人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2007
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

手抜き料理/No.4

クリックすると元のサイズで表示します

出かける時間が迫っているけれど、家族に食事を作り置きしなければいけないときに便利な一品をご紹介します。

タンタン麺風サラダ

市販の生ラーメンを硬めに茹で、ごま油をまぶし、好みの野菜と和えサラダにします。
今回はレタス、茹でた小松菜、白きくらげ、を入れました。
太麺のほうが、延びにくいようですので、お勧め。
イタリアンのパスタサラダからの発想です。
ドレッシングは生ラーメンのスープに、たかの爪、にんにくや玉ねぎなどのみじん切りを加え(炒めてからだと風味倍増)、指定の水の分量の2割くらいの水を入れて煮詰めます。
好みの酢でのばし、食べる直前に掛けて頂きます。
生春巻きの皮で巻き、上記のドレッシングをかけても美味しいです。

白きくらげは中華のデザートに良く使われますが、我が家は、「枝豆と白きくらげのサラダ」など、涼やかな夏の1品や、「簡単ソーセージ」(次回ご紹介しましょう)の歯ごたえが欲しい時に微塵にして使ったりもします。
乾物は長期保存ができるので便利ですね。

写真のは、塊の豚バラを2センチくらいにスライスし、塩、キビ砂糖、中華胡椒等をこすりつけ一晩置いて、焼いた、
「なんちゃってチャーシュー」
時間があるときはブロックのままゆっくり焼きますが、急ぎの時には、これが便利です。そのまま頂いても、レンジで暖め返してもOK。
ぜーんぶテーブルに並べて・・・さあ行ってきま〜す!

魔法とポイント
今回は、インスタントの生ラーメンが魔力を発揮してくれました。
ミソ味、ネギしょうゆ味などが良いようです。
突然の来客にも便利。ラーメンをそのままとはいきませんからね?
とんこつ味は???
0
投稿者:ningyomn

ステンシルラボの仕事/No.8

クリックすると元のサイズで表示します

レリーフステンシル

ステンシルは、通常、型を置きペイントを刷り込むように塗りこんで制作する、孔版画の一種です。様々な技術により、多彩な表現ができます。
写真のステンシルは、ある雑誌にノウハウを載せる際、ステンシルラボがレリーフステンシルと名称を付けた技法で制作しています。お分かりのように、「レリーフ」つまり、半立体状に出っ張っています。(写真は3ミリほどの立ち上がりです)
このようにやや単純化した、モチーフをフラットに表現する事が殆んどですが、更にモデリングをし、複雑で、アーティスティックな表現をすることもできます。
インテリアは勿論外壁や、塀にもお勧めです。
また、ここでは、下地を白いスタッコの素材で造っていますが、殆んどの下地に施工ができますので、ウエッジウッドのカップのようにブルーに白のレリーフ模様の塀を作る事も出来るわけです。
お部屋や、エクステリアの模様替えに、店舗のイメージアップにいかがですか?

0
投稿者:ningyomn

句会/俳句・NO.4

今月の句会
  兼題 「アイスクリーム」「牡丹」

「アイスクリーム」は、氷菓・シャーベット・アイス・ソフトクリーム等でも良い。

「牡丹」は、俳句では「ぼうたん」とも読む。ほかに富貴花・百花王、とも表わす。緋牡丹・白牡丹・紅牡丹もよく使われる。


季語は、例えば立夏・海など広範囲に表現できる場合と、アイスクリームのようにタイトな中で表現しなければならない場合がある。初心者の私には、どちらも難しいことに変わりないが、ホームラン(秀句)が出るのは、タイトな季語の方かもしれない。狭い範囲の空間や状況のため、思考が凝縮され、集中できるからだろうか?

さて、今月の句会だが、
今回は、各自七句を選び、内一句を特選とすることとなった。
先生は十二句、内四句を特選としてくださった。
私が特選としたのは・・・

  スプーンのアイスクリーム奇峰なす

小さなスプーンの上のアルプス山脈。面白い!小さくて、大きな世界。「この表現は普通ではない」と思ったら、やはり、静魚先生の句だった。

ところで、私の句。
今回は、たぶん解ってもらえないであろう句ばかりを出してみた。

  棒アイス縦横縦と食べ終わり
  三段のアイス危うし女子高生 
                         −人魚ー

「棒アイス・・・」は、どんどん溶けてくる棒アイスを、手をベタベタにしながら食べた子供の頃の思い出を、l「女子高生」は31アイスクリームの店先の風景をちょっと漫画風に表現してみた。先生は特選の内、NO.1が「棒アイス」NO.2が「女子高生」と言ってくださった。ホームランと二塁打。やったー!!
絶好調!
ご褒美にアイスクリームを食べようっと・・・
 クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:ningyomn
1 2 3 4 | 《前のページ | 次のページ》
/4 
 
AutoPage最新お知らせ