♪肘サポーター♪  

今日も先週に続きまたまた福岡イサミにいってきましたo(^-^)o

ずっとほしかった肘サポーターを今日買っちゃいました♪

3700円が萬田道場割引で3100円でした♪

これは打倒ムエタイでやっていく私にとっては絶対に必要な仕事道具なので、今日はいい買い物ができました(^-^)g"

さっそく明日から弟相手にスパーで肘でボコボコにしちゃいます
( ̄ー+ ̄)ヘヘヘ


クリックすると元のサイズで表示します

ゲキイエローキラキラ  

うちの愛息子の聖亜は直方イオンで一日中このお面をつけて歩きまわりました♪

アホです(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

買っちゃったウッシッシ  

今日は朝早くから道場生と格闘技SHOP福岡イサミにいってきました★

みんなで15万くらいは買ったかな〜(^O^)

私は前から欲しかった一番高額な12000円のWinningパンチグローブを買いました♪

明日からこれでガンガン練習します♪

パンチミットとバッグはこれを使用し、キックミットと首相撲はスーパーウィン(8000円)のやつを使用します。

エアロバイクも買ったしグローブも買ったし、あとは…

髪を切るだけやわ汗
┐('〜`;)┌
クリックすると元のサイズで表示します

ありがとうo(^-^)o  

ある人の子育て体験
↓↓↓↓↓

最近、言葉が増えてきた2歳の娘。靴下を履かせてあげたら『あいがと、パパ』と感謝された。親として当然のことをしただけなのにと驚き、温かな気持ちになった。
まだ幼いから、どこまで理解して話しているかはわからない。おそらく何かにつけて、子どもに『ありがとう』と言うようにしているので自然と覚えたのだろう。
ある作家は『ありがとうは、奇跡の言葉である。口に出せば元気が出る。耳に入れば、勇気がわく』と綴っている。
感謝の心は自分自身を豊かにする。
“幸せだから感謝する”以上に“感謝するから幸せになる”のだ、と。
身近な家族だからこそ、何かをしてもらって当たり前と思うのではなく感謝を声に出す。態度に表す。そうした積み重ねが、和楽の家庭を築く力となる。
ロシア、国際児童基金協会のリハーノフ総裁は、子どもの育成は『国家の課題というより、親の、また人間の課題である』と述べている。子どもの健やかな成長と幸せを実現する。そのために大切なのは、大人自身の生き方だ。
社会といっても、その縮図は家庭である。親子や夫婦など家族が傷つけ合う事件が多く伝えられる昨今。だからこそ『ありがとう』の宝の価値を心に刻みたい。

今日心に響いた記事を紹介しました^▽^

私も『ありがとう』という感謝の気持ちを常に忘れずに生きていきたい。

それを一番身近な家族から伝えていかなきゃいけないと思う。

人類が皆、感謝の気持ちを持ち続ければ殺人も戦争もなくなるだろう。

悲惨な事件が毎日毎日続く世の中を変えていくのは一人一人の人間なんだと改めて思いました!

皆さん今日もありがとうキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ


クリックすると元のサイズで表示します

息子とノンビリ休日♪  

今日は朝から息子と田川のサンリブにきて遊んでます(≧ω≦)b

日頃なかなか遊んでやれないから休みの日はできるだけ遊んでやれるようにしています★

こいつは相変わらずアンパンマンが好きらしい┐('〜`;)┌
クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ