2005/8/30

日産 ティーダ 15Gといふクルマ(感性品質編)  クルマ
ティーダは特にインテリアに注力しているそうな。
個人的には、妙に四角くでっぱったインパネ周りが好きになれません。
クリックすると元のサイズで表示します
代車のティーダは黒基調のインテリだったのでアルミ調の菱形模様の入ったトリムが
よく似合って高級感があり良さげですが、ダッシュボード全体のシボが
古臭いごくありふれた革模様で平凡です。
コストの関係もあると思いますが、もう一工夫欲しかったですね。
最近軽自動車でも魅力的なシボが増えてますから。
クリックすると元のサイズで表示します
15Gというグレードのシートは本革+アルカンタラ!!という魅力的な素材の組み合わせです。
しかも紺色のステッチを効かせてとてもおしゃれに見えます。
シートサイズは上級車のティアナと同じ大きさだそうです。
そのせいで、シートの調整レバーが内側に、サイドブレーキが足踏み式になっているのは?ですが。。。。。
残念ながら座面、背もたれともに平坦で特にふかふかというわけではないので面圧分布はいまいちです。
長時間座った時の疲労度はどうなんでしょうね?
どうもシート表皮にはお金を掛けていますが、その他の部分とのバランスが取れていない
感じがします。
それでもこれだけの内容で150万円というのはお買い得なんでしょうね。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ