人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2008
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

KIMA句会

昨日は、KIMA句会。
欠席と決めていました。
投句だけはしようと、ジタバタしている所へ、主催者の桃兎さんの電話。
(メールにも)「残念、結女さんの韓国のお土産に合わせて美味しいマッコリをご用意しましたのに・・・」
「おう〜」唾がたまる〜!
「ハイ!では行きます」

前回アップしましたように、最近は句詠もそこそこに、仕事の毎日。
次のプレゼンまでの時間もタイト。金曜の夜の時点で、たった三句しか出来ていませんでした。
何とか宿題の六句にまとめて、先に会場へFAX送信し、本人は大遅刻で出席しました。

兼題は「鈴蘭」「業平忌」
先生の特選四句のうち、二句も選んでいただきました。(プチ自慢)
特選である事よりも、頭の中をごらんになったのかしら?と思えるくらい、
気持を理解していただいた事が嬉しかったです。
「記憶の束」に行き着くまでに、時間を要しました。
トランプのカードをマジシャンがザーッと広げるように、記憶が蘇る感じ・・・

 鈴蘭の揺れて記憶の束解けぬ  人魚

 唇の余韻切なし業平忌  人魚

この、「切なし」はどうかなあ・・・もう少しぴったりな言葉を捜してみよう。

  業平忌父の土産の馬尾筆 人魚

は準特選でしたが、自分では好きです。

でも、渾身の一句「鈴蘭の・・・」を褒めていただけたので、今月は大満足です!(先生以外に特選にしてくださった方もありましたし

そして、
KIMA句会の、楽しさは、なんと言っても裏句会!
「虎マッコリ」は、桃兎さんのおっしゃるとおり、とても美味しかったです。
つまみは、キムチ、白キムチ、ナムル、・・・美味しい韓国流が並びました。
それにしても、桃兎さんは、お料理が上手!器も完璧。「おもてなし」はかく有りたいものです。(句会だからおもてなし
か、なんちゃって

桃兎さんのブログ、リンクしました。サイドメニューから入れます。美味しいお料理情報もありますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:ningyomn

名古屋モスク

クリックすると元のサイズで表示します外観

岐阜大学近くに、こんなモスクが誕生しました。

TOYOTAで働く方々はじめ、関連企業にもイスラム教徒がたくさん就労しており、名古屋近辺に在住する教徒の念願だったのだそうです。

以前にこのブログでも紹介しました代々木上原のモスクは日本での云わば大本山ですので、たいへん立派な建造物です。
それと比べますと、ずいぶんと可愛いモスクです。

クリックすると元のサイズで表示しますドームを望む

でも・・・中に入って見上げればこんなに高い!20メートルほどです。
このてっぺんで1週間、毎日10時間ほど仕事をしました。
ドームはFRPですので、外気を通しますからそれだけでも暑いうえに、中は大きなハロゲンライトがちょうど模様の場所に8基。その暑い事と言ったら、岩盤欲もゲルマ温浴も及ばないくらい。靴の中まで汗がたまり、干物になりそうでした。


クリックすると元のサイズで表示します

中心にはコーランを施しました。
シリアの方に読んでいただきましたが、たったこれだけですが、長い歌のようで、とても素敵でした。
アラビア語は23文字(だったかな?)しかないので、「簡単だよ。」と流暢な日本語でおっしゃってました。


クリックすると元のサイズで表示します文様

ドームの中心から放射状にこのような模様を施しました。
施主さまはじめ、教徒、関係者の方々から、お褒めの言葉を頂き、疲れも吹き飛びました。
世界広しと言えども、日本人しかも女性がモスクのドーム内部にコーランや模様を描いたのは、初めてではないでしょうか?
TV取材でもして頂けばよかったかしら・・・?

本当は建物内部のあちこちにコーランを描いて欲しいのだそうですが「予算が・・・」とのことでした。追加の話も有りますが、さてさてどうなりますやら・・・。

神様の近く(高所)での、長い長い1週間でした。
アラーのお恵みがあるかな?


0
投稿者:ningyomn

押江 千衣子

クリックすると元のサイズで表示します西村画廊図録より山のあなた

「押江 千衣子」がいい!

以前どこかで花の絵を見て、好きになった。
風景もあったが、そこに広さは感じられず、むしろ近視的観察によって描かれる花が好きだった。

しばらく忘れていたが、たまたま情報を得たら、大きく晴れやかな壮大さで、絵が広がっていた。

見なくては・・・。

 14日まで、
 西村画廊  中央区日本橋2−10−8
 http://www.nishimura-gallery.com

「山のあなたに行けば、見たことも無い新しいすてきですごい絵が描けるかもしれない。と、海外で一人暮らしをし、得がたい経験をしたものの、熊野古道のスケッチと写真から、大阪の自宅で仕上げた絵が、苦しみながらも大きな成果となった」ー押江千衣子

海外での苦労は、並大抵ではなかったに違いない・・・。そこで得たパワーを生まれた地に持ち帰り、熊野という画題で明確な形となったことは、彼女自身だけでなく、取材協力をした熊野の人々にとって、宝物にほかならない。

「山のあなた」「山笑う」は、まさに新しい素敵ですごい絵だった。

吉田晴弥氏も言っていた、「素材は大地に直感は天より・・・皆が嬉しい世の中を作る・・・」

宇宙も足元も見据えて、創造しましょう。
創造はアートのみではなく、人生、大地、世界、宇宙のことです。

「遠回りをしたが私にとっての「山のあなた」はベルギーではなくて、大阪の生まれ育ったこの町だとわかった」-押江千衣子

「み〜んな遠回りしてるんだ・・・よおーし!!・・・」ーし過ぎている私。

でした。







0
投稿者:ningyomn
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ