2013/1/31

冬の大休パスで東北へ Vol.3  鉄道

明けて1月20日。この日泊まったルートイン渋川は撮り鉄にとっても都合の良い場所にあって、朝食後はさっそくカメラ抱えて有名撮影地へ出動。
歩いて5分もかからずに大正橋の麓へ到着できます。

クリックすると元のサイズで表示します
この時期の狙い目は快速「シーハイル上越」。
車内は結構乗ってましたよ。今や首都圏から唯一の在来線スキー臨となってしまったかな。
本来なら「スノーパーク」まで撮って行きたいとこですが、鶴岡に向う羽越線の特急が少ないので、これにて打ち止め。

渋川から高崎へ戻り、新幹線で新潟、羽越線で鶴岡まで約4時間の移動となります。
前日は風や雪で羽越線もメタメタでしたが、今日は遅れ情報も無く一安心。しかし、最近はあの横転事故の影響か冬場の「いなほ」は運任せ的な存在になってしまいましたね。
以前のような鉄道は雪に強いと言う神話も過去の物になってしまったかな。

クリックすると元のサイズで表示します
高崎から「Maxとき317号」で新潟へ。
ここで指定券1回目を消化。1時間ちょいで新潟着と、やっぱり新幹線は速えーなー。

クリックすると元のサイズで表示します
続いて「いなほ5号」秋田行に乗車。
しかし「いなほ」に乗るのって35年ぶりくらいかも、確か国鉄時代に青森から上野まで「いなほ2号」に乗って以来だよな。おまけに485系も当時から変わってないのも凄い事ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
山形県に入るまではそれほど雪も多くないですね。
折角の笹川流れも、窓ガラスが汚くて残念な感じ。
鶴岡の手前でポイントが切り変わらないとのことで臨時停車しましたが、何とか5分遅れで鶴岡に到着できました。

お見舞いも済ませ、今晩はサラリーマン時代の同僚と十数年ぶりの宴会。
こんな時、地元の人間がいると旬の美味いものが食えるので有り難いですな。ちょうどこの時期は寒鱈が一番のよう。

クリックすると元のサイズで表示します
鱈の刺身や烏賊刺しが美味い事。
やっぱりネタが新鮮ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
そして庄内地方、冬の風物料理「どんがら汁」。
内臓から骨まで鱈丸ごとを味噌仕立てに煮込んだ物。まあ、日本酒に合う事間違いなしです。
その後はスナックでカラオケと、鶴岡の夜は更けていきました。

地元の方々が言ってましたが、「いなほ」だけがボロを使いまわしてるので、早いとこ何とかして欲しいと嘆いてました。もうじき新しいのが走るよと言っときましたけどね。
続く・・・


いつもポチ有難うございます。
0

2013/1/25

冬の大休パスで東北へ Vol.2  鉄道
さて前記事からの続きです。
上牧から水上へ一駅移動しただけで天候は雪へと変わり、積雪量もグッと増えました。
貨物列車の通過時間までそれほど余裕もないので、積雪した道を湯檜曽方面へと注意深く足早に移動。

この鉄橋は国鉄時代に2、3回撮影に訪れた事があるので、およそ30年ぶりってとこかな。果たして今でも撮れるのかも分かりませんでしたが、行って見るとちょうど一箇所だけ更地になってたのでそこから上り線の鉄橋が見渡せました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和50年撮影の181系「とき」。サシにサロ2両入りの最も美しい編成を誇ってた頃ですね。
今、この場所には家屋が建ってしまいこのアングルでの撮影は不可となってました。

クリックすると元のサイズで表示します
そして現在のアングル。
94レの時間にやって来たのは遅れていた普通列車。まあ、何も撮れないよりはましかな。
川の手前にあった木々が無くなった分、現在の方がすっきり撮れるようになりましたね。
その後、雪降りしきる中暫く待ってましたが・・・現れず断念。

もう上りの「SLスノーパーク」まで撮るものも無いので、水上温泉街までプラプラと歩き昼飯屋を探します。
しかし、週末の温泉街にしては何となく寂れてますね。廃業したホテルが雪に埋もれてるし、あまり活気が感じられないな。

クリックすると元のサイズで表示します
おっ、2代目ケロリンを発見。最近はこの手の昭和風景も撮るようになりました。
まあFe仲間の影響も大きいですけどね。

クリックすると元のサイズで表示します
駅近くの線路脇は既に占領されてたので、この辺しか場所が無い・・・
さすがに気温も低いのでドレンも大迫力ですな。しかし、次位のDDはいらん。あと、ビビットな色合いのマークも何とかならんのかいな。
この列車、JRの春臨を見ると3月にまた設定されたましたよ。

これにて撮り鉄は打ち止め。後続の上り普通に乗って次なる場所へ。
渋川で吾妻線へ乗り換え小野上温泉駅にて下車。
最近は撮り鉄後の日帰り温泉がレギュラー化してるので、まあいつものコースってとこですけどね。

クリックすると元のサイズで表示します
改札出て2分で到着できる小野上温泉「さちのゆ」
2時間以内400円と言う価格設定もリーズナブルだし、何と言っても列車でのアクセスが抜群なとこがgoodです。

この日は渋川の「ルートイン」にて泊まり、明日は日本海側に抜け鶴岡へと向かいます。
続く・・・


いつもポチ感謝してます
0
タグ: 温泉 上越線 C61

2013/1/23

冬の大休パスで東北へ Vol.1  鉄道
前記事にもちょこっと触れましたが、19日から大休パスを利用して乗り鉄・撮り鉄旅へと出かけてきました。本来「北陸・東日本パス」は連続した4日間有効なのですが、さすがに平日2日を休む訳にもいかず、泣く泣く1日分は捨てる羽目となった次第。おまけに指定券も2回分を余らしてしまった。
ただ、新幹線も乗り放題だし1万5千円は十分堪能できたと思いますよ。

今回、初日は毎度の鉄友と同行程。翌日は昔大変お世話になった先輩が入院してるとのことで、お見舞いも兼ねて鶴岡まで向います。
まずは、久々の降雪区間運転となる「SLスノーパーク」。雪降る中をじっと待つなんて若い頃だったら苦もなくできたでしょうが、もうオッサンなんで無理をせずお気楽ポイントで撮影とします。
そんなんで通過30分前に上牧駅に到着すれば十分と、上野9:00発の「草津31号」に乗り込みます。新幹線で上毛高原まで行くって手段もありましたが、バス代も勿体無いと在来線特急を選択。
渋川で後続の普通に乗り継ぎ11:29上牧着。

クリックすると元のサイズで表示します
後閑方面にちょこっと歩けば築堤を登る列車が撮れます。
思ったほど積雪も無くてちょいと物足りなさがあるなー。ケツに余計なDD51がくっ付いてるので、後ろはカット。

クリックすると元のサイズで表示します
見通せる区間が長いので、結構な数を撮れます。
しかし、空席もあるようだし冬の運転は今ひとつなんでしょうかね。
これを撮ってしまうともう帰しの上り列車までネタもないので、後続の普通で水上へ移動し飯としますか。

クリックすると元のサイズで表示します
前日は大雪で日本海側はダイヤがメタメタだったので、貨物も来ないだろうなーと思ってたら2082レが定時通過。雪まみれの列車を見ると、トンネルの向こうは相当降ってそうですな。
そう言えばこの日、上り「あけぼの」と岡部駅ですれ違いましたよ。

上りの貨物が定時で走ってるとすると後続の94レも撮れるかなーと期待を持ちつつ水上駅へ到着。
時間が無いので、急ぎ足で湯檜曽方の鉄橋へ向います。しかし、一駅違うだけでこれほど雪の量と天気が変わるかな。
続く・・・
いつもポチ有難うございます。
0

2013/1/18

変貌する東急東横店  写真
今年も大休の「北陸・東日本パス」を購入。明日からちょいと出かけてきます。
今回からか券面に名前を書き込むような様式に変更されましたが、何か意味があるんでしょうかね。まあ、JR東日本管内であれば新幹線も含めて自動改札を通せるので、悪さする輩も無いとは言えないでしょうけど・・・

さて話は変わって渋谷駅界隈。
いよいよ東横線渋谷駅も2ヵ月ほどで移転してしまいます。それに合わせてと言う感じなのか、東急東横店東館も3月一杯で閉店。この東横店は南、西、東の3館から構成されていて、その中でも一番歴史の古いのが東館なんです。また、1階にある東横のれん街も移転され、JR渋谷駅の内側に関しては大きく姿を変えそうですね。
この東館、入って見ると分かりますが建物的にもかなり昭和の面影を残してる部分が多いんですよ。特に階段部分などの重厚な造りは一見の価値がありますね。ただ、店内と言うこともあって撮影はダメなのかも知れませんけど。
まあ、そんなんで外観だけでも今のうちに記録しとくのも有りですかね。

クリックすると元のサイズで表示します
東館の屋上から撮れる銀座線。
当然このアングルも今のうちしか記録できなくなります。
この屋上、今では珍しくなったミニ遊園地も存在してますので、その辺も撮影しとくのも良いかも知れません。確か鉄仲間のシービー御大は撮ってたよなー。

クリックすると元のサイズで表示します
ヒカリエから眺めた東横東館。
銀座線の渋谷駅だけが取り残される格好になりますが直ぐ移設工事も始まるんでしょうね。構想だと、今露出してる区間に新駅が出来るそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
先日の大雪の日に撮ってきました。
垂れ幕にも書かれてる通り、築78年の歴史的建造物なんですよ。
この定点撮影は今後も撮って見るつもりですが、数年後、果たして車両が見えるのでしょうか?

ちょうど渋谷界隈が大きく変貌する時期に近くにいるので、事あるごとに記録するのも楽しみの一つとなりそうです。


いつもポチ感謝してます
0

2013/1/11

新年初撮りはJR日光線  鉄道のある風景
年明けから仕事に追われる日々が続いてて、今やっと一段落。
実は、年始に知人の実家(群馬の沼田)に遊びに行くため冬の18切符を購入してました。友人と2人だったので、往復で4回分を消化。残り1回分を何処で使うかと悩んでたところ、鉄友も1回分を残してるとのことだったので、連休の最終日に初撮りへと出かけてきました。

この日、私ゃ午前中野暮用があり出遅れてしまい宇都宮にて合流。
日光線は数回乗ってはいるものの駅間での撮影は一度もなし。そんなんで、撮影地も全く分かりません。今日は日光連山もくっきり見えるので、その辺の山並みをバックに撮れそうな場所をスマホの地図を見つつ探します。
下野大沢から今市に向う線路がちょうど山に向って走ってるので、その辺りが良かろうと下野大沢駅で下車。

クリックすると元のサイズで表示します
確かに線路の奥には雪を被った山々があるのですが、両側は鬱蒼とした杉並木が邪魔をしてと。
さすがに地図からは木々の生え方までは分からんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
杉並木もいつかは終わるだろうと今市方面へ30分ほど歩くと、やっと少し開けた場所に到達。
左が男体山で右が女峰山ですかね。

クリックすると元のサイズで表示します
出だしが遅かったので、結局4本しか撮れなかった。
しかし、日光線ってやたらに駅間が長いので徒歩だとしんどいですよ。まあ、107系も置き換わるらしいので今のうち撮っといて正解だったかな。

クリックすると元のサイズで表示します
そのまま帰るのも何なんで、最近は撮り鉄に付き物となりつつある日帰り温泉へ。
今回はJR日光駅の目の前にある「駅スパ」。改札出て1分で到着できるので、列車利用客には最高のロケーションです。
入場料600円と言うのもリーズナブルで有り難い。雪見とはいかなかったですが、露天風呂も大きくてお勧めですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
連休最終日にも係わらず閑散としたホーム。
やっぱり行楽客は、お隣の東武日光駅を使う方が多いんでしょうね。そう言えば改札に「新宿行きの日光号はこちらではありません」とか大書きしてあったよな。確かにJRの車両だし分かり難いかもね。

クリックすると元のサイズで表示します
客も居ないし107系の車内でも撮っとくか。
不自然な窓配置に165系の面影が残ってるだけだな。しかし、半自動のドアも重いし、毎日利用する客にとってはリニューアルと言えど205系に変わった方がグッと良い印象になるでしょうね。

前日が新年会でバカ飲みしてしまったので、珍しくこの日はアルコール無しの一日でした。


いつもポチ感謝してます
0
タグ: 日光線 撮影地 温泉

2013/1/4

スピーカー付のDD51  鉄道
明けましておめでとうございます。本年もご愛顧宜しくお願い致します。

年末から昨日まで、まあ連日飲み続けてしまいやっと本日が休肝日。そんなんで更新もままならず今日何とかパソコンに向って初記事を打ってます。
本来なら今朝の「あけぼの」でも撮りに行きたかったのですが、昨晩は赤羽で呑んだくれてしまい全く起きれず仕舞い。そのまま朝まで呑んでれば撮れたかもね・・・
まあそんな状態なので、今だ新年初撮りはお預け中です。

そんな中、昔のネガを覗いてたらちょいと珍しいのがあったので、一発ネタで紹介してみます。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和50年12月追分機関区にて撮影したDD511074。
昭和49年製の機関車なので、まだ新製後1年ってとこです。モノクロだと分かり難いですが、右のヘッドライトの上にスピーカーが付いてるのが見えますよね。
確か当時、北海道の「岩2」と「築」に所属してたDD51の一部だけにこのスピーカー付きのやつが存在してたと思います。何でなのと聞かれると理由まではとても分かりませんが、北海道と言う事を考えると冬季の入れ換え作業で連絡用などに利用されてたのではとか推測しますが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
折角なんで拡大したのも貼っときましょう。
この時使ったのがフジのネオパンFと言うフィルム。当時の一般的なモノクロフィルムでは最も低感度のASA(ISO)32と言うやつで、感度が低いほど粒状性が高くなると言うのが通説でした。
今、こうして拡大スキャンしてみるとその解像力の凄さを実感出来ますね。
35mmサイズでもセミ版クラスのシャープさが売りでしたが、満更ではなかったようですよ。

このスピーカーが何時まで残ってたのかは知る由もありませんが、JR時代になってからの写真を見る限り撤去されてるので、国鉄時代の短い間だけの代物だったかも知れませんね。


いつもポチ感謝してます
2
タグ: DD51 国鉄 ネオパン


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ