人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2011
February
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

KIMA句会

クリックすると元のサイズで表示します

  落し蓋されているごと大朝寝  人魚

枕を使わなくなってから、かれこれ20年ほどになります。
「肩こり防止」と「首のしわ対策」なのですが、効果のほどはよくわかりません。

でも、朝寝を決め込んだ日には、フカフカのクッションや枕を、たくさん置きたい心境になるんです。


2月の兼題:朝寝、風車、立春

人魚特選:

  ポケットの余寒をそっとつまみ出し 毬

人魚選:

  春浅きサマルカンドの硬き土     夜空
  金色の水を吸いたしヒヤシンス    結女
  利休忌や男はかるく手を握る     桃兎
  つないだ手いつしか離れ風車     夜空
  悠然と着地決めたる椿かな      結女
  立春のサクマドロップちゃりと鳴る  結女
  平穏の溶け始めたり薄氷       毬

こうしてみますと、私の選は4人にかたよっていたようです。

人魚投句:
  
  花文字に始まるページ春立つ日    
  輪郭の序々に融け行き風車
  朝寝して二人魚のようにゐる
  春を待つスープカップの耳ふたつ
  落し蓋されているごと大朝寝  

今月も、皆様や先生の選と特選もいただき、少し調子が戻ってきたような気もします。
けれど、油断大敵。精進精進!!

  風車軽い衣の小さき旅  静魚   
  眠そうに灯台光が春回す   静魚

こんな風に、軽妙にチャーミングに、詠むために。。。

裏句会は、「すき焼き」でした!
テンションあがりますね?!「すき焼き」。
桃兎様流すき焼きは、すっきり上品。
大好物の「生麩」入りで、とても美味しかったです♪

私の選は、かたよってしまいましたが、他にも秀句がたくさんありました。
サイドメニューのリンク集から簡単にはいれますから、「桃兎の部屋」からも句会の様子をご覧ください。



 
0
タグ: 句会 季語 俳句
投稿者:ningyomn

古酒

クリックすると元のサイズで表示します

品川高輪口 ウイング高輪2F 酒茶論(http://koshunavi.com/)は日本酒の古酒の店です。

古酒というと、ちょっと黴臭い一升瓶やラベルを想像してしまいますが、こちらはとてもモダンなバーで、スタイリッシュな瓶に詰められた、色とりどりの日本酒が所狭しと並べられています。

小さなお店ですので、大人数には不向き。
一人静かに美味しい日本酒を飲みたいときや、カップルにお勧め。
酔っぱらいの大声や、若者の無礼とは無縁の大人の空間です。
オーナーさんやスタッフのお酒のお話も楽しく、店内のお酒をながめたり、ドリンクメニューの説明を読むのも楽しい♪

写真のようにワイングラスやショットグラスで出される古酒は、それぞれの歴史を重ね、味も個性的です。

ちなみに、飲み比べセット(写真中央)は、お酒を年代順に飲めるので、それを目安に、次のお酒をチョイスするのも良いかもしれません。
ウンチクや知識は無用で、オーナーさんやスタッフがとてもわかりやすくレクチャーしてくださいます。

何と三段仕込みの最後を水ではなく日本酒で仕込んだという、贅沢なお酒も試しました。
酒茶論では、「平安造」という復元酒で、平安時代の「延喜式」という文献を紐解き、現代風にアレンジしたお酒とのこと。
その芳醇で風格のある味わいは、古酒ならでは♪
日本酒と古酒の奥深さと美味しさを満喫しました。

お酒は、人、言葉、時間、そして歴史を「つなぐもの」と、あらためて思うひと時でした。

写真の「おつまみ」は、「お勧め盛り合わせセット」鴨のスモーク、チーズ、梅干しの燻製、ドライフルーツが、古酒を引き立ててくれます。
梅干しの燻製はとても気に入ったので自宅でチャレンジしてみようと思っています。

この日は、昼食を食べていなかったので、
この後、アトレのイタメシ屋(MANGIA MANJIA)で、ガッツリ食事をしました。
JAZZのライブを楽しみながらお食事ができますから、ここもお勧めです。


0
投稿者:ningyomn

金目鯛

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

近所の商店街に、三陸方面の海産物を扱う店があります。
干物がメインですが、加工所で出た落としを、ぎゅうぎゅう詰めにし、冷凍した、銀鱈と金目鯛のパックがあり、安価で美味しいので、「私の買い物 ベストNO.1,2」になっています。

今日は、金目のワイン煮にしました。
スープもいただきたかったので、水を多めにし、深めの器に入れましたが、お客様には、お皿に盛り付け、生クリーム、バルサミコ、煮汁を煮詰めたソース、それぞれを周りに流すと、メインディッシュにもなっちゃいます。
落としには見えないでしょう?(そうでもないか・・・?)

煮ものは、鍋ひとつで済むし、周りが汚れないし、ほっておけるし、温め直しも簡単にできるから、手抜きにはもってこい。
作る人に徹っしなくてはならないソテーより、お勧めです♪
おしゃべりしたい、自宅での女子会にも、もってこいですよ。

解凍した魚は、少し生臭みがありますから、熱湯をかけ、ワインで洗い、牛乳に着け、その間に野菜を切ります。
重ならないように切り身を鍋に並べ、被る程度の水と(スープを飲みたければ多めに)野菜を入れ、ひと煮立ちしたら、ワインをたっぷり入れ、アルコールを飛ばします。
野菜が柔らかくなったら、火を止め、塩コショウで味を調えます。
煮込むときに使ったワインを飲みながら、召し上がれ。

ね?簡単でしょう!?
0
投稿者:ningyomn
1 2 3 4 | 《前のページ | 次のページ》
/4 
 
AutoPage最新お知らせ