2012/12/18

50.3.10ダイヤ改正前日の記録  国鉄急行
今年も残すところ僅かになってきました。
仕事の方も暇なんで、今回は9連休かなー。と言っても何処へ出かけるわけでもないし、飲んで寝てを繰り返しそうだな。

さて、久しぶりに昔ネタを記事にして見ます。
昭和50年3月10日の国鉄ダイヤ改正、かれこれ37年も前の話になってしまったんですね。早いもんですな。
この改正の一番の目玉は山陽新幹線全通により、在来線の山陽筋から一気に優等列車が消滅した事でしたね。本来なら岡山でも行って撮ってくりゃ良かったかも知れませんが、まだ学生でしたしそりゃちょいと無理な話。
そんな中、首都圏で一番動きがあったのが、新宿駅を中心とする中央線、総武線関連だったと思われます。そんな事もあってかダイヤ改正の前日である3月9日に沿線へと出かけていたようで、ネガのコマ番を追いつつ昔の記憶を紐解いてみましょう。

写真は全て昭和50年3月9日撮影です。
クリックすると元のサイズで表示します
まずは、この日で消滅する中央東線の普通客車列車。普段はこんな写真撮らないのですが、最終日とあってバックショットを1枚。最後尾はマニ60。
新宿12:08発、松本行き423列車。この後、23:55発の425列車が本当の最終客車になったと思われます。

クリックすると元のサイズで表示します
その後、駅間で撮る為に東中野へ移動。
EF6441牽引の松本行き423レ。最終日とあって、窓から顔出してる鉄の姿も見えますね。

クリックすると元のサイズで表示します
直ぐ新宿駅へ戻り、これも本日限りで消滅する急行「みさき」。
新宿から外房線→内房線を通って両国へ向う205M急行「みさき3号」。逆周りをするのが急行「なぎさ」でした。
房総半島内では、上り下りで列車名が違ってたのでかなり分かりずらかった事でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
2番線からは、これまた本日にて消滅する中央東線系統の気動車急行。
当時は良く見られた多層立てで、先頭から河口湖行き「かわぐち4号」、糸魚川行き「アルプス3号」、中込行き「八ヶ岳」と3本仕立ての編成。
写真は最後尾なので、中込行きの急行「八ヶ岳」となります。この日をもって「アルプス」も日本海側へ顔を出すことも無くなった訳です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらも、この日を最後に電車化される成田線経由で銚子方面へ向う急行「水郷」。
写真は佐原行きの407D急行「水郷4号」。千葉方面に向かう急行はキハ26も良く混ざってましたね。これも2両目がそれっぽいな。

クリックすると元のサイズで表示します
そして最後は乗り納め。
新宿16:30発の急行「犬吠6号・水郷6号」銚子行きへ乗車し千葉へ。
列車は佐倉で分割し「犬吠」は総武線、「水郷」は成田線を経由し銚子へ。成田線経由が10分程度余計に費やしてましたね。
写真は、小岩の大カーブ辺りかなー。

クリックすると元のサイズで表示します
千葉に到着し、最後の気動車急行を見送ります。
翌日からは千葉鉄管内の幹線は全て電車化されてしまったわけです。

まあ、今と違って鉄の人口も少なかったし、あまり騒ぎにもなってなくひっそりと消えて行った列車が多かったようですね。
しかし、この日をもって新宿駅から気動車が姿を消したのを考えると、意外と重大な出来事だったような気もしますけどね。

いつもポチ感謝してます
1
タグ: 急行 国鉄 気動車

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ