2015/6/10

ヤンゴンへの道vol.2  海外
中々前に進まない旅行記の続きです。

さてそろそろゲートへ向かうかと、出発ボードを見るとKA252の遅れがさらに増大しているではありませんか!
NEWTIMEは日付が回った0:30発。これで遅れは2時間40分となり目的地のヤンゴン到着は何と3:00過ぎになってしまう。初めての国でそんな時間に外に放り出されてもねぇー。
ラウンジでボーッと時間を潰して搭乗時間を待ちます。

KA便はノースサテライトと言う孤立したターミナルを使用するのが多くて、252便もここからの出発。ここはバス連絡しかないので、一度行ってしまうとメインのサテライトには戻る事ができません。さすがに0時を過ぎてるのでお店は全て閉まってるし閑散としたもんですよ。

10分程度の遅れでやっと搭乗開始。乗客も全て乗ってさあ出発だ。

・・・・・ 20、30分が経過しても一向にドアが閉まる気配なし。私の座席は一番前だったので、何んとなく雰囲気は伝わってきたのですが、整備係が右往左往してるのですよ。
ほどなくしてパイロットから英語のアナウンス。私ゃそれほど英語は分かりませんが、部品交換が上手く行かず、この機材では出発できないのでシップチェンジをするとの事。
新たな出発時間は何と3:30。

ゲートも変更になりメインサテライトへ移動する羽目に。しかも一番遠いとこですよ。既にシャトル列車は運転終了してるので、歩いて移動してくれだと。

クリックすると元のサイズで表示します
既に出発便は全部出てしまったので、空港関係者とヤンゴン行の乗客しかいないターミナル。
店も全て閉まってます。

クリックすると元のサイズで表示します
折角なので、出発ボードの写真も撮っておきました。
一番上のRAはネパール航空ですが、地震の影響で遅れてるんでしょう。
我がKA252便は何とか4時間40分遅れで深夜の香港を離陸しました。

ヤンゴンまでは3時間10分の所要時間。香港との時差が−1.5時間あるので到着は5:10頃になりそうです。
さすがに疲れ果てたので、食事も程々に眠りこけます。とは言うものの着陸1時間くらい前には起こされるし全くの睡眠不足。
5時過ぎ、窓の外が白み始めたヤンゴン国際空港に無事到着。
さすがに1番前の席だったのでイミグレは一番に通過し、プライオリティで荷物もすぐピックアップ。タクシーで予約してたホテルへ速攻で向かいます。

この日は唯一ガイドをお願いしてたので、9:30には出かけなければなりません。
暫しですが、寝ときましょう!
続く・・・

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ