人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2007
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

カワイイ加湿器

クリックすると元のサイズで表示します

急に冬らしくなり、乾燥注意報も出た。そう言えば、お肌カサカサ、指先ゴソゴソ。歳のせい?でも気候のせいにして、加湿器を探しに行った。
価格、デザイン、仕様、メンテナンスと条件は山ほどある。
気化式。小さい。安い。シンプルなデザイン。タンクのメンテが簡単(ペットボトルタイプ)・・・んなもんあるのか?・・・あった
・・・で、これを買った。
色はちょっとメタリックなグリーン、ブルー、ピンク(何度見ても紫だ)と、白、黒の5色。
黒以外は正面部分が共通で、やや透け感のある白(ちょっと安っぽくもある)。
黒は正面がオレンジ。イタリア的でとても良い。オレンジ部分の透け感も無く、高級な感じで魅力的!
が、白を購入。
スイッチオンで、ライトが点く。それが青いので、白を買った。オレンジを置く要素が部屋にないし。
でも、オレンジはどんな色のライトなのだろう?
量販店は店員が少なくて、探して質問するのも面倒。疑問はそのままになった。
モダンなインテリアならお勧めは断然オレンジ。

写真のボトルは、WHISTERの500ミリのペットボトル。どう?想像してみて・・・小さいでしょ!音も気にならない。小さいからかな?W11XD6.5XH7.6cm。
手前に見える羽の様な物は向こう側と2枚あって、クリッと本体の下に収まる。ってか、転倒防止に引き出して使う。
ボトルの口径に合うように2種類キャップが付いている。プラグカバーも。つまり、「旅行にも携帯できますよ」ってことらしい。

確かにホテルの乾燥はあなどれない。
私は寝る前にバスタブにお湯をいっぱい張り、バスルームのドアを開けておくことにしている。
だからって、これを携帯はしないけど。

強さの調節もできるし、自宅の寝室の枕元なら、これで充分。
5800円。(ヨドバシ値段)
オ・ス・ス・メ!!

0
投稿者:ningyomn

ソルティーナ

クリックすると元のサイズで表示します

いつもと違うサラダにしたいなあ〜と、ぶらぶら野菜を見ていたら、こんな新顔を見つけました。
ルティーナです。
「しゃきしゃきした歯ごたえ、プチプチした触感、そのまま炒めたり、サラダにも」と書かれていました。
アートフラワーの葉のような厚みと、水滴が付いているかのような不思議なグリーンです。
「ソルティーナ」の名前にも惹かれました。即購入。

買っては来たものの、さて、どうしたものか・・・。
とりあえず少しちぎって生で食べてみた・・・プチプチ・・・しょっぱい・・・。
そうかぁ〜、それでソルティーナだったんだぁ。そしてこのシャキシャキ、プチプチはなに?!
結局、
生食でお腹を壊してはいけないので、頂いたトリュフと一緒にバター炒めにしました。
炒めてもシャキシャキしています。
癖も無く食べやすい、自ら塩味を備えた面白い野菜でした。
そういえば、何も説明しなかったら、家族からのコメントも無かった。
何も感じなかったのかしら?
と、まあ、そのくらい食べ易いって事で・・・・。
0
投稿者:ningyomn

アースピースフェスティバル

クリックすると元のサイズで表示します
アースピースフェスティバル2007  於:池上本門寺

昨日、大田区の池上本門寺で行われているアースピースフェスティバルに行ってきました。今年で、3年目だそうですが、区内在住でありながら全く知りませんでした。
検索すると、観光協会で出てきましたが、主催はどこなのでしょう?本門寺さんの協力とバックアップはたいへん素晴らしいです。
昨日の様子では、NPOのグループの活動で成り立っているようでした。

世界平和、子育て、街つくり、環境についての討論会やパネル展示、ワークショップ、コンサートなどそれなりに、内容は充実しています。

灯篭に灯が点り、夜の部の光りのページェントが始まる頃には、会場に人の影が増え始めます。シンセサイザーの音色と照明のコラボレーションは幻想的で美しいですし、なんといっても、ライトアップされた中で本門寺のお坊様の方々が行う声明法要が圧巻です。
(携帯のカメラで残念ながら写真が上手く撮れませんでした)

毎年この時期に開催されるようですので、お近くの方は是非ご覧ください。

クリックすると元のサイズで表示します
ワークショップで制作した灯篭を夜の部に点灯。
0
投稿者:ningyomn
1 2 3 4 | 《前のページ | 次のページ》
/4 
 
AutoPage最新お知らせ