2011/4/14

今も昔も現役電車博物館  鉄道
ここに来てヒノキ花粉が大量に飛び出したので、苦しくて堪りません。朝は息苦しくて起きてしまうし、目は痒くて・・・あーホンとにこの時期は花粉の無い沖縄で仕事がしたい。
今朝の話題と言えば、川崎でのゴミ処理ですよね。
まぁー同じ川崎市民として恥ずかしいですよ。原発で作った電気を使ってるのは正しく首都圏なんです。そんな立場を完全に忘れてクレームを入れるなど考えられませんね。

さて、今回は私にとっては珍しい昔ネタ。
昭和51年に大井川鉄道でC11が復活運転を始めたので、早速撮りに行った時の写真なんです。当時は私鉄など全く興味の対象外だったのですが、国鉄蒸気が客車を牽くとあっては行かねばと友人4人でいそいそと出かけて行きました。
当然、メインは本線のC11と井川線のコッペル機ですが、線路脇で待ってればそこを走る電車も来ますよね。まあ、走ってる本数もそれ程多くは無かったので、当然の如く撮っていた訳です。
しかし今フィルムを眺めて見ると結構渋い車両が走ってたんだなと思い、ここで日の目を当ててみます。ただ、車両についての知識が全く無いので、ネットで調べられる範囲でしか分らず、間違いが有るかも知れない事をご了承くださいませ。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは大井川鉄道車ではありませんが、当時、静岡から千頭まで臨時列車として乗り入れていた国鉄111系。
普通列車でしたが「いかわ」とかの愛称が付いてたような気がします。

クリックすると元のサイズで表示します
これは正面に形式が出てるし、書体を見ても名鉄車と分ります。
請負いですが、元名鉄の3800系。

クリックすると元のサイズで表示します
これも顔付きは同じですが、正面に形式表示が無いですね。

クリックすると元のサイズで表示します
調べるのに苦労した車両。身延鉄道から国鉄を経て大井川に来たモハ306。
当時でもかなり疲れてますねぇー。

クリックすると元のサイズで表示します
正面に6011と見えるので、元北陸鉄道の6010系アルミ車ですね。
現在、ゆかりの地で静態保存されてるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
これがイマイチ分らないのですが、クハ508ではなかろうかと思います。やはり名鉄車ですかね。

この時以来全く行って無いのですが、今では関西私鉄の車両ばかりなのかな。ただ、塗装は譲渡前のままが基本のようですから、大鉄色自体も過去の物となってしまったようです。
C11復活の後に9600も動態保存すると言う話があって喜んでいたのですが、結局静態保存に落ち着いてしまい残念だったのを思い出します。

いつもポチ有難うございます。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ