2010/3/31

475系 急行「日南」  国鉄急行
久しぶりの国鉄急行シリーズ。昭和52年頃に撮影した列車です。
交直流タイプの電車急行形は本州、九州に在籍しており、一般的に50Hzは451系列、60Hzは471系列に大別されてました。その後、直流急行型同様に出力アップ、抑速ブレーキと165系に相当する455系へと発展していきます。そして最終形として3電源を走れる457系が登場し、交直流急行形電車の最盛期を迎える事となります。
本州内では交流50Hzから交流60Hzに直接切り替わる区間は存在してなかったので、東北系統と西日本系統の区分が簡単に出来た事も理由ではないでしょうか。デビュー当初は60Hz車の車体裾部にクリームの帯が入っていて外観上でも簡単に見分ける事ができましたが、後にこの帯も省略され同塗装となり見分けも難しくなってしまいましたね。
当時、日本海縦貫線を走る急行「しらゆき」が交流60Hz→直流→交流50Hzの全線電化区間を走ってましたが、最後まで気動車のままだったと言うのも勿体無い話です。そんなんで、結局この457系が3線区間を又にかけて走る場面は登場して無かったと思われます。

さて本題の急行「日南」は名前から分かる通り九州内を走る列車で、撮影当時は門司港から宮崎までの運転となっていました。4往復が設定されていて、夜行設定の4号のみが宮崎から西鹿児島まで普通列車となり日豊線全線を走り通す存在でした。残りの3往復が電車運転ですが、3往復とも運転区間が違っていて1号は別府から、2号は門司港から、3号は小倉からとなっています。
この時代、急行のヘッドマークを掲げてたのは一部の地域に限定されてたので、この「日南」も良く撮ってたなと言う感じでしたね。
写真は全て下り505M日南2号を日向市駅付近で撮ったやつです。

クリックすると元のサイズで表示します
サイドから編成が分かる写真なども後々の記録としては良いですな。

クリックすると元のサイズで表示します
九州車と言えど、デフロスタやスノウプロウ付きなのは北陸系統と転属の際に手間を省く為でしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
7両でサロ、サハシも組み込んでますから、急行編成としては納得できますよ。ただ、サハシの営業はとうに終わってましたけど。

クリックすると元のサイズで表示します
お椀型のタイフォンカバーも関東では見られない設備でしたねぇー。列車番号札も使われて無かったようですな。

カラーで撮ってるのが全く無いと言うお粗末な結果でした。
その後「日南」として最後まで残ったのが夜行の客車となりましたが、その筋は今でも「ドリームにちりん」として残っている事は喜ばしいですな。先日の「能登」廃止で全座席編成の定期列車として唯一の存在になってしまったかな。

いつもポチ有難うございます。
0
タグ: 急行 国鉄 昭和

2010/3/29

秩父は寒かった Vol.1  鉄道
昨日は西武鉄道最後の電機E31さよなら運転に出かけてきました。
元々、西武沿線には縁も無かったので、電気機関車の存在を知ってる程度のものでしたから最初で最後の対面と言う結果となってしまった。
話を昔に戻すと、西武には国鉄旧型電機同様の輸入機が数多く在籍して、長々と使用されてた経緯もあったのですが、何しろ国鉄一本やりだった頃で全く興味の対象外となってたんです。そんなんで、今思うと勿体無いことしたなーと後悔しきりなんです。

最近、機関車は小型のDタイプなどが好きなんで後悔しないためにも、今回はちょこっと遠いですが横瀬まで向かいます。一人で行くのも何なんで、蒸気も撮れるよーと鉄友を誘い出しました。この鉄友は蒸気命なので、電機撮影だけでは出て来ないんですよ。

丁度良い時間に到着する特急「ちちぶ」だと、当日買いだと満席だろうなーと思い前日に渋谷のJTBで特急券を購入。しかし、最近になってJR以外の私鉄特急券を代理店で発券する場合は手数料が必要になったとかで、余計な散財がいるのですね。知らなかった。益々旅行会社の生きる道が閉ざされてる感じがしますね。
結局、当日は飯能から秩父間が満席と言う変な売れ方をしてました。

当日のダイヤなど知る由もないので、一駅手前で廃車回送を牽引してる姿にびっくり。こちらは通過してしまいますが、ホームが溢れてるのは事前に知ってる人が多いと言う事ですね。全く頭が下がりますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
まあ追い越して来たのだから、いずれは此処に来るだろうと横瀬のホームで待機。
ホーム先端は混んでましたが、中程はそれ程でも無く上手く撮れましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
セメント工場をバックに。お互い去る物のツーショット。

クリックすると元のサイズで表示します
機関車の周りに人を入れない展示なので、形式写真も撮りやすいですな。撮り鉄には有り難い配慮です。

クリックすると元のサイズで表示します
このF級機も初めてかな。車庫内に歴代の機関車が静態保存されてます。

クリックすると元のサイズで表示します
色もナンバーも国鉄タイプに戻されてるED10。区名札も国府津とは凝ってますねぇー。
外に出された姿を撮って見たかった。

記念乗車券もJRのようなケチな枚数でなく、充分な数が用意されてたので余裕で購入できました。昨今のこの手のイベントでは一番の好印象でしたね。
そんな事もあり、すっかり時間を忘れてしまい秩父行のさよなら運転が出発してしまうのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
戻りの3連はしっかり撮影。D型3連の姿は可愛くみえませんか。
鉄友は既に秩父鉄道に行っちゃいましたけど。

老朽化と言うより、必要性の問題からの廃車と言うのも寂しい限りですよね。D型でしたら譲渡もありそうですが、その辺はどうなってるんですかね。第二の故郷を見つけて生き長らえて欲しい機関車です。
この後、私も蒸気に向かいます。続く・・

いつもポチ感謝してます
0

2010/3/26

時代を写す駅舎の写真  写真
桜の開花も発表されましたが、ここの所の長雨と低温で足踏み状態ですね。何か昨年も同じ感じだったような。
この雰囲気だと来週の週末が一番の狙い目ですかな。

昭和の頃に撮っていたフィルムをデジタル化してるのですが、とにかく車両ばかりを撮ってたようで、折角降りた駅での写真も全く残ってませんでした。
今では、撮影枚数を気にする事も無くなったので気軽にいろいろ撮れますが、当時はやっぱり持ってるフィルムの本数とかも考えつつ撮影していたので、余計なカットととして考えられてたんでしょうね。そんな中、数枚のみ撮ってる写真が見つかったので紹介してみます。
やはり、都心部から遠いとこほど撮ってたようです。それでは北から順番に載せてみましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和49年12月、函館線旭川駅。
乗用車を見るとその時代が良く分かります。この写真の左側に旭川ステーションホテルがありましたねぇー。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和50年12月、室蘭線追分駅。
国鉄最後の蒸気9600が貨物入れ替えに精を出してた頃です。今や石勝線も通るし変わってしまったのでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和63年5月、室蘭線室蘭駅。
青函トンネルが開通した頃で、何処でもゾーン539のキャンペーンやってました。
駅名札も逆さ書きと凝ってます。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和47年7月、函館線函館駅。
これは父親が撮ってきた写真です。乗用車がさらに年代物って感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和51年12月、信越線信濃追分駅。
今やしなの鉄道に移管されてしまいました。無人駅になっちゃったかなー。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年8月、日豊線日向市駅。
駅前にフェニックスの植え込みがあるところなど九州を思わせますよね。

結局出て来たのはこの程度。車両もそうですが、駅舎も改装や高架化などで全く別物に変わってしまうのは周知の出来事なので、もう少し撮っとけば良かったなと後悔しきりです。
そんな後悔が無いように今はせっせと撮影してますよ。

いつもポチ有難うございます。
0

2010/3/24

京葉線駅間ぶらり撮り  鉄道のある風景
いゃー昨晩は大変でした。下北沢でお客さんと打ち合わせ後、帰宅しようと井の頭線で渋谷に出たら東横線は止まってるし、湘南新宿ラインも止まってる。どうやって帰ろうかと途方に暮れてると山手内回りが運転再開とのこと。目黒線乗り継ぎは混んでると思いパス。品川から横須賀線で武蔵小杉までやっと帰り着きました。
しかし、渋谷から2本あるルートが両方ともダウンするとはついてないですよ。最近の仕事運と同じですな。

先週末の連休は仕事も暇なんで、日、月曜とも撮影に出かけてきました。風は吹き荒れてましたが、天気も良く撮影日和には持ってこいでしたね。
まずは月曜日の話から。

向かった先は京葉線沿線。京葉線と言うと高架区間ばかりなので、駅撮りがメインと考えられてますよね。そこで何とか駅間で撮れる場所は無いかと、以前から気になってた所にあても無く出向く事にします。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは本千葉駅。さすがに連休だけあってホーム両端とも人が居ますね。車両写真が好きな人にとっては良いシチュエーションですな。
既に大半以上がこの209系になってる感じです。

数枚撮って駅をあとにします。
ここから、海に向かって歩くと直ぐに京葉線の高架橋に突き当たるのですが、果たして見渡せる場所があるのかうろついて見ます。京葉線のこの区間は海沿いを走ってるのは知ってたので、海側から望めば何とか撮れるかなーと踏んでました。しかし、実際に到着してみると周辺は高い堤防に塞がれていて、容易に海縁に近づけない感じ。おまけに港湾関係者以外立ち入り禁止ばかり。途方に暮れて放浪してたら、何とか撮れそうな場所を発見。

クリックすると元のサイズで表示します
運河と船を入れて撮れます。首都圏最後の201系も今うち撮っとかないと。

クリックすると元のサイズで表示します
マーク付きの209系が来ました。上の写真と見比べても銀電は地味に見えますね。
この時、貨物の時間をチェックしてなかったもので、歩いてる間に行かれてしまい撃沈。次回リベンジするかな。

クリックすると元のサイズで表示します
さらに沿線を放浪しつつ撮影。また貨物に行かれてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
そして辿り着いた大俯瞰アングル。
個人的には好きなんですよね。高い所は。

クリックすると元のサイズで表示します
やっぱり青1色は存在感が有りますねぇー。

クリックすると元のサイズで表示します
今度はしっかり貨物列車の時間をチェックして行きましょ。

しかし良く歩いた。京葉線はコンクリート側壁が多いので足回りまで写せる場所も少ないと思いますが、海沿いを走る区間が多いので、他の区間も放浪して見ると面白いアングルがあるかも知れませんね。

いつもポチ感謝してます
0
タグ: 京葉線 俯瞰 201系

2010/3/20

桜には間に合わないか中央201系  鉄道のある風景
他の人のブログを見てると、中央線の201系がさよなら運転を前に定期運用を離脱したと報じられてました。てっきり、ギリギリまで走るのかと思ってたのですが、残念な結果です。
これまで、桜の季節には最後の桜との組み合わせだと毎年撮影に行ってたのですが、ついに今年の桜には間に合わなかったようです。
しかし考えて見れば、廃止の噂が絶えなかった201系が良くここまで生き延びた事が奇跡的だったのかも知れませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
2007年4月1日、東中野。
鉄写真に復活した頃ですかね。まだ、そこそこの本数が残ってたかな。

クリックすると元のサイズで表示します
2007年4月7日、市ヶ谷。
桜との相性も似合う色でしたね。今の銀電ではあまり映えませんよ。

クリックすると元のサイズで表示します
2008年4月5日、市ヶ谷。
翌年も残りました。Fe4花見の宴での撮影。運用に長けた人は居なかったので、来れば良いかな程度に待ってる時でしたねぇー。

クリックすると元のサイズで表示します
2009年4月5日、市ヶ谷。
そしてまた翌年も生き残った。

クリックすると元のサイズで表示します
2009年4月5日、市ヶ谷。
結局これが最後の桜。やはりオレンジ1色は写真的にも映えます。

クリックすると元のサイズで表示します
2010年2月28日、福生。
最後の定期運用の写真となってしまった。シービーさんと八高線撮影の帰り、拝島で偶然出会ったものだから速攻追っかけて撮影。
ハートマークの赤いやつは結局撮れず仕舞いと言う事ですな。

これでまた一つの時代が終わりましたね。昭和の頃は通勤型など眼中に無かったのですが、今これ程取り上げられるとは思っても見なかったですよ。まあ、それだけ対象が減ってると言う事ですな。

今年の桜は何処に撮りに行こうかなー。

いつもポチ有難うございます。
0
タグ: 201系 中央線 

2010/3/17

500記事と言う事で  鉄道
総投稿記事がやっと500個目に到着しました。
思えば3年前の1月から始めて約1200日で500記事。平均すると2.4日毎の更新と言うことになりますねぇー。とすると最近は更新頻度が落ちてる感じかな。
まあ、続けれる限りはポツポツと書いていきたいと思いますので、これからも末永くご愛顧お願い致します。
今後も鉄ネタが続くとは思いますが。

節目の500と言う事もあり、500に絡んだ車両を拾って見ますかね。
昔からの鉄道車両全てを掘り起こす器用さは持ち合わせてませんので、安易な所だけですよ。国鉄時代はおよそ規則的な番号による形式表示がなされてた為、子供がてらにも何型、何系とかは覚えやすかったのですが、今や全て私鉄となりオッサンの頭では覚えきれない程になってしまいましたよ。しかし、この複雑化した番号のお陰で500と言う数字が生まれて来たのも事実ですよね。

まずは誰でも知ってるJR西日本500系。先月に東海道区間から引退してしまいましたね。
年々運転本数も減少してたので、機会があればそれなりに撮ってました。

クリックすると元のサイズで表示します
今年の桜との組み合わせは夢に消えてしまった。
多摩川橋梁を渡る500系。

クリックすると元のサイズで表示します
まだ数往復残ってた頃かな。
有楽町のテラスレストランで500系を狙ってた人も多かったですね。特等席を確保するためコーヒー1杯で粘ったもんです。

次は地元なんで知ってると言うか、横浜高速鉄道のY500系。実態は東急の5000系と同等の車両です。

クリックすると元のサイズで表示します
外観は同じでも、塗装と言うかラッピングは凝ってます。青空に映える色合いが結構好きですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
自由が丘〜田園調布間を走るY500系。毎年開業記念マークを期待してます。

ラストは国鉄時代では考えられなかった3桁形式の機関車EH500。普通に考えれば、直流機のEH200はEH11で、EH500はEH80てな感じですよね。と言っても分からない世代が多いか。

クリックすると元のサイズで表示します
まさかD型機が無くなってしまうとは思っても見なかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
900番台の機関車も久しぶりの登場でした。たいがい量産化改造の後欠番になるのですが、このまま残って欲しい番号でもありますね。

このぐらいしか500に絡む車両が思い浮かばなかったのですが、地方私鉄などにもあるのかなー。
次の節目の1000だと結構ありそうですね。京急、東急・・・

いつもポチ感謝してます
0
タグ: 500系 Y500系 EH500

2010/3/15

JR武蔵小杉 横須賀線口開業  写真
13日のJRダイヤ改正により、やっと念願の横須賀線武蔵小杉駅が開業しました。
まあ、通勤経路は今まで通り東横線で渋谷まで向かうのですが、平日初日とあって少しは混雑緩和されてるのかなーと期待しつつ東急武蔵小杉駅で通特を待ちます。
やって来た電車は・・全く変わってません。
やはり渋谷方面に向かう客数にはあまり変動が無かったようです。定期券の期限もあるでしょうから、すぐに変動があるとも思えませんが、南武線から渋谷に向かう流動がどれだけJRに移ったんでしょうかね。
家からは横須賀線口がすぐなんですが、渋谷でのメトロ乗り換えの不便さや3ヵ月定期で5千円アップなど考えると対渋谷に関してはJR利用は現実的ではありませんね。
それでも、新橋辺りで飲んでほろ酔い気分で帰るのは非常に楽になることは間違いありませんよ。

地元ですから開業日に行かない訳にはいかんと、定期があるのにJR利用で事務所まで向かって見ました。
開業前日とは打って変わって、駅前ロータリーは出店が並びお祭り騒ぎです。ロータリー前の信号機も今日から稼動してます。

クリックすると元のサイズで表示します
武蔵小杉、横須賀線口。南武線乗り換えの暫定改札としても利用できますが、ここから歩いてもかなり遠いですよ。綱島街道の信号待ちを考えても構内移動の方が早そうかな。

クリックすると元のサイズで表示します
バスルートも新たに開設されました。ただ、臨港バスと市営バスのみですね。やっぱりと言おうか府中街道を走る東急バスは見向きもしてませんよ。
期待していた羽田空港行きは見送られたようですな。

クリックすると元のサイズで表示します
当然の如くホームは賑わってますね。ほぼ全列車が止まるので次々と電車が入ってきます。

クリックすると元のサイズで表示します
通過放送が入ったので、貨物でも来るかなと思ってたら開業記念列車の回送でした。
ヘッドマークも開業記念の特製ですよ。伊豆急さんはやってくれますねぇー。

クリックすると元のサイズで表示します
並走する新幹線を撮るとこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
カーブ区間に造ったホームなので、15両だと前まで全く見えません。車掌としては嫌な駅でしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
開業日はホーム端に群がってたので、翌日に撮った写真です。
西大井方面を見たアングル。新幹線と並走して来れば面白いかも知れません。

これからホリパスなどで撮影に出かける際は、どの方向でも楽に移動できるので使い勝手は良くなります。ただ、湘南新宿ラインの始発電車時刻が7:00頃と言うのは遅すぎです。その辺を改善して欲しいですね。

いつもポチ有難うございます。
0

2010/3/12

新聞輸送列車ファイナル  鉄道のある風景
今日は午前中に仕事でビッグサイトに行く用事が出来たもので、それならと計画的にカメラ持って両国まで行ってきました。
本日ラスト運転を迎える列車も多い中、やはり総武沿線で撮影してた時期が一番長かったし、個人的にも馴染み深いので最終を見送る事としました。

新聞列車については、それ程騒がれてる対象でもなかったので、昨今の大騒ぎとはなってませんでしたね。逆にマスコミの人間が、ホームの中をカメラ担いで右往左往してた印象が強かったですな。
私もフジテレビのインタビューに応えましたが、果たして採用されるかは?です。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和50年頃の総武線荷物列車。両国から4連で出発し、黒砂信号場で4方向に分かれて新聞や荷物を運んでました。
その後は総武沿線を離れてしまったので、現在の形態に至るまでの変化が記録出来なかったのが残念ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
そしてつい先日、平井駅より。
走行写真としてはこれが最後の写真となってしまった。

今日は、記録写真に徹しようと思い魚眼ズームにて撮影。
別に人が入ろうが気にしないので、いつものノーファインダー構図です。

クリックすると元のサイズで表示します
PM12:50過ぎに最後の荷電が到着。
写真を見ても分かる通りホームから飛び出してる輩も居ないしマナーは良かったですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
PM1:00より積み込みホームも開放。この情報はとある筋から事前に聞いてました。
マスコミにこちらが撮られてる方が多かったかな。これだけカメラがあると何処かで登場してそう。

クリックすると元のサイズで表示します
先頭もこの程度な感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
秋葉原寄りの風景。最後のトラックが横付けされてます。

クリックすると元のサイズで表示します
花束贈呈などの式典も。マスコミ向けかな。

クリックすると元のサイズで表示します
唯一の告知看板。

クリックすると元のサイズで表示します
両国の長距離ホームに立つのも何十年ぶりでした。小中学生の頃には良く来てたんですが、ホームの写真など全く撮って無かったですよ。そう言えば当時、新宿駅と同様に長距離ホームに入る為に別途入場券が必要でしたね。

最後くらい、さよならシールでも貼ってるのかなと思いきや、何もなしと言うのも時代なんですかね。
PM1:15過ぎ普段通り、両国を発車して行きました。

いつもポチ感謝してます
0

2010/3/9

関西の私鉄車両には疎くて  鉄道
ここのところずっと事務所に引きこもり状態です。
今年に入って益々メールと電話で仕事をこなせる状況が進んできたようで、客先まで打ち合わせに出かける機会も無くなりました。こんな状態だと、場所を選ばず何処でも仕事が出来る時代も近そうですな。

またまた古ネタなんですが、昭和55年、新快速が117系化された時に関西へ撮影に行ってました。この時に珍しく私鉄の写真も撮ってたようで、数点出て来ましたので紹介してみます。
阪急と京阪なんですが、こと関西の私鉄となるとまるっきり知識を持ってませんでしたから、今も現役車両なのかも良く分かりません。最も今でも疎い状況は変わらんのですけど。
まずは東海道線山崎付近で、阪急京都線がアンダークロスする辺りで撮ったやつです。

クリックすると元のサイズで表示します
阪急の2800系とでも言うのかな。阪急の車両は皆な似た顔つきに見えましたね。
後ろを走る東海道の103系も非冷房車なのが時代を表わしてますねぇー。

クリックすると元のサイズで表示します
この6300系だけは関東人の憧れでしたから当時でも知ってました。
117系もこの車両を意識してたんでしょう。最近、京都線の特急運用から外れたようですが、廃車と言う事では無いようで安心しましたよ。デザインも良く好きな車両でしたから末永く走ってもらいたいですな。

続いて京阪京都線です。これは、鴨川沿いを走る区間が地下に移設されると聞いていたもので、その前に撮っとかねばと訪れたと思われます。

クリックすると元のサイズで表示します
車体の数字が見えないので、何系かは分かりません。
既に工事着工してる雰囲気ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
これも関東人の憧れ3000系でしたっけ。大阪〜京都間は国鉄、阪急、京阪の三つ巴でしたね。確か車内にテレビが付いてたような。

クリックすると元のサイズで表示します
中々、風光明媚な撮影地でした。奥の橋が五条大橋ですかね。
今や地下に潜ってしまったので、この辺りの景色も大分変わった事でしょう。

この時代、国鉄ばかりを追いかけてたので、遠征に出掛けても私鉄車両には目もくれなかったのが今になって悔やまれます。更に輪をかけて、旧型車も走ってたのに新型ばかりを撮ってた自分も良く分かりませんよ。

いつもポチ有難うございます。
0
タグ: 京阪 阪急 撮影地

2010/3/6

一つ目のEF60  鉄道
今日も明日も雨予報ですねぇー。何処へも出かける気も起こりませんよ。
アーカイブネタから一つ。

EF60は今もイベント機としてJR東日本に1両だけ残ってますね。なにか、ヘッドライトを原型1灯に戻す改造が行われるらしく、デザイン的にも撮る方にとっても喜ばしい限りですな。と言いつつも、ブタ鼻改造の機関車は一度も撮ってなかったのですけど。
アーカイブも昭和53年より前に偏ってるので、その頃の話です。

当時EF60と言えば、東海道、山陽筋の貨物しか運用がなく、特にこれと言って狙ってる対象でもなかったです。そんなんで、走ってくれば撮ってたって感じですかね。
初期タイプは前照灯1灯、後期タイプはEF65と同様の2灯となり、同形式でも外観は別形式のようなイメージがありました。これはEF70にも言えますね。
実際、好き嫌いはありますが、私としては初期の1灯タイプの方が好みでしたねぇー。しかし、その後の強引な2灯化改造により全体の意匠もぶち壊してしまい不評のやり玉にも上げられてしまいました。まさか改造がEF15やEF58にまでも及ぶとは思ってもませんでしたよ。

EF60の1つ目タイプも基本番台とブルトレ牽引用の500番台が存在しましたが、直ぐにEF65P型が登場し番台区分は撤廃され、同時に塗装も特急色から一般色になり似たような外観となりました。もちろん特急色はオンタイムで見たことはありませんけど。

クリックすると元のサイズで表示します
EF6023号機。山陽線、須磨付近。

クリックすると元のサイズで表示します
EF6055号機。東海道線、島田〜金谷間。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは500番台のEF60503号機。東海道線、島田〜金谷間。
特急牽引の面影としてヘッドマークステーが残ってます。また、スカート通気孔脇にジャンパ受けが付いてるのも特徴でした。

クリックすると元のサイズで表示します
EF60511号機。東海道線、根府川〜真鶴間。

これらの装備も後年には取り外されたようですから、ナンバー以外の見分けは付かなくなったのですかね。
その後は高崎線などにも進出したようですが、その時代は全く撮ってませんので、イベント運転でも狙って記録しときましょうかね。

いつもポチ感謝してます
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ