人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2022
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

KIMA句会・5月

先週土曜日は、KIMA句会でした。

クリックすると元のサイズで表示します

 泡となり人魚消えゆく海深し

人魚、溺れています。
大スランプ!!!

兎に角 出来ない。書けない。TDK・・・んなこと言ってる場合じゃあない。

そういえば、ブログも久しぶりです。
前々回のスモークから連続して投稿していますが、「スモーク」は、差し障り無くウォーミングアップのつもりでした。
料理を作っても、写真を撮らない・・・撮っても書く気になれない・・・
どうしちゃったんでしょうねえ・・・?
な〜んにもやる気になれないのです。。。。。

KIMA句会の仲間は活発です!
素晴らしいです!

静魚先生が、少し前までお元気が無くて心配でしたが、皆の素晴らしい俳句が良薬になったに違いなく、今月は笑顔いっぱいで安心しました。

 夕薄暑鏡の裏を見てしまふ 静魚

そしてKIMAの主宰であり、俳句仲間でもある桃兎さんの

 村娘のやうな仏や韮の花 桃兎

なんて素晴らしいのでしょう!

けれど、私は沈没。。。。。。。

先生の記事が出ている、「角川・俳句6月号」や、「月刊俳句界」「俳壇」など、買い込んだり、今月の句会に出した句を作り直したり・・・・少しずつ自分を再構築していく事を始めました。焦らずに。

 銀鼠のオブジェの襞の薄暑かな 人魚

に、特撰を入れてくださった毬さん、点を入れてくださった静夜さん有難うございました。

今月も「精進します」で終わります。
 
 精進の言葉で終はり梅雨に入る   ・・・お粗末。




2
投稿者:ningyomn
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ