人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2010
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

時間いっぱい

吉祥寺「ロンロン」がリニューアルされ、「アトレ」になりました。

「水と緑とアート」のある、とても感じの良いモールになりました。
「アトレ」数々あれど、一番かも?くらい良い感じでしたよ♪
一般のお客様が入る前の、ピッカピッカの新しさでしたしね!?

吉祥寺は、知る人とぞ知るカフェや、お気に入りのブティック、セレクトショップを訪ねたり、井の頭公園まで(から)そぞろ歩きつつ、ウインドウショッピング。。。
そんなイメージかなあ〜?
とりあえず駅を出て、道を渡らなくちゃね!って感じでしたでしょう?

綺麗になったし、雨に濡れないし、駅に直結している「アトレ」は、働く女性の強い味方になりそうですよ!
トイレも明るくて綺麗♪♪
授乳室もあります★★★

で、ステンシルラボは、何をしたの?

こんなことです。

クリックすると元のサイズで表示します硬化実験 クリックすると元のサイズで表示しますサンプル

以前、全国展開で仕事をしていた、西武系高級スーパー「ガーデン」のご担当から突然の電話で、「柱周りの店名ロゴとアイビーを古代ガラスみたいに見せてほしい」とのことでした。
ガーデンのアイビーは、そもそもステンシルラボのデザイン。
手描きで全国展開していたので、思いいれはありましたが、最近は写真撮りを拡大プリントされてしまった(´Д`)ものまで出現し、すっかご無沙汰をして(されて)いました。

「明後日 内覧会、明々後日 プレオープン」って、「ちょっと待ってよ」は言えない。
「これしかない」という材料を思い浮かべつつ工程の打ち合わせ。帰りがけに材料調達。
その日から徹夜作業が始まりました。
「これしかない材料」だけど、商業空間のように広範囲に、しかも時間との戦いの様な場面では使用したことが無いのですから、データが無い。
1ミリ〜5ミリの深さのアイビー形の凹をつくり、材料に絵の具を混ぜる、上から絵の具を塗る、下地に色を塗る・・・・と、何通りにも実験・・・絵の具の割合、乾き時間をメモして・・・・なんとまあ、地味な作業!
現場はもっと地味で、過酷。
20時間以上も脚立を昇ったり降りたり、現場の完徹って「ほんとにまったく・・・」なのです。
「この葉っぱは朝顔?デザインもやりたかったねえ〜」って、愚痴も出ますわ!

ともかく、時間までに持ち場は終了しました♪

ジョリパット塗装はどうなったのかなあ?
0
投稿者:ningyomn

都立庭園美術館

クリックすると元のサイズで表示します

「香水瓶の世界」展
http://www.teien-art-museum.ne.jp/garden/index.html

神戸の友人と、庭園美術館を訪ねました。
「香水瓶の世界」展を開催中です。

人気美術館ランキングの上位に必ず入っているこの美術館、
私のランキングでも1、2位を争います。

小規模な美術館、カフェのある美術館、一人で行きたい美術館、庭のある美術館・・・
と、更にこだわる時には、間違いなく1位でしょう。

ですから、徹夜の現場仕事が終わり、「今日は二度寝」と決め込んでいたにもかかわらず、ホイホイと出かけて行ったという訳です。
もちろん「まずはカフェでランチ」でしたよ♪

隣の自然教育園も捨てがたいし、更にその隣にも新たに公園が整備され、のんびりとお散歩にはもってこいの界隈です。
女性同士なら、プラチナ通りを歩くのも良いかもしれませんが、ちょっと行かない間にずいぶんと変わってしまった印象を今回受けました。

ところで、「香水瓶の世界」展ですが、古代の香油瓶、セーブル、マイセン、チェルシーの磁器、バカラ、ラリックのガラス瓶等のほか、プティ・パリ美術館の版画や絵画等も展示され、「都立庭園美術館ならでは」の展覧会となっています。

香りは、残念ながら想像するのみですが、瓶の色やデザインラベルとともに、其々の名前もとても興味深く、思いのほか時間を掛けて観る事となりました。

母の鏡台をこっそり覘いたときのような、懐かしさとワクワク感を思い出す、楽しいひとときでした。

0
タグ: 美術館 アート 香水
投稿者:ningyomn
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ