人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2010
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

柴田是真の漆X絵in三井記念美術館

クリックすると元のサイズで表示します

三井記念美術館:柴田是真の漆X絵 2月7日まで

「是真」の名と、いくつかの作品の写真を見たことはあったが、これほどとは・・・・・・展示ケースのガラスに何度も眼鏡や額をぶつけた。

各作品の説明を一文字も逃さぬようにに読んだ。
読んでは確かめ、確かめては読み、センスと技とエスプリに酔いしれた。
見ている人たちの執拗さと熱気にも当てられ、最後の作品を見終えたときには、すっかり疲れ果ててしまった。

展覧会では、気に入った作品を後戻りして見る事を常としているが、最後の部屋の2点を振り返るのがやっとだった。
もう一度見に行こうか・・・拡大鏡持参で・・・?

 一般に漆器というと、椀や、重箱などを思い出すが、是真の作品は、生活用品、内装、装飾用品・・・etc・・・全てにわたっている。
漆器は製作工程の複雑さから分業化が進んだのだが、是真は全てを自らが創造する。

是真は、デザイナーであり、彫刻師であり、絵師であり、蒔絵師であり、塗り師でもあり、全能の職人。
否、真のアーティストなのである。

 会場では、作品のひとつひとつのデザイン性の高さに先ず驚かされる。
フォルム、色、文様の配置。何処にも隙は無く、心地よい緊張感をもって迫ってくる。

しかし、確かな伝統的技術に裏書された、想像力と奇知に富んだ作品は、高尚な芸術作品の様に重厚な緊迫感によって観る者を拒む事はない。
「触れたい」「傍におきたい」そう思わせる楽しさがある。

私ごときが言葉を尽くしても、その素晴らしさを伝える事は出来ない。

是真」見るべし!




0
タグ: 展覧会 美術館
投稿者:ningyomn

KIMA初句会

クリックすると元のサイズで表示します

自分の好みを完璧に理解してもらっていると実感できるプレゼントを頂いた時ほど、嬉しいことは無い。

昨年末、お正月用にと、そんなプレゼントを頂いた。
可愛い小皿のセット。
「良いお正月になりそう」の予想通り。

毬さん、いいお正月になりました♪
有難うございました♪♪

  蒼穹の真中探す日の初め  人魚

「日の初め」は元旦の事。
今年の元旦は良いお天気で、青空を眺めながら「さあ今年こそ!」

さて、初句会。
兼題は「毬」「元旦〜7日」「雪」でした。

「今年こそ」の気持も、3日も過ぎれば、なんとなくいつものお正月。
世の中のテンポに若干遅れつつ、定位置に壷をもどしたり・・・

 日常に壷戻しゐて五日かな  人魚

そんな具合で、句詠も のんびり・・・しすぎました!

「毬」最近は眼にすることも無く、夢中になって読んだ、横溝正史の小説や手毬唄が、頭を巡るばかり。

 秘め事はどこに隠すや手毬唄  人魚

なんて、駄作をザクザク詠みつつ、いつも一人遊びをしていた幼い頃の事に思いをはせれば、寂しさばかりがこみ上げる。
素直に詠めばよいのに、我を張ってしまった。
だけど、それも私・・・これも私・・・。

 我が星の自転逆転手毬つく  人魚
 毬つけば宇宙空間漂流す   人魚


なんでしょうねえ?
最近素直に詠めないんです。どんなに言葉をひねり出しても、平々凡々、どこかで見たようなフレーズに思える。
奇をてらう気はさらさら無いのだけれど。

  孵るかに手毬ほどよき温みあり  静魚
                          (人魚特撰)
嗚呼!こんなふうに詠めないものか・・・。

ところで雪、今年は見ていない。
連日の大雪情報も東京には、関係なかった。
また、記憶と想像力を全開にして・・・も無理!

それでもほんの少し、降った夜があったらしい。

  東京に夜空一枚ほどの雪  人魚

  合図して消える幸せ朝の雪  人魚
 
まとまらないままに、意味不明?
夜に積もった雪が一瞬輝いて消える瞬間、何とか言葉にできないものか。再考しよう。

  日が差せば雪は楽しみながら降る  静魚

こんなふうに出来るまで。

今年も苦しい日々の始まりです。
句詠、苦詠、クエ〜ッ・・・・・・´Д`

 岩手より「母さんこっちは雪だらけ」  人魚

この方がずっと良いかも・・・(笑)





0
タグ: 文学 趣味 習い事
投稿者:ningyomn

ルイス・バラガン邸をたずねるinワタリウム美術館

クリックすると元のサイズで表示します
写真:下記より
http://www.watarium.co.jp/exhibition/0908/index.html

ワタリウム美術館のルイス・バラガンの展覧会は、良くある、建築家の展覧会の様な、作品の写真の羅列や、建築模型は無く、メキシコのパラガン邸から運ばれた、家具や、アーティストの作品によって、彼の想像力の原点とも言える自宅が再現されています。
最近このような、住居の再現企画にしばしば出会いますが、大きな美術館とは違う臨場感を感じました。
1階吹き抜けスペースに植物を置き、それなりに庭を再現しているのが成功の要因のひとつと言えるでしょう。

24日までと言う事も有り、多少混みあってはいましたが、その空間から、バラガンの感性や、パワーの素を感じるには充分でした。

私の表皮全体が、圧倒的な力を空気から吸収したようにさえ思えます。
その力は、静かで優しさに満ち、メキシコの強烈な太陽や熱狂とは違う、豊かで、穏やかな大いなる大地のパワーの様に、じわじわと染み込んで来るのです。

クリックすると元のサイズで表示します
写真:同上


「バラガン邸のティータイム」
この、バラガンデザインのテーブルで、メキシコのお茶を飲みながら展覧会の解説を聞く事が出来ます。
毎日17時より、10名まで。(無料)

なんて素敵な企画なんでしょう!
流石 ワタリウム♪

ところで、このピンクの壁。
暖かく、優しく上品な大人のピンクです。
バラガンは、ピンク、黄色、紫を絶妙な色彩感覚で建築物に使用しているのですが、
メキシコ土産の民芸品の蛍光色の様なそれとは、全く違う品格を感じます。
日本の伝統色のようにも見えます。
また、色だけではなく、建築や、家具のそこここに日本的なテイストを感じます。

「南スペイン、北アフリカ、アルジール、モロッコを訪れ、それら地中海の建築とメキシコの民衆建築が、類似していると感じました。北アフリカやギリシャの島の白い家は、1〜2千年前から今まで存在します。アラブの宮殿は5〜6百年間そのようです。それらの建築は時代に属さないので古くなることはなく、それゆえ失われることのない永遠の建築です、そのことに私は大変興味を抱きましたLuisu Barragan:Escritos y Conversaciones より

もし彼が、このとき日本を訪れていたなら、間違いなく「日本」の文字をこの言葉の中に見ることが出来たでしょう。
バラガン邸の映像が会場で流されていますが、書架には「日本のものとかたち」と日本語で書かれた背表紙が見えました。

アーティストに限らず、アスリートや、何か素晴らしい事を成し遂げた人は、素晴らしい言葉の数々を残しています。
神の啓示とも言えるような。

バラガンの言葉にも、沢山の啓示が有りました。

建築を特別なものにするとき、それは音楽になります。その音楽は、水で演奏されます。壁は通りの攻撃的な空間から静寂をうみだします。静寂から始め、水で音楽をつくり始めます。そして音楽は私たちを満たします。
Luisu Barragan:Escritos y Conversaciones より


現代精神は純粋さや厳格さ、素材の最適な使用を手招いています。・・・ある時代の美というものは、必ずその時代の精神と芸術の結束から生まれるのです。
1939年9月12日7Space and Shadow,Walls and Colour'より


「ルイス・バラガンの言葉 」ワタリウム資料より、抜粋。

ワタリウム 「ルイス・バラガン邸」を訪ねる。必見です。



0
投稿者:ningyomn
1 2 3 | 《前のページ | 次のページ》
/3 
 
AutoPage最新お知らせ