Salon LOTUS 公式ホームページ

セラフィーナ美梨子監修 ポータルサイト
〜天恵の祝福〜至福の愛のひとひら〜

〜ご予約状況〜


RSS更新通知パーツ


〜関連記事〜

@https://gold.ap.teacup.com/minako444/790.html

Ahttps://gold.ap.teacup.com/minako444/791.html


2012/7/3

言霊からもたらされる平和の広がり。  聖なる言霊。

もうお空を見上げますと漂う雲 そよぐ風の心地が

初夏の香りに一変していますのを感じます。


夏を感じる夏の風物であります

真っ白なもくもくとした入道雲のお目見えが待ち遠しく思います。



最近 よく選挙カーや政治家さんの演説と遭遇しましたことで

真に平和をもたらすあり方について思いを馳せていました。



マザーテレサさんの生存中。

マザーテレサさんは様々な慈善活動を世界中でご活動の中。

「戦争反対」 「〜差別反対」 「〜撲滅」


というタイトルの集まりには決してご参加されませんでした。


その代わりに

「平和祈願」 「人権平等集会」 「〜向上」


というタイトルの集まりには惜しみなくご参加されました。


宇宙には 賛成 反対 善 悪 という観念は存在しなく

心 感情 想いが集中したものが大きくなって引き寄せられる。

という〜宇宙の秩序が存在しています。


「〜反対」 というタイトルは問題意識に集中していますので

さらに反対してしまうような問題ある現実を引き寄せてしまう大変な言霊です。


実際 「〜反対」 「〜撲滅」 という響きは 

内容は平和につながることでも

ちょっと高圧的な重々しい響きが漂いますよね。


その代わりに

「平和」 「平等」 「向上」 という言葉を使用しますと 

心がパァッーと 明るい未来が広がるのを感じますでしょう^^


このような軽やかな 明るい言霊のエネルギーが真の平和を呼び込むことを

マザーテレサさんは熟知されていらして

真に平和をもたらすあり方を徹底される正義の信念を掲げられていたのでしょうね。



実際にも

海外で 「戦争反対」 「〜差別反対」 「〜撲滅」

というタイトルの活動を行う度に 皮肉にも

戦争 差別をますます増幅してしまったというネガティブな結果がもたらされ


その代わりに

「平和」 「皆 平等」 「〜向上」


という愛のある調和的なフレーズを掲げて活動を広げたら

みるみる平和の心が浸透し 争いごとがめっきりと減り

差別があった所には 

理解し合い 助け合う美しい協調性が芽生え 平和がもたらされたといいます。



日本での例で例えましたら

今 深く議論をされています。

原発反対 消費税反対というような よく耳にするタイトル。


この事柄も上記の海外の事例のように

エネルギーの世界では反対をするほど。。。

問題 困難が大きくなってしまうのですね。



ですので私はこの 「〜反対」 という言霊に出会った時は


天より 負のエネルギーを打ち消し

光へ変える天使のお役割を与えられているのですね。


と受け取り このような祈りを捧げています。



「私達が皆 平和に過ごせますよう

原発も消費税も 愛 光のあり方へと変容されますように。

今の時代に合った正しいあり方へ 調和的にまぁるく収まりますように。

今までお役目をありがとう。」


と 光の世界へと送ります。



プラス面から見ましたら原発も消費税も

私達の生活 便利性を支えてくれた働きの功績もございますので

その功績に感謝を示し

私達の生活を脅かすマイナス面を祈りとともに天へ手放すのです。

こうすることでマイナス面が薄れ やがては光へ変わってゆきます。


今までのプラス面を認識 感謝しないで 

反対!反対!と訴えていましたら

マイナス面がどんどんと膨れ上がり より脅威となってしまいます。


どのようなマイナスなもの 困難なもの 脅威なものでも

愛と感謝の前では 光へ溶かされます。


神様と精通する愛と光の前では光へ変わらざるを得ません。


愛と感謝が全てを希望に 幸福に照らします。




マザーテレサさんは おせっかい 偽善者とののしられても

愛を止めない方でした。



私達も 世の中の否定性に惑われずに

自分の中の愛を堂々と 

素敵に表現できる自分であれますことが理想の輝きですね^^







Love and Light.









トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ