熱中症について  

今年の夏も猛暑日が続いており7月〜8月は熱中症が最も多く発生する時期です


よく食べてしっかり睡眠をとって水分補給を心がけてください!
運動中はスポーツドリンクと水を半々にして塩を少し入れた飲料を飲むようにしてください



では、熱中症を正しく理解し予防に努めましょう↓↓↓



●熱中症とは
高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調整機能がうまく働かないことで、体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気や倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。
気温が高い、湿度が高いなどの環境条件と体調がよくない、暑さに体が慣れていないなどの個人の体調による影響とが組み合わさることで熱中症の発生が高まります。


●熱中症の主な症状
屋外で活動しているときだけでなく、就寝中など室内で熱中症を発症し、救急搬送されたり、死亡したりすることもあります。

軽度→めまい、立ちくらみ、大量発汗

中度→頭痛や吐き気、倦怠感、虚脱感

重度→意識がない、けいれん、高体温、呼びかけに対し反応がおかしい



●熱中症の予防法
予防法には「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。

@水分・塩分補給
脱水状態になることを防ぐために、運動や作業の前、運動中や作業中に水分や塩分をこまめに補給しましょう。特に、高齢者や障害者、乳幼児などは、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分補給を。

A体調に合わせた取り組み
通気性のよい、吸湿・速乾の衣服を着用し、保冷剤や氷、冷たいタオルなどで体を冷却するなど、体調に合わせた工夫を。

B熱中症になりにくい室内環境
暑いときには無理をせず、扇風機やエアコンを使った温度調節やこまめな換気、すだれ、遮光カーテンなどを利用して室温が上がりにくい環境を確保しましょう。

C外出時の準備
日陰を選んで歩いたり、日傘や帽子をかぶったりするなど、暑さを避けるように心がけ、こまめな休憩も大切です。





もしも熱中症になったら…

熱中症の手当の基本は、「安静」「冷却」「水分・塩分補給」です。

@すぐに涼しい場所に避難させる
風通しのよい日陰やクーラーが効いている部屋で休ませましょう。

A衣服を脱がせて、体を冷やす
皮膚を露出させて、うちわや扇風機で風を当てたり、保冷剤などを首や脇の下、太ももの付け根などに当てて熱を放散させましょう。

B水分・塩分を補給
スポーツドリンクなどで水分と塩分を補給しましょう。

※意識が無いときや反応がおかしいとき、自分で水分を補給できないときなどは、直ちに救急車を要請しましょう。




AutoPage最新お知らせ