人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2008
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

和風チャウダー

しばらく料理の記事をアップしていませんでした。

冬は鍋が多くて、代わり映えがしないからかも。
独リご飯が多くなったので、たいした物を作らないからかもしれないな?

独りご飯の最近のヒットは「古漬け茶漬け」
作品の撮影を時々お願いしているカメラマンのAqihicoさんに教えて頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

  糠床は、何回かご紹介しましたが、自慢の25年物です。
  そこに最低でも2週間漬け込んだキュウリは独特の風味。
  薄く小口に切り、みじん切りのしょうがと和えて、
  ハイ!出来上がり。昔はよく食卓に上がっていました。
  子供の頃はあまり好きではありませんでした・・・。
  ある意味「大人の味」?懐かしい味です。


お茶漬けは、極濃の冷たい麦茶を熱いご飯にかけます。(Aqi流その1)
っえ!?でしょ?
これが香ばしくて、旨い。
それだけでもご飯好きなら、サラッといけます。

ご飯を口に入れる前に、都度古漬けをご飯に乗せ頂きます。
古漬けをはじめに乗せてお茶をかけるのは「NG」。(Aqi流その2)

好みで、胡麻や、紫蘇、海苔をトッピングしても美味しいです。

おっとっと・・・
お題は、和風クラムチャウダーでしたね?

クリックすると元のサイズで表示します

その前に鍋の話・・・・。
は〜いはいはい。よく言われます。イントロ長いっ!って。

ストーブの鍋を買ったんです。ブーツ買いに行って・・・。
蒸す、焼く、煮る、オーブンOK万能です。履けないけどね?

憧れのルクルーゼよりプロっぽくてかっこよいと思っていたストーブの鍋。割引だったのです。買うっきゃないでしょ!

で、そのストーブの鍋ならばこその「和風チャウダー」です。

先ずは
ねぎを斜めに細く切りなべ底に敷きます。(1人1本見当)
その上に牡蠣を乗せます。(3〜4人でスーパーでよく見かけるパックなら2P程)
その上に出汁用昆布を牡蠣が見えないくらい乗せ、
更に、小さめにカットした白菜を乗せ蓋をし、点火。
蒸し煮にします。水は入れません。弱火でじっくり。

しばらくすると牡蠣や野菜の水分が程よく上がってきます。
(野菜のカットがが大きすぎると水分がいまひとつのように思います)

蓋をとった状態で沸騰させ、酒をひと回し入れ、アルコールを飛ばします。
(昆布は沸騰直前くらいに、ころあいを見て取り出します)

牛乳と生クリームを入れ、ひと煮たちさせ火を消します。。。。。
牛乳ですから沸騰させてはNGです。

火を消しても保温力に優れているので、食材にじんわりと熱が加わります。
火を消している間に、洗濯、掃除、買い物、出来ちゃいます。
冬場は出勤前に下ごしらえもOKです。
ここもストーブの良いところ。主婦とワーキングウーマンの味方です。

さて、チャウダー・・・
頂く前に点火し温まったら、
燻塩、柚子胡椒、醤油少々、で味付けをして完成。


調味料の分量は・・・お好みで。
牡蠣は生食用の新鮮な物が良いです。
薬味には、万能葱や浅葱など、お好みでどうぞ。

ストーブの鍋は鍋底が焦げ付かず、蒸し煮や蒸し焼き、煮込みにも、もってこいです。
景品で頂いた圧力鍋の出番がすっかり減りました。

今年は「真夏の冷蔵庫往生事件」はじめ、考える余地のない買い物をずいぶんとしてしまいましたが、「ストーブの鍋」は、最終回満塁ホームランでした。
おせち料理にも活躍してくれる事でしょう。

ところが・・・
「掃除機充電池充電不可事件」「年賀状プリント中プリンター往生事件」
と、事件はまだまだ続く・・・・・・・・・・

極めつけは、先日の「人魚股関節捻挫事件」。
人魚に股関節無〜〜いっ!  ??
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・痛っ!


0
投稿者:ningyomn

KIMAの句会

昨日は、KIMAの句会でした。

兼題は、「葉牡丹・セーター・短日」難しい上、今月は集中を欠き、ヒットもホームランも無く、平凡な内野安打程度でした。

 喫煙可首長き葉ぼたんの奥  人魚  
 (桃兎様特選ありがとうございます)

隔月開催の「めくるめ句会」ではハットトリックだったのに。。。
宿題を抱えすぎて、自爆ってところでしょうか?

「句詠」は「苦詠」で、句会は散々でしたが、とても嬉しい事が有りました!

「KIMA句会」の句集が完成したのです。

クリックすると元のサイズで表示します

主宰の桃兎様のハイセンスとご努力、河内静魚先生のご助言で、本当に美しい句集が出来上がり、嬉しい限りです。
有難うございました。

今朝も、手に取り開いたり閉じたり、ニヤニヤしながら表紙を撫ぜています。(不気味)

今年は、「俳句はやめます」なんて言い出し、ご心配をお掛けして、様々なご助言や励ましを頂きました。
「やめないで良かった!!」
こんなに綺麗な句集を作っていただけたのですもの。

「KIMA句会」の皆様、有難うございました。

そして今年は、範例として掲載をして頂いた「歳時記」が出版されました。

  夕立雲亡父の画布より動かざる  人魚  

  寺町に命吹き込む蝶ふたつ  人魚

更に、もう1社の歳時記に掲載されている事も昨日伺いました。

  忘却の淵に母在り鳥渡る  人魚

どちらの歳時記も、俳句を始めたばかりの頃の句ですが、活字になった事で客観的に見ることが出来る、ありがたい機会を頂きました。

国語の教科書で見ていた巨匠と、自分の句と俳号が並んでいるのを見た時は、ご褒美頂いた気分でもありました。

「ますます精進しなくては」と気持を新たに致しました。(が、今月のていたらく)

クリックすると元のサイズで表示します

0
投稿者:ningyomn

サロン ド カマクラ

久しぶりに、「サロン ド カマクラ」へ行ってきました。

何回かご紹介していますが、今回の目的は、
ず〜〜〜と前の「玄関周りに絵を描く」という約束を果たすためでした。

暖かいうちにが、涼しくなったらになり、寒くなる前にが、すっかり寒くなった一昨日に、やっと実現できました。

玄関のドアに向かって左に「ガトー ダンジュ」と、オーナーのスイーツの工房のロゴと、「天使の館」と呼ばれているので、ヨーロッパの紋章のデザインを参考に天使の羽を描きました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

植え込みのアイビーが壁に伸びて来た感じにグリーンも描きました。

ドアに向かって右側の壁には、「飛び猫」という童話の挿絵を引用し、私流にアレンジした、2匹の翼を持った猫ちゃんを描きました。

早速、好評を得たとの、オーナーの奥様からメールをいただいて嬉しく思っています。
 
サロンドカマクラでいただける厳選した自然素材の、美味しいケーキやパンは、旦那様のガトー・ダンジュのサイトからネット注文することが出来ます。

order@gateaudange.com
www.gateaudange.com


一昨日は、ランチもお腹いっぱい頂いて、美味しい一日でした。

有機野菜がてんこもりのサラダとクリームソースのパスタ、野菜スープは甘く優しい味
クリックすると元のサイズで表示します


明るいダイニングでのんびりお食事や、リビングの暖炉の前で過ごす夜も最高!
働く女性が多く訪れるのもうなずけます。癒されますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:ningyomn
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ