2018/2/24

シンガポール鉄事情  海外鉄道
昨年の話ですが、25年ぶりにシンガポールへ行ってきました。
当時1S$は60円くらいでしたが、今や80円越え。日本より物価の高い国になってしまったようです。

さて本題の鉄話。
今回移動に使ったのは、地下鉄、LRTと路線バスが乗り放題の「シンガポールツーリストパス」の2日間用。2日で16S$なので1300円くらいですかね。ただ、公共交通の料金は日本より安いので、元をとるには結構乗らないとダメかも知れません。まあ、私ゃバスも含めて元を取るくらい乗ってきましたけどね。
また、発券にあたって10S$ものデポジットが取られるので、切符を持ち帰るなんて事も出来なかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
25年前は1路線しかなかったけど、今やこんなに増えてます。現在も新たな路線を建設中です。
チャンギ空港から市内まで地下鉄でアクセスできるようになったのが有難い。

クリックすると元のサイズで表示します
当初は日本製車両のみで開業したのですが、今や多国籍になってるようです。
中々愛嬌のある顔ですよね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
熱帯らしく地上区間の駅には、巨大な扇風機が風を送ってます。

クリックすると元のサイズで表示します
通勤時間帯はかなり混雑してました。そんなんで、こんな車両も存在してるよう。
ただ日本のように長い区間で混雑するのと違って、ほんの数駅が混雑って感じなのでストレスはそれほどないかも。

クリックすると元のサイズで表示します
折角なのでロケハンまでして、走行写真まで撮影。
イーストウエスト線 kallang駅付近。

クリックすると元のサイズで表示します
もう一つの交通機関LRT。LRTと言われてるけど、実際はこんな感じ。空港内の移動手段のような物ですね。
しかし、これの凄いとこは窓ガラスが自動的に曇りガラスに変わるとこなんですよ。マンションの部屋に接近する場所は車内から外が見えなくなります。

最後にマレー鉄道の旧シンガポール駅を見に行ってきたのですが、現在はフェンスで囲われ入れなくなっていました。
暫くは歴史的建築物として保存されてたようですが、今後の経緯が気になりますね。

クリックすると元のサイズで表示します
フェンスの隙間からカメラ突っ込んで撮ってきました。

昔はマレー半島を縦断する国際列車も走っていたシンガポールですが、今やジョホール水道を越える短距離列車が数本走るだけ。鉄的には面白みもなくなってしまいました。
しかし、25年後の街の変貌さにはビックリでしたよ。

1

2018/2/4

新潟色  鉄道
明けましておめでとうございます(笑)
やっと今年初の記事です。

先日、雪の新潟を放浪してきたのですが、運良く115系の新潟色を長岡駅で撮影することができました。やはり本物を知る身としては、塗装が美しすぎるのが気になりますねぇ〜
前に京成の青電でも同じ事を感じましたが、マット系の塗料を使うと少しはしっくりきそうな気がしますが・・。

クリックすると元のサイズで表示します
6両全部が新潟色でした。

クリックすると元のサイズで表示します
確かに雪景色の中では存在感のある色ですね。
良く考えられてます。

クリックすると元のサイズで表示します
この濁った感じを出すのは、今の技術だとかえって難しいのかもねぇ〜

しかし、新潟地区の普通列車をいろいろと乗ってきましたが、一度も115系には乗車できませんでした。既にE129系が主流になってるって感じですかね。
まあ、実際に乗り心地は最新車は良かったですけど。

0
タグ: 新潟色 115系 70系


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ