人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2010
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

OSAKAアート&てつくりバザール

OSAKAアート&てつくりバザール(9/18.19日)の準備を始めました。
http://www.tv-osaka.co.jp/event/makingbazaar/vol4/

「チコアンジェ」は、18日土曜日のみ出店します。

今年の春から参加していますが、今回も春と同様、「自然素材だけで造ったアロマ・キャンドル」と、クラフト雑貨を出品します。

クラフトは、草木染やベンガラ染めに型染めを加えた袋物、ストール、そして、蒔絵のバレッタや、アクセサリーも♪
一点ものばかりですが、多彩でしょ!?

写真は、秋冬用にとデザインしていた首周りのクラフトです。



 クリックすると元のサイズで表示します

着物の襟とネクタイを合わせたようなイメージ。
あわせを調節できるので、使い勝手が良いです。



 クリックすると元のサイズで表示します 

首周りと、胸元に添うよう、ブラウスの襟の型紙をアレンジして作りました。
ニードルワークの羊毛の花を沢山つけて、「大人かわいい」感じ♪



 クリックすると元のサイズで表示します

同じベースに、ゴールドのチャイナボタンと渋めの花で、「地味カワ」です^^Y


 クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとハードな金属のボタンと渋めの生地を生かしたややシンプルなデザインです。


酷暑の中、ウールを触りたくな〜い!
と言いながら、エアコン ギンギンで、お盆休みに没頭しました。

「カフラー」「マフカラー」???
名称を考え中。

カラー(襟)の様なマフラーの様な、首周りの飾りです。
案外防寒にもなるんですよ♪

今回使用の布は、インテリア(カーテン、ファニチャーなど)の余り布を使って制作しています。
このほか、古くなってしまった帯や着物などでも制作を致します。
思い出の布たちをまた、よみがえらせてあげましょう!

 お問い合わせは、コメント欄にてお願い致します。


 コメント欄への「お問い合わせ」は、公開いたしませんのでご安心ください。
0
投稿者:ningyomn

KIMA句会/八月

クリックすると元のサイズで表示します

 秋気澄み「槍かけだんご」甘辛き  人魚

千住の宿場通りに、「かどやの槍かけだんご」という、古いお団子やさんがあります。
お世話になっている「小野表具店」さんに伺う曲がり角にあるので、何度か往復しましたが、殆んど午前中には売切れてしまうそうで、頂いた事は有りませんでした。
先日、たまたま北千住で、お嫁ちゃんと待ち合わせをしたので、「美味しい東京名物だけど、食べた事がないから行こう!」と誘い、やっと頂く事が出来ました。
本当に美味しいお団子です♪

昔、この店の向かいのお寺に松ノ木があり、武士が槍をその松の枝にかけ、お団子を食べて休憩をしたことから、この名がついたのだそうです。


さて句会。

兼題は「秋澄む」「葛の花」「温め酒」でした。

歳時記ではすっかり「秋」なのですが、この暑さ。
「温め酒」どころか、まだまだビールが美味しい日々です。

それでも何日か秋らしい日もあり、立秋の前後は、酷暑も一休みでした。

 丸ビルの一窓にゐて今日の秋  人魚

 「今日の秋」は「立秋」の事。8月8日あたりです。

最初の「槍かけだんご」の句は、「やりかけだんご」と投句しましたが、正式名称が「槍かけだんご」でしたので、変更しました。

両句とも、飾り気が無く直球なので、投句に勇気が要ったのですが、静魚先生の特選を頂き、少し迷いが晴れた気がします。

河内静魚先生特選

花葛やアンドウトロア裏返る    留以
丸ビルの一窓にゐて今日の秋    人魚
占ってほしいことあり葛の花    桃兎
われといふ器へ満たす温め酒    静夜
秋気澄み「槍かけだんご」甘辛き  人魚

河内静魚先生選

水上忌信楽川を手に掬ひ      太平洋
秋澄めば紙せっけんのにほひたつ  結女
鍵束の落とされてをり葛の原    留以
葛の花昔屈葬ありしかな      結女
秋澄むや東京タワー無口なり    桃兎
受け入れることの仕合せ零余子めし 桃兎
鬼蜻蛉目玉くるりと地球色     太平洋
温め酒皮膚一枚の同居かな     太平洋
淡色の猪口へそろりと温め酒    静夜
秋澄むや他人の顔ですれ違ふ    夜空
マリンバの連打で終る夏夕べ    夜空
くちべにのグロスの乾き秋澄めり  留以
葛の花恋の行方は見えますか    太平洋

先生の鑑賞後に変更があるかもしれませんが、太平洋さんの「帰雁忌」を「水上忌」とした以外は、投句のままUP致しました。(以下同様)

人魚特選

背に受けし風に芯ある夏の果て  毬

人魚選

片減りの墨擦る癖や秋気澄む     桃兎
葛の葉や光とぼしき昼の月      静魚
秋澄むや他人の顔ですれ違ふ     夜空
祈にも似て鈴虫の鳴けるかな     桃兎
秋澄めり人を待つ間の一人箸     静魚
秋澄みし風も横たふ女坂       太平洋
見てをれば溶けはじめたる秋の雲   結女


来月の会の頃には、秋らしくなっていて欲しいものです。
兼題は、「菊人形」「冷まじ」「初秋」

う〜〜〜〜〜〜〜む・・・・嫌いな「菊人形」・・・「冷まじ」って・・・
聞いた事ないぞ・・・・


0
タグ: 句会 俳句 俳人
投稿者:ningyomn

ドア・サンプル

「サンタ通商」様のショールームです。(www.santatsusho.co.jp)

「アートペインティング・ドア」のサンプルが完成しました。
壁面にも、外の雰囲気が出るよう、アイビーを少し描いています。

ご興味が有りましたら、お運びくださいませ。



クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

シュールな「お空の金魚」です♪
金魚はラッキーのシンボルですし、絵でなければ出来ない題材を描きましょう!
と、描かせていただきました。


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そして、反対の面は、「お父さんの書斎」のイメージで、「書棚」です♪

これは、このショールームに、バッチリ馴染みました。
全て輸入建材ですので、重厚な雰囲気にとてもよくマッチしています。

ドアノブが未だついていませんが、よ〜く見てください。
何気なくキーが掛けられているでしょう?

こんなことが「手描きならでは」なのです。

更に眼を凝らすと、書棚の本の背に、サンタ通商様、関連会社のメープルホームズ様、そして、ステンシルラボのロゴも描きこまれているのです♪


 アートペインティングについてのお問い合わせは、「ステンシルラボ」(リンク有)または、コメント欄にお書き込みくださいませ。
4
投稿者:ningyomn
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ