人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2007
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

夏のインテリア

クリックすると元のサイズで表示します

ジメジメした気分を変えようと、
テーブルに「夏のしつらえ」をしました。
アクリルやガラスの透明感は大好きですが、古めかしい家具に占拠されている手狭な我が家は、せいぜいこの程度の模様替えで楽しむ事にしています。
切花をたっぷりと飾りたいのは、やまやまですが、夏場は日持ちが悪いので、庭のアイビーや小鳥が蒔いた種が育った、名もない草をちぎっていけたり、それなりに趣があります。
彩りは、ガラス器に手描きの朝顔で。

そして・・・

クリックすると元のサイズで表示します

和室のエヤコンを外したところ、壁にボルトの穴や汚れシミができてしまい、そこそこ修正をしたものの、とても気にかかってました。
リビングのしつらえのテーマにあわせ、壁から天井に金魚を飛ばしました。
以前の仕事のための下絵を、捨てるに忍びなくリサイクルしました。
ボルト穴は泡の中に、シミは水流でそこはかとなく・・・

クリックすると元のサイズで表示します

おっと!さすがにやりすぎたかな?
ちょっと夢見がわるくなりそう。
私も金魚になるぞ!と意気込みましたが、横になって見上げると金魚鉢の底に沈んだ餌にも思えて・・・
ちょっとアミューズメント気分の和室になりましたぁ。
・・あ〜あ・・・やっちゃったね・・・
は、息子の弁・・・・・ごめんなさい・・・
0
投稿者:ningyomn

金目鯛

クリックすると元のサイズで表示します

ー金目鯛の兜煮ー

我が家は皆、魚好きである。
昨今の魚離れなど「どこの世界の事かいな?」ってなもんである。

調理法は、焼き魚、天婦羅、南蛮付け、煮魚、佃煮、グラタン、すり身そして刺身・・・枚挙に暇はないが。魚の種類も好き嫌いなどあろうはずもなく、なんでも頂く。
特に青身魚はよく食す。
鯛も好きな魚のひとつである。「鯛茶」のときには、やれ、「番茶がいい」「お出しがいい」の、「切り身が1枚少ない」のと、うるさいこと。ちなみに私は、お茶とお出しのハーフ&ハーフだ。

そして、「兜煮」。これは、貧乏人のお大尽料理だ。
お大尽がそうするかは知らないが、我が家では大方身を食べ終えると、熱湯を注ぎ骨湯にし、骨までしゃぶる。安価だが、味は王様。しかも2度美味しい。
心細い財布でデパ地下を巡り、魚売り場で兜を見つけたときの喜び。「オーッ!ここにいましたか〜」と半身のほっぺに頬擦りしたくなる。
鯛の兜は、潮汁や鯛めしにもいけるからね!

さて、今回の金目鯛。
駅向こうに最近、魚屋が開店した。
帰宅が少々遅れた夕方、回り道をして寄ってみた。
本当は、「鰻でも買って簡単に・・・」の作戦だったが、大きな目がいくつもこちらを向いてるではないか!
しかも1パック2枚入りが380円。
「安い!」思わずひきよせられ、軽い財布を思い出しながら眺めていると、「持っててよ金目、300円でいいよ!」の声。
「ヤッター!」と思いながらも、おもむろに、その上にある太刀魚を手に取る。
すると、またしても、「金目持っててよ金目」の声。
「ほんと、おいしそうねえ。でもきょうは太刀魚頂きたいワ」それとなく金目を褒める事を忘れない。
「じゃあ太刀魚つけるからさ全部持っててよ」
内心ほくそえみつつ、心の中で「よっしゃー!」。と雄たけびを上げ、「あら、嬉しいわア」と、あくまで上品に(?)金目4Pと太刀魚を1200円でゲット!したのである。

この戦利品の美味しさが格別だったのは、言うまでもない。


0
投稿者:ningyomn

句会

クリックすると元のサイズで表示します

今月の句会、兼題は「梅雨」「夏痩せ」でした。

梅雨は具体的でもあり、広範囲でもあり、感情移入も情景描写もしやすい季語のように思います。だからと言って上手く行くとは限りませんが・・・

「夏痩せ」は・・・・難しい・・・

  夏痩せの業にきしりと帯しめる  −人魚ー

この句は、句会には景も気持も未完成のまま出しましたので、少々手をいれました。

  梅雨晴間すとんと猫の降り立てり  −人魚ー

猫は実に敏感に暑さ、寒さ、湿り気を感じ取り、絶好の居場所を常に確保します。
以前シャム猫を飼っていましたが、しなやかで艶かしい彼女の姿態を飽かず眺めたものでした。(彼女は三匹も室内で犬を飼っていたにもかかわらずふらりとやって来て子猫を産み、以来家族になったのです)
雨上がりにピンポイントに乾いた地面に降り立つ様は優雅で俊敏、本当に綺麗でした。
現在の住まいの周りにも猫が多く、塀からすとんと降り立ち、忙しげに闇に消え、路地で行き会うと、「ニャー」と呼ばれたりもします。
そんな記憶と今を重ね合わせ詠んでみました。
想いいれたっぷりでしたので、先生から特選に選んでいただき、たいへん嬉しく思っております。

  長梅雨にをんな止めたきこともあり  ー人魚ー

今年は、空梅雨のやうですが、傘を気にせず身軽にすっきりとした青空を眺めたいですね?夏痩せせずに・・・?



   
0
投稿者:ningyomn
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/5 
 
AutoPage最新お知らせ