出発間近の電車が止まってたので、焦りつつ線路脇を進行方向に。

クリックすると元のサイズで表示します
元京王の5000系が未だ頑張ってますよ。運転本数が少ないので、これ一本で終了。

そして、宍道湖の湖畔から大胆アングルで山陰線狙いを。この頃から雲も増えてきたので、何となく対岸が眠い見え方です。

クリックすると元のサイズで表示します
宍道湖を挟んだ対岸を行く「やくも」。250mmレンズでやっとこんな感じです。
肉眼ではあまり見えないのですが、望遠だとかなりの走行距離を追っかけて撮れますよー。

宍道湖行ったら「しじみ」だろ、と近くのしじみセンターのような所で、しじみLサイズを購入。クール便で送って翌日吸い物にして食したのですが、良い出汁が出て美味しかったですよ。今が一番身がしっかりしてるそうです。

いつもポチ有難うございます。
0
タグ: 松江 宍道湖 撮影地

2009/6/21

出張ついでの山陰線Vol.1  鉄道のある風景
金曜の朝一から施工絡みの仕事があり、木曜夕刻発のANA出張パックで米子まで行ってきました。
本当は、サンライズにでも乗りたかったのですが、鉄道利用のパック商品はやっぱり割高で現実的ではないですね。普通運賃を適用した場合は、当然鉄道利用の方が割安になりますが、今や飛行機を普通運賃で乗る人も少ないでしょうし、遠距離の鉄道利用は益々斜陽化してしまいそうですな。

仕事の方は予想以上に順調に進み午後には終了。
十分その日のうちに帰宅可能だったのですが、週末と言うこともあり意図的に翌日帰りのチケットにしていました。そんなんで、仕事も終わり清々しい気分で翌朝は朝一から撮り鉄に没頭できるのでした。

山陰線の鳥取、島根県内は乗車経験も無い路線なので、どこら辺で撮れば良いのかも分からなかったのですが、今やネットで航空地図が見られる時代。そこそこ当たりを付ける事が出来るのですよね。いやー凄い事ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
米子の出張は2度目ですが、前回は全くのトンボ帰りだったので駅にも寄れませんでしたから、初の米子駅です。
キハ40系列と言うか気動車も久しぶりです。

航空地図で目星を付けてた場所は東松江から松江方向に歩いて行った場所なんです。
車窓からロケハンしてると、安来〜荒島間に良い感じの鉄橋がありました。ただ駅からかなり遠そうだったので、今回は残念ながら見送り。また、荒島〜揖屋間はFe4のつばささんのサイトで紹介されてたのですが、新線に移行されたようなのでここも見送ります。

クリックすると元のサイズで表示します
到着後、続行で「スーパーまつかぜ1号」が追っかけてくるので、これはやむを得ず駅撮り。1/750でシャッター切ったらLEDマークが写りませんよ。これは考えないと。

クリックすると元のサイズで表示します
駅から歩いて20分程、カーブの踏み切りから快速「アクアライナー」。
キハ126のトップナンバーですな。

クリックすると元のサイズで表示します
381系の「やくも10号」。貫通扉や色もイマイチしっくりこない感じに見えてしまいますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
先ほどの失敗を糧に、1/350で切ったらしっかり写りましたよ。「スーパーまつかぜ6号」。
しかし、2両編成の特急と言うのも時代の産物なんですかね。寂しい限りです。

クリックすると元のサイズで表示します
「やくも1号」。この前に「サンライズ出雲」が通るはずなんですけど・・。

クリックすると元のサイズで表示します
山陰線は未だキハ47系の列車が多いです。首都圏色も有り難い存在ですね。

結局、サンライズも来ないまま時間が迫ってきたので、駅に向かって歩き出します。
今回は結構な枚数が撮れたので、Vol2へ続く・・

いつもポチ有難うございます。
0

2009/6/16

東京口を賑わした急行電車  鉄道
このところ梅雨らしい天気が続いてますねぇー。まあ、涼しくて仕事もはかどりますよ。
今週末は久しぶりの出張仕事もあるので、週後半は天気になって欲しいですな。

また古ネタに戻ります。
昭和50年前後に東京駅に出入りしてた電車急行と言うと、大所帯の順で「伊豆」「おくいず」「東海」「ごてんば」そして殆ど運休中だった「長州」がありました。
新幹線の博多開業がゴーサントウと呼ばれた改正時で、それにならって下関行の「長州」は時刻表から姿を消してしまいました。結局運休中のまま廃止となってしまったようで、現車を見る機会も無かったと思います。最終運転日は果たして何時だったのでしょうか。
その他の急行電車はこの改正でも殆ど動きが無く安泰な感じでしたね。
「東海」「ごてんば」は別にして伊豆方面に向かう系統は、週末や季節による変動が多く、10往復を超える設定もありました。ただ、撮影対象とするにはヘッドマークも無く面白味にも欠けていたので、ブルトレの合間にやって来る程度を撮ったに過ぎなかったようです。
そんなんでも、今や懐かしの車両となってるので紹介して見たいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
根府川〜真鶴間を走る153系「伊豆」。これは珍しく列車番号が表示されていたので判明できました。

クリックすると元のサイズで表示します
田町付近を走る153系。列車種別幕も列車番号表示も無しですよ。とにかく東海道の153系はこの辺りがいい加減でしたね。

クリックすると元のサイズで表示します
高運転台の500番台を先頭にした急行かな。これも幕は破れてるし、番号入れは見ての通り。

クリックすると元のサイズで表示します
臨時にはグリーン車無しの167系も運用されてました。多分「おくいず」だと思われます。
「伊豆」は全車指定席を基本にしてたので、冷房無しの167系は格下の「おくいず」系統に入っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
これも良く分からん列車なんです。159系に見えるのですが、155系も押込み型ベンチレータに改造されたやつがあるので特定できません。
果たして急行なのか修学旅行なのか、今となっては調べる由もありませんな。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年頃だったかな、「踊り子」が運転されるまでの繋ぎとして185系が「伊豆」運用に付いてました。
奥に見えるのが東戸塚駅。今や周辺も変わってしまいましたね。

その後「踊り子」が特急として運転を始めると伊豆方面の急行は無くなり、そして「東海」も特急となり東京駅での定期急行電車は長い歴史に終止符を打ったのです。

いつもポチ有難うございます。
0
タグ: 急行 東海道線 153系

2009/6/13

今年も紫陽花撮ってきました  鉄道のある風景
今年も梅雨入りしたばかりですが、今日は何とか天気も持ちましたね。
湿度が高いので、何となく靄の掛かったような景色でしたけど。午前中から仕事を片付けて、やっと一段落したので、紫陽花満開の井の頭線を撮ってきました。

昨年も撮りに行ったのですが、今年の方が花は早い感じですね。
今回は西永福から高井戸にかけての線路脇を歩いて見ました。井の頭線は駅間距離が非常に短いので、2駅程度は楽に歩けてしまうのですよ。
まずは高井戸から神田川に沿って浜田山方面に向かいます。高井戸はサラリーマン時代の会社の最寄り駅だったので、通勤でお世話になってた駅なんです。20年ぶりに降りたのかな。
あんまり変わってないなぁー。

クリックすると元のサイズで表示します
線路脇は紫陽花満開です。普段はあまり使わない超ワイドレンズ持っていって見ました。

クリックすると元のサイズで表示します
超広角だとパンフォーカスが効くのですが、車両がイルカのように曲がってしまうのがイマイチです。ここでやめときましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
オレンジ色の車両はおそらく初登場ではなかろうか。
ここまで紫陽花が見事に見れる路線は中々無いですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
やっと3000系が来ました。
今日はこの1編成しか入ってませんでしたから、もう置き換えもカウントダウン状態ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
場所を移して西永福付近。先ほどの3000系ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
西永福の駅端から。線路の両側に延々と紫陽花が植樹されてるのが分かりますよね。

この区間はどうもピンクの花ばかりのようで青があまり見当たりませんでした。個人的には青の方が好きなんですけど、こればっかりは如何にもなりませんな。

最近たくさんのポチを頂き有難うございます
0

2009/6/10

やっぱり客車は良いですねVol.2  鉄道のある風景
前記事の続きです。
と、その前にJR東の復活蒸気がC61に決まったようですね。残念ながらC623とはならなかったようですが、同じハドソン機でD51のボイラーを乗っけたスマートさは好きな機関車です。現役走行は見れなかったのですが、東北・常磐・奥羽を走ってたので東日本としてはマッチするカマですよね。
旧客は無理としても、原色の12系だけは残しといて欲しいですね。日豊線では12系の急行も引っ張ってたと思います。
いゃー楽しみです。

さて、大磯で撃沈した後向かった所は相模川鉄橋です。
下り列車の車窓からロケハンしてたのですが、凄い砲列でした。ただ河川敷なのでキャパは多そうなので、まあ如何にでもなるでしょ。
ここも初めての場所なんですが、駅から歩くと結構遠いんですね。道順が分からず競輪場の方から遠回りしてしまったようです。

クリックすると元のサイズで表示します
通過30分前頃に到着したのですが、既に100人位はいるかな。線路に近い方はかなり混み合ってますな。

クリックすると元のサイズで表示します
河川敷が広いのでスッキリした感じで撮れました。

ここでちょっとビックリな事が。
最近の学生さんは、鉄道無線の受信機も持ち歩いてるんですよね。貨物線なんかも列車接近の音声が聞けるので、事前にどっちが来るのか分かるのですよ。いゃー、私のようなオッサン鉄は面食らってしまいました。

最後は保土ヶ谷の踏み切りで正面気味の車両写真をと決めてたので、急いで向かいます。
警報機の隙間から狙うので、先客がいると撮れねぇなーと思いつつ到着。誰もいない。

クリックすると元のサイズで表示します
天気が悪くなってきましたが、後追いも同じ露出で撮れるのでこんな場合はオッケーですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
後追いも良い感じで撮れました。さすがに2往復も走ってもらえると4度のチャンスがあるので、アングルも選べますね。

ここで追っかけは終了。ホリデーパスを買ってたので、今月末のロケハンも含めて十数年ぶりに北鎌倉の線路脇に行って見ました。

クリックすると元のサイズで表示します
古都鎌倉なんで、あんまり変わってない感じですかね。

クリックすると元のサイズで表示します
雲行きが怪しくなってきた。

クリックすると元のサイズで表示します
やっと撮りました。大変貴重な急行列車です。
文字マークも凝ってますねぇー。

この場所も旧客運転の際は相当混み合いそうですが、線路に沿って並べば何とかなるかな。

いつもポチ有難うございます。
0

2009/6/8

やっぱり客車は良いですねVol.1  鉄道のある風景
昨日は本当に撮影日和な日曜日でしたね。
東海道の旧客運転は地元ネタでもあったので、手をこまねいている訳にもいかず、朝から追っかけてきました。
仕事の段取りもあり本当は土曜日にと思ってたのですが、天気が優れないので予定変更。この天気だと人も多そうですな。

まずは回送を近場の多摩川鉄橋で狙います。
六郷側からは何度も撮影してたのですが、川崎側からは初めてかな。川の上はトラスが掛かってしまうので望遠で、対岸の河川敷付近を撮るしかないですね。
20分前ぐらいに到着したのですが、既に20人以上が三脚立てて待機中。私は手持ちなので、三脚が並ぶ前の土手に座り込んで楽々撮影を決め込んでました。
カメラ2台や動画ならいざ知らず、1台だったら手持ちの方が柔軟に対処できるので、今は三脚を持ち歩くことはしないですね。

クリックすると元のサイズで表示します
15両だと川面も入れて絵になるのですが、機関車2両と客車4両ではスカスカになりそうなので、川面は外すしかないですな。
右端にもお立ち台ができてます。後追いも考えるとあの位置もありなんですかね。

クリックすると元のサイズで表示します
上りの211系と被ってしまった。架線柱3スパンに綺麗に収まる感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
トラスの切れ目にピタリと合ったな。しかし、EF65に茶色の客車と言うのも何かミスマッチな感じに見えるなあー。

さあ、ここから本日2往復分の追っかけが始ります。
このようなイベント運転の場合、駅撮りはゴタゴタしてそうなので、駅間狙いに絞って場所を探します。
川崎駅から下りの東海道に乗り込み西へ。
横浜で追い抜き先行するのですが、大船までは続行してくるので撮影場所までの移動時間がありません。
何処で降りるべきか分からんので、重装備の鉄が降りる駅で便乗下車。大磯でした。

しかし、線路の両側は高いコンクリート塀が続く最悪のロケーションですよ。右往左往しながら歩いてたら、時間が迫ってきて撃沈。

クリックすると元のサイズで表示します
後追いしか撮れない陸橋の上から無理やり撮った1枚。
折角ここまで来たので、戻りの列車も撮ってやると駅を挟んで横浜方向に歩いて行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな花びらみたいな紫陽花もあるんですね。品種改良なんですかね。珍しいので撮っときました。

相模貨物駅近くまで歩いて行ったのですが、全然良い場所が無いですよ。
そんなんで結局、コンクリート塀の上にカメラを置いてノーファインダーでシャッターを押すという困難な方法での撮影となってしまった。ただデジタルは後ろの液晶で画像確認が出来るので、意外といけるんですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
まあ、撮れてるって感じしかしないかな。
そう言えば皆さん脚立持ってたのは、この壁の上から撮るからなんですね。三脚忘れても脚立忘れるなと言う事ですな。時代も変わったもんだ。

クリックすると元のサイズで表示します
もう来ないだろうから、駅舎の写真もパチリ。

そして午後の部へ続く・・

いつもポチ有難うございます。
0

2009/6/5

初の鉄道模型ネタです  海外鉄道
6月の半ばから毎週展示仕事が続くので、結構忙しくなってきました。
地方開催もあるので、出張がてらの撮り鉄計画を画策中ですが、果たして上手くいくか微妙な感じになってきたなー。

鉄道模型も中学の頃から始めていたのですが、当時はHOゲージが主流でNゲージは仕上がりの面であまり見向きもされてなかった感がありました。
HOゲージと言えども今のレベルと比較すると、かなり雑な作りであったのですが、中学生の小遣いでポンポン買える代物ではなかったです。
私が最初に購入したのが、カツミ製の165系3両分でしたね。当時モーター無しの中間車で3,500円程度かな。
その後、プラスチック成型の技術向上にあわせるようにNが台頭し始め、完全にHOとのシェアは逆転しました。
そんな背景もあるのか、HOの車体価格も上昇して、今ではかなり気合入れないと買える代物ではなくなってしまいましたね。

今ではもっぱらNゲージの既製品を購入するだけとなってしまいましたが、十年前頃にはグリーンマックスの未塗装キットなど作ってましたね。仕事でもエアーブラシ全盛期の頃でしたし、面相筆なども使いこなしてた時代ですから、そこそこの仕上がりだったかな。
もう仕事上はコンピュータに変わってしまったので、これらの道具を使い込むのは無理っぽいですな。

最近はあまり購入してないのですが、珍しいのがありますので紹介して見たいと思います。
KATOの製品なんですが、2000セット限定で発売されたKTTのセットモデルです。もちろん日本の車両じゃないので馴染みは無いと思われますが、香港の模型店で思わず衝動買いしたやつなんです。
香港は鉄道ファンよりバスファンの方が市民権を持ってるようで、バスの模型はかなり充実しています。そんなんで、高価な鉄道模型2000セットは果たして売れたのかは疑問が残りますな。

クリックすると元のサイズで表示します
フル編成を揃えるにはもう1セット必要です。
この列車、中間に客車8両を挟んだプッシュプル運転なんですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
パンタのバネが強すぎて、上げると格好悪いんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
これが本物。機関車はスイス国鉄のRe460と同じです。客車はダブルデッカーで日本製だったと思います。
香港と広州を結ぶ列車で、機関車牽引でも160km運転をしてます。

やはり国外の模型店など覗いてしまうと、また買いに来ようなどと言ってられないので、思わず衝動買いしてしまう場合が多いのですよね。

いつもポチ有難うございます。
0

2009/6/2

出勤前に「きらきら」撮影  鉄道
久しぶりに天気の良い朝でしたね。
本日1日だけ「きらきらうえつ」が横浜まで出稼ぎに来るので、今だ見たことも無い車両と言うことも手伝って、撮影に行ってきました。
本番は時間的にも遅いので、品川から横浜に向かう回送を東神奈川の歩道橋から狙って見ます。
平日ですが、自由業的な仕事をしてるので、少しぐらい出勤が遅れようと関係ないと言う強みがあるのですよ。

通過10分前位に到着したら、歩道橋には「富士ぶさ」の頃を思わせるほどの人数が既に待機。
京急側から撮ると順光になるので、そちら側は既に一杯です。まあ、昨今のデジタル画像は逆光でも画像処理で何とでもなるので、いつもの国道側から構えます。
こちら側は私一人しかいません。

クリックすると元のサイズで表示します
凄い塗装ですね。4両編成なので斜めアングルでも全部収まってしまいます。
んー。京急側は京浜東北に被られたかな。結果的にはこちら側で正解ですな。

クリックすると元のサイズで表示します
後追いは、先頭車をアップで。

これだけ撮ってそそくさと会社に向かいました。
最近のお座敷電車のベースとも思える形状なので、その後の車両デザインに少なからずや影響を与えた車両なんでしょうね。
車内展示も行われたようなので、時間があれば見てみたかったですねぇー。

いつもポチ有難うございます。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ