2012/1/31

新年初撮り旅 vol.3  鉄道のある風景
もう月末ですね。正月休みがあったせいか短く感じた1月でした。

長々と記事を続けてる初撮り旅もやっと折り返し。
日の高いうちは撮るのに一生懸命で飯に時間などかけてられない状況ですが、夜ともなれば地物を肴に酒を飲むのも楽しみの一つ。
福井と言えばこの時期、越前ガニが旬ですが、いくら地元とは言えお値段の方がビックリするほど。まあ、軽く1万円以上を覚悟しなくてはなりません。さすがにと言う事で、かなり廉価で頂ける「ずぼガニ」を注文。一般的には水ガニと呼ぶそうですが、脱皮したてのズワイガニで、身がすっぽり抜ける事からそう呼ばれてるそうです。
地元でしか流通してないと言ってましたので、あり難く頂いてきました。美味しかったですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
居酒屋「越前魚河岸」の前で。中ジョッキが1杯250円と言うのも有り難いですな。
ブリカマの塩焼きが、絶品と言って良い程旨かったなー。
あっ、話に登場してなかったですが、リッチな鉄友も一緒にいるんですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
翌朝は早起きして「日本海」を駅撮り。しかし、曇ってるし暗いなー。
数分遅れてたので、直ぐ発車してしまった。

さて、ここからが今回の撮り鉄旅のメインコース。
前にもいろいろ記事にしてますが、最近はJRよりも地方私鉄が魅力的なんですよ。福井には併用軌道を備えた福井鉄道とえちぜん鉄道がありますよね。両鉄道とも見るのも乗るのも初めてです。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは、福井鉄道・えちぜん鉄道乗り放題の1日券を調達。これは車内で購入できました。
福井駅前で待ってると、ちょうど越前武生行の列車がやってきたので、それに乗り込み終点まで乗車することに。

クリックすると元のサイズで表示します
雪国らしくポイント部分にはスノーシェッドが設けられてます。
雪景色を期待してたのに、雪の欠片もないですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
早速、撮り鉄開始。北府〜越前武生間。
名鉄の880形をそのまま継承してるタイプですかね。名鉄特有の数字フォントもそのままです。

クリックすると元のサイズで表示します
北府駅には車両区が併設。時代を感じさせる木造庫が良い味出してますね。

クリックすると元のサイズで表示します
再び北府〜越前武生間で撮影。朝晩を除いて20分間隔で走ってるので、意外と撮るチャンスは多いです。街並みも良い感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
殆ど同年齢の200形。福井鉄道オリジナルの急行型で連接台車を履いてます。
いやー格好良いですねぇー。これを併用軌道区間で撮りたかったのですが、この後見ることは叶いませんでした。やっぱり朝夕限定運用なんですかね。もう一度撮りに来なきゃ!

クリックすると元のサイズで表示します
先ほどの200系が戻ってくると思って公園口まで移動。
併用軌道区間で待つも、やって来たのは880形とは・・・

クリックすると元のサイズで表示します
この手の車両だと、路面電車としても十分まかり通るな。

クリックすると元のサイズで表示します
市役所前では、福井駅を経由するためスイッチバックする運転形態が殆ど。そんなんで、この交差点で張ってると撮り放題ですよ。
こちらも名鉄770形そのものですかね。

さて、車両も名鉄車しか来ないので、そろそろえちぜん鉄道へと向いますか。
続く・・・

いつもポチ感謝してます
0

2012/1/27

新年初撮り旅 vol.2  鉄道のある風景
フリー切符の旅は続きます。
時間を有効に使うため昼飯は越後湯沢で買った駅弁と缶チュウを「はくたか」の車内でかけ込みました。
富山駅は新幹線工事の真っ只中。まだ地平ホームですが、いずれは金沢、福井同様の高架駅になるんでしょうね。
乗り継ぐ普通列車まで約40分待ち、早速駅前に出て路面電車の撮影。
学生時代に来た時は興味の対象外だったのか全く撮っておらず、今更ながらに悔しい思いをしてます。そんなんで、今じゃ時間が許す限り駅舎から周辺の風景など片っ端から撮るようにしてますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
ヨーロピアン風の低床車も走ってるんですね。どうも日本だと街並みにマッチしてないように感じてしまうのは私だけ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
やっぱり無骨なこのスタイルが好きかなー。
新幹線開業の際は旧富山港線を走る富山ライトレールとの相互乗り入れも予定されてるようですから、当面は市内電車共々安泰のようですね。

さて、次に向うは倶利伽羅駅。
昭和の頃、一度撮りに来た事があったような気がするのですが、フィルムが見つからず定点撮影は諦め。県境の小駅ですが、北陸線の撮影地として昔から有名な場所でしたよね。
津幡方面に数分歩くと踏み切りから撮れる場所がありました。

クリックすると元のサイズで表示します
地元の先客さんが2人いらしたので、邪魔にならないように撮ってたら標識に掛かってしまったー。
しかし、15時なのに暗い。

クリックすると元のサイズで表示します
関東だと基本番台は見られないので、撮っておきたいとこ。
どうもここは列車ドカンアングルでしか撮れないので場所を変えます。

クリックすると元のサイズで表示します
今でも特急街道である富山〜金沢間ですが、走ってくる列車はみんなこの手の車両ばかり。ヘッドマークも無いしイマイチ面白味に欠けるな。
これは黄色帯が入って無いので「サンダーバード」かな?

クリックすると元のサイズで表示します
んーやっぱりこっちの方が良いな。今だ475系が頑張ってる姿を見るとオッサン的には嬉しいですよ。
連結面もヘッドライト点けてるんですね。

クリックすると元のサイズで表示します
既に雨も降ってるし、これにて打ち止め。
しかし、雪景色だったらこの色もきっと映えるだろうなー。

クリックすると元のサイズで表示します
駅に向って歩いてたら復活塗装車が。屋根のベンチレータが無いと変な感じ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
ホーム端から雨に濡れた線路を光らせて撮って見ました。
5分間隔で特急が3本続けて通るこの区間も新幹線が開業すると、貨物とローカルだけになってしまいそうです。
撮りに行くのは今のうちなのかな。

クリックすると元のサイズで表示します
金沢から「しらさぎ64号」に乗り今夜の宿泊地、福井へと向かいます。
さすがに土曜日夕方の上り列車なので、自由席はガラガラでしたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
地物の日本酒を飲みながら漆黒の車窓を眺めるのも乙だなー。

まだまだ続きます・・・

いつもポチ感謝してます
0

2012/1/23

新年初撮り旅 vol.1  鉄道
この週末は今年初の撮り鉄旅へと行ってまいりました。
JR東日本の大人の休日倶楽部会員限定で利用期間は限られますが、年に数回お徳なフリー切符が登場します。今回それを利用して福井1泊の行程で、いろいろと撮って食ってと楽しむ算段です。
この切符はJR東日本全線とJR西日本の北陸地区全線を4日間乗り放題で15,000円と言う代物。全ての区間で新幹線・在来線特急自由席も乗り放題で、有効期間中6回の指定席も使えるんですよ。
一般売りされてる「北陸フリー切符」が21,500円ですから、そのお徳感は分かると思います。

スタートは上越新幹線。
ただ、土曜日の早朝発は当然スキー・スノボ客で指定席は既に満席。自由席も早くから並ばないと座れそうも無いので、高崎まで「あさま」の指定席を取って、その先は30分くらいなので立ってても止む無しかな。

クリックすると元のサイズで表示します
東京6:52発「あさま503号」にて出発。
この時、王子付近での火災の影響で京浜東北を含む在来線は全てストップしてましたが、新幹線だけは問題なし。
車窓から火災現場を見ましたが、既に鎮火してましたし早々に開通するだろうって感じでしたね。しかし、後から聞くとケーブルも焼けて昼頃までストップしてたとは。

クリックすると元のサイズで表示します
高崎は小雪が舞ってます。続行の「とき305号」から意外なほど下車客があったので、自由席に飛び乗ります。
奥に見える上りホームはいつに無く混みあってますね。何と在来線の振替輸送を新幹線でやってるんですね。ある意味、乗る方にとってはかなりラッキーかも知れませんよ。

クリックすると元のサイズで表示します
越後湯沢は日差しも差す天気。上毛高原は吹雪きだったので、いつもとは全く逆のパターンだな。
続いて「たにがわ75号」に乗り換えガーラ湯沢へ。この区間やっと踏破しました。

クリックすると元のサイズで表示します
ガーラ湯沢駅。
上越線に隣接してるので、少し歩けば撮れる場所があるかなと踏んでました。しかし、1月と言うのに暖かいなー。

クリックすると元のサイズで表示します
幾らでも撮れそうな場所があるのですが、除雪した雪の壁が邪魔して線路が望める場所を探すのも大変。
足場を作って何とか・・・

クリックすると元のサイズで表示します
雪が降ってたらこのアングルは撮れません。
しかし、歩道が除雪してないので、歩くのも一苦労ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
結局、お目当ての「シーハイル」は火災の影響か定刻から40分たっても来ず。これにて撤収。
まあ、ロケハンも出来たしまたの機会に・・・

クリックすると元のサイズで表示します
「たにがわ406号」で越後湯沢へ。
さすがにこの時間の上り列車に乗る人は居ないわな。

クリックすると元のサイズで表示します
次の「はくたか6号」が誤算でした。始発なので自由席でも十分と思ってましたが、この日は自由席2両で指定は全て売り切れ。何とか座れましたが、発車時はデッキに収まらない客が通路まで一杯になるほどの繁盛。直江津までは満員御礼でしたよ。
12:45富山着。しかし、1月なのに雪が全然ありません。

続く・・・

いつもポチ有難うございます。
0

2012/1/18

惜別 300系  鉄道のある風景
ここのところネタを準備する暇も無くて、かなり更新頻度が落ちてしまったなー。おまけに、今だ初撮りにも出かけてなくてと・・・
ただ、今週末は泊まりでちょこっと遠出して撮ってきますよ。

さて、3月のダイヤ改正の詳細もはっきりしてきましたが、意外と無くなるものが多いですよね。今更ジタバタしてもって感じですが、機会があれば少しでも撮っておきたいものです。
まあ、その惜別企画と言おうか今まで撮り貯めた写真でも紹介して見ます。

まずは新幹線300系。
0系の頃からも新幹線車両など撮影の対象外だった為、殆ど撮って無かった現実。途中、鉄離れもありましたが、東海道区間を走ってる100系など1枚も残ってませんよ。そんな背景もあったので、今じゃ何でも撮っておこうと撮り貯めしておりました。
300系と言えば初代「のぞみ」用として華々しくデビューした形式。つい最近の事のように思えるのは歳をとったせいかなー。
デビュー当時、私も勤め人でして大阪出張の際、一般社員は「ひかり」しか認めないなんてのがありました。もし乗りたい場合は差額を自腹で払うしかなかったのですが、やっぱり鉄の性、差額を負担して乗ったのが最初でしたね。ただ、名古屋通過のやつでは無かったような・・・
スタイル的にもダンゴ鼻からかなりシャープなイメージに変わり、中々格好良いなと思った車両でもありました。ただ、登場時から食堂車が無いので、同僚と乗る場合は宴会が出来ず避けてた列車でもあったな。

クリックすると元のサイズで表示します
2008年3月、東京〜品川。

クリックすると元のサイズで表示します
2008年9月、浜松〜豊橋。

クリックすると元のサイズで表示します
2008年12月、三島〜新富士。

クリックすると元のサイズで表示します
2009年1月、品川〜新横浜。

クリックすると元のサイズで表示します
2009年2月、品川〜新横浜。

クリックすると元のサイズで表示します
2009年4月、品川〜新横浜。

クリックすると元のサイズで表示します
2009年8月、岐阜羽島〜米原。

クリックすると元のサイズで表示します
2009年11月、東京〜品川。

まあこれだけ撮ってれば記録的にも納得できますかね。
ただ、来月にはさよならマークも付くらしいので、それは狙って見るつもりです。しかし、有名所はどこも混雑しそうなので、穴場を探すしかないかなー。

いつもポチ感謝してます
0
タグ: 300系 引退 新幹線

2012/1/9

32年後の定点撮影  鉄道のある風景
正月休みに古いネガを眺めてたら、珍しく街並みを一緒に撮ってるやつが出て来ました。
撮ってる場所も神田、秋葉原界隈。こりゃ場所も近いしと思い、昨日同じ場所を探しつつ歩いてみました。
32年前とは言え普段良く見てる風景でしたし、行ってみると意外と簡単に同じ場所に行き着けましたね。ただ、当時撮影したレンズが何ミリだったか分からず、アングルを揃えるのがちと難しかったかな。

写真はそれぞれ上下に並べて見ます。
上が昭和55年(1980年)9月撮影分。下が今の景色です。イメージを合わせるため、現在の写真もモノクロ画像に変換してます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
中央線、神田〜御茶ノ水間。赤レンガの高架線は今も変わらず。高架下に番号がふられてたので場所の特定は簡単でした。昭和の頃は○○トルコなんてのも写ってますね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
少し神田寄りに移動。看板の出てる角地運輸さんは30年以上ここでやってるんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
中央線に沿って万世橋へ。ビルが建て変わってるのは定かではありませんが、外壁が美しくなってる感じはします。
奥を走るのが103系かE233系かが時代を感じさせますな。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
同じ場所から万世橋交差点を眺める。これはほぼドンピシャのアングルじゃなかろうか。
電線が埋設されて現在はスッキリしてるんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
さらに左を向くと旧万世橋駅跡地。昭和の頃、子供はみんな半ズボンでした。
橋の欄干がスチール製の物に変わってます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
外堀通りに掛かる橋より。しかし、神田川沿いに点在する住居は今も健在なんですね。意外とビックリするほど変わってないな。
総武線を走る車両だけが大きく変わってる感じに見えます。

この界隈って昭和55年頃では既に成熟してた場所だったのか、想いのほか変化に乏しい結果となりましたが、逆に考えると今でも昭和の雰囲気がタップリって事ですよね。
また、何処か撮ってるネガが出てきたら、現在の姿と見比べて見ましょうかね。

いつもポチ感謝してます
0
タグ: 30年前 神田 秋葉原

2012/1/3

快速「初詣成田号」  鉄道
本年も宜しくお願い致します。
新年になって既に3日。毎日、飲んで食って寝てを繰り返してた怠惰な日々が続いてしまった。少し社会復帰に向けて体内時計を調整しなくては・・・
しかし、昔に比べると元日から開いてるお店も多くなったし、正月らしさも薄れてきてるのかなー。

ところで、皆さん初詣は行かれましたか。
若き頃は大晦日から意気揚々と寒い中出かけて行き、新年を迎えると同時にお参りなどしてましたけど・・・。今じゃオッサン化とともにそんな元気も消えてしまったなー。
ただ、家は夫婦ともに商売やってるので、縁起担ぎもあって元旦の昼過ぎに歩いて行ける範囲ですが、初詣に出かけてます。

クリックすると元のサイズで表示します
新丸子にある京浜伏見稲荷神社。
地元の人しか知らないでしょうけど、稲荷神社の中ではそれなりに有名らしいですよ。他のメジャーな場所に比べると人も少ないし地元民にとっては有り難い存在ですよ。
しかし、正月でも着物着てる人って全く見なくなりましたね。

さて、少しは鉄ネタにも繋げようと、昔の写真でも出しときましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年頃、成田駅。
未だ鉄道での初詣輸送が旺盛の頃ですかね。大晦日から元日未明にかけて新宿から成田へ頻発してた113系の快速「初詣成田号」。やはり千葉鉄管、それなりのヘッドマークもしっかり用意されてました。しかし、暗闇の中しか走らないので、走行写真が撮れないのも残念だったな。
房総の夏ダイヤ、正月の成田ダイヤとマニア的には楽しみだった千葉管内でしたが、年を追うごとに縮小され今じゃこれと言った特長もなくつまらない限りですな。

いつもポチ有難うございます。
0
タグ: 113系 初詣 国鉄


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ