Salon LOTUS 公式ホームページ

セラフィーナ美梨子監修 ポータルサイト
〜天恵の祝福〜至福の愛のひとひら〜

〜ご予約状況〜


RSS更新通知パーツ

2020/3/31

お守りされるということ。  2020年の光のお導き



世の中が 先が見えない不安〜

当たり前だった経済活動や生活圏が急にざわめき始めている。。


そのような中でもLOTUSのお客様方々は

真実 賢明とつながり 祈りを灯してくださっていますことに

ありがとうございます。



LOTUSへは〜毎日様々な年代・職種・人生観をお持ちな方がお見えになられますので

皆さまの全てが安心で満ち満たされますよう


只今セッションでは

天使がお客様のオーラ ご加護力 導き力を強めてくれています。




只今の世間の現象は 目に見えない空気感染ですので

誰もが笑顔の下には 言いようのないご不安がおありでしょう。



きっと皆さまは ニュースや新聞 日常の会話の中で
様々な情報や推測 衛生管理 自粛の在り方を

否応なく耳に入ってくる毎日かと思いますので  



ここでは 「真の意味でお守りされる」 魂次元のお導きを


皆さまの真の平和を願い語らいさせていただきたいと思います。




真の意味でお守りされるには〜



「ご自分の波動を高く保ち

ご自分が 光 でいることです」





魂の次元では 怖いから一生懸命に手洗い 自粛するというのは

あまり意味がありません。



怖い 嫌っという動機からの行動は

逆に怖い 嫌っという出来事を引き寄せてしまいます。



高い良い波動でいるために 手洗いを丁寧に〜という動機が 


大安心 お守りされる ということです。



同じ手洗いでも このように心の動機が違うだけで

未来の流れが全く変わるのですね⁀⁀




外出時の心の態度も大切です。



今はどこのお店でも店員さんは健康管理のためマスクをされておりますね。



私も今は 

世間の集合無意識の雰囲気に身を置くと天使のお声が聴こえなくなりますので

天とのつながりをどこでも保つために外出の時にはマスクをしています。




店員さんもマスク お客さんもマスクの状態では

表情がいつもより伝わりにくいですので



店員さんとのオーダーやお会計等のやりとりの際に 私が大切にしておりますことは


ありがとうございます。よろしくお願いいたします。という会話を


いつもより心を込めて ゆっくりと あたたかな想いで放とうと心がけています。



また今はどこのお店 会社も緊張感がありますので

ささやかながら天のご加護が灯されれば 

という一期一会の祈りの機会を大切にしています。




今日も あるお店でのお会計の時に


心を込めて ゆっくりと 

そして天使のご加護がありますように と祈りながら〜


ありがとうございます と お釣りを受け取りました。



そうしましたら店員さんが 涙腺が緩んで涙をぽと ぽとと

マスクの上に落とされたのです。



今はどのお客さんも足早だったり 心がこもっていなかったりと。。 


久しぶりにあたたかな交流ができました。と語ってくださりました。



急激なままならない変化に 天使が緊迫をほどいてくれたのでしょう。



あたたかな交流が灯された場所には 


天のご加護の光柱が降り注がれますので


ここのお店はこれで時代からお守りされる 

と嬉しく弾みながらお店をあとにしました。




外出の際には 恐れにフォーカスではなく


外出時で出会うささやかな交流に あたたかな想い 笑顔 お心遣い 祈りを放つことで


ご自分の波動が高められ そしてその場が光となり


ご自分も その場も お守りされます。



クリックすると元のサイズで表示します





怖いからと隠れている 何もしないだけでは


波動を高く保つことができません。




自宅にいる時 お仕事の時 外出の時


ご自分の身を置いている場所で 


あたたかな想い 笑顔 明るい言葉 希望 祈りを放つことで


高い波動の 光のオーラをまとうことができます。



クリックすると元のサイズで表示します





あたたかな想い 祈りが咲く場所〜


恐れではなく良い動機の想いが咲く場所には


いっさいの不運は 一寸も入ることができません。




ご自分があたたかな光でいれば


どこにいても 何をしてても


お守りされます。




恐れや否定ではなく


ご自分の光を強めることで 


大切な心身 家族 生活 時間をお守りになられますように。




Love and Light.










トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ