Salon LOTUS 公式ホームページ

セラフィーナ美梨子監修 ポータルサイト
〜天恵の祝福〜至福の愛のひとひら〜

〜ご予約状況〜


RSS更新通知パーツ


〜関連記事〜

@https://gold.ap.teacup.com/minako444/790.html

Ahttps://gold.ap.teacup.com/minako444/791.html


2011/1/27

雪国のハプニング。  エンジェル☆エピソード

日々の愛あふれるご縁をありがとうございます。

今年も始まるやそうそう天使がもたらす癒し 奇跡 感動に

お客さま方々と喜びのラッシュです。



3月分のご予約は終了いたしました。

ご予約お待ちなお客さま。

大変お待たせいたしまして申し訳ございません。

全ての方のご希望に沿えませんで 心残りな思いを抱える時もございますが

今 目の前のご縁の方々 お一人 お一人のお心に寄り添って

心 最善を尽くさせていただきたい思いです。
 

只今より 4月分のご予約をお受けさせていただきます。


どうぞ宜しくお願いいたします^^




今期の冬は

年末からまたがって しんしんと雪が降り積もる地域が

多い模様ですね。


18日のお客さま全ての方が雪降る地域のお客さまでいらして

交通のアクセスがままにならず

その当日は全てのお客さまがご予約ご変更となる運びとなりました。

当日 全てのお客さまがご予約変更となりましたのは

サロンオープンして初めての出来事です。


18日 一日中空きが出来ましたので

18日から20日にかけて鳥取へ仕事の打ち合わせと

去年 祈り祈願を奉納させていただいたお宮へお参りへうかがいました。


冬の山陰地方状況は全く無知な私と空宙くん。

鳥取に近づくにつれ 雪の積雪が増え始め

そこで雪の事態を知りまして 
運転手の空宙くんの形相がみるみる青ざめてゆきました。

雪国だったとは露知らず 
日本海側ですので一段と寒いから防寒をしっかりという準備しか備えておらず

車のタイヤがスタッドレスタイヤ使用ではないまま

記録的大雪となっていた鳥取へ入ってしまいました。


山陰の鳥取は一面 心洗われる美しい白の世界がどこまでも広がっていました。


街中の走行は 普通タイヤでもなんとか大丈夫でしたが

お参りに伺うお宮は雪に覆われた豪雪 大山にございますので

普通タイヤ チェーンなしでは 普通の思考ではとうてい無謀なことでしょう。


でも天のお導きですので大丈夫。 なんとかなるはず。

と楽観視し ミカエルに全てにおいての守護 サポートをお祈りしまして

おそる おそる普通タイヤで上へ 上へと昇ってゆきました。


雪道を走行中 恐い思いを経験した事のある空宙くんは お顔引きつり 冷や汗気味。

雪の影響を全く知らない私は 純白に染まる雪に見惚れ 心躍る気ままな心地。


途中 空宙くんが恐れていた事態に見舞われてしまいました。。。

ある付近から 積雪具合が一気に過酷となり サバイバルな山中に

ここで 自然の広大な威力に 私と空宙くんは事の事態に息を飲みました。

断念して下山しようにも 普通タイヤでは滑ってUターンもできないことを知り

前へ進むしか手段はありませんでした。

そうこうしているうちに タイヤが雪に飲まれ 止まってしまったのです。

何を施しても 全く動かなくなってしまいまして

後方には ちゃんとスタッドレスタイヤ使用の地元の方の車が渋滞し始め。。。

一瞬。 心萎縮しましたが 

心を静め 大天使ミカエルにサポートを求めました。

心の中で事態の収拾の祈りを唱えていましたら

全く動かなくなってしまった車をミカエルが後ろから押してくださり

スイっ動いたのです。


ミカエルが動かしてくれたのよ!

ミカエル 力持ちね!


と歓喜あまって 隣の空宙くんに伝えましたら

「そうなんだ。 ミカエルから

ハンドルを右が左 どちらでもいいので思いっきり切って
アクセルを全開にしなさい。

という言葉が響き 指示してくれたんだよ!」

と語るではありませんか。


空宙くん。 

最近いつの間にかにミカエルと守護天使のお声 メッセージを
明確に受け取れるようになられ 

私が伝えなくてもよいのでとても助かっています。


空宙くんとミカエルの働きに感謝を捧げ 感動に浸っていましたら

その喜びのお時間もつかの間。


次のハプニングに見舞われました。。。




次回をお楽しみに♪





Love and Light☆








トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ