2009/7/30

夏空広がる久留里線Vol.2  鉄道のある風景
ここ数日Autopageの接続が非常に悪くて、閲覧も出来ない時もあり、ご迷惑をかけていたと思われます。この手のトラブルは自分では打つ手なしなので、歯がゆい思いで回復を待つしかないですね。余計なストレスは勘弁して欲しいものです。

さて、前記事の続きになります。
炎天下を歩き回ってたら、列車の通過時間も迫ってきたので、鉄橋は諦めて稲穂が広がる風景の中でアングルを探します。

クリックすると元のサイズで表示します
久留里〜平山間。緑の絨毯と夏空のコントラストが良い感じ。
こう見ると車体色も風景にマッチしてますよね。

クリックすると元のサイズで表示します
えらくノンビリ走ってるので、後追いは広角アングルで。んー雲の感じがバッチリ。
自己満足ですが、中々の写真になりましたな。

久留里で列車交換の為、数分で下り列車が来ます。同じアングルだとつまらんので、ちょい先の陸橋から狙います。既に先客がいたのはびっくり。

クリックすると元のサイズで表示します
キハ38を先頭に、これまたゆっくり走ってきました。ローカルな雰囲気出てますよね。

結局、訳分からず歩いてきた場所は平山駅近く。一駅列車で戻りたくとも、この区間は2時間に1本しか走ってないんですよね。そんなんで上り列車を待つわけにもいかず、汗だくで来た道を戻ることに。
来る途中に大駐車場完備とうたってた食堂の看板をチェックしてたので、そこに辿り着くまでは、水分補給は苦しくとも控えてました。
何故かと言うと、キンキンに冷えたビールが待ってるからですよー。
仰々しい看板とは裏腹に、駅前食堂的な雰囲気。地元のおっちゃんが既に飲んでますねぇー。冷房装置も無い食堂でしたが、風が通るのでそれ程暑く感じないのが不思議。
酒好きの2人ですから、始まっちゃうと長居してしまうんですよね。結局、次の列車は間に合わず、2時間後にやって来るやつもギリギリと言う始末。

クリックすると元のサイズで表示します
久留里駅付近にて。久しぶりに線路脇まで迫って撮りましたが、フェンスも無いのでオッケーでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
次の列車まで1時間あるので、行きがけに覗いてきた蔵元に入ってみます。
日曜は中の見学は不可でしたが、外観は見て回れます。直販もやってるようで、普段はあまり食さないゼリーなど食べて見たのですが、これが意外と美味しくて、思わず自宅へ送ってしまった。
クリックすると元のサイズで表示します
ゼリーと言っても日本酒ゼリーですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
横田駅も列車交換が見れます。タブレット交換の風景も懐かしいですな。

クリックすると元のサイズで表示します
夕方の下り列車は、1両増結して3両になってるようです。やっとキハ30の出番。

この後は、お初にお目にかかる、まつしまさんを交えて夜の宴会へと突入するのでした。
しかし、あれだけ歩いても、夜になると元気が出てくるのは不思議ですねぇー。
列車本数は少ないですが、久留里線は侮れないですよ。是非お出かけになって見てはいかがでしょうか。

いつもポチ有難うございます。
0

2009/7/27

夏空広がる久留里線Vol.1  鉄道のある風景
先日の真岡鉄道で感化されてしまったのか、何故かローカル線の魅力に取りつかれたようです。そんなんで、昨日もFe4のシービーさんと房総半島内陸に向かう久留里線の撮影に行ってきました。

内房線の木更津から上総亀山までの32kmほどの単線非電化路線ですが、今でも国鉄時代の気動車しかおらず、鉄的にも人気のある路線になってるようです。さらに拍車をかけるように、キハ30が国鉄色に塗り替えられると言うことで脚光を浴びてますね。
私の住んでる川崎からは、アクアライン経由の高速バスで行けば速いのですが、この夏は18切符を購入したもので、第1回目として使用です。毎度の事ながら、新川崎からホリデーグリーン券を購入し千葉まで、それから内房線普通で木更津まで向かいます。
千葉からの普通列車は何と湘南・スカ色の混色編成でした。当然乗ってる身からは写真が撮れないので、木更津到着後先頭まで走って駅撮りが精一杯でしたけど。

クリックすると元のサイズで表示します
4両編成×2の8両なので、後ろの4両はスカ色です。この写真だと全く分からないのが残念なところですよ。シービーさんは到着を撮ってますから、その写真に期待しましょ。

クリックすると元のサイズで表示します
かなり奥まった所に居るので、本日の出番は無いのかな。
右に写ってるのもキハ30ですが、塗装の違いだけで全然イメージが異なると思いませんか。

10:06発の929Dで久留里まで向かい、近場で撮影と言う段取り。
22.6kmを48分で走るので時速は30kmを切ってますね。いやーのんびりしてますよ。久留里線はタブレット閉塞区間なので、今では珍しくなった列車交換の際のタブレット受け渡しが見られます。

クリックすると元のサイズで表示します
夏空に丁度良い雲が浮かんでて、良いアクセントになりますな。久留里駅にて。
この日はキハ37と38の2連ばかりでした。

クリックすると元のサイズで表示します
久留里は名水の町とのことで、酒蔵も多いのです。まあ、酒好きの2人ですから、当然の如くお邪魔してきましたけど。

クリックすると元のサイズで表示します
街中にこのような名水スポットがあり、冷たくて美味しい水が飲み放題です。
これから行かれる方はペットボトル持参が宜しいかと。

次の列車まで2時間近く空いてるので、昼飯でも食ってから場所探しでもしようと歩き出したのは良いのですが、近場の鉄橋が全く見当たらない。
地図を持ってなかったので、とにかく捜し求めて歩き続ける。炎天下をオッサン2人が線路求めて右往左往。風はあるのですが、自販機も無いし死ぬかと思うほど。
結局、鉄橋らしき場所はあったのですが、木々が伸びてて殆ど見えませんよ。そんなことしてたら、2時間後の列車の時間も迫ってき、田園風景広がる場所から撮る事に。
次に続く・・

いつもポチ有難うございます。
0
タグ: 久留里線 名水 酒蔵

2009/7/24

房総夏臨「白い砂・青い海」  鉄道
最近はオンタイムネタが続いてしまったので、ここいらで古ネタを入れてみます。
来月、房総方面に往年の「白い砂・青い海」が運転される予定になってますね。ただ車両が485系と言うことなので、やはりリバイバルと言う感じではなさそうです。
まだ幕張にはスカ色の113系がいっぱい居るのを考えると、12連での復活運転も可能のような気がしますが・・。

話は昭和47年に戻ります。
この年の7月15日に総武快速線が東京地下駅まで開業し、房総方面初の特急列車も運転を開始したわけです。と同時に毎年恒例であった夏季特別ダイヤでのスタートとなったように記憶しています。
幕張区には新製の113系が快速用として大量に配置されたため、前年までの各地から借り受けた「なんちゃって急行」も姿を消し、新たに料金不要の臨時快速「白い砂・青い海」が東京発として設定されました。

クリックすると元のサイズで表示します
開業数日後に東京地下駅で撮った「青い海」。内房線に向かう列車ですね。
初年度だけはこのような小型の愛称札で運転されてました。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは外房線に向かう「白い砂」。同様の愛称札です。

クリックすると元のサイズで表示します
翌年の昭和48年からは、千葉局伝統のヘッドマークを取り付け運転。
ただ、冷房準備車の比率も多く、乗ってる人はさぞ暑かったでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは、冷房仕様の「青い海」。津田沼〜幕張間。
基本7両+付属4両の11両が標準編成でした。

クリックすると元のサイズで表示します
「白い砂」錦糸町〜亀戸間。
11両の後、5+8の13両でグリーン2両組み込み準備となってたようです。

この後、いつ頃まで運転されてたのか分からないのですが、海水浴自体のあり方も時代とともに変わってきたのか、夏ダイヤも消滅して、今や臨時列車の増発も目に付かなくなってきましたね。
結果的に房総方面が一番盛り上がってた時期を見てこれただけでも良かったなと言う感じですな。

いつもポチ有難うございます。
0
タグ: 青い海 白い砂 113系

2009/7/22

渋谷区で日食撮ったぞー  写真
梅雨明け宣言が出されたのに、このところ連日はっきりしない空模様が続きますよね。
今日は東京でも3/4程が隠れる部分日食が見られると言う事でしたが、朝方から雨が落ちてくる始末。こりゃ見れないなって感じでした。

今日は午後から所沢方面に撮影の仕事が入っていたので、雨さえ降らなければ良いなと、11時過ぎに事務所を出ました。
ラジオから東京では日食は無理っぽいと連呼していましたので、あまり気にせず駅に向かって歩いてましたが、何人かが携帯で空を撮ってるんですよね。
んーと空を見上げると薄くなった雲の合間に三日月型の太陽が見えるではありませんか。
11時10分頃が最大の欠け方と言ってましたので丁度今時だ。

クリックすると元のサイズで表示します
曇りだったお陰で、フィルターも使わずに撮れましたよ。
ただ、望遠ズームを持ってなかったので、かなりちっこい太陽になってしまった。
普段からマニュアルモードで撮影してるので、こんな時は段階露出でバッチリ撮れます。携帯だとオート露出しか無いので難しいかも知れませんな。

クリックすると元のサイズで表示します
トリミングで切り取って見ました。

まあ、晴れてれば太陽の撮影など、直接ファインダーを覗いて撮るなんてことなんて出来ませんから、このように雲のフィルターが掛かってくれたお陰で撮れたと言う事もラッキーなんでしょうね。
しかし、3/4も隠れても暗くならない太陽のパワーは計り知れないですな。

次はいつかな
0
タグ: 日食 撮影 東京

2009/7/20

チャレンジ流し撮り、真岡鉄道編  写真
昨日は朝から久しぶりの鉄友と真岡鉄道に蒸気を撮りに行ってきました。
今まで話の中にあまり出て来なかった鉄友なんですが、中学の頃から同じように鉄道を追っかけて各地を巡ってた仲間なんです。ただ、対象が蒸気機関車に偏っているので、電車や電機などの知識は全くと言って無い人なんですよね。今はガーデニングとか模型やらで、どちらかと言うとインドア派的なタイプですな。

さて、夏場は煙の期待が出来ないので、タイトルにも書いた通りサイドアングルから流し撮りに徹して撮ってみようと場所を探します。そんなんで、結局合流したのは昼飯後と言うことになり、一緒に行ったと言うより、たまたま合流したと言った方が正しいですよ。
まあ折角行くので、真岡から下館に向かう回送から狙うことにします。

クリックすると元のサイズで表示します
新宿から「フェアーウェイ」で小山まで行き、水戸線に乗り換えるルートを利用しました。
この列車のグリーン券950円は、座席も特急仕様なので非常にお徳ですよー。
名前通りゴルフ利用の乗客で普通席は結構埋まってましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
下館二高前〜折本間。C12牽引の回6100レ。
手前の田んぼは緑の絨毯のようですね。今回は1/60秒でチャレンジしてるので、なるべく長い区間を追っかけられる場所限定って感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
続行列車で真岡まで移動したのは良いが、時間が無くてつまらん場所での撮影となってしまった。

この後、やっと鉄友と合流したのですが、上り列車まで時間が空きすぎ。普通列車を撮るにも1時間に1本で全て同じ形式と言うのもあまり触手をそそりませんね。
次回はこの空き時間の消化方法を考えないといかんですな。

クリックすると元のサイズで表示します
今度は折本から歩いてみます。ホントにグリーン一色ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
数少ない、普通列車でリハーサル。天気がイマイチ。

クリックすると元のサイズで表示します
架線柱が無いので、フレームに入る車両の長さ感覚が掴みづらいですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
結局、線路の反対側から狙って見たものの望遠レンズなので、バックの法面が目立ってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
ロッドの動きなどで、躍動感が少しは出たかな。

本当は1/30秒位で撮るともっと流れが出るのですが、なにぶん腕が付いてこない実情を考えるとこの位が妥当な結果ですかね。
鉄友は全く違った撮り方してるので、合わせて見てやってください。

いつもポチ有難うございます。
0

2009/7/16

ダイヤ乱れも吉となる  鉄道
今月はじめの土曜日の話なんですが、24系団臨が走るとのことで、それ狙いで東十条まで出かけてきました。
比較的遅い時間に設定されてたので、「北斗星」辺りから撮れれば良いやとのんびりと家を出ます。南北線で王子乗り換えをするのですが、京浜東北のホームに上がったら、何と「能登」が通過中。少し早く出れば撮れたではないかと後悔しきりですよ。

さすが有名撮影地となった線路脇にはズラリと人だかりが出来てます。ただ、線路がカーブしてるので、意外とどの場所からでも撮れると言うキャパシティなので心配はいりません。
今回は前後ともマーク付きとの事でしたから、後追いも撮れる場所を探します。

クリックすると元のサイズで表示します
一発目は定刻通過のEF8193牽引「北斗星」。しかし、ここはホント被りがないですねぇー。

周りには気合の入った人たちがいるので、話し声から上越線がかなり遅れてるとの事が分かります。まだ「北陸」も通過してないようです。
まあ、昼過ぎに会社に出れば良いので、のんびりと待ちますかね。

クリックすると元のサイズで表示します
EF641051牽引の「北陸」が来ました。連続して来るとはラッキーだったな。

クリックすると元のサイズで表示します
続けてEF6437牽引「あけぼの」通過。こりゃ効率良いな。

クリックすると元のサイズで表示します
不意を突かれて、訓練運転のEF8180が通過。機関車のアップとなってしまった。

もう目的の団臨も遅れてるので、何時来るのか分かりません。周りの人たちが赤羽方向にレンズ向けてセッティングを始めたので、何か来るのか。

クリックすると元のサイズで表示します
EF8188牽引の団臨回送が来ました。これが折り返してくるのか。

クリックすると元のサイズで表示します
合間には貨物も入り、飽きませんな。

クリックすると元のサイズで表示します
上下線とも狙える位置に居るので、何処から来ようが撮れると言うのも東十条ならではですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
おーやっと来た。出羽のマークを捩った「越後」です。

クリックすると元のサイズで表示します
後ろは「日本海」ベースのマークですな。まあ、お祭り列車でしょうからこの位派手な方が宜しいのでは。

今回は思わずの遅れがあったので、普段撮れないやつも撮れたと言う事で、定時で出撃されてた、つばささんには申し訳ないけど、めでたしでしたな。
しかし、気合の入った人たちの傍にいると状況が掴めるので、意外と有り難い事ですね。思わず聞き耳立ててしまったりしますよ。
さて、仕事も暇になったので3連休は何処行こうかなー。

いつもポチ有難うございます。
0
タグ: 団臨 機関車 東十条

2009/7/14

出張ついでの函館線Vol.3  鉄道のある風景
本日関東地方も梅雨明けですね。今年の梅雨は例年に比べると雨も少なかった印象です。夏場の水不足とかは大丈夫でしょうかね。心配しちゃいますよ。

いよいよ出張撮り鉄の巻も最終回。
苗穂駅で「北斗星」を撮り終えて、さてこれから如何するか。
天気予報は昼過ぎには曇りに変わると言ってた通り、雨脚も弱まって雲も切れてきた感じ。
そう言えば、いつも覗かせてもらってる水無月さんのブログに札沼線電化計画の話が出てたので、非電化の風景も今のうちかなと思い、早速向かって見ることに。
札沼線は昭和50年にちょこっと乗ったぐらいで、写真も撮ってなかったので印象に残ってないんですよね。ただ、当時は札幌口でも2時間に1本程度のローカル線だったのが、今や20分に1本と言う頻度にまで増えているのにはビックリです。
桑園で上手い具合に接続があり、何処まで行くかは決めないで車窓を眺めて見ます。架線の無い複線高架区間は、何か海外の路線の様に見えますな。
高架区間が終わった最初の駅、大平駅で下車。

クリックすると元のサイズで表示します
やっと雨も上がったようです。線路脇に白いアサガオが咲いてました。

クリックすると元のサイズで表示します
丁度この駅ですれ違うダイヤのようで、被ってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
今や6両編成も存在する程、乗客も増えたのですね。ディーゼルの排気を狙って撮ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
51系客車改造のキハ141も札沼線ならではの車両。電化時には行き場が無くなってしまうのかな。

クリックすると元のサイズで表示します
新川駅に移動して、複線非電化の姿を記録。軌道は架線柱が建てられる構造で敷設されてるようです。

桑園に戻り、札幌場外市場で海鮮丼と燃料を補給してたら、「トワイライトEXP」の回送の時間を過ぎてしまうと言う段取りの悪さ。すぐさま先回りと、再び苗穂駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します
側線にDD51が止まってたので、思い切って3台入れて撮ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
運転区の奥に711系900番台の痛々しい姿が見えます。原色、2つ目玉の原形を保っている貴重な姿です。何とか保存されることを願いつつ苗穂を出発。

折角の北海道ですから、貨物を撮らねば帰れませんと新札幌へと移動。

クリックすると元のサイズで表示します
DF200-103牽引の3059レ。DF200を見たのはお初です。パワーありそうですな。
しかし、貨物列車も激減してますから行程組むのも大変ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
最後は「すずらん」を撮ったつもりが、何とJRマークになってしまった。
こういうのは勘弁して欲しいですな。

クリックすると元のサイズで表示します
締めは、やっぱりこれでしょう。新千歳空港にて。

仕事の合間でこれだけ撮れたのは、かなり効率の良い方ではないかと自負できる行程ですかな。しかし、「カシオペア」と「サロベツ」は撮れなかったな。
次回があることを期待しつつシリーズ終了となります。

いつもポチ有難うございます。
0
タグ: 撮影地 札沼線 出張

2009/7/11

出張ついでの函館線Vol.2  鉄道のある風景
前記事の続きです。
朝一から貼り付いていたので、これからの仕事も有ることだし朝飯でも買って来ようと一旦この場を離れます。
コンビニでパンとコーヒーを仕入れて、近くの公園で朝飯タイム。北海道と言え初夏の快晴だとやっぱり暑いですねぇー。そう言えば天気予報だと29℃まで上がると言ってましたな。
ベンチでパンをかじってたら、見慣れぬ車両が通過中。3月の時刻表をコピーしたやつしか持ってなかったので見逃してしまった。後で調べたら、ラベンダーエクスプレスだったのねー。

再び朝一の場所で、逆光にもめげず「トワイライトEXP」まで粘着して見ます。

クリックすると元のサイズで表示します
一発目にDD51の単機がやって来ました。もうかなり気温が上がってるので望遠で撮ると、バックに陽炎が掛かります。ディーゼルの排気と合わせて良い感じで撮れたので、少しデカ目の画像でアップして見ました。

クリックすると元のサイズで表示します
「ラベンダーEXP」もう一本あったのね。この車両も183系の仲間です。
ムツゴロウ似の愛嬌のあるスタイルは好印象ですな。

クリックすると元のサイズで表示します
この「とかち」も置き換えが発表されてましたから、撮影目的の1枚でした。
183-500番は好きな形式の一つですが、先行きは暗いですね。

クリックすると元のサイズで表示します
DD51重連は迫力ありますな。機関車も客車カラーだったらもっと似合いそう。
関西出張では毎度撮り逃がしていた列車をやっと撮れました。

これにて打ち止め。そして本業の仕事へと向かったのでした。

翌日は打って変わって朝から雨。展示会オープンを見届けて仕事は終了。しかし、この雨の中どうにもなりませんよ。
とりあえず下りの「北斗星」に間に合いそうだったので、会場からタクシーで苗穂駅まで行って見ることに。

クリックすると元のサイズで表示します
雨はかなり降ってます。

クリックすると元のサイズで表示します
丁度、駅の跨線橋から下り千歳線が見渡せるのですね。チョコッと窓を開けさせて頂き濡れずに撮れました。
ただ露出が上がらずISO800で何とかって感じです。その分遅いシャッターなので、LED表示はハッキリ写ります。

クリックすると元のサイズで表示します
定刻より少し遅れて「北斗星」通過。客車が長いので後ろが切れてしまった。
雨脚が見えますかー。

クリックすると元のサイズで表示します
283系「スーパーおおぞら」。LEDのお陰でマークをはっきり写すと言う余計な気配りが必要になりましたね。

まだ雨も降ってるので、飛行機の時間までどう過しましょう。悩むところです。
この続きは、まだ引っ張りますよ。

いつもポチ有難うございます。
0

2009/7/9

出張ついでの函館線Vol.1  鉄道のある風景
毎年7月頃に日本各地を順番に開催する展示仕事がありまして、今年は札幌開催となってました。そんなんで、6日の夜から札幌入りしてたんです。
当然の事ながら、空いてる時間は撮り鉄にと思ってたんで、計画もしっかり練っていたんですよ。

北海道も3年ぶり位かな。前回は全く時間がなくて仕事のみに終始してしまったので、とても写真など撮る暇も無かったですな。
今回は展示会場近くの東札幌駅付近でホテルを探したので、JR線沿いという訳にもいかず、撮影にはちょっと不便な感じ。翌日の11時前には会場に入らないといけないので、朝一から何とかしなければ。
地図を眺めて見ると、東札幌から函館線の豊平川鉄橋まで歩いて行けない距離でもないか。30分も歩けば何とかなるかな。
この鉄橋も航空地図で見る限りはトラス構造では無い感じなので、まあ何とか撮れるだろうと踏んで、出掛けて見る事にします。こうなると折角のチャンスとばかり、朝一で下ってくる「はまなす」から狙いたくなりますよね。
札幌は地下鉄を含んで鉄道は6時台から動き出すのが殆どで、千歳線の1番列車となる「はまなす」を撮る為には、やはり歩くしか手立てがないんですよね。まあ、タクシー使っても良いんですけどね。

翌朝5時過ぎにホテルを出て地図を見つつ鉄橋まで向かいます。さすが梅雨の無い北海道、本日も快晴です。
予想通り30分で橋のふもとに到着。
札幌方面に向かう下り列車は全くの逆光なんですが、望遠で撮れば何とかなりそう。この区間を5時台に通過する列車は全く無いので、リハーサルが出来ないと言う一発勝負です。
6時ちょい前にエアポートの回送が千歳線を上って行きました。

クリックすると元のサイズで表示します
定刻でやって来ました、最後の定期急行「はまなす」。もちろん初めて見ましたが、格好良いですねぇー。
もうこれだけ撮れただけでも、お腹一杯ですよ。

この逆光アングルは一旦やめて、順光側に場所を移していろいろ撮ってみましょうかね。
やって来る殆どの車両が初めて撮るやつなので、かなりのカット数となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
朝方の函館線しか見かけませんでした711系。千歳線には既に入ってないのかな。

クリックすると元のサイズで表示します
この「スーパーカムイ」もお初ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
新千歳空港アクセスの「エアポート」。車内は「エアポート成田」より全然良いですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
「スーパー北斗2号」。3分続行で「おおぞら」と一昔前の上野口を彷彿しますな。

クリックすると元のサイズで表示します
「オホーツク1号」。やっぱり国鉄設計車には愛着がありますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
「北斗4号」。キハ183も少なくなりましたね。

複々線区間ならではの列車本数だし、函館、千歳線系統の大半を撮影できるとあって、中々の収穫でした。
10時まで未だ時間もあることだし次回に続くとしましょう。

いつもポチ有難うございます。
0

2009/7/5

今日は一日583系追っかけました  鉄道のある風景
この週末は、臨時列車が数多く運転され土日共に撮影に明け暮れてました。梅雨の真っただ中にしては、両日とも雨にもならず、まずまずの成果と言ったところですかね。
土曜日は上越線の遅れの影響でダイヤもかなり乱れていましたが、逆に機関車牽引の列車が繋がってやって来たのでラッキーな一面も有りましたねぇー。
この辺の模様は後日記事にして見ます。

今日は東海道線開業120周年に絡んで、583系が東京口に運転されるとのことでしたから、これは行かねばと朝から追っかけてまいりました。
昭和40年代には、東北特急が東京まで運転されてたので、東京駅でも583系「はつかり」などを見る事ができましたが、東京から上野方面に向かうのみで、品川方面に向かう列車と言うのは無かったように思います。その後新幹線工事などに伴い東京乗り入れが廃止され、東北特急は上野発着となってしまい、583系は東京に顔を出すことは無くなってしまいました。
私が覚えている限りでは、東京から西へ向かうケースは初めてなんじゃないですかね。

そんなんで、まず品川からの回送を有楽町で狙います。
Fe4の最年長者シービーさんと合流して、撮り鉄・飲み鉄のスタートです。

クリックすると元のサイズで表示します
駅撮りポイントとしては好きな場所なんですが、ホーム端でもなく、山手線内、外と京浜東北南行の3本を越して狙うと言う非常に被り率の高い条件をクリアせねばならんのですよ。
今回はバッチリでした。欲を言えば新幹線でも写り込んで欲しかったかな。

東京での折り返し時間も少ないので、すぐさま西方向へ移動です。
新橋から1本前の先行列車に乗り込むも、追っかけてくる583もさすが電車、常に4分程度の差しか無い状態。
もう駅撮りしか無いので、ホーム端が空いてる所にしようと行き着いた先は真鶴駅。

クリックすると元のサイズで表示します
先頭側は混み合ってたので、後追い側で我慢ですかね。

続けて、国府津までの回送狙い。
真鶴で下車して俯瞰アングルを探します。トンネル上にガードレールが見えたので、いつもの様に山道を登りやっと到着。

クリックすると元のサイズで表示します
6両なので、編成全部が収まります。さすがにこの場所は誰も居ませんでしたよ。

昼飯とアルコール補給後、熱海までの回送と東京行きと続けて撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
曇りなので、海との境目が見えません。

クリックすると元のサイズで表示します
最後は、車両写真的な撮り方ですかね。下りと被りギリギリセーフと言う間一髪でした。

今回の運転はヘッドマークもシールだったので、撮る方としては回送も含められるので効率は良かったですね。
次の横須賀線120周年はあるのかなー。

いつもポチ有難うございます。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ