人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2008
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

幻の果物

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ポポという果物、知ってますか?
大きな葉っぱ(写真1)の大きな木(写真2)。
写真2で丸く小さな実が生っているのがわかりますが、アケビに形も大きさも似ています(写真3)。
熟した様子は、あまりそそられませんね・・・?(写真4)
南方系の果実の様な姿ですが、北米原産で木蓮の仲間のようです。

強い芳香と、甘い果実、日本では明治時代に小石川植物園に植えられたのが最初で、
当初は各地で栽培されたものの、今では「幻の果物」といわれています。
カスタードクリームの様な味だそうです。日本人の舌に合わず、しだいに栽培されなくなったようですが、南方系のフルーツも大人気の現代人には歓迎されるのではないでしょうか?

その、幻の果物に前回アップした早川町で遭遇しました。
「ヴィラ雨畑」でシャーベットに変身したポポが販売されていました。
なかなかの味です。
名前の響きも気に入りました。
どうしても様子を見たくなり、案内していただいて撮影したのが、写真1,2です。

早川町でも特産品として売ろうと、シャーベットにしたのだそうですが、最近はあまり力を入れていないみたいでした。
地方によっては、ワインやゼリーにして販売しているようですし、苗木も通販されています。

でも、果物はなんと言っても完熟とれとれが一番。
生で食べる事のできる期間は限られていますから、「幻の果物」として、「ヴィラ雨畑」でもおおいに食卓に「生ポポ」を出していただきたいです。
スイーツとしても、シャーベット以外にも何か出来そうですぞ!

今一度、特産物として改良の価値有り!
コピーだって考えました!
「気になる、木に生る、森のカスタードクリーム」

頑張れポポ!
頑張れ早川町!
8
投稿者:ningyomn
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ