2005/7/14

COLOURS  ムルティプラ
車を選ぶ時に、ボディーカラー選びは大切ですよね。
新車を買うなら、カタログの中からお気に入りの色を選べるので
あれやこれやと悩んでいるのが、楽しい時間かもしれません。
私は、ディーーラーでカタログをもらってくると、その車を買うわけではないですが
自分だったら外装はこの色で内装の色でこのオプションを付けてとあらぬ妄想をして
楽しいでいます。

ムルティプラの外装は「パレオイエロー」というメタリックの金色で
光の当たり具合で黄色に見えたり、ベージュに見えたりと表情が変化します。
この色を選んだそもそもの理由は、前車のルノーメガーヌに遡ります。
メガーヌは中古で買ったので、色選びは妥協しましたが、今まで所有したことない
色ということで「アイスバーグシルバー」という少しだけ水色が入った感じの
シルバーメタリックにしました。
シルバーはちょっと無機質な感じがして地味なのですが、汚れが目立たないという
メリットがありました。
地味なシルバーだったので、もう少し華やかな色、そういえば銀といえば金ということで
次は金色にしようと密かに決意しました。(結構、単純?)
ムルティプラは、パレオイエローの実物を見ることもなく、当然試乗することなく
発売の前に予約したので、実物を見るまではちょっぴり不安でした。
で、納車の前日の「神戸輸入車フェアー」会場でパレオイエローの実物を初めて
見たのでした。
その日の展示車の中で、ルーテシアはソレイユイエロー、206はペルセポリスゴールド
と金色の車が勢ぞろいしていて 展示車の色がかぶってしまいましたと営業の方が
苦笑していたのを覚えています。
パレオイエローは思い通りの色で一安心、輸入車らしい色だと褒めてくれる人もいれば
うんこ色?という人もいて反応は人さまざまです。

ルーテシアの「シトラスグリーン」は最初から決まっていました。
メガーヌ2でその色を見てからこの色のルーテシアがあれば・・・と思っていたら、
フェーズ3で新色として追加されてうれしかったです。
この色も光の当たり具合でさまざま表情を見せてくれますね。

黄色系の色の車が2台も駐車場に並んでいると、とても華やかです。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ