2005/7/31

ルーテシア 備中高梁(びっちゅうたかはし)  ルーテシア
土曜日朝から、子供達は剣道の合宿に行っています。
嫁も剣道の役員なので一緒に行っています。
で、一人残された私は、岡山県高梁市の実家に帰省しました。
高梁までは、山陽自動車道 三木東IC〜岡山JCT〜岡山自動車道 賀陽IC経由で
2時間くらいで、高速代3700円です。
特に急いでいない時は、阪神高速北神戸線7 藍那〜伊川谷JCT〜第二神明道路
〜加古川バイパス〜姫路バイパス〜太子龍野バイパス〜2号線〜ブルーライン
〜2号線バイパスというルートを利用します。
3時間半ほどかかりますが、これだと阪神高速500円と第二神明100円で済みます。
お金を取るか、時間と疲労度を取るか・・・・。

ルーテシアのエンジンは高速では小排気量ゆえ回転数は必然的に上がりますが
かなり静かです。
高速でほぼ同じ回転数になるムルティプラよりも明らかに静かです。
廉価な車ゆえボンネット裏にインシュレータはないのですが、遮音に優れているのか
またエンジン自体も静かなのか。
高速で大人しく走れば、燃費は20km/Lを超えるので経済的なんですが、
なかなか大人しく走れません。。。




0

2005/7/30

ルーテシア エンジンルーム  ルーテシア
ルーテシア 1.2のエンジンの諸元はこんな感じです。

・エンジン型式         D4F
・総排気量(L)        1.148
・内径×行程(mm)      69.0×76.8
・燃料供給装置(電子制御)   マルチポイントインジェクション
・最高出力(kW(PS)/rpm<EEC>)  55(75)/5,500
・最大トルク(N・m(kgm)/rpm<EEC> 105(10.7)/3,500

表示は1.2Lなんですけど実際はちょっと少ないんですね。
内径<行程なんでロングストロークですが、小排気量ゆえ軽快に吹け上がってくれます。
意外と下からのトルクもあって、3,000rpmも回せば街中なら事足ります。
加速したければ、3速あるいは2速にシフトダウンすれば良いし、
軽い車両重量(990kg)+クイックシフトの組み合わせなら、
このエンジンで十分なんでしょうね。

エンジンルームを見ると、オイルフィラーキャップとオイルレベルゲージと
エンジンカバー部の”16V”のイエローが目に留まります。
そう、ルノーのイメージカラーがアクセントに使われているんでね。
オイルレベルゲージは樹脂製なので色鮮やかな黄色にできたんでしょうね。
コストダウンとデザイン、機能性を満足させた逸品です。

0

2005/7/30

ムルティプラ CDチェンジャー  ムルティプラ
うちのムルティプラには、純正オーディオにアダプタを介して
SONYのCDチェンジャーを付けています。
取り付け位置は、トランクか助手席下か悩んだのですが、
後者を選びました。
ただ、助手席下には割と大きなサイズの引き出し式小物入れがあったので
それは取り外しました。
車検証入れを置いておくのにちょうど良かったんですけどね。

昨日、純正オーディオにCDを入れたら、ディスクエラーで
再生できませんした。
違うCDを入れても同じだったので、本体の故障?
CDチェンジャーがあるので音楽を聴くのは困らないんですけどねぇ。


0

2005/7/29

ムルティプラ フレグランスシート  ムルティプラ
アルファロメオのフレグランスシートは有名?ですが、実はフィアットにも
ちゃんとフレグランスシートがあるんですね。
普通の?実用車 ムルティプラにも、写真の様に運転席の下側にクリップで
固定してあります。
写真では、フラッシュのために白く写っていますが、実物はほのかなピンク色で
50mm×50mm×t5mmくらいの大きさのシートに香水?を滲み込ませただけの
代物で、ドアを開けたときにほのかにフレグランスシートの匂いが漂う演出は
上手いですね。
定価1050円(税別)はちょっと高い気がしますが。。。
香水?さえ入手出来れば、自分でもすぐ作れそうなんですがね。
アルファロメオ用はもっと安く通信販売で売っているんですが、
匂いが違うんでしょうか?


0

2005/7/28

ムルティプラ 接触不良〜自然治癒  トラブル
少し前に、ムルティプラのセンターコンソール部の照明のうち、
空調の温度設定ダイヤル周りが消えているのに気づきました。
その近くを気合一発上手く叩いてやれば、・・・ちゃんと点きました。
最近は、ちゃんと最初から点いています。
なんなんでしょう、イタリアン ジョブ?

0

2005/7/27

ムルティプラ 某電器屋にて  ムルティプラ
今日は帰りにちょいと寄り道です。
斜め後ろから見ると、ガラスエリアが半分くらいあるのが良く分かりますね。
かぼちゃの馬車みたい・・・・。

0

2005/7/26

ムルティプラ タイヤとアルミホイール  ムルティプラ
ムルティプラの付いてくるタイヤはピレリ P6000とファイアストーンの2銘柄です。
うちのはピレリ P6000でした。
P6000のパターンデザインはかっこ良くて好きなのですが、当りが固いのが気になります。
磨耗が多くなったこの頃は特にそう感じます。
個人的には、ミシュランのタイヤのま〜るい感じと当りの柔らかい感じが好みなので
次は、ミシュラン MXV-8にでも交換しようと企んでいます。

うちのムルティプラは初期輸入ロットなので、リアブレーキもディスクです。
それ以降のものは後ろブレーキはドラムですが、制動力自体はほとんど差はないのでしょうね。
まぁ見た目の満足度の問題なんでしょうね。
ただ、ディスクブレーキはホイールの汚れがひどいですが。

ホイールはTecnoMagnesioのTM-Sportというアルミホイールに交換しています。
ギザというガンメタ色でボディカラーの金色とのマッチングもいい感じです。
ムルティプラのホイールサイズは15×6.0 オフセット31.5 PCD98-4 センタボア径Φ58とほとんど専用サイズみたいであまり選択肢がありません。
PCD98はフィアット、アルファ系だけ、標準の185/65-15サイズのタイヤをそのまま流用するので、ホイールの幅は6.5(15×7は結構あるのですが)まで、オフセットもアルファ用の40とか45とかは結構ありました。

このホイールは近所のタイヤ屋さんで注文しました。
ホイールのカタログモデルは15×6.5 オフセット35ですが、専用サイズゆえ当然!国内在庫なく本国発注となり、本国には標準に近いオフセット30があるということでカタログ外モデルですがそちらを発注してもらいました。
入荷まで2ヶ月ほどかかりましたが、無事に入荷されムルティプラに装着されました。

0

2005/7/25

ルーテシア シボと生地!!  ルーテシア
ルーテシアの内装はかなり地味です。
ダッシュボードの上部は少し紺色がかかった濃いグレーで表面は普通の革模様のシボ、
下側は少し緑がかった薄いグレーでこれまた表面は普通の革模様のシボ、
センターコンソール部分は濃いグレーでシボはなし、唯一アクセントは上部と下部の間のブルーグレー色の帯くらいです。
フェーズ2の1.4Lはこの部分がシルバー、1.2Lは濃いグレーでした。
シート生地もそっけなく濃いグレー地に青い大小のドットが散りばめられています。
ただし、このドットとダッシュボードのアクセントの帯とがなにげに同じ色だったりします。
このそっけなさとさり気なさがルノーの実用車らしい気もしますが。

0

2005/7/25

ムルティプラ ヒビ成長記録2  トラブル
ムルティプラのフロントガラスのヒビはコンスタントに成長しています。
7/19〜7/21で約4mm、7/21〜7/24で約10mm、7/24〜7/25で約4mmです。
もうちょっと大人しく走る方が良いのかな〜ぁ。

0

2005/7/24

ムルティプラ ショッピングセンター駐車場にて  ムルティプラ
ムルティプラは、だいたい週休2日で休日はうちの駐車場で休んでいます。
今日は、給油をするついでにムルティプラで買い物に出かけました。
買い物を終えて駐車場に戻ると・・・遠くからでもすぐにムルティプラを
発見することが出来ます。

ムルティプラの燃費は、今回の通勤だけで 満タン法11.4km/L、オンボードコンピュータ値は12.2km/Lでした。
だいたい、うちの場合はオンボードコンピュータの値は甘く、特にストップ&ゴーが多いとその差は広がります。
1.6LのMTとして考えるとちょっと燃費が悪いような気がしますが、車重1380kgと運転の楽しさを考えると許容範囲かなという気もします。


0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ