2010/1/30

JR武蔵小杉新駅の近況  写真
もう1月も終りですねぇー。2月は毎年暇なんで、遠征撮影旅を申し込んでしまいました。もちろん国内ですよ。

3月13日に横須賀線武蔵小杉駅が開業すると、自宅から一番近い駅がここになるんです。今の所に越して来た当時は、未だ着工が始まった時でしたから、それらしい姿も想像出来ない程でした。
写真やってる身には折角の新駅建設なので、工事期間から開業までの記録でも撮っとこうと機会があるごとに撮影してます。今までは、工事中の写真などフィルムの無駄とばかりに撮らなかったのですが、やはりデジタルになってコストの心配も無くなったお陰ですかね。
写真は全て本日撮ったものです。

クリックすると元のサイズで表示します
ここが自宅から一番近い横浜寄りの新駅舎。新幹線車両の下が改札口になります。
右の建物は一足早く完成した駐輪場。駅前にはロータリーが出来てバスターミナルにもなるようです。

クリックすると元のサイズで表示します
NEC側から見たところ。こちらの改札を出ると向河原駅まで徒歩3、4分てとこですかね。

クリックすると元のサイズで表示します
新幹線と横須賀線の隙間から。ホーム端から新幹線の撮影が出来そう。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは南武線との連絡通路側ホーム。もうかなり仕上がってます。

クリックすると元のサイズで表示します
下が南武線で、線路に沿って連絡通路が延々と南武線ホームまで続いてます。
この乗り換えは、時間的余裕が必要ですよ。

ところで、東横線末端駅へはもろに競合する格好になりますよね。小杉駅の正確なキロ位置は良くわからんのですが、横浜へは同額の210円、渋谷へは東急190円に対しJRは大崎を経由するので290円と大きく開きそうな感じです。
ただ、新宿まで行こうとすると、東急、JRとの連絡運賃になるので、乗り換えの手間もないJRを利用するほうが得策ですよね。
今後、相鉄乗り入れや東急の副都心線直通などが完成すると、さらに複雑な競合が始まりそうで、何に乗ったら良いのか悩みそう。
開業日には硬券入場券でも発売するかなー。期待してますよ。

いつもポチ有難うございます。
0

2010/1/27

初の東京モノレール撮影  鉄道
先日、田町駅で209系を待ってたら、モノレールに懐かしい色した車両が走ってるのが見えたのです。子供の頃に見た絵本に写し出されてた、あの色ですよ。
と言っても開業したのが新幹線と同じ昭和39年ですから、それなりに年を刻んだ人じゃないとピンと来ないかも知れませんけど。

当時、新幹線と並走するモノレールは絵本のネタとして良く登場してたと思います。もちろん、飛行機に乗るなど夢のような時代でしたから、羽田空港に行く為だけの乗り物であったモノレールも羨望の対象でしたね。
開業当時は途中駅が存在して無かったので、まさしく空港連絡だけの路線でした。

そんなんで、こないだの日曜日に209系を撮り終えた後、シービーさんと初モノレール撮影へと行って見ました。
お互いに東京モノレールは撮った事が無いので、運河の上を走る区間を地図で探して行って見る事に。ホリデーパスは、りんかい線、モノレール線共に利用可能なので、余計な散財が必要ないとこが良いですな。
りんかい線の品川シーサイド駅で下車し、運河を渡る道路橋から丁度俯瞰出来る場所を見つけました。

クリックすると元のサイズで表示します
何といきなり、復刻塗装車が来ましたよ。懐かしい色合いですな。
車両形式など全くの無知なんで調べてみると、今在籍してるのは1000系と2000系の2種だけのようですね。これは1000系ですな。

クリックすると元のサイズで表示します
さすがに架線などの邪魔物も無いし、線路というか道路なのかな、もシンプルな構造なので面白い写真が撮れますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
対岸に沿って遊歩道が出来てるので、何処からでも撮れる感じ。
両開きドアの車両が2000系ですね。側面を見ると分かりやすいですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな組み合わせで撮れるのも東京らしいですな。

クリックすると元のサイズで表示します
羽田からの返しを。奥に見えるのが大井競馬場前駅です。

川崎市民だと羽田に行くのは京急が便利なので、モノレールに乗る機会も殆ど無いです。そんなんで、久しぶりに見たら空港快速やら区間快速が設定されてたりと、いろいろ多彩になってるんですね。
次の復活塗装は2代目の赤に白ライン、やってくれるかなー。

いつもポチ感謝してます
0

2010/1/25

ブルーの209系ファイナル  鉄道
2週続けて週末に、さよなら運転ヘッドマーク車に張り付いてきました。
昔は、通勤型など眼中に無かったほど在来線が賑わってた時代でしたから、この手のイベント運転も少なかったような気がします。
209系は設計段階から低コストで製造し、耐用年数を短くしても採算悪化を招かない方針で誕生した経緯があります。しかしと言うか、やっぱり昨今の不景気風の中で簡単に廃車処理できないのか、リニューアルして延命する車両も出てきましたね。

まずはマーク取り付けが始まった17日。Fe4のつばささんから運用情報をもらい、撮影して来た分です。

クリックすると元のサイズで表示します
磯子行を田町駅で。まだ数人が居る程度でしたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
戻りは通いなれた東神奈川の歩道橋から。
完全逆光でもレンズゴーストが出ないのは、技術進歩のお陰かな。

そして昨日は、シービーさんと根岸線内で撮ってきました。
とその前に、大船駅発売の入場券セットを買うべく発売開始30分前に現地入り。既にコンコース上は長蛇の列ですよ。2000枚発売を甘く見てたかな。
結果、2、30人前で売り切れと言う始末。2時間近くぞろぞろと移動してただけでしたね。
まあ、1人5組まで売って転売して下さいと言うのが仇となったのかな。

今もオークションサイト覗いて見ると腐るほど転売されてる事。JRは売れば何しようと関係ないでしょうが、この手の合法的なダブ屋行為を助長するだけなので、1人1組に限定するとか考えて欲しいものですよ。
その場で転売すると犯罪になり、ネットで転売するとお咎め無しとは、良い世の中になったこと。

クリックすると元のサイズで表示します
シービーさんが事前ロケハンしてくれてたお陰で助かりました。
洋光台〜港南台間。後追いの方がアングル的には良いかも。

クリックすると元のサイズで表示します
5分程度の遅れが出てました。

クリックすると元のサイズで表示します
戻りを撮ろうと川崎まで来たものの、やっぱりと言うか横浜寄りは立錐の余地無し。
南武線ホームから後追い狙いがやっとです。

クリックすると元のサイズで表示します
まあ、撮っただけで終わってしまったかな。

これにて、209系騒動は終了です。
しかし、飲み鉄には未だ時間もたっぷりあるので、次なる撮影地へと向かうのでした。その模様は続きで・・

いつもポチ有難うございます。
0

2010/1/23

14系特急「つばさ51号」  国鉄特急
前記事で気動車特急時代の「つばさ」を紹介しましたが、昭和40年後半頃から臨時「つばさ51号」のスジが新設されました。
しかし、181系に余力が無かったのか客車による運転となり、特急用14系座席車の登場となった訳です。
車内設備は房総特急用の183系と同等になり、不評でしたが簡易リクライニングシートも設備し、181系よりは居住性は改善されたと思われます。
ただ、如何せん波動用の為グリーン車や食堂車は登場せず、全車指定ながら格落ち感はいがめません。

ヘッドマークに関してもほのかに期待してたのですが、この「つばさ」の運転が始まった頃が、上野着ブルトレのヘッドマーク省略の始まりと一致し、やっぱりと言おうか無しでしたよ。
そんなんで、撮ってる枚数も殆ど無かったです。同時期に14系で設定されてた「しおじ」も同様でしたね。
その後の「つばさ」電車化に至っても、暫くは14系客車による運転が続いてましたが、いつ頃まで走っていたのかは鉄離れしてたので知る由がありません。

クリックすると元のサイズで表示します
EF651014牽引の下り「つばさ51号」。赤羽付近。
機関車付け替えの黒磯までノンストップでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します
EF714牽引。上ノ山付近。
既に定期つばさは電車化されてる頃。昭和54年頃かな。

クリックすると元のサイズで表示します
唯一テールマークを撮ってたカット。
普段、後ろ姿は撮らなかったので良く撮ってたものだ。

定期「つばさ1号」の1時間後に設定されてたので、もう少し撮ってても良さそうなものですが、やっぱりマーク無しと言うのがネックになったのかな。
14系もこの時期が花形で、後には急行用に格落ちしましたが、今でも「はまなす」に連結されてるのは喜ばしい事ですよね。
そう言えば、この14系に初めて乗ったのも急行「加賀」だったような。

いつもポチ感謝してます
1
タグ: 14系 つばさ 国鉄

2010/1/21

急行「鹿島」  国鉄急行
ここ数日暖かい日が続いてますね。丁度、展示会の設営だったので助かりましたよ。

久しぶりの国鉄急行ネタです。
急行「鹿島」は50.3.10で誕生した鹿島線初の定期急行ですね。気動車王国と呼ばれていた名残りである千葉管内最後の砦、成田線、総武線、鹿島線がついに電化された時期と時を同じに走り始めました。
この50.3.10改正は、新宿発の急行気動車、普通客車、千葉発の気動車、普通客車ともに終焉を迎えたので、かなりのインパクトある改正だったのを覚えています。

ただ、この「鹿島」が走る以前もキハ28の「水郷」が佐原まで急行として走り、そのまま普通列車として鹿島神宮まで行ってましたから、鹿島線内をあえて急行とする必要があったのか疑問は残ります。まあ、体の良い値上げのような物ですかね。
実際、現在運転されてる「あやめ」にしても普通列車扱いに戻ってますよね。

この改正で幕張区の急行運用が増加するのですが、既に急行車両を新造する時代ではなかったので、山陽筋からの転属車で賄う事となります。
165系の最終ロットで揃えられていた房総急行も153系などが混入し、冷房化100%が一時的に崩れる事態になり、地元ファンに取っては寂しさがありましたねぇー。

「鹿島」開設時は定期1往復しか走っていなかったので、房総急行としてはあまり撮ってなかった列車でもありましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
「鹿島1号」両国行。昭和51年佐倉駅付近。

クリックすると元のサイズで表示します
同じく「鹿島1号」両国行。下総中山駅より。
下り列車は夜間設定でしたね。

クリックすると元のサイズで表示します
季節設定の「鹿島1号」鹿島神宮行。亀戸〜平井間。
千葉局の列車は列車番号表示がしっかりしてたので、今でも判別が楽ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
「鹿島1号」両国行。津田沼〜幕張間。
珍しく積雪があったので、近場に出かけて行ったようです。

昭和52年頃までしか沿線に居なかった関係で、その後のイラスト入りマークの写真も無いし、おまけにカラーで撮ってるのも無いと言う結果で終わってしまい、その後の運用も気になる所ですな。

いつもポチ有難うございます。
0
タグ: 急行 国鉄 昭和

2010/1/18

夕焼けが綺麗な日  鉄道のある風景
昨日はFe4仲間のつばささんから209系HM付き運用情報が入ったので、ちょこっと出かけてきました。
そう言えば、新年初撮りですな。

その209系の写真は後日という事で、今回は本命を撮り終えた後の話です。
日本中で今一番天気の良い関東だけあって夕日が綺麗だこと。折角出てきたのだから、何か上手く撮れないかなーと、少し遊び撮りをして見ました。
まあ、今年は少し情景的な写真も突き詰めて見たいかな。何て思ってた次第です。

クリックすると元のサイズで表示します
クモの巣のように張り巡らされた電線が、夕日に照らされると中々面白いですよ。
東神奈川〜横浜間。

本当はこれで帰ろうとしたのですが、車内に差し込む夕日の色が写欲を誘ってたので、定番の多摩川まで行ってしまった。
そう言えば初詣も行ってなかったので、手っ取り早く多摩川駅近くの浅間神社にお参り。もう半世紀なので健康が一番と願掛けしてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
北風が強いので、富士山の位置から雲が流れてきます。


クリックすると元のサイズで表示します
列車を何とか入れようと努力したのですが、ちょこっと無理があるな。


クリックすると元のサイズで表示します
んー。鉄子さんでもないか。


クリックすると元のサイズで表示します
シルエット撮るのも久しぶり。

やっぱりこの時期、日が沈むと寒い事。早々に退散しましたよ。
ここの所、週末も天気が良いので、ちょくちょくと出かけて見るとしましょうかね。

いつもポチ感謝してます
0
タグ: 夕日 写真 多摩川

2010/1/16

首都圏最後の気動車特急「つばさ」  国鉄特急
首都圏から特急気動車が消えて30数年も経過してしまったのですねぇー。過ぎ去って見ると早いものです。
その最後の気動車特急が昭和50年秋に電車化された「つばさ」です。誕生時はキハ82でスタートしてますが、私の年齢だとギリギリでキハ181系運転に間に合ったかなと言う感じですね。
上野駅を駆け回ってた頃は、キハ81の「いなほ」「ひたち」と合わせてキハ181「つばさ」が出入りしてました。子供心にも、新型の181系の格好良さがお気に入りでしたね。
一足先に「いなほ」「ひたち」が電車化されて、上野駅最後の牙城を守ってきた「つばさ」も50年11月の奥羽線電化によって電車化されてしまいました。この「つばさ」は東京駅まで運転されてた時期もあったようで、東京駅最後の気動車でもありますね。

まだ、家にあったカメラを拝借して撮ってた頃なので、駅撮り主体となってしまいましたが、画像を紹介してみます。

クリックすると元のサイズで表示します
上野17番線から1号、2号とも出発してたので、どちらかは?ですな。

クリックすると元のサイズで表示します
19番線到着と言うか、日の高いうちに上って来るのは「つばさ1号」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
数少ない走行写真。上野〜尾久間。
しかし、頭に架線柱が掛かってて下手な写真ですな。

クリックすると元のサイズで表示します
後追いが順光になりますが、アングルも何も無しと言った感じです。

結局、この程度しか撮る機会には恵まれず、後の電車「つばさ」へと移行してしまいました。
「つばさ」自体は今でも新幹線に受け継がれていますので、幅広い世代に通用する愛称名として認知されています。後の485系200番台、485系1000番台とも撮っていますので、追って電車編として紹介してみたいと思います。

いつもポチ有難うございます。
1

2010/1/13

メキシコシティのコミューター鉄道  海外鉄道
長々と書き連ねてきたメキシコネタもこれで一段落にしときましょう。
前記事にも書きましたが、メキシコ国内を走る鉄道で今も旅客営業をしてるのは、チワワ太平洋鉄道のみで、観光に特化した路線のみと言っても過言ではないです。
過去のトーマスクック時刻表を見てみると、寝台を連ねた旅客列車が各方面に運転されており鉄道需要も高かったように思えます。しかし、今や貨物列車しか走らない国になってしまい、他国の鉄道ファンから見ても一抹の寂しさを感じずにはいられませんよ。

そんな中、明るい話題と言うか、閉鎖されてたメキシコシティの玄関口であったブエナビスタ駅が生まれ変わって、郊外へ向かうコミューター鉄道の始発駅として再開業してました。今もショッピングセンターを含めた再開発工事中。
この鉄道、周辺に観光地があるわけでもないので、旅行ガイドブックの類にも全く記載されてませんのでご注意を。妹夫婦も始めて知ったとのこと。
後で調べて見ると2008年に部分開業したようです。

今のところ距離もそれ程長くは無さそうなので、全線乗り潰してきました。
料金は距離制を採用してるのもメキシコでは始めてかな。

クリックすると元のサイズで表示します
シェイギアが鎮座するブエナビスタ駅。
ESTACION BUENAVISTAとスペイン語で書かれていますが、スペイン語の綴りはローマ字読みすればそのまま発音できるのが多いので、意外と通じるんですよ。
駅はエスタシオンと読めば通じます。

クリックすると元のサイズで表示します
開業案内がデカデカとパネル化されてます。サブラバノス?が鉄道に近い言葉かな。
6駅目まで開業してました。

クリックすると元のサイズで表示します
スペインCAF製の電車。おそらくメキシコシティの公共交通では初の冷房車です。
車内はセミクロスシートが並んでおり、走行中の揺れも殆ど無く速度も100km以上は出てる感じですね。1箇所のトンネル以外は地上を走るので車窓も楽しめます。

クリックすると元のサイズで表示します
常に貨物線が並走してましたから、貨物線の一部を軌道強化して電化させたようです。
しかし、車窓から見える貨物列車の多さにはびっくりします。やはり貨物輸送の比重は鉄道利用が殆どなんですね。日本とは逆ですな。

クリックすると元のサイズで表示します
途中駅で降りて、貨物の写真でもと待って見ましたが残念ながら来ず。
しかし、海上コンテナの2段積みの貨車が連なってるのも凄いですね。途中ですれ違う貨物も40〜50両編成とかスケールが違うこと。

クリックすると元のサイズで表示します
これだけ800pxまで拡大できます。
CAF社の鉄道車両は、全世界で採用されてるのですねぇー。アジアでは香港がそうなんですか。
日本の車両メーカーも頑張って欲しいものです。

乗車率も程よい感じでしたから、今後も伸延することを望んでやみません。
メキシコシティに行かれる機会があれば、是非ショートトリップを楽しんできてくださいませ。

いつもポチ感謝してます
0

2010/1/11

メキシコ料理と言えば  海外
海外に出かけたら、やっぱり食事の楽しみもありますよねー。
まあ、日本で一番知られてるメキシコ料理と言えばタコスではないでしょうか。現地でも屋台と言えばタコス屋台ばかりでしたよ。
正直なところ日本では食べたこと無かったのですが、現地のB級グルメの代表とあり小腹が減ったら何処でも食べられるお手軽さもあり、お世話になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
トウモロコシの粉を練ったものをクレープ状に焼いた上に、好きな物をトッピングして食べる感じ。その上に好みのソースをかけます。美味かったですよ。
このグリーンのサルサソースが美味しくて、土産に買ってきてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
タコスの屋台。大体100円ちょいで食べられます。

次はお得意のアルコール飲料です。
メキシコは公共の場での飲酒は認められてないので、必ずレストラン等の店で飲む必要があります。また、レストラン等は全て禁煙なので、飲みながらの一服が出来ないのがしんどかったですね。ただ、一歩外に出るとくわえタバコもまかり通るので、喫煙に対してはゆるい国ですよ。街中では、タバコを1本単位で売ってました。

クリックすると元のサイズで表示します
乾燥してる地域ですから、ビールが一番。
日本ではコロナビールが有名ですが、その他にも有名ブランドが揃ってます。
メキシコ流の飲み方は、グラスに氷を入れ、ライムをタップリ絞り、飲み口に塩を付けて飲むとの事でしたが、私は普通の方が良かったですね。
奥に写ってるのがそのグラスです。

クリックすると元のサイズで表示します
揚げ物が多いので、カロリーも高そうです。真ん中に写ってるのが豚の皮を揚げたもの。
私的には、あんまり手が出ない代物でしたね。

クリックすると元のサイズで表示します
肉料理がメインのようですね。かなり油っぽいかな。

クリックすると元のサイズで表示します
ピラミッド近くの洞窟レストラン。さすがに現地に住んでないと、こんな場所は来れませんよ。もちろん地球の○○には載ってません。

クリックすると元のサイズで表示します
メキシコは、揚げ物や甘い物が多いので、体調管理はしっかりしないといけませんな。
揚げたパンのような物にチョコレートソースを浸した食い物。
手前に写ってる妹夫婦が買ってましたけど、私はパスです。

今、街中に数軒の日本食材を扱うスーパーがあるのですが、やはり価格がかなり高かいです。
妹宅で、勝手に日本製のカップやきそばを食ってしまったら、しこたま怒られましたよ。日本製のカップ麺などは、わざわざアメリカまで買出しに行ってくるらしいので、貴重品のようです。知りませんでした。

いつもポチ有難うございます。
0

2010/1/9

メキシコシティ公共交通乗りまくり  海外鉄道
いゃー正月明けの1週間は忙しかったこと。正月の1週間を全て休んでしまったつけが回ってきたかな。週末になってやっと落ち着きましたよ。

昨年は不景気でしたし、海外鉄も封印していたので、久しぶりの海外鉄ネタとなります。
前記事にも書いてますが、正月休みは中米のメキシコに行ってました。日本でメキシコと言えばカンクンやアカプルコなどのビーチリゾートが有名ですが、今回は妹夫婦の住む家に居候でしたからメキシコシティのみの滞在。それでも毎日、世界遺産巡りに連れて行ってもらい充実した日々を送れました。感謝感謝です。
そんな合間を見て市内の公共交通を乗りまくってきました。
日系企業に勤める義弟の会社では、基本的にタクシー以外の交通機関は治安の問題で利用すべきでは無いと言われてるようで、多少なりとも不安はあったのですが・・。

一介の旅行者は平気かも知れませんが、少なからず危険を回避できるよう心がけている方が良さそうです。実際、同僚が夜間に銃器を突きつけられたと言う話も聞きました。
そんなんで、当の本人も地下鉄やバスなんぞ乗ったことないと平気で言ってましたよ。

メキシコはアメリカ同様に車社会ですから、国内を網羅する鉄道は全て貨物専用となってしまったようです。従って都心部のみを走る交通機関だけが存在する程度となってます。
まずは、市内を縦横に走る地下鉄。
路線地図など見当たらなかったので路線数は良く分かりませんが、結構な路線がありそうです。料金は何処まで行っても2ペソ(14円)と激安。

クリックすると元のサイズで表示します
車両は綺麗でしたが、冷房もないし混雑してるので環境は良くないですよ。
3号線ヒダルゴ駅にて。

クリックすると元のサイズで表示します
線路を見ると分かるのですが、第3軌条集電で外側の線路をゴムタイヤが利用して、内側の線路を鉄輪が利用する構造ですかね。鉄輪がガイドレールの役目なのかな。

続いて、専用軌道を走るトラムウエイ。
これも全線2ペソ。但し地下鉄のチケットは利用できません。

クリックすると元のサイズで表示します
タスケーニャ駅から世界遺産であるソチミルコまで運転されてます。
これも車両は綺麗ですが、窓ガラスは落書きだらけですよ。
タスケーニャ駅にて。

クリックすると元のサイズで表示します
ソチミルコまで全線乗って見ました。
全線専用軌道ですが、道路を渡る際は世田谷線、環七交差同様に信号停止します。
トラムはこの1路線のみの存在。

そして鉄道では無いのですが、専用道路を走るメトロブスも忘れてはなりません。
これは、路面電車がバスに変わったようなもので、道路の真ん中にホームが設置されてます。路線も決まっていて乗りやすい交通機関ですね。
ただ、駅が短距離間に設置されてるので、地下鉄に比べるとやたらに時間を費やし、長距離移動には向いてないです。
料金は4.5ペソと少し高め。

クリックすると元のサイズで表示します
道路の真ん中にこのようなホームが設置されてます。
ラボンビージャ駅にて。

クリックすると元のサイズで表示します
専用の連接車による運用。側面を見て分かる通り乗降扉が、ホームの高さに設置されてます。
Metrobusはスペイン語ではメトロブスになるので、英語でバスと言っても全く通じませんよ。

この他に路線バスやトロリーバスなどが走ってますが、路線が分からんので乗車は遠慮しときました。
また、旧国鉄のブエナビスタ駅から最近できた近郊鉄道にも乗ってきましたので、その模様は次回に。

いつもポチ感謝してます
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ