2009/8/31

豊橋をベースに駆け足撮り鉄Vol4  鉄道のある風景
台風の影響も少なくてホッとしてます。
さて、Fe4撮影旅のネタはまだまだ続きますよ。

30年ぶりに訪れた柏原は草がボウボウだったので、新たな場所は無いかと米原方面に足を進めます。
線路沿いの道を更に10分ほど歩くと、右に踏み切りがありストレート区間の先に伊吹山を見渡せる場所に出ました。ここはかなりの有名撮影地らしく、既に先客さんがお一人。
確かにいろんな所で見たアングルですね。早速挨拶して、後続の列車を狙います。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは、特急「しらさぎ」。見て分かる通り、上手くすれば奥に並走する新幹線を同じカットに取り込めます。
今やヘッドマークの無い車両が多くなったので、撮る方の面白味は半減ですな。

クリックすると元のサイズで表示します
踏み切りの近くなので、撮りっぱぐれは無いです。ただ、下り貨物列車は如何しても横位置になってしまうのかな。

クリックすると元のサイズで表示します
踏み切り近くで撮るとこんな感じ。バックの建物や赤白鉄塔がかなり煩く、意外と難しいですな。

クリックすると元のサイズで表示します
あれ何の写真と思わないで。踏み切りが鳴って「しなの」が顔を出したと同時に500系「のぞみ」が奥を通過して行きました。
左下に「しなの」、右下に「のぞみ」分かりますかー。

クリックすると元のサイズで表示します
大阪発の「しなの」。これにて、効率良く中京圏3種の特急をゲットできました。

先客の方は地元でかなり撮ってらっしゃる方で、四季折々の写真を見せて頂きました。やはり、地元の強みですかね、良い場所をご存知です。
帰路、車に乗せて頂きついでに新幹線の撮影ポイントまで案内してもらい、思わぬ収穫となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
金網の隙間から、フルスピードで通過する列車が撮れる場所です。
いゃーさすがに200kmオーバーで目の前を通過しますから、その迫力たるや想像を絶しますよ。
関東近辺ではここまで近寄れる場所なんてありません。

クリックすると元のサイズで表示します
接近してくる音が微かに聞こえてくるので、ファインダーを覗きっぱなしでなくとも何とかなります。
定員1名の場所なので入れ替わりで撮ったのですが、私は300系だけでした。
シービーさん、つばささんは何系でしょうか。アップが楽しみです。
先客さんのお名前も聞かず大変失礼を致しましたが、この場を借りてお礼申し上げます。有難うございました。

満足した一行は近江長岡駅まで歩き、またまた次の撮影地目指して移動を開始します。
続く・・。
後2回ぐらいで完結かな。

いつもポチ感謝してます
0

2009/8/29

豊橋をベースに駆け足撮り鉄Vol3  鉄道
さて、前記事の続きはまだまだあります。
豊橋に宿泊し、明けた23日。一行は朝の6時50分にロビーに集合。今日も一日撮り鉄三昧の予定です。
この日の予定は、半ば強引に私の組んだ行程に付き合わせてしまったのですが・・。

JR東海にも東日本のホリデーパスと同様なフリー切符が存在してますので、シービーさんとつばささんには、その青空フリーパスを購入してもらいます。私はと言うと18きっぷの4回目を消化です。
まず最初の目的地は、東海道線の柏原駅。天気予報は終日晴れの予報でしたから、さぞ伊吹山もスッキリと姿を見せてくれるでしょう。

豊橋駅で朝食の駅弁を購入し、新快速大垣行に乗車。この区間の313系は全席クロスシートなので、駅弁食べるのにも最適な車両ですよね。さすが、新快速を名のるだけあって、停車駅も少ないし速度も速いですなぁー。
名古屋まで約70kmを50分で走ってしまうので、昨日乗った特急「伊那路」も敵いませんな。そんなんで、大垣までも距離の割りにはアッと言う間に着いてしまいました。
JR東海管内は新幹線を除いて全ての駅が禁煙化されてしまい、我々は一度駅外に出ないと一服できなくなってしまったので、乗り継ぎの時間も大切なんですよね。
大垣では当初乗る予定だった、続行の特別快速に乗り換えます。この度初めての満員状態。
在来線で関ヶ原を越えるのも何年ぶりでしょ。

クリックすると元のサイズで表示します
柏原に到着しました。おっ、いきなりEF65貨物が通過。
ちょっと時代が違いましたかね。実はこの場所、昭和54年に撮影に来ていました。丁度30年前ですな。

この区間は、大阪からやって来る「ひだ」「しなの」、北陸の「しらさぎ」と中京圏の特急を効率良く撮れるし、ロケーションも良い場所なんですよね。
今回は30年前の写真も合わせて紹介して見ます。
駅から米原方面に向かって歩くと築堤の上を走る線路が見渡せるのですが、この時期夏草が茫々で足回りが隠れてしまってます。

クリックすると元のサイズで表示します
EF6633牽引の貨物。天気予報と裏腹に雲を呼ぶ男が混じってるのかなと思うほどです。

クリックすると元のサイズで表示します
そして30年前。この小さな鉄橋も健在でした。

クリックすると元のサイズで表示します
大阪からの「ひだ」は3両編成。夏草が少ない所で撮るしかないですね。奥に見えるのが伊吹山。

クリックすると元のサイズで表示します
後追いは無理があるかな。

クリックすると元のサイズで表示します
同じアングルで、EH10牽引の自動車輸送列車。こう見ると景色はあんまり変わってないですね。

クリックすると元のサイズで表示します
普通列車はこの313系しか見られませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
485系「しらさぎ」。この時は伊吹山は見えなかったようです。

30年前は此処でしか撮らなかったようですが、今回は時間もあるので、更に米原方面に向かって新たな撮影場所を探して歩き出します。
続く・・。

いつもポチ有難うございます。
0

2009/8/26

豊橋をベースに駆け足撮り鉄Vol2  鉄道のある風景
今回の旅は撮り鉄に徹した結果かなりの枚数のカットを撮ったので、ここに載せるカットも悩むところです。
名古屋を中心としたJR東海の車両は、あまり撮る機会もないので、この時とばかりに撮ってきた次第。特に特急用車両は関東近辺まで出て来ることは無いので、いかに効率良く全部を撮れるかが鍵でしたね。

豊橋を基点に行動と言うことにしたので、初日の中部天竜までは普通乗車券の単純往復と言う格好にしました。ただ、週末に運転されている「佐久間レールパーク号」の指定席に乗ると乗車記念の硬券がもらえると言う話が出たので、急遽上りの指定券を購入し、帰路は乗車する事となったのです。

佐久間レールパークをうろついた一行は、13:43発の2号に乗り込みます。この時点で指定席は満席となっており先に買っといて正解。
ただ通路側席にバラけてしまったので、話す事も無く船を漕いでしまってました。
ところで、乗車記念券は貰えたかというと、無残にも往路のみしか渡してないとの事。そんなんで、空振りでしたよ。これから行かれる方は、往路に乗りましょう。

しかし、このヘッドマーク付き117系の走行写真を撮らない手は無いよな、と言うことで考え付いたのが、豊川で下車し続行運転の区間運転車に乗り換え、下地駅のホームから回送を撮ると言う算段。
豊橋折り返しが10分程度と読み、間に合うだろうと賭けて見ることに。

クリックすると元のサイズで表示します
豊川に停車中の「佐久間レールパーク号」。117系に乗るのも国鉄時代の新快速以来かな。

クリックすると元のサイズで表示します
下地駅名古屋寄りで構えます。後追いになりますが、私はあんまり気にしません。
311系も初撮りですな。

クリックすると元のサイズで表示します
もう少しで被られるところでした危ない危ない。正面の回送マークが残念かな。

クリックすると元のサイズで表示します
改札を出ると目の前に鉄橋があり、上りの飯田線はスッキリと撮れます。しかし、天気悪いなー。

クリックすると元のサイズで表示します
名鉄も同じ線路を共用してるので、待ち時間も無く撮れますよ。
鉄橋のリベットを強調したかったのですが、露出差がありすぎてイメージ通りにはいかなかったな。

まだ明るいので、続けて豊橋鉄道渥美線へと貪欲に移動。
新豊橋駅で駅撮りなんてつまらんと言う事で、初乗り切符で行けるとこまで。私を含めて誰も乗ったこと無い路線です。
愛知大学前まで行ったものの、あまり良いアングルは無く、一駅分歩いて戻ることに。

クリックすると元のサイズで表示します
小池駅近く。車両は東急の7200系ばかりですな。地方私鉄も車両は別にして、沿線の雰囲気は良い所が多いですね。

クリックすると元のサイズで表示します
デイタイムは均一ダイヤなので、ここ小池駅で列車交換が見られます。

すでに光量も落ちてきたので、この辺で本日は撤収。
豊橋駅前の居酒屋「百万石」にて祝杯へと突入するのでした。若女将でしょうか、きさくで可愛くて中々のお店でしたよ。おおあさりが無かったのが唯一残念でしたけど。

寝る前にアルコールが少し物足りないなって感じでしたからコンビニで仕入れようと、シービーさん誘い、駅前の歩道デッキから路面電車のバルブにも挑戦。

クリックすると元のサイズで表示します
何しろ三脚も何もないので、手摺に乗っけて撮ったので、水平が曲がってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
駅前に入る手前の信号に引っかかってくれないと、撮れないんですよね。

コンビニで500mlの缶チューハイ1本買って飲んだら、そのまま寝てしまった。
翌朝は6時50分集合ですよ。
続く・・。

いつもポチ感謝してます
0
タグ: 豊橋 撮り鉄 撮影地

2009/8/24

豊橋をベースに駆け足撮り鉄Vol1  鉄道
この週末は土曜、日曜とJR東海沿線を駆け足で回る撮り鉄旅に出かけてきました。
恒例となりつつある?。Fe4で初の1泊行程を組んでみました。
メインは11月1日でクローズとなる佐久間レールパーク訪問で、その他の行程は集合後決定と言うラフな感じでしたが、事務局長権限と言おうか私の案で物事を進めてしまった次第です。
今回グルメ派のtakeさんは都合により不参加となりましたが、最長老のシービーさん、うんちく技巧派のつばささんとオッサン3人珍道中の模様を紹介して見たいと思います。

佐久間レールパークは飯田線の中部天竜駅に併設されてるので、ベースを豊橋に絞り「こだま」限定の格安出張パックを利用します。
出だしは「こだま633号」。私は武蔵小杉からなので、ちょっと楽して新横浜から合流。喫煙の自由席車は案の定スカスカです。昨今の嫌煙ブームで嫌われてる車両ですな。
待避線のある駅で後続2本に抜かれつつ2時間かけて豊橋着。それでも約270kmを2時間で走ってしまうのは、さすが新幹線ですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
ここ豊橋でも後続に抜かれます。オジサン二人が写り込んでしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
天気予報と相談しつつ、そのまま中部天竜に向かう事としましょう。時間短縮には特急利用はかかけませんね。
飯田線は北部しか乗ったこと無いので、南部の区間は初乗車なんです。
1時間10分で中部天竜着。やはりレールパーククローズ前とあって家族連れも含めて大半が下車。
乗車券を持ってれば入場は無料なんですが、台紙付きの入場券を買う人で改札内はごった返してますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは11:40発の119系を線路脇から撮影。本当は風光明媚な景色を入れて走行写真でも撮りたかったのですが、何しろ運転本数が少ないので今回は断念せざるを得なかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
展示車両については、いろいろな所で紹介されてるので、ここでは詳しく書きません。
雰囲気だけです。181系「しなの」は現役時代に撮りに行けなかった一つですね。

クリックすると元のサイズで表示します
このリベットの感じが良いですねぇー。説明板によると昭和54年まで入れ替え用として現役だったとの事です。

クリックすると元のサイズで表示します
撮影用のお立ち台があったので、そこから1枚。

クリックすると元のサイズで表示します
一通り見て回ったので、中部天竜以北で撮れる貴重な1枚を狙い歩道併設の鉄橋まで行って見ます。列車が目の前を通るし、揺れるしと結構怖いですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
119系も置き換えの対象となってますから、飯田線投入当時のリバイバル塗装車も出現してました。

中部天竜もこれから11月まで週末は結構な人出でしょうね。
クローズ後は山間の小駅も昔の静寂を取り戻す事でしょう。
この後は豊橋方面に戻ります。
続く・・

いつもポチ有難うございます。
0

2009/8/21

18きっぷ3回目 今度は茨城へVol.2  鉄道のある風景
明日から中部地方へ遠征するのですが、天気がイマイチな感じですな。
折角の休みなんだから、雨だけは勘弁と願いたいですよ。

さて、前記事の続きなんですが、行きがけに常磐線の撮影ポイントをチェックして来ました。まあ、車内から眺めるのと実際に現場に立った感じが違うのが当たり前なので、ここぞと思った所でも全く駄目なんて事も多いですよね。
今までの経験上、鉄橋付近は比較的当たりのケースが多いので、その辺を考慮して高浜駅付近に絞り込んでました。

クリックすると元のサイズで表示します
那珂湊駅を出たのが3時前。夏場の太陽はコントラストがきついので、日陰は真っ黒になってしまいました。

勝田から普通列車で高浜まで移動。さすがに帰省ラッシュのピークの日、特急乗車位置には列が出来てます。しかし、普通列車はスカスカですよ。
次の水戸でドッと乗り込み座席は満席。

高浜駅は普通列車しか停車しない小駅です。とりあえず、上野方にある鉄橋目指して歩きましょう。
15分も歩けば土手まで出られましたが、肝心の鉄橋は足回りが隠れるほどの側壁があるので撮影には向かない場所です。ただ、アプローチ区間は草も無くて編成写真には持ってこいの感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは「スーパーひたち」。
かなり日も傾いてきたので、逆に白い車体は引き立ちますね。

クリックすると元のサイズで表示します
線路近くに移動するとこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
エンジン付きのパラグライダーが沢山飛んでます。これに乗れば俯瞰アングルで良い写真が撮れそうだなー。

クリックすると元のサイズで表示します
銀電もこんな場所だと、よき被写体となりますね。

クリックすると元のサイズで表示します
逆のアプローチ区間は順光で撮れます。レンゲの花を無理矢理入れようと、寝転んで撮ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
この川は魚が水面を飛び跳ねてたので、そのタイミングで列車が来ないかなと狙ってましたが、やっぱり上手いかない物ですよ。

これで、この区間を走る車種は押えたので撤収。機関車を撮れなかったのが残念ですが、中々の場所を見つけましたよ。
また、水戸寄りの場所には蓮の群生があったので、花が咲き出すと組み合わせで面白い写真が撮れそうです。

いつもポチ有難うございます。
0

2009/8/19

18きっぷ3回目 今度は茨城へVol.1  鉄道のある風景
お盆休み最終日の16日に18きっぷ消化で、またまた出掛けてまいりました。これでやっと3回分を利用し残り2回。

今回は湊線と常磐線の撮影を目的に、前回同様7時前に向河原を出発。18きっぷなのでJRを使わねばと、川崎回りで上野に向かいます。
上野から7:49発1335Mのグリーン車で水戸まで。2階席だったのですが、結局水戸まで私を含めて2人しか乗ってませんでしたよ。東海道に比べると空いてますねぇー。
途中土浦で長時間停車があるので、ホームに降りて一服。喫煙者にとっては、かえってこの時間が有り難く感じますね。
常磐線は行きがけにしっかりロケハンして、帰る際に途中下車して撮ってく事としましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
約2時間かけてやっと水戸に到着。今日も暑くなりそうです。

後続列車で勝田まで。途中良い感じの鉄橋があるのですが、とても歩いては行けそうにも無いので、ここは諦めるしかないかな。
勝田で湊線1日乗車券を購入して、まずは中根まで移動。さすがに国鉄色運転日と言う事もあり、カメラ持ってる方々も見受けます。
中根は昨年の同時期にFe4で訪れているのですが、時間が押してたので、駅近辺しか撮れなかった場所なんです。

クリックすると元のサイズで表示します
一本目は那珂湊で交換する列車なので、すぐ来てしまった。
稲穂に埋もれた感じと言うのも、ここならではですかな。

クリックすると元のサイズで表示します
金上方面に歩いて、勾配のストレート区間で撮ってみます。先の踏み切り付近も撮影ポイントらしく車が止まってしまった。望遠だとちと目立ちますね。

クリックすると元のサイズで表示します
引き付けてもう1カット。この勾配区間、蒸気でも走ってくれれば最高でしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
ワイドアングルも絵になりますね。

今回は終点の阿字ヶ浦まで初乗車。
喉も渇いてきた頃なので、海水浴場まで行って見ますか。駅から坂を下って5分くらいかな。駅前は静寂な雰囲気でしたが、海まで来ると結構な人出ですよ。やはり、車で来る時代なんですかね。

クリックすると元のサイズで表示します
海の家で冷えたドリンクを仕入れて喉を潤します。やっぱ旨いわ。

クリックすると元のサイズで表示します
普通の格好したオッサンがカメラ持って写真撮ってるのも怪しまれるかな。
しかし、駅方面の案内標識さえ見当たらないので、鉄道の駅が有ることさえ分からない海水浴客も多いのではと、行く末を心配してしまいます。

駅に戻ると折り返し列車から降りてきた、ブログでお世話になってる舞さんと偶然再会。今、湊線各駅の駅名表記をデザイン化してるので、その一環としてイベントがあったのですが、時間も押してたので残念ながら参加できず。
本職なので、あまり変なもの作ってしまい恥の上塗りしてしまうのも心配でしたけど。
各駅の表記には、それぞれゆかりのあるイラストが組み込まれているそうなので、紐解いて見るのも面白いですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
阿字ヶ浦駅の風景です。駅名に注目して見てください。

クリックすると元のサイズで表示します
帰りにやっと国鉄色に当たりました。

途中、那珂湊で途中下車して魚市場で遅い昼飯。結構な人出でしたね。
そして常磐線撮影に続く・・。

いつもポチ感謝してます
暇なんで新しいの作ってみました。
0

2009/8/17

身延線笛吹川鉄橋へ  鉄道のある風景
あー今日から通常モードに戻らなくては。通勤電車もいつもの姿になってますね。
昨日も18きっぷ消化に励んで来ましたが、前記事の話が途中なので、この後にネタにしようと思ってます。

さて、中央線の撮影を終えて、甲府11:55発の鰍沢口行に乗り込みます。
JR東海の313系は東海道区間では良くお世話になるのですが、この区間はワンマン仕様の3000番台2連が主体となっているようです。東海道のロングシート車に比べるとセミクロス仕様のこちらの方が旅行者にとっては有り難い存在ですよね。
普段ワンマン車に乗る機会も無いので、どうも乗車口や下車口が分からず、オドオドしてしまうのですけど。
乗り心地は今まで乗ってきた115系に比べると格段の加速性能を感じさせます。ただ、無人駅ばかりなので、降車口は先頭の扉一つと言うこともあり、出発間際に後ろの車両から降りると叫んで来る人も多くて、2、3分は遅れて走ってる感じですよ。しかし、首都圏の電車と違い、この程度の遅れではいちいち放送もしないところが、アジアっぽくて好きですねぇー。

列車は東花輪を出ると目的の笛吹川鉄橋を渡るので、車窓からしっかりロケハン。次の甲斐上野駅からも徒歩だと結構な距離がありそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
鉄橋まで線路沿いに道があるので、インカーブから色んな場所で撮ることができますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
少し雲が多くて、露出が決まらないのが難儀なのですが。
2両編成だとコンパクトに撮れるので、フレーミングは楽ですな。

クリックすると元のサイズで表示します
望遠で撮ると奥のぶどう棚もしっかり写ります。
後ろに見えるガードレール辺りから俯瞰も行けそうですね。写真を見て気が付いた。

クリックすると元のサイズで表示します
やっと河岸に到着。走ってるのは2両なので、トラス部分は上手く逃げられます。
結構良い場所です。

クリックすると元のサイズで表示します
ラストは特急「ふじかわ」。ヘッドマークが小さいので、とりあえずは正面気味に撮っては見たものの、電線や対岸が煩かったかな。

本当は、ここで昼飯を食おうと思ってたのですが、コンビニさえも無い場所でした。
もし行かれる方は事前準備が必要ですよ。そんなんで、甲府まで戻って遅い昼飯をとる羽目になったのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
バス関係はあまり分からんのですが、このタイプはかなり古い形式でしょう。
前から撮れなかったのが残念です。

クリックすると元のサイズで表示します
混み合ってるスーパーあずさを横目にワンボックス一人締めの高尾行普通列車。
山梨なんで、赤ワインにしてみました。ぶどうの写真の所がコップになる優れものです。

クリックすると元のサイズで表示します
高尾に着いたら、201系大月行がやってきたので、しっかり記録。

身延線ももう少し山間部に入っていけば、更に良いロケーションも有りそうですが、運転本数も減ってしまうので、効率を考えると難しい所です。
まあ、18きっぷならこの程度が一番良い行程ですかね。

いつもポチ有難うございます。
0

2009/8/15

18きっぷで撮り鉄  鉄道のある風景
やっと夏らしい日々が続くようになりましたね。東京付近では土日曜とも晴れるのは、5月以来と天気予報で言ってた通り、久しぶりに抜けるような青空を見た気がします。
さて、この夏は7月末に早々と18きっぷを購入したもので、5回分をどのように消化するか計画を練ってます。
1回目は久留里線で消化。そして昨日天気も良さそうだったので、2回目として贅沢な平日撮り鉄に行ってきました。と言いつつもお盆休み期間中なので、休みの方々も多いでしょうな。

7時前に南武線向河原から出発。さすが平日ダイヤ、下り列車の本数も多いですね。
まず立川まで行き、中央線に乗り換え、豊田発の中電を目指します。中央線の中電も年々立川発着が減ってきてるように感じますな。
甲府行529Mは長野色の115系6連。普通と言えど6両編成あれば着席も楽々です。ボックス独り占めで豊田を発車。しかし、次の八王子でドッと乗り込み満席に。

まずは、中央線で山スカと貨物を撮って行きましょうかね。ただ平日という事もあり、臨時列車は全く無しなので、本数はあまり期待できそうにありません。
中央線沿線は、結構いろんな場所で撮ってる実績があるので、また新たに別の場所を開拓しましょう。大月の手前でフェンスの低い線路沿いの道があったので、カーブしてるし良い感じかなと思い途中下車。

クリックすると元のサイズで表示します
編成は全部入らないけど、中央線らしい感じは出てるかな。
今回LEDマークが写るように気を使いましたが、少し飛んでしまったよう。難儀なものですね。

クリックすると元のサイズで表示します
早速来ました、スカ色115系。やっぱり中央線には一番マッチしますね。

クリックすると元のサイズで表示します
大月駅手前なので速度も遅く、ズームを引き戻して、もう1カットも出来ますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
この手の車両にはローマ字「AZUSA」の方がマッチしてるかな。

クリックすると元のサイズで表示します
あわよくば201系か120周年マーク付きと思ってたのに。
お盆休みで荷が無いのか、コンテナ貨物はウヤのようでした。残念!

続いて大月10:40発、341Mで甲府まで移動。
もう18きっぷの元は取れましたね。それにしても天気悪いなー。

クリックすると元のサイズで表示します
そして、今回の目的地である身延線に乗り換えます。
ここからJR東海の車両に変わりますが、この313系3000番台はセミクロス車なので、車窓も楽しめ乗り心地も良く有り難い存在ですよ。
航空地図でチェックしておいた笛吹川鉄橋目指して、甲斐上野駅まで乗車です。
続く・・。

いつもポチ有難うございます。
0

2009/8/13

ED75の外観をチェックvol5  鉄道
今日から休みの方も多いと思います。ご多分にもれず当社も休みみたいなものですよ。
さて、連載的にスタートはしたものの、途中で中途半端に中断していた話も多かったので、ここいら辺で再開してみましょう。
もう1年以上前のネタの続編となるので、前記事にもリンク貼っておきます。

ED75の外観をチェックvol1・・・0〜49番
ED75の外観をチェックvol2・・・300番
ED75の外観をチェックvol3・・・50〜99番
ED75の外観をチェックvol4・・・100番、前期1000番
そして今回は700番台の話です。

700番台は奥羽、羽越線用に製造されたタイプで、昭和54年頃は全機が秋田機関区に配置されており、奥羽線の山形以北は独壇場となってました。
当時東北線は重連仕業が多数見られたのに、この700番は単機仕業ばかりでしたね。
形状的には、今までのED75とは大きく印象が変わり、別形式を思わせる感じも受けましたね。外観では、正面通気口省略、下枠交差パンタ、屋根上機器のボディ内収納、正面ランボードの長さ、ナンバーのブロック化、銀帯塗装等に変化が見られます。
筐体としては、1000番台後期タイプと同じ感じですかな。

クリックすると元のサイズで表示します
ED75744牽引の荷物列車。昭和54年頃、奥羽線秋田〜土崎間。
この区間の電機は700番だけでした。

クリックすると元のサイズで表示します
ED75763牽引の「津軽」。座席車は12系に変わってますね。

クリックすると元のサイズで表示します
ED75780牽引の「日本海」。ヘッドマークが省略されていた時代ですから、撮る方にとっては面白味に欠けてました。

クリックすると元のサイズで表示します
羽越線吹浦〜小砂川間を走るED75782牽引の荷物列車。この区間はEF81も乗り入れてました。

クリックすると元のサイズで表示します
山形駅に停車中のED75786。ここから南はEF71、ED78の担当ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
そして昭和63年。東北線にも進出してます。
青森駅に到着するED75752牽引の12系普通列車。この写真を見て分かりますが、運転席横の窓がユニット化改造されてます。

700番台は比較的新しいタイプなので、現在も現役機として残っているのですかね。最近の状況には疎いものでご勘弁を。
しかし、今やこの700番台が東北線や常磐線を走っている姿を見ると、当時では考えられなかった事なのでかなり新鮮に見えます。
残るは1000番台後期タイプで完結です。

いつもポチ有難うございます。
0

2009/8/10

京王6000系狙いで  鉄道のある風景
今年の夏は、まったく夏らしい天気が拝めませんね。週末でサンサンと降り注ぐ太陽の下で撮れる日を待ち望んでいるのですが、何時まで待てば良いのでしょう。

今日から夏期休暇の会社も多くて、電話も無いですよ。
昨日、結構時間が取れたので京王本線の撮影に行ってきました。6000系が今年で無くなるとのアナウンスも聞かれていますよね。
未だ5000系が走ってた頃に撮りに行って以来、見たり乗る事はあっても、カメラを向けることは皆無だったのでホントに久しぶりです。そんなんで、6000系以降の車両を撮るのも初めてなんですよ。
最近八王子にお客さんが出来たんで、京王八王子までは良く乗ってはいるのですが、車窓を眺めてるとやっぱり気になる場所は鉄橋・・・。

そしてやって来た場所は聖蹟桜ヶ丘駅。
中河原と聖蹟桜ヶ丘間に掛かる多摩川鉄橋。この鉄橋もトラス構造では無いので、写真撮るには最適だと踏んでいました。
土手までの距離は聖蹟桜ヶ丘から歩いて10分も掛からない感じです。近くに自販機もあって飲料の心配も要りません。

クリックすると元のサイズで表示します
天気はイマイチなんですが、アングルはいろいろ選べそうな感じ。
まずは8000系。バックにマンション等が無いので、スッキリ撮れますな。

クリックすると元のサイズで表示します
逆向きですが目的の6000系がやって来ました。元5枚ドアのやつですかね。
しかし、架線柱の間隔が狭いのが難点だな。

クリックすると元のサイズで表示します
線路脇までかなり近づけますが、架線柱が煩いですね。

クリックすると元のサイズで表示します
編成全部は入りませんが、鉄橋と反対側のアングルも選べます。

クリックすると元のサイズで表示します
川面まで近づいてみましょう。こう見ると中々の鉄橋ですな。
7000系です。

クリックすると元のサイズで表示します
最新鋭の9000系。6000系が無くなると、京王もついに光物だけとなりますな。

クリックすると元のサイズで表示します
あっ缶ビール買ってくるの忘れてた。

1時間半ほどうろうろしてたのですが、6000系は3本しか来なかったですね。やっぱり本線系統はかなり数を減らしているのかな。撮影はお早めにって感じですよ。

いつもポチ有難うございます。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ