Salon LOTUS 公式ホームページ

セラフィーナ美梨子監修 ポータルサイト
〜天恵の祝福〜至福の愛のひとひら〜

〜ご予約状況〜


RSS更新通知パーツ


〜関連記事〜

@https://gold.ap.teacup.com/minako444/790.html

Ahttps://gold.ap.teacup.com/minako444/791.html


2021/4/12

結び目をほどき 真実を結う(ゆう)祝福  



本日は幸来暦の光と 同時進行しながら


せっせっと降ろしておりました


天より降り注がれる旬の光〜天恵の記事を公開させていただきます⁀⁀



〜結び目をほどき 真実を結う(ゆう)祝福〜


http://www.lotus81.com/tenkei81/tenkei81-30.html




〜結う〜言霊は 幸来暦の帯と精通いたしますね⁀⁀




天恵記事は 何度もお読みものとしてお目を通されるほど光補給〜


必要な周波数へと光調整 ヒーリングされます。





天恵記事内で 私達のために施してくださっています聖母マリアさまの 


結び目をほどき 真実を結う(ゆう)祝福は〜



別名 タイムライン(時間軸)・ヒーリング と呼びます。




私達の肉体は 過去 現在 未来という横系列の時間軸ですが


私達の本体であります魂は


過去も今も未来も 「今」 という一つの一点に存在する時間軸です。




ですので今現在の肉体さんは 



過去の出来事 過去のした事 過去の感情はすっかり忘れていましても


魂の次元でクリアーに浄化できておりませんと


その時の過去の自分が魂の中で生き続け



現在の自分と 浄化できていない過去の自分とが


共存 同居している形になります。




そのような過去の自分と共存 同居状態は


現在の自分が 過去の自分の感情やパターンに引っかかってしまい


中々 軽やかに前進しにくくなります。




タイムライン・ヒーリングは


過去・現在・未来の時間を 統合するヒーリングです。




天恵記事内の聖母マリアさまが慈しみの眼差しで


今の私達に施してくださっています


「結び目をほどき 真実を結う(ゆう)祝福」を



スムーズに促されたい方 その全容をお知りになりたい方


過去を綺麗に洗い流して 新しく生まれ変わり 


魂の光の道 一筋に歩みたい方は〜



ヒーリング+リーディングのセッションで行わせていただきます。



お電話も可能のセッションです。




タイムライン・ヒーリングセッションは



光が届きにくい魂の深い海底までアクセスし


大きな深い浄化 解放 真実の覚醒 光の器が拡大されることにより


高次な光のご準備が必要なため 事前にご一報くださいませ。



只今も沢山の光のご縁を先々まで頂いておりまして


最短で7月のご縁となります。


7月のご縁を承り中です。




時に私達は 幸福になる 願いを叶える 救われるためには


これをしなくちゃ! 次はあれをして! その次はこれね!〜と


何かを次々と足さないといけないと思い込みますが



本当に現実に幸福 願いが現れるのは


何かを足すのではなく 何かを引いていく引き算の時です。




何かを引く引き算とは 天恵記事内のマリアさまが施してくださっています


過去の自分が創り出してしまった幸福ではない糸 報われない糸 負の感情の糸 カルマの糸を


優しく 丁寧にほどいて ほどい ほどいてゆく〜



不要な固定観念 負の感情を手放してゆく〜


心身を緩めてゆくことが引き算となりますよ⁀⁀




今の時期 とても重要なことは



今までの過去の糸 感情の糸をほどいて


新時代様式の幸福な運命の糸に キュッと結び直してゆくことです。




スルスル〜と なめらかにほどかれるほどに


「産みの苦しみ」 から 「産みの喜び」の人生へ移行いたします。




本来の私達は 「産みの喜び」の方が真実のご自分であり


神様の願い です。




私達は地球という青き星へ〜



純粋な愛を産み 愛し愛される歓びを産み ソウルメイトとのパートナーシップを産み


幸福な自由なお金を産み 聖なる使命 自己実現を生み出すために


舞い降りました。



全ての私達は 青き星に善き光を生み出しに舞い降りた


地上の天使です。



クリックすると元のサイズで表示します



〜エンジェルオラクルカード2より〜




Love and Light







トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ