2012/7/5

トワイライトにトワイライトEXPを撮る  鉄道のある風景
昨日まで久々の出張。広島での一泊仕事でしたが、まさに梅雨真っ盛り。出張ついでの撮り鉄も覚束ない状態に終わってしまったのでした。
まあ、この辺の顛末は後々登場させることにしますかね。

さて、前記事の続きとなりますが信越線の米山駅に降り立った目的は、日の長いこの時期ならではと言うか、日本海に沈む夕日と共に「トワイライトEXP」を撮ってやろうじゃないと言う思惑からなんですよ。
6月23日。ほぼ夏至の頃と同じ条件なので、米山駅を通過する下りの「トワイライトEXP」は18:17頃と余裕の明るさで望めるはず。おまけに天候は快晴だし、水平線にも雲がまるで無いと言う好条件が揃いました。

海沿いの信越線もそれ程運転本数が多いわけではないので、日没まで時間もあるしブラブラと歩きつつ場所を探します。
そんなんで、今回の撮影地は全て柿崎〜米山間での撮影です。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは駅近くの遊歩道から。上り快速「くびき野」。左側に佐渡島も見えます。
停車駅が特急と変わらないと言う乗り得な列車ですよね。昔の急行「とがくし」の発展系なのかな。

クリックすると元のサイズで表示します
同じ場所から、下り特急「北越」。
太陽は西に進み海に落ちるので、ほぼ完全逆光になります。ただ、最近のデジタルは潰れがちのシャドウ部も良く再現してくれますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
遊歩道から国道に出て柿崎方面に歩くとこんな場所に出ました。短い編成だと何とか収まる感じ。
遠征の場合、私ゃ基本的に上下列車を同じ場所から狙える所を探してます。

クリックすると元のサイズで表示します
同じ場所から下り列車を撮るとこんな感じです。
インフレ番号のEF81はお初ですよ。しかし、形式表記が国鉄書体からJR貨物標準書体に変わってしまったのですね。やはり髭付きの"1"はあまり似合わんな。

さらに柿崎方面へと歩いて見ましたが、あんまり良い場所も見つけられず、結局この場所で待つことに。

クリックすると元のサイズで表示します
定刻に通過するEF81103牽引の「トワイライトEXP」。
トワイライトと言うには明るすぎたかなー。まだ、太陽は結構高い位置にあり。
しかし、旅客会社のEF81は番号変更は無いんですかね。

クリックすると元のサイズで表示します
この日、貨物列車も定時運転でやってきました。
EF81の400番台っうのもお初。しかし、貨物色のEF81っての関東者にとっては違和感あるなー。

クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ日没が近づいてきたので、先ほどの遊歩道から海に沈む夕日を眺めてたら突然国鉄色の「北越」が登場。
既に光量も無いので、横から撮ると車両も流れてしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します
最後部は流して撮ってしまえ。
まあ、どちらが良いか悩むとこですけど。

クリックすると元のサイズで表示します
19:09。雲一つ無い水平線に沈む太陽を300mmレンズで。
いゃー中々見れるもんではないですよね。他に誰も居ないし、こんな光景を独り占めしてる気分も最高でしたよ。

19:37。長岡に向う普通列車に乗車したのも私一人だけ。
果たしてこの駅って1日何人くらい利用してんでしょうかね。途中の柏崎で下車し本日のお宿へ投宿。
翌日へと続く・・・

いつもポチ感謝してます
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ