2011/4/11

列車と桜三昧  鉄道のある風景
震災から1ヵ月が過ぎて、やっと余震も収まってきたのかなと思ってたら、また来ましたよ。
さて、週末で桜と組み合わせて写真が撮れる最後のチャンスであろう昨日、午前中から近場をうろついてきました。
天気も快晴とまでは行かなかった物の時より日差しが出る感じ。マニュアル露出で撮ってる身には一番やり難い状況だったかな。

川崎で桜の有名所だと二ヶ領用水があります。川に沿って桜並木が続いてるのですが、これと列車を組み合わせるとなると、南武線の小さな鉄橋くらいしか思い当たらないので、まずはそこを目指します。
延び延びとなっていた南武快速も土曜日から走り出したので、初乗りも兼ねてこよう。
宿河原駅から歩いて10分位で桜並木と鉄橋がクロスする場所に出ます。天気も気温もバッチリなので、桜の下は宴席で満員御礼ですな。

クリックすると元のサイズで表示します
線路を挟んで両側に桜並木が続くので、ワイド系で撮ると良い感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
快速を初撮影。下りの快速は宿河原を出ると幕を回してしまうので、この辺で撮るのは難しいですよ。

撮影後そのまま登戸まで歩いて武蔵小杉まで戻ります。丁度運良く快速川崎行が到着。
小杉までだと3駅しか通過しませんが、気分的にも速さを体感できましたね。やはり運転開始から日が経ってないので、通過駅案内の車内放送が頻繁にされてました。
小杉で東横線に乗り換え田園調布へ。ここは、通勤時にロケハンしてた場所。

クリックすると元のサイズで表示します
環八の陸橋から。線路を挟んで桜が植えられてますが、もう少し密度が欲しいかな。

クリックすると元のサイズで表示します
反対側だとこんな感じ。しかし、東横線も8割程度の本数だし、日比谷線直通も休止中とあってかなり混雑してましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
続いて隣の多摩川へ。ホワイトバランスを太陽光に変えて撮って見ました。

クリックすると元のサイズで表示します
丸子橋の欄干にカメラ置いて1/5秒で。

まあ、こんな感じで撮りまくってきました。
これから桜前線も北上しますが、こんな時こそ東北の桜祭は派手にやって欲しいものです。鉄道が開通すれば、是非撮影にも訪れたいなー。

いつもポチ有難うございます。
0
タグ:  撮影地 快速

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ