Salon LOTUS 公式ホームページ

セラフィーナ美梨子監修 ポータルサイト
〜天恵の祝福〜至福の愛のひとひら〜

〜ご予約状況〜


RSS更新通知パーツ


http://www.lotus81.com/tenkei81/tenkei81-31.html

2009/5/10

女神のジェネレーション  聖なるメッセージ

今は女神の光輝が降り注いでいる女神の時代です。

そのほんの前の時代 物質 自己主義な時代が2000年間続いていました。

その前の時代とは 

物質自己主義な時代 縦社会の競争社会、
たとえ人を押しのけよこしまな考え行動からでも成功を治める事ができ、

繊細で純粋な人や素直な正直な人ほど日陰におしやられる、
なんとも矛盾を感じる事の多い やるせない 自我が増幅する男性性の気質が

幸を得る時代背景でした。

でも、そのような時代があったからこそ 

現在のような便利で楽な高度な文明に発達する事が出来ましたので 

その時代にとってのエゴといわれます自我 自分本位なものは
文明をよりよく快適にさせるためには必要な事だったのでしょう。

そして 文明が発達した今はエゴは必要がなくなり その時代に終わりを告げ

愛と善意を進んで行い 慈愛 受容な精神 調和と平和を第一に 真実に意識を傾ける
それらの女性性の性質を活かす人が幸を得ることのできる

今まで純粋すぎて 素直 正直 繊細で優しすぎて 悲しい不本意なことを経験して涙をしてこられた方が
表舞台に出て輝かしい光 栄光 幸 繁栄を受けることのできる

素晴らしくて ありがたい女神の時代にシフトしています。


今の女神の時代には 前の時代と同じようにエゴを使用して幸を得ることは
通用いたしません。 

眩いばかりの女神の輝かしい光が地上に降り注いでいる今、
エゴを使用した瞬間に 明るみに照らし出されてしまいます。


今 地上に光を降り注いでいらっしゃる女神は前の時代の不純なものを綺麗にクリーンに洗い流す
水の質を司る女神さまです。

その女神さまの影響で

今の女神の時代に必要のない役に立たない不必要なものが浮き彫りとなり 浄化現象が
個人レベルでも世界 社会レベルでも皆 浄化さんの訪れを迎えられているのですね。

浄化さんからもたらされる  不安や迷い 悲しみ 恐れといった心が不愉快にざわざわとするものは

本来の生き生きと輝く自分と出会うためのご挨拶なようなものです。

新しい善きものが自分の内の中から目覚めてきているという事ですので
快く迎えて 浄化さんと親しくしてあげれば それらの感情は光に栄養に変わります。


どうか 迷い 不安を感じる自分に消極的にならず 許して差し上げてください。

魂は肉体がなくなっても永続といえど 

今の肉体での人生は この人生一度きりな大切な自分の人生ですので
人生をよりよくするために 迷ったり 不安になったりする事は 

当然な事なのです。

どうでもよかったら迷ったり 不安になったりはしないものですので
それだけ 自分の人生に一生懸命に 自分の人生を大切に愛している証拠です。

そのような自身を大切に優しく 厳しくしないでいたわってあげてくださいね。


今 迷われたり 疑問を感じたり 試行錯誤されている方こそ
ちゃんと女神の降り注ぐ光を受け入れて 魂の目覚めを女神さまがお手伝いをしてくださっている

光の道 女神の時代に正しく沿っていらっしゃる方なのですよ!^^

時代に沿って 光の道を歩まれていらっしゃるそのようなあなたは

何も心配することはありません。

必ず必要な時に天のサポートが流れ込み その場から救い出してくださいます。

ですので 迷いが生じた時は 迷いから生まれる何かを得る時であり
新しい可能性が訪れてきている時ですので

ご安心されて 一生懸命に迷われてください^^


一生懸命に迷われましたら 輝かしい自分と対面された時に
なつかしい良い思い出となり 

一生懸命に迷って今の幸福を得ることのできた自分を誇らしく 愛しく思うでしょう。

そのような時が必ずやってきます。

一生懸命に迷って悩んで 探して手に入れたものほど ありがたく 喜ばしく 感動するものはありません

それは宝物となって魂に刻まれるでしょう。


今までの自分 世間体の価値観 とらわれを手放し 大衆の考えからそっとさよならを告げ 
視野と心の器を気持ちよく広げた時に

求めているものに女神さまが光を射してそっと差し出してくださります。


内なる女神性を 女神なあなたを 心地いい穏やかな呼吸で楽しげに舞って表現してゆきましょう。





Love and Light☆









トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ