人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2008
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

KIMA句会

クリックすると元のサイズで表示します

今月のKIMA句会の兼題は、「秋の空」「茸」「冬支度」でした。
好天の日に、新宿の高層ビル街へ行った際、この写真を撮り、何とか句詠しようと試みましたが、上手くまとめることが出来ませんでした。
高層ビルは昔から大好きで、何度か句詠を試みていますが、成功していません。

さて、句会。
前回アップした仕事と重なりましたので、今月は欠席しました。

それでも、土曜の朝に帰宅し、必死でまとめて、投句だけはしました。
徹夜明けで、無駄に力が入らなかったのか、好評だったようです。

各季語に、二句を投句したかったのですが、「茸」は一句、「秋の空」で、しかたな句(笑)を入れて三句、
計六句を投句。

しかたな句を除いた五句が先生の秀句に選ばれ、内一句は特選でした。

めでたし、めでたし。


特選(静魚先生選)

 毒きのこ群れいて舞台装置めく

秀句(静魚先生選)

 冬支度ゴブランの少し反っており
 
 冬支度あれこれと日がな干しけり

 秋の空麒麟の首の前後する

 口癖はいたしかたなし秋の空 


                       尾崎 人魚
 
静魚先生特選

 「エロス」なる紅茶買い置く冬仕度  結女

 はみ出せり指の間のきのこかな   留似

 
0
投稿者:ningyomn

東急吉祥寺店

クリックすると元のサイズで表示します

東急デパート吉祥寺店の地下、フードショウ、イートインコーナーの壁面です。
駅に一番近い、表通りに面した角の階段から降りたところです。
じつは、先日施工終了しブログにアップしたのですが、
直後に変更があって、絵を全て消されてしまい、再度描いたのです。
同じ物を描くのは、どうも気分が乗りません。

クリックすると元のサイズで表示します 施工前

無くなってみると殺風景なものですね?

クリックすると元のサイズで表示します 施工後(全景)

そして、復旧しました。
「絵なんかお客さんからしてみれば、あってもなくてもいいんだけどさあ」
は、変更の原因になった業者さんの弁。
でも、復旧は正解だと思います。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
部分拡大

この写真で、思い出した方もいらっしゃるでしょう?
間違い探しはなさいませんよう、お願いします。

久しぶりに、完徹二夜連続。時差ぼけみたいになりました。

日曜朝の始発電車は、とても混んでいて、
たぶんハロウィンパーティーの帰りであろう「プーさんの着ぐるみ」のまま
アドレス交換をしている人もいて、土曜の朝より楽しめました。

早起きの路地猫達に、ニャンニャン挨拶しながら帰ると、
マンションの前に顔見知りの爺さんが・・・
「おでかけ?」とか「美味しい物買えた〜」とか・・・
・・・なんだかめんどくさいのよ。この人。
そうか!年寄りも早起きなんだ。しまったな・・・
うつむき加減で、「おはようございます」とちっちゃい声で言ったら、
「ぁおはよう」と、見てはいけないものを見たかんじで、答えが返ってきました。
「いいんだよ〜」みたいな雰囲気。
ちがうよ、仕事仕事!って言うのも変だし。

いたしかたなし。

0
投稿者:ningyomn

横須賀美術館


以前横須賀美術館についてアップし、建築の面白さはその際にご紹介しましたね?

この日は、前回の経験を活かして、お弁当とお酒(三重県・滝自慢・大吟醸すっきり系)ビール、を持っての遠足気分。

クリックすると元のサイズで表示します
美味しそうでしょう?!

厚焼き玉子は、お味が3種、下にご飯が入っています。(お米が旨い)
お酒の瓶は瑠璃色で、「ワンカップ〜」とはちょっと違います。(薬用瓶ではないですぞ)
Mさんは、朝十時の開店を待ってお弁当と野菜の惣菜を購入して電車に飛び乗り、横浜発11時2分、浦賀行きの京急線乗車に間に合わせてくださいました。
可愛いガラスのぐい飲みもいっしょに・・・。

タイシルクのスカーフも風情があって、本日のお品書きにぴったりでした。

デザートは、長野の友人の巨砲園「シーズ」の巨砲と、
蔵前名物、桜餅。(桜の葉3枚で包まれています)
美味しい和菓子は上等の日本酒によく合います。
チョコレートとブランデーや、ワインが合うのと同様です。

景色も美味しい!

クリックすると元のサイズで表示します

「この海に黒船が来たのね〜」なんていいながら、もう1杯。

ここから見える海は、航路が複雑に込み入っているらしく、タンカーや、コンテナーを満載した大型船も沢山行きかいます。

今回気に入ったのは、このコンテナー船。
おニューのカメラの光学7倍ズームを使ってみましたがオートにしたから?イマイチ。
クリックすると元のサイズで表示します

 秋天や黒きタンカーゆるく行く 茉莉花茶

クリックすると元のサイズで表示します

 秋天や白きヨットの三角帆  人魚

 この句は違う季語で詠みましたが、季語はなんでもOKの愚作。
 今回、お弁当を食べながら青い空と海を見ていたら、ちょうどヨットが・・・。
 「秋天」にぴったりのように思い、リニューアルしてみました。

 ・・・やっぱり夏、春、いつでもよさそう・・・

食欲の秋、話題がお弁当に終始しましたが、「芸術の秋」でもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

今回のもう1つの目的は、ライオネル・ファイニンガー展。
横須賀美術館は、海にちなんだ作家の展示を主題としています。
ですから、特別展の作家も聞きなれない名前の事が多いようです。
今回も、知る人ぞ知る作家。
秋の旅行シーズン、翌日までの展示と、良い天気が手伝って、団体さんも入り、わりあい混んでいました。
でもでも、上野界隈と違い、長蛇の列なんて事が無いのが嬉しいです。
舐めるように画面を見る人(何を見たいのだか?)も少ないですしね?

ファイニンガーはニューヨークに渡ってからの(チケットにあるような)アニメ的作風が日本では知られているかもしれません。
キュビズムの影響と、独特の色使いが楽しく感じられます。

印象派、キュビズム、近代アメリカ、等々、様々な時代と環境と感性から産み出される作品は、彼の教育者的風貌からは想像のつかないくらいユーモラスで、ある時は子供っぽくチャーミング、またある時は退廃的画題もあり、心の深淵を覗かせて暗い悲しみに彩られ、秀逸でした。

どの絵も青が印象的。セザンヌの言う「遠い青」「透き通った青」「空気としての青」ではなく、「青が青で有るための青」と、私には思えました。

そうそう・・・
町並みや乗り物、人を模した木製の「おもちゃ」がとても可愛かった。


0
投稿者:ningyomn
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ