2013/9/30

波乱万丈のベトナム一人旅 vol.5  海外
もう9月も終りですね。それとともに長々語ってきたベトナム旅の能書きも終了です。
と、その前に最近知った話題から一つ。

成田空港第2ターミナルにあった黄色い車体の連絡シャトル。あれ廃止されてしまったそうですね。
話題に上るまで知らなかったんですが、圧縮空気で車体が浮上しケーブルで引張って行き来してると言う世界的にも珍しい方式の乗り物だったそう。
サテライトから出発する際は必ず乗らないとダメでしたから、何度かお世話になりましたけど、そんな方式で動いてるとは知らなかったよなー。しかし、そうと分かってれば乗り心地も確認して写真の1枚でも撮っておいたのに・・・ 残念な事したなぁ。

さて、ベトナム旅の続きです。
ホーチミンの中心部からタクシーでホテルへ戻った途端、雷鳴と共に大粒の雨が。ベトナムに入ってからは初めての雷雨。晩飯を食いに出かけようと思ってましたが出鼻を挫かれた格好です。
スコールは少々待ってれば上がるとホテルマンが話しかけてきたので、ロビーでボーッと待ってると確かに15分くらいで雨は止みました。

かなり辺鄙な場所にあるホテルなので近くにレストランも少なくて探し回ってたら、派手なネオンライトが目立つ海鮮レストランを発見。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょいと毒々しい感じで入り難かったですが、入って見ると普通の海鮮レストランでした。

クリックすると元のサイズで表示します
ベトナム最後の夜だしドンも余ってるので豪勢に注文します。
この他に大振りのオイスター焼きを2個注文。ホーチミンですから333のビールも定番です。
ビール2本と最後にフルーツまで頼んだので結構金額も張るかなと踏んでましたが50万ドンでお釣りがくるほど。2500円もかからないとは安いよなー。

翌朝はゆっくりと起きて朝食を食ってチェックアウト。ここのブッフェはホイアンのホテルより品数も多くて良かったですよ。
このホテル、トランジット向けだけあって空港まで無料のタクシーを出してくれるサービスも付いてました。

クリックすると元のサイズで表示します
ドンを余らせてもしょうがないしと、空港でも土産を追加購入。
ベトナム南部はアオザイ着てる子が多いので、土産買ったついでに撮らして頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します
今日は香港まで移動し翌日のANA便で帰国予定。
VN594便は定刻にホーチミンを離陸。

さすがに台風の影響は残ってませんでしたが、相変わらず雨マークが並んでる香港。
当初、日本への便は翌日の早朝発だったので、ホテル代は高いけど移動が楽な空港近くのホテルを予約してました。それが、出発1週間前にキャンセル待ちを入れといた午後便が取れたとの連絡。
既にホテルは支払い済でキャンセルできないカテゴリーで予約したもんだから、もう諦めるしかない・・・ あー勿体無い。

クリックすると元のサイズで表示します
私ゃ素泊まりで1泊2万円を越えるホテルなんぞ始めて泊まったかも知れません。
しかし、空港の近くにあるホテルはどれも2万円以上とは・・・
ただ、何でか最上階でワンランクアップグレードされた部屋に通されたのはラッキーでしたが、訳の分からんボタンが多くて電気一つ消すのも難儀。やっぱりエコノミーホテルが一番だなー。

クリックすると元のサイズで表示します
ホテル近くにはショッピングセンターくらいしか無いので、ホテル最寄の東涌駅から旺角へ向います。
しかし、地下鉄のコンコースにこれだけ人が溢れてるのがホンと凄いですよ。
この頃からどうも体調が悪くて熱っぽい感じが。

ホテルに戻るとさらに具合が悪くなり食欲も全くなし。こりゃーベトナムで食い物に当ってしまったかなー。
今まで東南アジア回っても平気だったのに今回は全くつきがないよな。ネットで調べて見ると急性ウイルス性腸炎とビンゴ。兎に角、水を飲んで休めば1日で回復すると書いてあるので、それを信じて寝込みましたよ。
しかし、夜中に何度トイレに駆け込んだ事か。

翌朝、何とか微熱と体の痛みは取れたので大事には至らず良かったですよ。もう歳だし旅行保険など全く無駄と思ってた考えを見直さなくてはならないな。

クリックすると元のサイズで表示します
部屋の窓から良ーく見ると遠くに地下鉄東涌線の線路が見えます。
実はトレインビューのホテルだったようです。

帰国の飛行機は15:00発。まだ時間が余ってるけど遠くに出かけるのも面倒だしと、近場の青衣へ行ってみます。
香港の市内へ向う際毎度通過はするのですが降りた事無かった青衣。車窓からは海が眺められる橋を渡るので、一度下から撮ってやろうと思ってた場所なんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
車窓からは良く分からなかったですが、コンクリート側壁が高くてあまり良い写真は撮れませんね。
奥に見える山から撮れば良さそうな感じですが、全てお墓なんで行く気持ちにもなれない。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日の昼以降何も食べてなかったので、少しは腹に入れとかないととショウロンポウとお汁粉を食べて帰ります。
普段は甘い物は得意ではないのですが、この時のは美味かったなー。

まあ、いろいろトラブル含みだったけど、帰りは無事定刻に成田へ戻ってこれました。
0

2013/9/19

波乱万丈のベトナム一人旅 vol.4  海外
朝晩はグッと涼しくなって暑くて眠れないなんてのもなくなりましたね。
さて、ベトナムの記事もあとちょっとで終り。暫くお付き合いくださいませ。

ホテルで昼寝を決め込んだ後、夕暮れ迫る街中へと繰り出します。
折角持ってきたのに使う機会も無かったDA15mmリミテッドレンズがここでやっと登場。やはり昼間はF値が多少暗くてもズームレンズが一番使い勝手が良いので、単焦点の広角を使う機会ってあんまり無いよな。
特に今回はスナップ用にpentax Qまで持って行ったので、カメラだけでも結構な重さになってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
ホイアンはランタンの街としても有名なので、夜もまた良い雰囲気です。
日が落ちると少しは涼しくなってきた感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
時間を限って車両侵入禁止になるので、歩き回るのには好都合。
カフェレストランも多いので晩飯に困ることはありませんし、中華料理と違って定食メニューもあるので量が多くなりすぎる事もありません。
川沿いのレストランで料理4品の定食とビール飲んで600円くらいだったかな。

この街、コンビニなんてのは存在しないので、ホテルの部屋で飲むビールなどは商店が開いてる時間に買い込んでおく必要があります。
ただ、定価が存在しないので買う店によって値段が違うのにもビックリ。それさえも値切る必要があるのかなー。350mlの缶ビールが65円前後でしたけど。

クリックすると元のサイズで表示します
夜になると壁にはヤモリが一杯。私ゃ別に平気ですが、嫌いな人はゾッとするかも。
コオロギのような鳴き声も中々良いですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
翌日も天気は上々。
本来ならもう1日滞在できたのに・・・ 残念ながら昼前には帰路につかねばなりません。
まあ、帰りは経由地で1泊しつつ帰るので、多少の遅れは気にならない行程を組んでますし気楽なもんですけどね。

クリックすると元のサイズで表示します
ダナンからのVN7305便は定刻で出発予定。これは珍しい事なんでしょうか?

初の中部ベトナムでしたが、物価も安いし、のんびりしてるしと今まで行った中でもかなり上位にランクされますね。また是非再訪してみたい場所ですな。

次なる目的地はホーチミン。約1時間のフライトにて到着。
1泊なのでなるべく空港に近いファーストホテルをチョイスしときました。市内からはちょいと離れてますが、トランジット利用には最適です。

クリックすると元のサイズで表示します
チェックイン後まず向ったのがサイゴン駅。
やっとここで鉄分補給。と言ってもハノイと違って一日数本しか走ってないし、ちょうど列車の無い時間だったので肝心の車両を撮ることは叶わなかった。
鉄道駅だけが今もサイゴンの名前を使ってるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
駅前には141形の蒸気が保存されてました。
当初はフランスからの輸入機だったそうなので、何となく欧州スタイルにも見えなくもないか。

クリックすると元のサイズで表示します
昼飯を食ってなかったので、駅前の食堂で麺を頂く。100円。
言葉は全く通じないので指差しにてオーダー。ちょいと衛生的に問題ありそうな店でしたが、かまわず完食。

クリックすると元のサイズで表示します
金が余りすぎてたので、街中まで行ってお土産購入。
ホーチミンに来るのは20年ぶりくらい。まあ当然ながら昔とは全く変わってて、高層ビルも多いし車の数が半端なく増えてましたよ。バスも日本の中古など見当たらないし冷房車ばかり。
昨今のベトナムの快進撃を肌で感じましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
夕方になって雷鳴が響いてきたし、降りだしたらタクシーも捕まらないので早々にホテルへと退散。
しかし、ベトナムでは悪名高いタクシー。とにかく釣りが無いとかボッタくってくるので頭にくる。
写真に写ってるビナサンタクシーはまともだったので、乗るなら会社を選んで乗った方が良さそうですよ。

続く・・・
0

2013/9/9

波乱万丈のベトナム一人旅 vol.3  海外
何となく夏の終りを感じさせるような陽気になりましたね。
昨日やっと夏の18切符を使いきり遊び歩きも一段落。これからは仕事に精を出さねば。

中々進まないベトナム旅の続きです。
クリックすると元のサイズで表示します
ハノイは風も無く、夕日が燦々と照りつける穏やかな天気。天候を気にしなくても良いだけ気持ちも楽になったな。
写真奥に新ターミナルを建設中だったので、この古いターミナルビルも見納めが近いかも。

ここで日本円からベトナムドンへ両替せねばならないのですが、果たして4日間でどの位使うか?まあ、1日5千円と読んで2万円を両替。これが400万ドンになりました。
単純に円の200倍で換算できるのは買い物するにも分かりやすくて良いな。しかし、50万ドン札なんてのを持ってると金持ちになった錯覚さえ感じてしまう。

クリックすると元のサイズで表示します
もう最後の1区間を残すだけだしと、空港内のレストランで一杯。
氷入りのグラスにビールを注いで飲むのも久しぶりだなー。
ベトナムでビールと言うと「333」が有名ですが、北部では全く見かけなかったですよ。中国と同様にローカルブランドが定着してるよう。
空港内なのにビール一本で150円と言う安さです。

クリックすると元のサイズで表示します
既に夜の帳が降りた20:30、ダナン行きのVN1531便が離陸。
この便も満席です。ベトナム国内の飛行機利用は結構一般的なんでしょうね。同区間をLCCが2社も飛んでました。

1時間ちょっとで今回の最終目的地ダナンへ。
当初の予定から何と25時間20分遅れの到着! さすがにこれ程遅れたのは初めての経験ですよ。
日本との時差が−2時間あるので、羽田を発って約24時間全く横になる事が出なかったわけですし、身体的にも相当疲れましたよ。

さて、本日のお宿のあるホイアンまで車で45分。
真っ暗な道をガンガンと車線越えて追い越しするので、とても寝てられる状況でもなく・・・

クリックすると元のサイズで表示します
1日分は損したけど何とか無事にホテルまで辿りつけました。
宿泊したのはホイアン中心地に近い「ホイアン・ヒストリック・ホテル」。ブッフェの朝食付きで1ルーム6,000円。二人で泊まれば一人3,000円で泊まれます。
日本語は通じないけどレストランやプールも充実してるし、かなりお勧めのホテルですよ。

晩飯食ってビール飲んだらそのまま部屋で爆睡。翌朝目が覚めたらなんと10時。10時間近く熟睡してしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
ホイアンは街全体が世界遺産に登録されていて、古い街並みを歩いて回るのを楽しみにしてたんですよねぇー。

クリックすると元のサイズで表示します
8月から雨季に入るとのことでしたが、滞在中雨が降る事は無かったな。

クリックすると元のサイズで表示します
ホイアンで一番有名なスポットと言えばこの日本橋。
400年前に日本人が建設したとの事ですが、そのままの姿で残ってるとは思えないなー。

クリックすると元のサイズで表示します
まあ、のんびりした時間が流れてるし日常から離れるには最高の場所ですな。

クリックすると元のサイズで表示します
遅い昼飯を川沿いのレストランで。
ホイアン名物のカオラウ。香草の利いた油ソバって感じの麺料理です。香草の苦手な人にはちょいと厳しいかもしれませんが、私ゃ美味しく頂きました。
屋台じゃなくて、レストランでも200円程度で食べられるとはやっぱり安いよなー。
ビールも頂いてしまったので睡魔も襲ってきたし、一旦ホテルに戻り昼寝でも決め込もう。

まだまだ続きます。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ