Salon LOTUS 公式ホームページ

セラフィーナ美梨子監修 ポータルサイト
〜天恵の祝福〜至福の愛のひとひら〜

〜ご予約状況〜


RSS更新通知パーツ


http://www.lotus81.com/tenkei81/tenkei81-31.html

2022/5/23

光の統合の橋が架かる新たな祝福の時〜  




風薫る 美しく新緑が輝く季節にごきげんようです。



クリックすると元のサイズで表示します




春のそよ風〜新緑の爽やかな風へ移り変わる中で


私達の運命 魂の行方も

より高次元の地球へ 真実の光の自分へと運ばれています。



現実次元で新時代が始まって以来 


私達は過去の浄化の一の橋 


委ねるサレンダーの二の橋を渡ってまいりました。




そうして季節の風が舞う中で


三の橋が 私達の魂に架かりました。


クリックすると元のサイズで表示します




私達は天より降り立つ


一の橋 二の橋 三の橋を渡りながら


光の自分へ進化して 


真実の愛 真実の愛の居場所 幸福な自立力へと辿り着きます。




三の橋の象徴は


〜光の統合の橋〜



光の統合の橋のエネルギーは


今までの全ての出来事 ご縁 経験 学びが光へと変容し


自分の中の不一致感 理想と現実のギャップ感や無力感

自分らしい光で生きる難しさからから解放され


愛 幸福 健康 経済 光の能力 活力あふれる生命力


自分らしい輝きの全てが存在している「在る」次元 



「全てが安心に満ち満たされている」次元へ飛翔する 



光のパスポートです。





只今 目に見えない魂の次元で 


光の統合の三の橋が架かり


橋の第一歩を踏み出した私達〜



クリックすると元のサイズで表示します




橋の第一歩に照らされる光は〜


〜大きい自分 と 小さい自分の統合の光〜




「大きい自分は 無条件無償の愛を灯す高次元の自分 


小さな自分は ネガティブ思考な低い次元の自我の自分」




大きい自分と 小さい自分が統合中の時のご心境は〜



気がかりなことはあるけれども 心の深いところでは


大丈夫 全ては善きに導かれていると思える 


大きな心の自分がいるのに、、



小さな心の自分が ひょっこりとお顔を出して


そんな事をしている場合ではない


何か始めないと将来がない


今の自分では 誰からも受け入れてもらえずに孤独になる


もっと頑張らなければいけない


これを解決しないと これが叶わないと何もできないというような 


物質・制限的な小さな心の自分が 


おしゃべり大会を始めたりします。




小さい自分のおしゃべりは 


実態のない幻想の世界からのものですので


大きい自分が 


「全ては大丈夫 天に見守られ 今の瞬間も光へ導かれているよ。大丈夫 大丈夫」


と 小さい自分を優しくなだめ抱擁してあげてくださいね⁀⁀



そうしてあげますとね。



小さい自分が案じている事は 幻想の世界へと帰り


恐れていることは現実には起きない


天のヒーリングが降り注がれますよ⁀⁀




愛の心 喜び 受容 希望 清らかな精神性が輝く高次元な周波数の自分と


ネガティブ思考 憂鬱な閉塞感 制限限界意識・物質的思考な低い周波数の自分が


日替わりのようにコロコロと入れ替わり


一体 どちらが本当の私なのでしょう。。?


と 消耗する傾向がありますが



天のお答えは 


どちらの自分も 尊く愛おしい自分自身なのですね⁀⁀



光の統合の橋は


高次元と低次元を繰り返しながら


高次元・低次元の両方を等しく経験して渡ることができます。




ですので今日はキラキラの愛の高次元な自分!


と意気揚々に輝いた矢先に


翌日は どんより暗雲な低い次元の自分になっても



必要以上に落ち込むことなく


小さい自分を 私ったらまだそのような低い次元なの??


とお責めになることなく



光の統合の橋を渡りきる洗練 通過儀礼として


今のありのままのご自身 感情を


優しく受け入れてあげますように⁀⁀



天の世界では 高次元 低次元の優劣なく


どちらも光の進化として必要な


尊く ありがたいエッセンスです。




大きい自分さん と 小さい自分さんが仲良く結ばれ


統合される初夏の風がそよぎますように。





Love and Light.





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ