人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2010
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

KIMA句会

クリックすると元のサイズで表示します

裏句会の光景です。
楽しさをお解かりいただけますでしょうか?

先ずはビールで乾杯!
「茹で海老」をたいらげたところです。
海老は、話題の島ラー油とお醤油でいただきました。
あっという間に海老の殻の山!!!

そして・・・今、中央に出された大皿には、天然物の鯛のお造りが♪
ナッツや、沢山の薬味と合わせ、柚子胡椒やにんにくを絶妙に入れた桃兎様お手製の2種類のタレで美味しさ倍増!
カリカリに揚げたワンタンの皮を入れるのがミソのようです。
なんでもないようでいて、鯛や薬味が絶妙の配分♪
流石、桃兎様!

紹興酒は、冷たいお料理に合うよう、冷やしてくださっていて、「紹興酒っていくら飲んでもすぐ醒めるのよね」なんていいながら、皆グイグイ。。。

〆のピリ辛チャーハンはホンコンの「シェラトン」(だったかな?)で、桃兎様が特別に分けていただいていたという、辛いソース(豆板醤?ラー油??)の味付け。
肝心なところが説明不足でごめんなさい。
兎に角、これがまた最高に美味!!!
ちなみにこのソース、最近はホテルのショップで購入可能だそうです。

裏句会で恒例になった、席題の句会も、紹興酒の酔いとともに盛り上がりました。

訂正:
桃兎様からコメントを頂きシェラトンではなくペニンシュラと判明しました。

   

句会
兼題:梅雨・芥子・南風・自由詠

人魚特選
山越えにこちらの梅雨を連れて行く 桃兎


 学生時代、車で走り回っていた頃の思い出そのままの句。
 山脈のトンネルを抜けた途端、がらりと違うお天気、
 でも雨雲はすぐそこまで来ている・・・そんな光景でしょうか?

梅雨のイメージが変わるオシャレな句も有りました。
特撰を迷いましたが、思い出を優先。

ドリアンの切り口赤く梅雨の街 留以

人魚選
 舌先に死海の塩や梅雨長き 結女
 束にして力強きや芥子の花 夜空
 にほひなき女性(ひと)が抱えし罌粟の花 結女
 梅雨の街灯暗きところを夜といふ 静魚
 鉛筆の芯なまぬるく南風 留以
 くしゃくしゃとポピーの声も咲きにけり 太平洋


河内静魚 特選
 ドリアンの切り口赤く梅雨の街     留以
 舌先に死海の塩や梅雨長き       結女
 梅雨の闇ジャコメッティの綴じられし  人魚
 ゴールドの金魚跳ねたり光琳忌     太平洋 
 

河内静魚 選
 白南風や十九の君の透き通る      人魚
 諳んじて万葉のうた南風        桃兎
 芥子開くロールシャッハの対称形    人魚
 黒南風や古家匂う横小路        人魚
 束にして力強きや芥子の花       夜空
 イヤリングするりと落ちて薄暑かな   毬
 倒木のむろを塒(ねぐら)に二輪草   夜空
 アラームが鳴れば雛罌粟開くかな    結女
 芥子の花重力ゼロの知らぬふり     太平洋
 トーストにバターとろりと南風     太平洋
 梅雨めいて女体となりしかな書かな   結女 

「ロールシャッハ・・・」「・・・古家匂う・・」の二句、会報誌「毬」への投句は少し変更しましたが、ここではKIMA句会投句のままに致します。


今回から今季雑詠が加わり、皆様の何倍も時間を掛けないとできない私は、
益々睡眠時間が短くなりそうです。

0
タグ: 俳句 同人誌 句会
投稿者:ningyomn

南部鉄器

クリックすると元のサイズで表示します

自宅から駅までの道の途中にリサイクルショップがあります。

最近はリサイクルショップも様変わりして、綺麗なお店が多いのですが、そこは昔ながらの「古道具屋」的な雰囲気の店。
入り口に薄汚い古着が山積みになっていることもあって、開店から半年ほどになりますが、なかなか入る気になれませんでした。

何も用が無くても、リサイクルショップ好きの私は、時々覘く店が何軒かあるのですが、いつもの店にお目当ての物が無かったので、意を決してその店に入ってみました。

中に入ると、以外にも中古品は少なく、贈答品崩れの新品の食器や、プレミヤ物のブランドのお皿まであったり、掘り出し物が有りそうです♪

感じの良さそうな若い店主に「新品のコーヒーメーカーはありませんか?」とたずねると、「ちょうどひとつありますよ」と棚から下ろしてくれましたが、
同様の商品がリサイクルではなく、安価で売られていたので、「考えて出直します」と言ったときに、鉄鍋が眼に入りました。

お魚を一匹丸ごと入れられる、「ルクルーゼ」のオーバル鍋が欲しくて、何度も見ては諦めていましたので、角丸のそれは、なんとも魅力的!

そして、「ストーブ」の深鍋を買って以来、鉄鍋の良さに感心しきりの私、先日も南部鉄器の「浅型パン」を物色したところでした。
「ルクルーゼ」や「ストーブ」に比べると、南部鉄器は、手に入れやすいお値段で、
最近はジャパニーズモダンを意識して、デザイン性も高いんです♪

ところでそのお鍋、なんと1980円!
ナ・ナ・なに?その値段!?
裏を見ると、ちゃんと南部鉄器メーカーの刻印もあります。
「これください!」と即買い。

そして、一緒に買うからとコーヒーメーカーを値切って、ホクホク帰宅しました。

コーヒーメーカーはすぐに息子に送って喜ばれたし、
お鍋は早速「夏野菜のサラサラカレー」を作って、おいしい一日になりました。
(ナンプラーとお魚で、エスニックなお味にしてみました)

残りのカレーの美味しさって、独特ですよね?!
今日のランチに、自家製ラー油と、フォーを入れてみようかな?

ちなみに、この鍋、「及源」というメーカーの品物で、1万数千円します。

最近は、「OIGEN」となっているようです。
http://www.oigen.co.jp/
0
投稿者:ningyomn

金魚

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

金魚を飼うことにしました。

金魚は、絵のモチーフとして、長年取り組んでいます。
そのせいか、俳号の「人魚」を「金魚」と間違えられたりも。。。
「金魚」にしたかったくらいなので、悪い気はしませんけれどね?

今までは、手間が要らないという理由で、「ベタ」を飼っていましたが、環境さえ整えれば、長生きをすると聞き、ついに飼い始めたってわけ。

やっぱり可愛い♪
なんといっても華やか!!

「あ〜かい べべきた かあわあいい きんぎょ〜♪」
ほ〜んと、かわいいわあ!!
早速名前をつけなくちゃ・・・

赤くて大きい、ゴージャスなほうが、「バッハ」
ちょっと、小ぶりで、おメメが大きいのが「プッチーニ」

ところがバッハ君、どうしたことか、逆立ちのまま泳いでる。
選んだ時には、こんなことはなかったはず。。。
水槽に入れるときに、どこか傷めたのかしら?
どこにも異常はないみたいなんだけどなあ〜

かたや、プッチーニちゃん、可憐と思いきや、気が強い!
バッハ君をつついては、追いやって、餌も殆んど先に食べてしまう。
意地悪なので、バッハ君をついつい贔屓してしまいます。
モデルにもバッハ君の方がカッコイイしね?!
逆立ちだけど・・・

いままで、「不眠の元」と思っていたモーター音は、どなたかの「イビキ」よりずっと静かだし、浄化されて落ちる水の音は、せせらぎと思えば、むしろ心地よい♪

巨大な水槽を置く日も近いかも・・・・

でも、ほんとうは、池が欲しい!


0
タグ: 名前  
投稿者:ningyomn
1 2 3 | 《前のページ | 次のページ》
/3 
 
AutoPage最新お知らせ