2013/11/25

川崎工場夜景バスツアー  写真
12月になると何かと散財する予定が入ってるので、ここのところはジッと我慢です。そんなんで、ちょいと前の話でも。

ここ最近は鉄写真以外にもいろいろと撮っているのですが、その中でも魅力的なのが「工場夜景」。
川崎に住んでるし、車で走ってけば30分位で京浜工業地帯の中枢に到着できるので、地理的には最高なんですが、工場地帯という事もあって写真的に良い場所であっても入れないって事も多々ありなんですよ。
そんなこともあって、今回初めて「工場夜景ツアー」なるものに参加してみました。
普通は船で見て周るコースが一般的ですが、今回申し込んだのはバスツアー。通常では入れない私有地から撮影ができると言う触れ込みに惹かれて申し込み。

写真仲間6人で川崎駅から大型バスへ乗車。さすがに人気があるようで、座席は全て埋まってます。まず最初に向う場所がその私有地。20分くらいで到着。
しかし、まだ空に明るさが残ってる時間なので、夜景にはちょいと遠い感じかな。

クリックすると元のサイズで表示します
少し時間を潰して暗くなるのを待って。

クリックすると元のサイズで表示します
結局20分の滞在時間では暗くならなかった。
確実に暗い中を望むなら冬場が良いかも知れません。ただ、寒そうですけどね。
しかし、個人的には私有地の触込みに期待してたのに残念って感じの場所だったな。

クリックすると元のサイズで表示します
次の場所は、川崎夜景では鉄板の撮影地。
ここは車でも簡単に来れるし適当に撮影。口コミにも書かれてたけど、下車して撮影する時間が少ない事。

クリックすると元のサイズで表示します
最後は扇島にある川崎マリエン。展望階からの撮影。
左に東京タワー、右にスカイツリーを入れて撮ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
廊下の照明を消してくれれば、ガラスの写りこみが防げるのにな。
今度は望遠持ってこよう。

ここも、ツアーの目玉である「工場夜景カレー」なる夕食がつくのですが、辛い物好きにとってはちょっとって味。別料金ですがジョッキ生が美味かったー。

クリックすると元のサイズで表示します
川崎駅までの帰路は大師まで高速を走行。
結果的には、ここから眺めた浮島の工場群が一番美しかったなー。もちろん高速道路なのでそれなりスピードで通過してしまったけど・・・
まあ、本格的な撮影を考えなければ、工場夜景を眺めるツアーとしては十分成り立ってる印象でしたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
最後に個人的に撮りに来た写真も載せときます。
やっぱり時間をかけて撮らねばダメですな。

0
タグ: 工場 夜景 川崎

2013/11/13

大原で魚を食らう  鉄道のある風景
Facebookで小学校時代の鉄グループがあって、何故か年上と言う事もあって会長にされてしまった都合、週末にちょいと乗り鉄に行ってきました。
ちょうど今、大休会員特典で「休日お出かけパス」が2,000円なので、これと「房総横断きっぷ」を組み合わせてJR→小湊→いすみ→JRの行程を組みました。

前日に「休日お出かけパス」と普通グリーン券を割引で購入しようとしたものの、窓口氏はグリーン券は割引にならないと言い張ります。以前から割引で買えたと粘ると、奥へ引っ込んだのち間違えでしたと・・・。
先日も渋谷から伊東までの普通回数券だと新幹線に乗れないなどと言われたし、最近の窓口は知識不足が目立つよなー。
まあ、一般の人はこのようなケースに疑問を持たないでしょうから、高いきっぷを買わされてる場合も多々ありそうです。

五井駅に集合した面々は既にアルコール類の準備も万端。
途中の飯やの手配は女性陣に任せてるので、あとは引率するだけ。小湊鉄道は先の台風の影響がまだ残っていて、養老渓谷〜上総中野間が今も不通でバス代行となってます。

クリックすると元のサイズで表示します
少しくらい撮り鉄でもしようと飯給駅で途中下車。房総横断きっぷは、逆戻りしなければ途中下車が可能。
飯給駅はちょうどイルミネーションの飾りつけの真っ最中。しかし、周囲に店舗も全く無いし集客しても地元への貢献度は少ないなと心配してしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します
次の列車までに1本だけ上りがあるので、それを皆で撮影。
ペンタQ7を持ってったので少々切り遅れしてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
養老渓谷からは小湊鉄道バスに乗り換え上総中野へ。
駅前に3軒もの酒屋があるのでここでも酒類を補給。このバス内で全員が飲み始めてしまうのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
上総中野からいすみ鉄道へ乗り継ぎ。
国鉄時代の回顧的な新型気動車が走ってるんですね。

クリックすると元のサイズで表示します
有名な蕎麦屋があるとのことで新田野で途中下車。
しかし、天気予報と裏腹に雨まで落ちてくる始末。しかも蕎麦屋まで辿り着いたものの、1日20人分しか作らないとのことで売り切れ御免。HPにそれぐらいの事書いておいてくれよ!

クリックすると元のサイズで表示します
次の列車まで1時間。ホームで飲み食いしてたらちょうど国鉄型の急行が。

クリックすると元のサイズで表示します
このキハ28は昔、千チハにも在籍してたそうです。ただ、木原線で運転された実績は無さそうですけど。

クリックすると元のサイズで表示します
昼飯を食いそびれたので、ネットで大原の居酒屋を検索し速攻予約。
ここがまた大当たり。地元漁師ご用達のお店のようで魚が新鮮で美味い事。
ちょうど漁師さんが鍋囲んで飲んでたので、それをおすそ分けしてもらったりと全員大満足の宴となりました。
しかし、後輩とは言え日本酒5合飲んでも平気と言う兵もいるし、私ゃとても敵いませんわ。
刺身に寿司に酒も飲んで一人4,000円もしなかったし、ここはまた是非行ってみたいお店でしたよ。
1

2013/11/5

秩父鉄道の貨物を撮る  鉄道のある風景
Autopageブログで記事書いてる方々ってウィジウィグエディターを使ってますか。私ゃ結構前から使ってるんですが、一体何時になったらβ版から正規版になるんでしょうかね。
多少の不具合はありますが画像のプレビューを見つつ書けるので、早いとこ正規版のリリースをやって欲しいものですよ。

さて、この連休久しぶり鉄分補給に出かけてきました。
只今、期間限定で「休日お出かけパス」が大休会員だと2,000円。この手のお得情報でもないと中々出かける切っ掛けもないので有り難いものですよ。あと、微々たるものですが、特急券も距離に関係なく割引となります。
この日、各地でイベント列車も多かったのですがその辺は全てパスして秩父鉄道へ。まあ、C58と貨物列車でも撮ってあとは乗り潰しって感じ。
赤羽から「草津」の自由席で熊谷に向いますが、やはり3連休初日とあって指定は全て売り切れと放送してます。自由席も大宮でほぼ満席になりましたが立ち客が出るほどでは無いようです。

事前に桜沢駅近辺で撮ろうと考えてはいた物の現地に付くとそれ程良い場所は見つからず。やはりマップからだと線路脇の草の高さまでは判断できません。

クリックすると元のサイズで表示します
そう言えば、元101系も既に2編成しか残ってないようですね。
来春にはその2編成も引退が決まってるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
熊谷から乗ったのがラッキーな事にその1編成であるオレンジ塗装のやつ。
殆ど昔のままの車内はやっぱ懐かしいですな。網棚って101系の頃って布製でしたっけ。もう忘れてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
結局良い場所も見つからず、桜沢駅ホーム手前で撮る羽目に。
ヘッドマーク無しだったら良かったのになー。

クリックすると元のサイズで表示します
ここから寄居まで歩きつつロケハン。
八高線と合流するとこに陸橋があり、そこからJRも含めて撮れます。

クリックすると元のサイズで表示します
貨物時刻表だと中間駅の通過時間が良くわからず難儀しましたよ。
土曜日でも結構な本数が走ってます。

クリックすると元のサイズで表示します
歩いてたらいきなり来られた。
今も緩急車設備を持つヲキフが健在するのも私鉄ならでは。短い二軸貨車のジョイント音がまた心地よいです。今度は音入りの動画を撮ろう。

クリックすると元のサイズで表示します
元101系が無くなると、この元都営車が最古参になるのかな。

クリックすると元のサイズで表示します
西武、都営、東急、国鉄と4社の車両が見られるのも関東圏では珍しい線区ですかね。

この後は寄居から八高線で高麗川へ抜け、川越で途中下車しつつ大宮経由で帰宅しました。
今度の週末も仲間内で小湊・いすみへ出かけてきますので、またお出かけパスにお世話になる予定です。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ